« 全部イカレてる。 | トップページ | 自分を許したい。 »

スイッチャー。

わたしは、毒母に育てられた。

父が三交替勤務で留守がちであったのと、
夜勤もあって、その時は日中、家で寝ているのだが、
夜ほどにしっかり眠れることがなく、常に不機嫌だった。

一緒に朝食を食べた経験はない。
家族3人が揃って、いただきます、という朝ご飯の経験など一度もない。

父の交替勤務は、お盆も年末年始も関係なく続えいた。
車もないような貧乏な家庭だったから、家族旅行もごくわずか。

父は非常に厳しい人だったので、
父のいない間は、母の天下だった。

わたしの母は、自己顕示欲が強く、
わたしを自分の母親に仕立てて、
何でもかんでも話をしてくるタイプ。
また、抑圧と禁止事例が非常に多く、
20歳過ぎても、友達の家に泊りにいくことさえ、禁止だった。

がんじがらめにしてわたしを閉じ込めようとし、
わたしはそこから出たくて嘘をつきまくる。

早くここから逃げなければと、結婚をしたのだが、
モラハラ夫で、
わたしな小さい息子を抱きしめて泣いた。
息子は、何も聞かずに一緒に泣いてくれた。

この子には、あの母の狂気を繰り返すまい、とわたしも自分を抑圧した。
もちろん、完全にはいかない。
叩いてしまったこともある。
疑ってしまったこともある。
けれど、大概、息子は悪くないのだ。
仕方がないことなのだ。
それでも、わたしは時折カッとなって、
暴言を吐いたり、冷たくあたったりした。

あとで息子に謝ると、
「うん、いいよ。」と許してくれる、高いレベルの魂の持ち主であった。

母とは離れていないといけない。
二度と一緒にはいられない。

わたしは、自分の中にも、母と同じ狂気があることは、知っている。
それを必死に封印しているのだ。
苦しいけれど、必死に封印している。

ところが、今の夫という人は、
わたしの地雷を、踏みまくる人なのである。

夫から言われると、わたしが必死に抑え込んでいる狂気が、出てしまうのだ。

夫は、わたしの、スイッチャーなのである。

夫は母と同じ人なのである。

母は何でもわたしのせいにした。
「おかあさんは、なんでそんなに太っているの?」と聞いた時、
「あんたの食べ残しを、食べてたからや!」と言った。
幼かったわたしは、それはすまなかった、と思った。

「なんでわたしは一人っ子なの?」と聞いたら、
「あんたを産むときに死にかけたからや。」ち言われ、
またわたしのせいということになった。

小さかったわたしは、それを信じるしかなく、仕方がないと思っていた。

ところが、わたしを自分の母親役に仕立てた母は、
娘に話してはならないことをべらべら喋った。
わたしの前に、妊娠して堕胎した命があったことを、
さも被害者ぶって話したのだ。

それはわたしの兄だ。
インド人のチャネラーさんに、その魂がわたしのそばにいることを聴いていた。

そんな話を、娘にしていいと思うのか。
おかあさん、ねえねえ聞いて、わたしまた、ほめられちゃったのよ~、と、
母の自慢話は、わたしという娘を母親にみたてて、
延々、何十年間も続いた。

わたしは次第に壊れて、
だーっと吐くようになり、気絶するようになってしまった。



だから離れているのに、
夫がわたしのスイッチャーなので、
怒りを爆発させずにはいられなくなる。

ちまが吐くのを、「君のせいだ。」と、言うのだ。

僕が君の留守中に面倒を見てた時には、一度も吐いたことがない。
キミがよそ事に熱中していたり、
気持ちがムギに行きすぎたりしていると、
ちまは、あてつけに、キミの前で吐くんだよ。

キミが原因なんだよ。

そう言われた。

そんなに、自由に、吐けるの?
そんなバカげた話が通じると、この人は思っているの?

ああ、母と同じ人だ。
常に自分は正しくて、なんでもわたしのせい。
自分が再婚したのにバラ色じゃないのはわたしのせい、
ちまが吐くのさえ、わたしのせい。

違うでしょ?
そうじゃないでしょ?

あなたが、そうやって、全部わたしのせいにしている、
それがわたしのスイッチを押して、わたしは壊れる。

吐いたちまを追い回して、捕まえて振り回して、
風呂場に幽閉した。


数時間経って、ドアを開けたら、ちまはまだ怒っていたので、
開けたままにしておいたら、そのうち出て来て、
「仲直りしよ?」と言ってくれた。

それで、ラブラブしてから寝た。


なんでもわたしのせいにする夫のせいで、
わたしは狂う寸前だ。

猫が吐くのが、わたしのせいって…
余りにもくどくど、そういうので、ムギとの時間を短くしたり、
冬場は、命が心配だから夜中にも見に行くけれど、もう、夏場になれば、
小屋の中で寝ていることはまずないし、
行かずに、ちまとラブラブして、寝るようにもしている。

なのに、ちまはやっぱり吐く。

それを、尚、わたしのせいだと言うのか!
何でもかんでも私のせいにするのか!
だったら、いい方法があるなら、やって見せてくれよ。
できるの?
可能なの?

ちまが立て続けに5回も吐いた後始末をしたこともないくせに、
知識人ぶって、キミのせいで吐くんだって言われるから、
吐くちまに、「またパパに、お前のせいだって言われるんだよ!」と、
怒りが湧いてしまう。

それは、自分のなかに、あの大嫌いな母を見ている気がして、
たまらなく、おぞましいんだよ!


全部あなたのせいです!とメールを送って、
大量に頓服を飲んでいたわたしは、
アラームもかけず、携帯画面を広げたまま、充電もせずに、気絶してたらしい。

今日は年に一回の健診だったので朝起きなくてはならなかったのだが、
不思議なことに、起きることができて、
ちまが餌を吐かないか、見届けてから出かける余裕すらあった。


結婚がバラ色だなんて、ありえない。
結婚は、生活なのだ。
それもわたしのせいにしているが、
家に入って、たった数日で「オマエ」呼ばわりされた、豹変ぶりに、
わたしは驚愕した。

あんなにやさしくニコニコしていたのに、
いつも不機嫌でイライラばかり。
「どうしてそんなに怒ってばかりいるの?」と尋ねたら、
「俺はいつも家ではこうなんだよ!」と怒鳴り返された。

そこに、どうしたら薔薇が咲くのか、知ってるなら教わってみたいものだよ。

生活として、安定していれば、わたしには充分バラ色だ。

もう、無駄にスイッチを押さないで欲しい。
心静かに暮らさせてもらいたい。
そんなに、多くを望んでないと思うよ?
あれ買って、これも買ってとも言ってないし、
どこかに行きたいって言っても、朝6時出発じゃないなら行かないって言われてる。

それでもわたしには、とてもいい生活だよ。

だからもう、お願いだから、地雷踏まないでよ。
静かにさせておいてよ。
狂気は消えないんだから。

                                          伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 全部イカレてる。 | トップページ | 自分を許したい。 »