« 腹立たしさが消えない! | トップページ | 早く明日に! »

ちま、お願い、何か食べて。

ペットドックでは、ちまには悪い病気はなかった。
血液検査でも、炎症反応はなかった。

けれども、終えて、10日で、もう2回も吐いている。
これで、調子はいいです、とは言えない。

だから相談したくて病院に行ったのに、
何も知らない、わからない医者が出て来て聴診器当てて、
800円も取られた。
担当の先生が居ないなら、薬だけもらいにくれば良かった、
それで済んだのに!



吐かないよう、ちょっとずつ、何回もにわけて、餌を与える。
もうわたしは絶対に入院できないね。
ちまの世話はわたししかできない。

でも、夕べ、そろそろ最後の餌を、と思った時に、
ちまが自分のベッドから出て来て、
なにか小さく声を出しながら、
トイレに入って、またすぐ出て来て、
えづきはじめた。

ええ?
吐くの?

手元にあったちびバケツで、うまく受け止めることに成功した。
合計3回吐いて、
またベッドに引きこもってしまった。

ちまの吐き方は、いつも、食べた直後なのである。
なので、食べてもう3時間以上が経過してて、
そろそろ次の餌を、と思っていたのに、突然吐いたので、びっくりした。

吐しゃ物を調べたら、一回目に、だいぶ大きな毛玉が入っていた。
うん、これは気分悪いし、他の食べ物も消化できないよね…。
それをピンセットでつまんでチャック袋に入れて、
火曜日の診察で診てもらおうと思い、冷蔵庫に入れた。

毎晩、寝る前にブラッシングしてやっているが、
それで取れるのと同じ量くらいの毛玉だった。
あれを飲み込んでいるとなると、
吐いてしまうのも仕方がない。

吐くための草を、買ってこようかと思う。
ちまが小さいころ、あんずのために置いておいたのだが、
ちまは外猫経験がないし、赤ちゃんだったので、
ただ引っこ抜いて遊んで、部屋を汚すので、撤去したのだ。

可哀想なちま。
ベッドに戻って、ぐったりしている。

もう、ムギの所に行く時間を過ぎていたので、
ちまに、行って来るね、と声を掛けてムギに会いに行った。
ムギは小屋に居て、きゅ~んと鳴いて、
おかかを小屋で食べると、お礼に出て来てちょっと乗ってくれた。

もう帰るね、と言ったら、すんなり小屋に戻ってくれた。

部屋に戻って来て、ちま姫さまに、スープを差し上げた。
吐いたあとだけもらえる、特別なスープ。
いつも喜ぶ。
なのに、ちまは、ぷいっと顔をそむけた。

スープ、飲まないの?

では、と、缶詰に少しスープを混ぜて匂いを良くして出した。
それも、ぷいっ。

ちま、ちま、どうしたの?
あんなに食い意地があ張っていて、ご飯大好き、おやつ大好きのちま、
なんで食べてくれないの?
なんで大好きなスープもだめなの?

わたしが寝ている間に、死んでしまったらどうしよう。
わたしは、おやつのカリカリと、スープと、缶詰を並べて、
どれか、食べて欲しいと願ってベッドに入った。

いつも寝る前にわたしのベッドの上でブラッシングしている。
ブラシを見せるとちまは出て来てくれる。
でも、夕べは出て来ない。
あんなに毛玉が体内に入っちゃうんだから、
絶対にブラッシングは欠かせない。やるからね!
いやがるちまを引っ張り出して、抱きしめて、
それから、伏せさせて、ブラッシングをした。

吐いた毛玉と同じ量くらい、取れる。

一日一回じゃだめだ。
それにステロイドは、この子には必要だ。
痒くてたまらなくて、舐めてるんだ。

前に、フラジールというお腹の薬を始めた時、ステロイドを減らしたら、
あっという間にハゲが拡大して、一杯吐く日々になっちゃって、
慌ててステロイドを戻した経緯が、手帳に記入されていた。

一昨年からのちまの下痢に始まる不調と、それにまつわる対処とを、
レポートに書いた。

そうしないと、自分も覚えていられないのだ。

ちまは今日の昼間も、缶詰をちょっとと、
スープをほんの少し、飲んだだけで、全然欲しがらない。

早く火曜日にならないかな。
早くちまをT先生にみてもらわないと!

もう吐きませんように。
それから、ちま、お願い、何でもいいから、食べてよ…。
お願いだよ…。

                                          伽羅moon3




 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 腹立たしさが消えない! | トップページ | 早く明日に! »