« 悲しいことだね。 | トップページ | ムギはかわいい、サクラもかわいい。 »

猫に頼っちゃダメなのに。

わたしが調子を崩し、寝込むと、
ちまは寄り添ってくれる。
仮眠するときには、タオルケットの中にもぐって来てくれる。

でも、ちまは、わたしの具合の悪さを、吸い取ってくれてるんだ。
だからいつも、わたしが寝込んで、そろそろ良くなったな、という段階で、
ちまが体調を崩す。

今回もそう。
でも、ちまが吐いて苦しんでるのを見るくらいなら、
自分の具合が悪い方がマシだ。
寝ていることも出来るし、薬も飲めるし、病院にだって頑張れば行ける。

でも、ちまは、具合が悪いって言わずに黙って寝ていて、
わたしが起きるまで耐えていて、
起きたら、食べなかったり吐いたりして、やっと気づいてもらえる。

そんなの、嫌だ。

だからいつも、ちまには、
「ちま、ママの病気、吸わないで。ママは大人だから、何とかするから。
ちまの具合が悪い方が、辛いんだよ。」と、
言い聞かせている。

昨日の夕飯のあとも、ちょっと具合が悪くてベッドに横になっていたら、
ちまはもぐって来て、わたしの立てた膝の下で、うごうごしていた。


でも、今日はお互いに元気。
ちまも食欲が戻って、欲しがってばかり。
吐かないように、少量ずつ、何回にも分けて餌をやってきた。
でも、わたしは明日、出かけてしまう。

長い時間のお留守番、久しぶりにさせるけど、
大丈夫かな…。
夕方、夫が餌をやって、様子を見てくれるというので、助かった。


具合が悪くても、わたしは創作がしたい。
それはわたしの、生きている証だからだ。

いろいろ理由はあれど、それを阻もうとする夫。

もう、迷惑はかけないように、ちゃんと考えてやってるのに。
成長を認めようとはせず、わたしを抑圧することを常に考えている人。

座敷牢のように、ただここにいればいいのか。
わたしの生きる意義をなぜ潰そうとするのか。

わたしは、夫がどこに行こうと、どんな団体の活動に行こうと、
何を見に行こうと、それが女性と二人でだったとしても、
一切、とがめたことなどない。
だって、それは夫の望む世界であって、わたしには関係ないから。
それぞれ、世界を持っててもいいんだもの。

好きなものを見に行き、好きな本を読む。
相手に強要しない。
協力することはやるけれども、世界を共有はしない。

それがわたしの幸せ。


明日は、自主製作映画を観てからのトークショーに参加。
仲間の子と一緒に行く。

灼熱地獄らしい。
会場が駅から遠いので、バスに乗りたいと、
彼女に伝えて調べてもらってある。
若い友達はいいねえ。

ここ数日で、作品も作れた。
ショップにUPしたので、良かったら見てやってください。


この酷暑。いつまで続くんだろう。
日本は一年の半分が夏になってしまうのか。
熱いのが嫌いなわたしには、地獄だ。

外でお仕事をしている方に頭が下がる。
扇風機付きの作業着を着て欲しい。

みなさまも、体調にはお気をつけて。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover



Dscf5589_convert_20180804220312

Dscf5601_convert_20180804220938

ネットショップはこちらから。

えどいろ「碧(あお)の部屋」


お待ちいたしております。


|

« 悲しいことだね。 | トップページ | ムギはかわいい、サクラもかわいい。 »