« 寝ても寝ても疲れてる。 | トップページ | 病は怒りから。 »

風がふいている。

何かを達成したわけでもないのに、
わたしはいま、抜け殻になって、何も手につかない。

療養しなくてはならない身なのに休んでない、と言われるくらい、
いつもかも、何かをずっとやっていたのに、
今は体がただただしんどくて、
どうすることも出来ない。

どういうことなんだろう。
何が起きているんだろう。

去年は体が痛くて苦しくて、
気持ちもズタズタになり、苦しい一年だった。
でもそれは、体の病気が絡んでいたから、
目に見える形のものだったから、
理解されて、同情や同調をしてもらえた。

だから、乗り越えて来られた。

でも、今のわたしのこの不調の由来がわからないのだ。


わたしの中に存在する、ものすごい怒りをたたえた少女は、
出て来る隙を狙っている。

正直、それに適した相手がいたら、
わたしはその狂気をぶつけてしまうだろう。

今はそばに誰もいなくて、
天使のちまちゃんしかいないから、
狂気をぶつける相手がいないだけのことなのだ。


わたしは、誰かと一緒にいてはいけない。
絶対に一人で居なくてはならない。

あの子の怒りを鎮められる人は存在しない。

わたしはもしも、親がわたしになにかを謝ってくれたとしても、
聞き入れることなく、
そのことについて、もっともっと強く激しく、
責め苛むだろうと思う。
それだけの狂気をわたしは常に隠し持っている。

これを出してしまったらもうおしまいだ。
今、うまく行っている人間関係も全部おしまいだ。

わたしをはけ口にしたずるく汚い母をずっと批判してきたが、
同じ狂気が、わたしにも存在していることを、
わたしは知っている。

だから、母のようにはなるまい、と
ひたすらに、自分をぐるぐる巻きにして生きて来た。

それが苦しい。
はみ出してしまいそうなんだよ。
正気ではいられなくなってしまいそうなんだよ。


この強い抑圧が、わたしのやる気をもいでしまったのか。

料理も一切できないでいる。
冷蔵庫でどんどん野菜を腐らせ、
今は空っぽで、野菜ジュースが入っている。

なんだろう、体のことをちゃんと考えて、
夏場でも温かいものを飲んだり、
ちゃんと湯船に入ったり、
体にいいものをバランスよく食べたりする人には、
きっとこういう狂気がないんだと思う。

わたしは、それどころではないのだ。

そうだ、それどころではない、というのが、今の気持ちだ。
今、書いていてやっとわかった。

生きてるだけで精一杯なんだよ。
もし裂け目が出来たら、そこからマグマが噴火するみたいに、
あの子が出て来てしまう。

そしたらもうおしまいだ。
精神病棟の個室に、拘束される道しか残ってない。

今、わたしは、崖っぷちに立っている。

風が吹いている。

                                                伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 寝ても寝ても疲れてる。 | トップページ | 病は怒りから。 »