« 素敵な商店街。 | トップページ | 一人では生きられない。 »

具合は悪かったけれど。

昨日、マッサージに行ったのに、
夕方から具合が悪くなった。
なので、ちょっと寝込もうと思って、昨日のうちに、煮物を作り、
今日の夕飯にするつもりで置いておいた。

6日はわたしの誕生日。

夫にはコートを買ってもらい、鰻重も食べさせてもらったのだが、
当日の朝のメールに、「おめでとう。」と書いてあって、
それが嬉しかった。

言葉も、こんなに嬉しいんだなあと思った。

その後も、いろんな人から続々とお祝いメールを頂いた。
昼間の暖かいうちにムギに会い、
ムギを乗せていて、ウトウトしてしまい、
まずい、と思って、部屋に戻って、
葛根湯やら、ビタミンCやら、ドリンク剤やら飲んで、寝た。

その間にも、お嫁ちゃんや、息子からもメールをもらった。

具合が悪かったことは残念だったけれど、
とても幸せな一日だった。

親からは、メールは来なかった。
こちらの意志が伝わったのだろうと、思った。
それでいい。

具合が悪くて寝る時は、
なぜだかわからないけれど、ちまが絶対に一緒に寝てくれるのだ。
ナースなちまちゃん。
わたしが仰向けに寝て膝を曲げていると、
その隙間にもぐって来て、もぞもぞとしている。
温かくてふわふわで、癒される。

でも、目が覚めると、ちまは自分のベッドに戻っている。
これもいつものことだ。

宵の口まで寝ていて、ちょっと楽になったので、このあと、
また葛根湯やらビタミンやら飲んで、
早めに寝ることにする。

お祝いしてくださったみなさま、ありがとうございます。

                                            伽羅moon3


 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 素敵な商店街。 | トップページ | 一人では生きられない。 »