« 楽しかった一大レジャー。 | トップページ | 自分でも異常と思う。 »

圧倒的パワーの差。

GW真っ最中。

夫は嘱託として勤務しているので、カレンダー通りの休日。
長女が居てくれない日は、夫が一人で母屋の家事と、
お姑さんの世話をする。

わたしは、休日はあまり予定を入れないようにして来ていたので、
夫と一緒に過ごすことになることが多い。

28日、30日、そして3日は、約束も何もしていなかったのだが、
雨で、夫が参加するお寺のバザーが中止になったため、
夫は早々に帰って来た。

途中にある、わたしが知らないパン屋さんが美味しいらしく、
食パンとか、甘いパンを買ってきたようで、
「一緒に食べませんか?」というメールが来て、
それでわたしは、予定より早く起きた。

食パンがものすごく美味しかった。
耳がもっちりしていて甘みがあり、弾力もあり、
素晴らしい食パンだった。
今後はわたしもそこで買おう。

美容院を近所に変えてしまったので、
パン屋で食パンが買えないのが悩みだったのだ。
この町のパン屋が三軒、潰れたので。
これで食パン問題、大丈夫そう。

食べながら夫が、今日は夕飯一緒にじゃなくていいの?という聞き方をしてきた。
え、長女がいてくれるの?と尋ねたら、
バザーが一日中で、そのあと飲みに行く予定だったので、
夕飯時にはいない、と伝えてある、とのこと。

つまり夫はわたしと一緒に食べたいのだ。
なので、いいよ、わたしの美容院が終わったら合流しようか、と提案した。

陶器をいっぱい買ったので、ディスプレー用に、
無印良品のアクリルのコの字型の台と、ファイルボックスを買いたかった。
セリアにも行きたかった。
なので、夫に、夕方ムギとちまに餌をやってもらって、
17時半くらいに落ち合った。

わたしはアクリルの台とファイルボックスを買ったので大荷物。
夫に持ってもらう。

夫があらかじめ調べた焼き鳥屋に行った。
「潰したて」が売りの焼き鳥屋で、いろんな部位が食べられる。
メニューの数を抑えて単価を安くしてある。
カウンターに並んで座って、夫は最初から日本酒を飲んで、
酔っぱらって喋る喋る。

夫は、結婚前、「僕は無口だから。」と言っていたが、
無口であったことなど、一度たりともない。
ただの一回もない!

なのに、まだ、自分がすごいお喋りで、人の話を遮りまくって、
話を奪ってまで喋ってしまう人間だという、自覚に欠けている。

せんだって、息子のうちに行くときに、
お嫁ちゃんがナイーブになってるから、
赤ちゃんの話題は絶対に絶対にしないでね、と言っておいたら、
「大丈夫だよ、そもそも俺、喋らないから。」と言ったが、
結局、酔っぱらって来ると、夫の喋りは止められず、
独壇場になっている。

しかも、本人は酔っているから、それを覚えておらず、またしても自覚がない。

会話は、行ったり来たりしてこそ、楽しいのに、
いくらなんでも一方的に喋られると、
わたしは疲弊してしまう。
どんどん体も近寄って来て、もたれかかって来るので、
途中で椅子を離さなければならない。

昨日も夫はお酒二合を3本飲んで、酔っぱらって、
わたしがそれをいいことに、「成城石井に寄ろう?」と誘ったら、
「びゅうの商品券が使えるなら買ってやるよ。」と言ったので、
普段なら躊躇して買えない、高いはちみつとか、
ナッツのはちみつ漬けとか、
評判の高い「いちごバター」とか、
美味しそうな杏仁豆腐とかを買ってもらった。

帰宅して、ちまの世話をしてからシャワーして、出ると、
夫がまたやってきた。
成城石井で買ったチーズを取りに来たのだ。

そのままソファに座って、体をさすって欲しいというので、
色々買ってもらった手前、さすってあげた。

すると、時間は、夫が寝る時間を大幅に超えて12時になり、
ソファで寝始めてしまったので、
「もう寝てるから、起きて帰って。」と起こして、帰ってもらった。

これを言えるようになるまで、ずいぶん何年もかかった。

わたしは、自分の布団で夫に寝られるのが、すごく嫌なのだ。
布団でなくても、わたしの一部屋しかないこの部屋で、
寝られるのがすごく嫌なのだ。

でも、嫌だって、なかなか言えなくて、何年も、悶々としてきた。
寝ることはわかりきっているんだから、
眠くなったら、すぐに帰って欲しいのだ。

通常の人間よりも、エネルギーが乏しいわたしは、
夫のようにパワフルな人と、ずっと一緒には過ごせない。
吸い取られて、干からびてしまう。

別居になるまで、本当にしんどかった。
圧倒的なパワーの差があるので、
ついていけない。
一日に一つしかやれない。
ウォーキングなんかに出たら、もう夕飯を作る気力はなくなると、
わかってもらえるまでに何年かかったことか。


今年、結婚してちょうど十年である。
夫にそれを伝えて、記念日あたりに食事に行かない?と誘った。

その確認を昨日したら、十年ったって、
一緒に過ごしてる時間がすごい少ないんだから、
十年も、って感じは全然ないし、祝う気分も別にないとのこと。

そうですか。
まあ、別にいいけどね。
わたしは、いまの日常が充分に幸せだから。


GW中、ムギのパパへの愛が炸裂している。
夫がトイレに入るたびに、ムギが外から呼ぶのだそうで、
呼ばれたら行かなくてはならないし、
行くと喜んで乗って来て、夫の脚をしっかり掴んで抱っこされている。
ほっぺがぷくっと膨らんでいて、可愛い顔をしている。
ムギが嬉しそうだ。

なのでわたしは、行ったり行かなかったりだ。
冬場は、ムギの健康状態に気を配るため、
小屋の温度管理の為にも行く必要があったが、
暑くなると、ムギは乗って来てはくれないし、
暑いのを冷やしてあげる策もないし、
あまり、行くことに意味がないのだ。

だから、まあ、行ったり行かなかったりでもいいと思っている。

今日はちまが吐いて大変だった。

吐きにくい順序で、まずは少量のウェットの餌から与えるのだが、
わたしがキッチンで作業をしている間に、吐いてしまったらしく、
合計5か所で、吐いてあったが、うち4か所が、布の上…。
ちま、出来れば床で吐いて欲しいんだけれど、
なんでわざわざ、ファブリックに乗ってから、吐くかね…。

ラグの掃除をして、わたしのベッドのシーツをはがして、
ちまのベッドの中のバスタオルと、入り口のタオルを洗濯機に入れる。

掃除機をかけて、トイレ掃除もする。


夫が、今日は陶器を出して、撮影会するから、
起きたらすぐにメールしてね、早くてもいいよ、と言われてたので、
頑張って12時過ぎに起きたのに、
「今から買い物に行くんですけど?」という返事。

いやいや、わたしが午前中には活動出来ないのを熟知してるんだから、
午前中に買い物に行って来ておいたらいいじゃないか?
なんで、早く起きてって言うかな。

結局、夫がやっと来たのは、15時半だった。


買った高いぐい飲みを、包みから取り出したら、
みしっと音がした。
ヒビが入っていた。
思い切って買った、5,000円もするもの。

飾る目的で買ってるから、触らずにそーっと置いておけばいいけれど、
自分で買ったものの中では、思い切った高額商品だったので、
がっくり来た。

昨日買っておいた用品で、
ディスプレーをし直して、何とか全部飾れた。
来年、買ったら、今度はもうパズル状態での移動が必要になる。


早く息子夫婦に見せたいなあ。

嗜好が似ているから、きっと、いいねって言ってくれると思う。
早く会いたいなあ。

                                          伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 楽しかった一大レジャー。 | トップページ | 自分でも異常と思う。 »