« 自分を許したい。 | トップページ | ありがとうございます! »

ご無沙汰いたしております。

全然更新できなくて、
どうしちゃったのか不思議がられていると思う。

わたしにとっては、ブログを書くことが、「創作」と同じレベルのことだからだ。
起こった事実を書いているのだが、
それでも、文章を書くことが好きなので、
創作をしているぐらいの、必須条件だった。

去年の4月に、もう自分は創作はできないと諦め、
持っていた石たちを、金具やパーツとともにすべて、
東日本大震災の被災者の方に、寄付をした。

そして吐いて下して、寝込んだ。

リウマチも治らないし、
もう自分には作り出せるのは文章ぐらいだと思っていた。

けれど、去年、ヒントをくれた人が居て、
わたしは、その人に似合う色がどんな色なのかを、
見極める力を持っていることを知った。

知り合いに片っ端からやらせてもらい、
知らない方のも、顔写真一枚で、やれるということがわかった。

それを、仕事とまではいかないが、
もし、やって欲しいなって人がいれば、やろうと思って、
色々動いてはみたが、
占いや、似顔絵みたいに、座ったらさっと結果が出せるものでもなく、
300色の色サンプルから、4~5回絞り込んでいくので、
一日に二人くらいしかできない。

それでも、その作業はとても楽しいので、
チラシを作り、ショッピングカートも一応立ち上げた。
営業には必要だからだ。

けれど、単体で活動するにはいかんせん、弱い。

対面でマルシェ出展してみることを考えて、申し込みをしたが、
貸してくれるテーブルが、広いので、
わたしは、昔やっていた、樹脂粘土で、和小物を作ることにした。
色診断をやらせてくれるお客さんがいるのかどうかもわからないし、
テーブル、半分も使わないくらいだし、
スペースがもったいないので、と、根付けと帯留めを作ることにした。

その準備をコツコツ一人でやっていて、
その途中、とある会議に出席して、
わたしの人生が、動き出した。

加速度的に。
けれども、方向は、「原点回帰」だった。

24年前に作っていたものを、
需要とか考えず、ただ自分が好きで、いいと思って作っていたものを、
制作せよという天からの指示。

あの頃は、世の中に、まだ売ってないようなものを、
わたしは絶えず生み出していた。
買う人も、「これ欲しい。すごく好き。でもどうやって使うの?」
という感じの人が多かった。

世界観が同じ人が集まって来るのだ。

「え? 飾るだけ? 使えないの?」などと言う人は、
絶対に買わない、違う世界の人。
世界観が共通している人は、
何の説明もなく、まっすぐにやってきて、
どう使うとか関係なく、ただ、欲しがってくれた。

和小物を作る予定で準備は進んでいたのに、
まだ、ちゃんと取り掛かれていない。
その代り、当時のように、「青いもの」を作る指示が降りてくる。

それらを作っていて、
結局、ネットショップを立ち上げて、
昨日、オープンした。

それでブログを書く暇がなかったのだ。

ネットショップはこちら。

「碧(あお)の部屋」

「碧」というのは、自然界に存在する青や緑の物を指すが、
縁起のいい言葉で、
「青く光り輝く玉」という意味も併せ持つそうだ。

ヒスイ? サファイア?と言われているが、
わたしはこれを、「地球」だと思う。

地球にまつわる、碧いものを作って、このショップにアップする。
在庫をあまり持たないので、受注販売になるものも。

よかったら、覗いてみてください。



土曜日、息子夫婦が来てくれる。
今年は、半年間も会えない時期を経ているので、
年が明けてから、会うのは二回目。
ありったけ広げてしまった材料や道具や資料を、
一旦全部片づけた。
疲れた。

突っ走ってきた、一か月間だった。

もう夏になってる。

                                        伽羅moon3

Dscf5053_1












 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 自分を許したい。 | トップページ | ありがとうございます! »