« 助かった。 | トップページ | 寝ても寝ても疲れてる。 »

なんだかズタボロ。

わたしの夫は、仕事が早く、スペックが高い。
器用になんでもこなすし、料理も上手だ。
わたしがかなうことなど、一つもない。



夕べ、雨で、座椅子や敷物を袋に入れてあり、
その状態では会えないだろうとは思ったが、
たった一回でも、後悔はしたくないので、
パラパラと雨が降る中、ムギのところに行ってみた。

雨だし、寒いから、小屋に居てくれればいいのに、
ムギは留守で、
どこにいるのかもわからないので、
ダメ元で、床に座って、何回か、呼んでみた。

すると、意外なことに返事があって、
ムギがどこかから帰って来てくれたのだ。
「ムギ、ちょっとガサガサするけど、待っててね。」と声をかけて、
袋から座椅子と敷物を出して、
いつものように座って、「さあ、おいで。」と言ったら、
寒かったのだろう、ムギは脚に乗って来た。

今年の異常な気象で、この時期にこんな寒さ。
小さいフリースを用意してあったので、
それをムギに掛けて、ムギを守った。

ちゅーる食べたいと言って座ったので、
肩にフリースを掛けてやり、
ちゅーるを食べさせて、また脚に乗った。

そのあと、雨が強くなって吹き込んで来たので、
ムギは避難したため、帰って、寝た。



今日も涼しい。
わたしは何カ月も思っていたことをやっと実行した。
床の拭き掃除。

いつもはクイックルでゴミを取り除き、
クイックルのウェットで拭き掃除もするが、
たまに何かをこぼして、雑巾で床を拭くと、
結構、雑巾が黒くなるのだ。

去年の夏にリフォームが終わった際、夫が拭き掃除をしてくれて、
それ以来、クイックルでしか、掃除していない。

来週、友達も来るし、今日も涼しいからと、
意を決して、雑巾がけをした。

引き戸のレールは、小さいホウキで掃き出してゴミを外に出し、
隅々まで、丁寧に雑巾をかけた。
腕の筋肉がつった。

でも、ずっとやりたかったことなので、気分はスッキリした。



母屋では、次女ちゃんのお誕生日会が開催されるらしく、
一人暮らししている末っ子くんも来るとのこと。
夫は嬉しそうだった。

お寿司を取ったらしいのだが、夫が、わたしの分も
頼んでくれたという。

食べられないネタがあるので、きちんとネタ変更までして、
届けてくれた。

その際に、夫が作った料理もくれたのだが、
どれもちゃんと美味しくて、
これじゃあ、わたしの料理がおいしくないわけだ、と納得した。

ちまが大騒ぎするのはわかっていたので、
冷凍してあるホタテを解凍しておき、
一緒に夕飯を食べた。
ちまはすごく喜んでいた。


夕飯後、どうにも眠くなり、
変な態勢で寝ると体が痛くなるので、
ベッドで仮眠した。
ちまがぺったりと寄り添ってくれる。

一時間半で起きたかったのだが、
どうしてもどうしても起きられず、
眠くて眠くて、結局3時間も寝てしまった。

たかが拭き掃除をしただけで、こんなに疲れるなんて、
歳を取ったなあと思う。
なんだか、体調が、ズタボロなのだ。



今日は夕方、夫が車で買い物から帰って来たら、
ムギがいたようで、「ムギいるよ。」と教えてくれたので、
すぐに降りて行った。

どこかから、呼ばれたのだが、どこにいるのかわからず、
とりあえず、座椅子と敷物をセッティングしてから、
探しに行ったら、
ムギはアジサイの木の根元にいて、
わたしを見つめていた。

ムギちゃん、ここにいたの。
出ておいで。

ムギは嬉しそうにやってきて、
いっぱい色々食べた。
もうこんなに涼しくなっちゃったから、頑張って食べて、
冬毛をはやさないとね。

そのあと、脚に乗せたら、しっとりおさまって、
小一時間、一緒に過ごせた。
夏は過酷だったので、秋はいいねえとムギと話した。


仮眠から起きたけれど、体がしんどくて辛い。
夫のパワーはすごいなあ。

来月、息子夫婦が来てくれることになった。
すごく嬉しい。
またお寿司を取って、料理をすこしやろう。

会えるって、嬉しいね。
会ってくれる息子に感謝だ。

                                           伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 助かった。 | トップページ | 寝ても寝ても疲れてる。 »