« 時間に厳しい。 | トップページ | ムギは危なかった。 »

ムギが負傷している。

今日は午後、夫に頼んで、
スーパーとホームセンターが合体したショッピングセンターに、
車で連れて行ってもらった。
もう何か月も行ってなくて、色々買いたいものがあったし、
併設のペットショップも見たかったのだ。

車で出る時、ムギは小屋にいたのだが、
小屋から出て来て見送って、裏手に消えて行った。

帰宅してシャワーして、ムギのところに行った。
ムギが留守だったので、何回か呼んだら、
歩いて帰って来てくれた。

わたしの隣に滑り込んできて、お腹を見せてモフらせてくれた。
かわゆす。

シートで体を拭いて、ブラッシングして、おかかをあげた。
座っている時、ムギの左手がちょっと浮いていたので、
可愛くて、きゅっとさわったら、ムギが手を引っ込めて、ヤン!と鳴いた。


おかかを食べ終わって、脚に乗っていると、
長女が外出先から帰って来て、
わたしがいるのがわかったらしく、車の後ろにやってきた。

わたしは彼女に、おばあちゃんの世話、やれなくてごめんね、と謝った。
本当に申し訳ないと思っている、
だから、後方支援をするので、こういうものを買って来て欲しいとか、
クリーニング出して欲しいとか、アイロンとか、
何でもわたしがやれることはやるから、
気軽に言ってもらえると、わたしは救われる、という話をした。

彼女は了解してくれた。
幸い、パパもまだ元気だし、
老老介護が問題になってる世間に比べたら、
自分たちにはまだ体力があるから、大丈夫、と言ってくれた。

お姉さんに合わせる顔も無くてね、と言ったら、
それは、母娘なんだから、世話はしたくてしてるんだから、
気にしなくていいと思うよ、と言ってくれた。

目いっぱい働きながらの介護、大変だよね、
頑張ってくれてありがとう、と伝えることが出来た。
話せて良かった。

その間、ムギはちょっと離れたところで伏せをして待っていた。

長女が家に入ったので、
「ムギ、シーバ食べようか。」と声をかけたら、
喜んで近寄って来た。

歩くことは、何とか歩けている。
でも、ゆっくりしか無理そうだ。
座ると、やはり、左手を浮かしている。

痛めてるんだ…。
さっき触って、ヤン!と言ったのは、痛い!って言ったのだ。
どうしよう。
足が一本しかないムギにとって、手の負傷は、命に関わる。

とりあえず、元気はあるようで、シーバは食べた。
そのあと、ゆっくり歩いて、車の前に行ったので、
しばらくしてから見に行くと、ゴロゴロとだらけている。
左手の、どの位置が痛いのかを知りたくて、
左手の付け根を握ってみたら、「ヤン!」と鳴いて、手を甘噛みした。

全体が痛いようだ。

ムギ、おいで、と呼び返すと、やって来て、わたしにくっつく。
懐中電灯で照らしてみたが、血が出ている様子はないので、
傷ではないように思う。
だとしたら、筋か、筋肉か、骨か、どれかを痛めてるってことだ。

ムギが甘えて脚に乗って来たのだが、
乗っている時、ムギは自分の手をわたしの脚の隙間に入れて、
交差している。
その姿勢が痛いらしくて、
きゅーんと鳴いて、残念そうな顔をして、降りて小屋に入った。

ムギ、今夜は小屋で大人しく体を休めなね。
外に行って戦っちゃダメだよ、と言っておいた。


夫に報告して、部屋に来たときに、相談したのだが、
「俺は忙しくてそこまで関与できないから、病院に連れて行くなら、行けば。」
と、言われた。

そんな突き放した言い方、しなくてもよくない?

夫が忙しいのは事実だし、
わたしがお姑さんの面倒を見ないから忙しいんであるし、
そんなことは重々承知だが、
何で一緒に、それは心配だね、って言えないかな。
自分は行けないけど、キミは病院に連れて行けそうか?とか、
言えないかな。

いつもいつも、忙しい、時間がない、メシがメシがと言い続けていて、
そんなことはわかりきってるけれど、
一緒に心配してくれたっていいじゃないか。
ムギが可哀想じゃないか。

すごい孤独感を感じた。



ムギを一人で捕まえて、キャリーに入れて、病院に行く。

問題は、キャリーを一体どこに置けば、
ムギが不審がらずに、わたしに近寄ってくれるかだ。

キャリーを見てしまったら、ムギは頭がいいから、
絶対に寄って来ない。
どうしよう。

ガレージの中の棚に、紛れ込ませておいて、
抱き上げて、入れられそうか、このあと、シミュレーションしてくる。

自然治癒してくれるものなら、キャリーに入れる作業はしたくない。
嫌われたり、警戒されたくない。

でも、ムギは戦って生きてる子だから、
手当はしてやらないといけない。

孤独だなあ。

だからもっと、口の広い、入れやすいキャリーを買おうって、
何回も言って来たのに。


明後日はカウンセリングで、時間が取れないので、
明日、帰って来たら、実行する。

頑張れアタシ!

                                           伽羅moon3


 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 時間に厳しい。 | トップページ | ムギは危なかった。 »