« 大変な日になった(2) | トップページ | 経験にまさる知識なし。 »

見える病はいいよね。

このブログを長年書いていて、
きっと何度も同じことを書き続けていると思う。

骨折の人は、いいよね。
画像で、骨折していることが見られて、
痛さを想像してもらえて、
誰にも、責めらず、無理せよと追い立てられない。
(リハビリはまた別のこととして。)


ガンになっちゃった人は、不幸だよね。
でも、いいよね。
みんなに同情してもらえて、優しくしてもらえて、
ガンになったことを、誰にも責められない。

見える病気、治る病気は、うらやましい。


わたしたちのような、精神疾患を持った人が、
いくら、声を挙げても、
受け入れてもらえることは、ない。

こんなご時世になり、情報が簡単に入手できる世の中でも、
偏見にさらされ、忌み嫌われる。

どうしても寝付けなくて苦しんでいると、
どうせ寝ないんだったら起きてれば?と言われる。

それが、どんなにひどいことを言っているのか、
自覚はゼロだ。

気持ちが落ちていて、誰とも会いたくないことや、
やる気が出なくて、清潔を保てないことや、
働けないことを、ずっと、責められる。

社会から責められるのも辛いが、
家族に責められると、死にたくなる。



うつ病は、その実態が見えない。

わたしは、躁鬱病だから、躁状態になるときも、もちろんあって、
そしてそこあと、必ず、大きな鬱が襲ってくる。
飲み込まれる感覚だ。

けれど、躁状態を見た人は、
ああ、けっこうやれるんじゃん、平気そうじゃん、と
勘違いする。
その後、大鬱に飲み込まれているときは、
誰ともコンタクトしないので、
見えないのだ。

見えない病の恐ろしさは、理解されないことにある。



昨日も書いたが、夫がお姑さんを個室に入れようとしたことは、
すごくショックだった。

18000円かかることは、もちろん知っている。

たった5日の入院のわたしの時に、
お願いをしたのに、
いくらかかると思ってるの、死ぬわけでもないのに、と
夫は言葉で言ってしまったのだ。

先妻さんは、死の病だったから、個室だった。
でも、わたしは、たかが胆のうを摘出するだけだから、
個室がもったいなかったのだ。
ガンでもないのに、と言われた。

わたしが個室を望んだのは、
胆のうを摘出するからではない。

この、精神を守るために、どうしても、個室しか無理と、
判断したからだ。


卵巣を取った時に4人部屋で、ものすごく辛い思いをした。
経験したからこそ、個室にしたかったのに、
卵巣の時は、4人部屋だったじゃないか、と言われた。

そうだよ?
それで、無理だと学んだからこそ、頼んでいるのに。


たった5日のわたしの入院には、個室を渋ったのに、
実の母親となると、それが、最低で二週間、と言われているのに、
18000円もする個室を取ろうかとしている夫に、
わたしは、本当に、びっくりした。

前夫が、
「嫁の代わりなんかいくらでもおる。親の代わりはおらん。
だから、親のほうが大切じゃ。」と言ったのも、
わたしの、たくさんある、離婚原因の一つだった。

それを思わず、思い出してしまった。
男の人って、実はみんなそうなの?

前夫との離婚の話し合いの時に、それを持ち出すと、
お前は言葉にこだわりすぎる、聞き流せ、と言いやがった。

じゃあ、言いたくて言った者勝ちで、
言われたほうは泣き寝入りしろと言うのか。

あなたは、「嫁の代わりなんていくらでもおる。」と言ったのだから、
どうぞ、そうなさってください、
親御さんをお大事にね、と言って、
わたし前夫を捨てた。



使う言葉の重みが、違う人とは、
一緒に生きて行くことは、出来ない。

売り言葉に買い言葉で、
思ってもいない言葉が出ちゃうなんてことは、絶対にありえない。
思ったことが、かすかにでせよ、あるからこそ、
口から出てしまうのだ。

言葉を軽んじる人とは付き合えない。



夫は今日は大事な会議があったそうで、午前中出勤し、
午後は帰って来て、忙しくしていたようだ。

わたしは、ムギに会えたのが遅かったのと、
風邪をひいてしまったので、
ちょっとゆっくり寝た。

お姑さんの手術は、水曜日に決まったそうだ。
わたしは、カウンセリングなので、カウンセリングに行きたいと伝えた。

お姉さんは、水曜日は都合がつかないらしく、
手術日は、夫が一人でまた、待つ役割になる。

夫は、手術はおろか、入院の経験もないので、
いつも見守る係。

卵巣の摘出から3年で、わたしは胆のうを摘出したが、
手術台が、テンピュールになっていた。
本当に、医療はどんどん進化をしている。

わたしは、今月は年に一回の検診がある。
また、胃にポリープがあると言われるだろうが、
胃カメラはもう、やらない。

そろそろ、もう片方の卵巣も気にかけたほうがいいですよと、
去年言われたのだが、
まあ、しばらく、いいや。

                                                伽羅
 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 大変な日になった(2) | トップページ | 経験にまさる知識なし。 »