« 文化的に遊ぶ。 | トップページ | 甘えてみたら…。 »

答えが見つからない。

夕べは久しぶりに寝付けなかった。

朝になって始発電車が走る。
辛い。
でも、起きなくてはならない予定があるから、
どうにか薬を増やさずに眠れないか、試行錯誤するのだが、
眠気は訪れず、
仕方なく朝の6時半に起き出して、睡眠薬を追加で飲んだ。

起きる前、眠りが浅くなっているのを自分で感じていた。
ちまがそばにいて、起こそうとしているのも。

わたしは、夢を見ていた。
父が死んだ夢だった。

夢の中では、父は現在の90歳近い老人の姿ではなく、
60代くらいの様子をしていた。
お通夜で、わたしが遺体の隣に座っていたら、
寝かされていた父が突然咳をして、意識を取り戻したのだ。

お父さん、死んでなかったんやね!
危なかったよ、焼かれるところやったよ!とわたしは喜び、
待ってて、お母さん呼んで来るわ、と言った途端、
父はやはり、そのまま死んでいったのだった。

わたしは、泣いていた。

泣きながら目を覚ました。

そうだ。
わたしは、父が死んだら、きっと悲しくて寂しくてとても辛い。
まだまだ、話を聞きたい。
満州から引き揚げて来たときの話とか、
戦後の闇市の話とか、
一時的に京都に住んでいたと言っていたけれど、それはなぜだったのかとか、
確か、腎臓の手術を受けて、途中で麻酔が切れたって、言ってたよねとか。

父の話をもっと聞きたい。
会いたい。

でも、わたしが会いたいのは、父一人なのだ。
そして、母の話をしない父に会いたいのだ。

それが叶わない。
父と母は、ツインソウルで二人で一つだ。
わたしをどちらかが庇ってくれることはない。
いつも二人はタッグを組んで、わたしの前に立ちはだかる、岩壁だった。
絶対的権力で、
わたしには味方が一人もいなかった。

唯一の同士だったゴンはたった3年で死んでしまった。


このまま、絶縁状態で、父が死んでしまったら、わたしは間違いなく後悔する。
ものすごく悲しい。

でも、おかあさんのこと、頼むな、と言われても、OKとは言えない。
わたしは、母という人が嫌いだからである。

父はもうあと、2年は生きられない。

90歳までは生きないのだ。
お別れはもうすぐそこまで来ている。

けれども、母に会うだけで気絶してしまようなわたしは、
帰省はできない。


悲しむことを、後悔することを覚悟で絶縁したのだ。
けれども、正確には、切り捨てたのは、あちらだ。
わたしの気持ちを、無いものとしたのだ。
全否定である。

だったら、娘なんていなかったと思えばいい。
二人の長い人生の中で、たった24年一緒に暮らしただけの存在だ。
愛する対象ではなかったということだ。


こうなるまでの手紙のやり取りで、わたしは父には愛を伝えた。
とても大好きだと、ちゃんと伝えた。
だけど、母は駄目なのだ。
あの人は、卑怯すぎる。


やがて、遠からず来る父の死を前に、
わたしは、何も出来ない。

もしも父の死後、それでも母が、まだ父を悪く言ったりしたら、
誰にも遠慮せず、母を罵倒する。
あなたにとってはもともと他人だったでしょうが、
わたしにとっては父親ですよ。
その父を悪く言うなんて許さない、とはっきり言える。


明日はカウンセリングだ。
この話をして来ようと思う。

どうしてここまで苦しまなくてはならないのか、
わたしにはまだ、その答えが見つからない。

                                               伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 文化的に遊ぶ。 | トップページ | 甘えてみたら…。 »