« 踏み込まない領域。 | トップページ | 恐ろしい人。 »

食生活の話。

子供にとっては、
家庭というものが、最初の「世界」だ。

学校に行くようになれば、学校内でのグループとかが出来るし、
クラブ活動や部活という世界も加わる。

けれど、幼いうちは、本当に自分の家庭しか知らないから、
そこで経験したことしか、
やれないのだ。


わたしの父は、工場の三交替勤務だったので、
揃って朝ご飯を食べるという風習が、全くなかった。

わたしに出される朝食は、マーガリンを塗ったトースト。
多分、牛乳くらいはあったと思う。

ご飯と、お味噌汁と、焼き魚、みたいな朝食は、
ただの一度も、経験がない。

まず、味噌汁などが出ない。
これは、父が酒飲みで、味噌汁を作ったところで、
つまみにならないから、というのが理由だ。

同じ理由で、カレーも、出たことが無い。
これも、つまみにならないからだ。

息子が小学生の頃、
「ご飯に味噌汁に焼き魚、っていう朝ご飯がいい。」と
要望して来たのだが、
その当時、最も貧乏で、一切れ200円もする魚が、
買える状況になかった。

しかも、そういう朝食を、経験したことがないので、
作る要領も、まったく想像できないのだ。

息子が高校生になり、弁当を作るようになって、
やっと、どうにか、弁当とはかぶらない何かで、
朝食らしきものを出せた。

それまでは、恥ずかしいし申し訳が無いが、
パンと牛乳という朝食しか与えられなかった。

牛乳は、宅配の、カルシウム入りのいいのを飲ませたが…。


人の味覚は3歳までにほぼ決まるそうだが、
確かに、食べたことが無いものは、作りようがない。
仮に、レシピを見て完成したとしても、
その味が果たして正解なのかの判断がつかないからだ。

夫と付き合っている時、
煮込み料理はしますよ、とメールのやり取りをしたら、
「いいですね。僕もトマト煮込みとかが好きです。」と
返事が返ってきた。

なにそれ。
トマト煮込みって、なに?
どんな料理?

一度も食べたことがないわたしはポカーンとした。

トマトを煮込む料理なの?
それとも、何かをトマト味で煮込むってこと?

その前年くらいに、伯母が亡くなって、
お葬式の後、お供え物をみんなで分けた。
わたしに、トマトの缶詰が来たので、なにこれ?と聞いた。
従姉が、「トマトのホール缶だよ。」と答える。
いや、そう書いてあるのは読めるんだけど、
どうやって、どんな時に、どう使うの?と聞いたら、
彼女はびっくりしていた。

そして、黙って、果物の缶詰と取り替えてくれた。

トマト煮込みって…。

わたしの言う「煮込み」は、醤油味か、味噌味なのだ。


わたしの実家は、父の三交替に徹底的に合わせた暮らしだった。
食生活も、父が食べられないもの、
つまみにならないものは、一切出て来ない。
だから、酢の物の作り方さえ
最近まで知らなかった。

今は、味がついた、三杯酢とか土佐酢とかが売ってるから容易いが、
当時は、父がすっぱいものが食べられないため、
食卓に、酢の物が登場したことがない。
だから、作り方も知らないし、正解もわからなかった。

お漬物、味噌汁、カレー、チャーハンなどが出ない家だった。

当然、トマト煮込みが出るはずなどない。
そしてわたしは、今もまだ、作ったことが無い。


そんなわたしに育てられたのに、息子の味覚は豊かで、
手料理がとても美味しい。

手伝わせたことはない。
忙しいときに、かわりにやってよと言っても、
自分には、根拠はないが自信はあるので、
一人暮らしになったら、自分で作るんだ、と言っていた。

その通りになり、ついにはお弁当男子にもなった。

お嫁ちゃんも、息子が作る料理が大好きで、
料理ができる旦那さん、いいねえって、
お友達や同僚に、うらやましがられるそうだ。

わたしも、料理は嫌いなのではない。
ただ、育った環境がそんなだったので、
レパートリーがすごく少ないのだ。

それに、夫の家は薄味が好みらしいから、口に合わないようだし。

また、息子たちが来ることがあったら、
何かを作ろう。
もちろん、すごく疲労するけど、食べさせたい。

                                               伽羅moon3


> いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 踏み込まない領域。 | トップページ | 恐ろしい人。 »