« 時間がないのは変わらない。 | トップページ | 何のための大学なのか。 »

自己防衛。

わたしは、親のせいで、一人娘だ。

母が産んでいれば、兄がいたはずなのだ。
霊視してもらって、それはわかっている。

母はまるで、自分が悲劇のヒロインのように、
産ませてもらえなかったのだと、
わたしという、自分の娘に対して、
堕胎した話をした。

そんな話を、聞きたい娘が、どこに存在するか!

わたしの母は、相当な「構ってちゃん。」なのだ。
非常に幼稚で、自分のことしか考えられない。

自分のことでいっぱいいっぱいなので、
「問題を起こさないで!」
「困ったことを持ち込むのはやめて!」
「見ている前で泣くな!」
と、わたしを育ててしまった。

わたしには、甘えられる母が、いなかったのだった。

わたしに、兄さえいれば、
どんなにか、楽だろうか。

「娘を降りる」と決意し、
カウンセリングで宣言してから、
わたしの、暴力的な、過食は治まって来た。

けれど、一人娘のわたしが、娘を降りてしまうことなど、
本当は、実現しないと、わかっている。
わたしが親の葬式を出さねばならないからだ。

母を憎んでいたことなど、おくびにも出さずに、
明るくて友達の多い人でした、とか言って、
送り出さなくてはならないのだ。


でももう、本当に嫌だ。
会いたくもない。
死に目になんて会いたくもない。

されたこと、言われたこと、何もかも、忘れられない。
その苦しさを、理解してもらうこともできず、
わたしが悪役を引き受けることに決めたのだ。

母にズタズタにされた自分を、
今の、満たされた生活の中で、
どうにか、くるんで、抑えつけてあるけれど、
それは、一生消えることはない。


人には、言っていいことと、いけないことが、あるのだ。

その区別が出来ない人とは、付き合いたくない。

もののはずみで、とか、
売り言葉に買い言葉で、とか、
酔った勢いでとか、
怒りのあまり思ってもいなかったことが言葉に出てとか、
わたしは、そんなのは一信用しない。

思ったことがあるから、言葉に出てしまうのだ。
そっちこそが本心なのだ。

もう、嫌だ。
本当にもう無理だ。

残念だが、世の中には、
頑張っても報われないことが、存在する。

何のために、この境遇で生まれることにしたのか、
我ながら、不思議だけれど、
わたしは、息子には、絶対に同じことはしない。

夫は盾となりわたしを守ってくれている。
ありがたいと感謝している。

でも、その夫からも圧力はある。

自己防衛するしかないと思っている。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 時間がないのは変わらない。 | トップページ | 何のための大学なのか。 »