« やっと、やっと! | トップページ | ラッキーなアンラッキー。 »

ちょっと疲れた。

11月の出展を終えた。

10月の忙しさは、書ききれない。
出展準備に追われ、出展した日に委託店舗さんが決まり、
出展を終えて3日寝込んで、新作を先に作って、
失敗だったフォトブックの作り直しに取り組み、
それを持って作品を持って委託店舗さんに行って、ディスプレーしてみて。

良くできたので、そのまま置かせてもらって、急ぎ値札を書いて納めに行き。
ムギには毎日面会に行っていて、退院もさせて、
そしたら嫌われて避けられて。

もう、11月の出展は目の前。
本当に血を吐く想いだった。

それでもわたしは、創作をやめることはできない。
生きている証だから。

11月の出展は、もう笑っちゃうくらい、誰も人が歩いていなかった。

駅の地下街の広場での開催なのだが、10月は雨だったのが幸いして、
通りすがりのご購入者さんもいた。
でも、文化の日だった11月3日は、各所でイベントが行われており、
地下街のすぐ上の路上でも、ライブとマルシェ出展をしていることが判明。
誰も人が降りてこない。

それでもわたしは、DMを出しておいたので、
20年来の古いお客さまがグループで来てくださって、
わいわい、きゃいきゃいと眺めて迷ってくださっている姿に、
うるうるした。

今はSNSで告知ができるが、
わたしはDMを作り(夫に作ってもらった)、お一人お一人にお手紙をつけて出してある。
その気持ちが通じた人が来てくれて、
わたしは救われた。
前回も手伝ってくれた横浜の、超お得意さま兼友人が、
今回も手伝ってくれて、
大荷物のわたしを、改札まで来て出迎えてくれた。
お願いしたものをちゃんと買って来てくれていて、
わたしがワイワイ追われている時には、黙って売り上げをメモして、
目立たないようにサポートしてくれた。
本当にありがたい。

実は、出展の前々日、風邪になった。
引いてしまった、とは認めたくなかった。
出展準備は、前々日に終了しており、前日を一日、わたしは明けておいた。
それを幸いと思い、葛根湯を飲み、ビタミンCを飲み、
はちみつ入りの温かい牛乳を飲み、背中にカイロを貼り、ひたすらベッドにいた。
手伝ってくれる彼女が、体調を管理して万全で来てくれるのに、
わたしが「風邪引いちゃった。」とは言えない。
一日空けておいた自分に感謝した。

その日は夫が一緒に夕飯を食べたいと言って来たので、
終わって、ホームまで迎えに来てもらい、
一緒に居酒屋に行って、美味しいものを食べ、
ケーキも食べて帰って来た。

そして寝込んだ。
膀胱炎状態になりトイレにばかり行き、
咳がケンケンと出始めた。

たった一日の出展でこんななんだから、
自分で作った「縛り」は有用だと思った。

出展は10月~3月の、半年間のうち、月に一日だけ。
つまり年間6回。
委託店舗さんは、一店舗のみ。
あとは自分のネットショップ。
以上。

もう、天然石をやっていた頃のパワーは無くなってるし、
リウマチの具合も芳しくなく、粘土も11グラムまでしか練れない。
大きい作品は無理だし、何より、わたしは、小さい雑貨をちまちまと作っていることが、
好きなのだ。
手の込んだ帯留めも作ったが、
ちいちゃいブローチなどを作っていると、自分もワクワクする。
それで充分だと思った。

ただ、お金を頂く以上は、趣味ではなく仕事なので、
委託店舗さんにはしっかりと仕事をする。
季節ごとに入れ替えをし、売れたら補充に行き、
新コーナーの展開も許可してもらえた。
「日本の伝統色」コーナーを持たせてもらい、
日本の古い色を使って、和雑貨とアクセサリー、
それに、季節のミニチュアを置かせてもらうことになった。
店長さんが「箸置きも置きたい」とおっしゃるので、
とりあえずストックがあった、花びらの箸置きを綺麗に梱包して納めて来た。

デザインも湧いているし、注文も頂いているし、
次の出展が年内最後になるので、クリスマス物と、お正月物を、
一気に出さないと意味がない。

クリスマスのものはいっぱいあったが、お正月物は、
とりあえず、広告写真を送れと主催者さんから連絡があったので、
急ぎ、ミニチュアの「お供え餅」を作って撮影した。
可愛く出来た。

やらねばならないことがいっぱいあるが、
ちょっと咳が酷くて、寝ようとしても咳き込んで寝付けないので、
夕べは壁にクッションを詰んで、壁にもたれて毛布をまとって眠った。

通販で買ったものが、開封もされずに山積みなので、
今日はちょっと整頓と補充をした。
洗濯もした。

服なんだけれど、わたしは、基本、安いものしか持っていない。
3,000円以下のものばかりだ。
でも、さっき洗濯して干した、タートルのカットソーが、
よく考えたら、20年以上、着ていると思い出した。
オフホワイトに、金色の、相良刺繍のような粒粒があるもので、
ちょっとお洒落したい時にそれを着る。
確か息子が小学生の頃に買った。

あとは、30年も着ている、ペラペラのコートがある。
シルバーグレイの、裏地の無い、ペラペラしたコートで、
もういい加減捨てよう、と思って、他の羽織りものを買っても、
結局、そればかり着ている。
ラグラン袖なので、太ってしまったのに楽に着られて、
袖も広くてきつくなくて、
洗濯機でガンガン洗ってもなんともなくて、
30年も着ている。
すごいね、ヨーカドーで、2,000円で買ったセール品なんだよ。

化粧もしないので、塗るものも持っていなかったが、
久しぶりに必要があってファンデーションを塗ろうとしたら、
粉々に砕けたので、一昨年、新しく買った。
でも、アイシャドーやチークは10年もの。
アイライナーしか買い足してないんじゃないかな。

やるべきことがいっぱいだけれど、
ムギがわたしをまた信頼してくれて、めっちゃ甘えるので、
すごく時間を割いている。
でも、最近は「ムギ、ママそろそろ帰るね。ごめんよ。」と言うと、
わかってくれて、
自分で小屋に入る。
今年は、ふわふわで白い、いい敷物をゲットしたので、
それを敷いてやっている。
ムギ、気に入ってくれてるかな。

ちまは枕の隣で寝てくれているのだけれど、そろそろ、ドームベッドを出してあげよう。

ああ、咳が辛い。
疲れる。
明日は精神科通院。
頑張れ。

                                           伽羅

Dscf6601_convert_20181106142219













Dscf6586_convert_20181105211032













どちらも、手のひらに乗るサイズです。

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いします

|

« やっと、やっと! | トップページ | ラッキーなアンラッキー。 »