« サクラも生きてた。 | トップページ | 13センチ。 »

ちまの腎臓。

手のひらに乗るサイズで、うちに来たちま。
最初から、全く人見知りもせず、新しい家に怯えることもなく、
キャリーから出てきたら、すぐに探検を始めたちま。

「ちま」という名前は、仮名だった。
保護主さんが、預かった時に、ブログで名前の募集をした。
届いた名前を全部紙に書き、折りたたんで瓶に入れ、
彼女の旦那さまが、一枚引いた。

そこに書かれていた名前が、「ちま」だったのだ。
一昔前に、よくあった名前の、
「チビ」と「たま」から、一文字ずつ取ったのが由来だそうだ。

こうして、ちまはちまとして、募集がかけられた。

性格がとにかく良くて、人懐っこいので、
ものすごい申し込みが入り、
募集は一日ちょっとで打ち切りになった。
倍率は約30倍だった。

そのちまを、うちがゲットできたのだ。
本当に幸運だった。

名前は、「みかん」か、「あずき」にしようと思っていた。
けれど、実際にちまに会ってみて、
譲ってもらえると決まって、その帰り道、
車の中で、声に出して、子猫を呼んでみた。
「みかーん。」
「あずき~。」
けれども、しっくり来ない。
「ちま」という名前が、あの子にはぴったりすぎるほど、ぴったりなのだ。
なので、これは珍しい例になるけれど、
ちまは、ちまという名前のままで、譲っていただいた。


ちまはものすごく可愛かった。
猫じゃらしに向かって手をパーにして、大ジャンプをしたし、
背中を向けるとすぐに背中に飛び乗られ、
わたしのTシャツは、すぐに穴だらけになった。

わたしがトイレで座っていると、暇そうに見えるのか、
必ずついてきて、ジャンプして膝に乗り、
そのまま赤ちゃん抱っこで、
ちまちゃんの歌を延々何十分も歌って育てた。


そんなちまも8歳になった。
猫は7歳からがシニアの入り口だというので、
去年から、毎年検診を受けることにした。

今年の3月、血液検査で、
クレアチニンという物質が、まだ、基準値内とは言え、
高めの数字になったのを先生が気にして、
一度、念のため、詳しく外部検査に出してみませんか?と
すすめてくださった。

その時に病院で採取した血液をそのまま流用できるとのことだったので、
夫が承諾して、検査に出してもらった。
猫シスタチンの検査ということだった。

すると、結果は、シスタチン数値が高く、
ちまの腎臓は、すでに腎不全が始まっていることが判明した。

病院内の血液検査だけでは、見抜けないものだった。
しかも、まだ、ごく初期なんだろうなと思ったら、
すでにステージ2だということがわかった。
ショックだった。

しかし、ラッキーなことに、4月に、
猫用の、腎不全の薬が、発売になったばかりだった。
とても評判がいいらしく、うちもちまに、すぐにそれを飲ませることになり、
食事も、おやつは一切無しで、
苦いお薬を食べさせるために使っていたウェットの餌も、
腎臓病の子が食べるシチュー缶に切り替えた。

サンプルでもらったシチュー缶は、
それまで食べていたウェットとはあまりに様子がちがったので、
食べてくれるか心配だったが、
ちまは喜んで食べてくれて、
お薬も混ぜて与えることに成功した。

それまであげていた、おかかもちゅーるもやめた。
腎臓用のフードで、シーバに全くそっくりなのがあって、
それをやったら、異常に喜んだので、
夫に頼んで、それをちまのおやつとして買ってもらった。

こうして療養生活に入り、
6月にまた、血液検査に出して調べてもらった。

その結果を、土曜日に聞いたのだが、
3月に、13.7あったシスタチンの数値が、
なんと、4.5まで、下がっていたのだ!
劇的な回復だった。
減り続けていた体重も、持ち直して、ちまは元気。

腎臓の、ダメになってしまった部分はもう治せない。
そういう薬ではない。
けれど、これ以上悪化することを、止めることができる。

酷くなってしまえば、皮下点滴を行わなくてはならないが、
ちまはまだ8歳なのだ。
いずれ、そういう日が来るにしても、今はまだ早すぎると思ったので、
本当にホッとした。
ありがたい。


病院が午前中だったので、
ホッとしたらもう、何かを食べる気力もなく、
帰って来て、ちまと一緒にバタンとお昼寝をした。
わたしがお昼寝をするときは、ちまは必ず、寄り添ってくれる。
良かったよちまちゃん。
長生きしようね。
ママ、ちまのこと、大事にするからね。

早く見つけてもらえて良かった。
ちょうど薬が発売になった時期で良かった。

愛おしい、天使のちまちゃん。

                                             伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

</

|

« サクラも生きてた。 | トップページ | 13センチ。 »