« 自己防衛。 | トップページ | 見逃さなかった。 »

何のための大学なのか。

わたしには、明確な将来の夢があったのに、
家が貧乏だったせいで、
最初から、大学に行ける可能性は、ゼロだった。

高校を受験する時、どうせ大学には行かせないのだから、
すぐ職にありつける、商業高校に行けと、
親に言われた。

そろばんが大嫌いだったわたしは、それだけはどうしても嫌で、
父の前で、畳に頭をつけて、
「普通科に行かせてください。」と頼んだ。

高校に入ってからの、芸術の選択科目で、
わたしは美術を選択し、
立体は、ダメだったが、デザイン能力を認められ、
美術の先生に、目をかけてもらえた。

作品の提出後、みんなには返却されるのに、
わたしには戻って来なかったので、
美術準備室に、聞きに行くと、
先生が、戸棚から、わたしのポスターを出した。

それは、特別に、パネル貼りがされてあった。
もちろん、わたしにだけだ。
とてもいい作品だったからね、と言ってもらえて、
本当に嬉しくて、
わたしはますます、グラフィックデザイナーか、
テキスタイルデザイナーになりたくなった。

通っていたのは、進学校だったので、大学に行かない子はゼロだ。

なので、将来何になりたいか、という夢を、明確に持っている子は少なくて、
どこの大学に入れるか、ということが、学業の目的だった。

わたしは、デザインを学びたいから、
大学が無理なら、せめて、専門学校に行かせて、
ちゃんとバイトして学費も稼ぐから、と
親に掛け合ったが、
デザインとは何ぞやすら、知らない親には、
そんな食うて行かれへん仕事に就かせることは出来ん、と
にべもなく、あしらわれた。

当たり前のように大学に行ける子たちが、妬ましかった。
やりたい職業もないくせに、
バイトしなくても、行きたい大学に行かせてもらえるなんて、
本当に世の中は、不公平だと思っていた。

今思えば、大学にとりあえず入れたら、
4年間もの、猶予が与えられる。
そこで、ゆっくり、自分がやりたい仕事を考える時間もできるわけだ。
それは本当にうらやましいことだった。

わたしはたった17歳で、自分の就職を、
自分で決めるしかなかったのだ。

誰にも頼らず、誰にも相談できず、
進路指導室に来ていた求人票を自分で見て、
願書を出したのだ。


わたしの友達にも、躍起になって勉強していた子はいる。
あらゆる楽しみを我慢して、
もしくは我慢させられて、
いい成績で、いい大学に入った子もいる。

でも、では彼らが、就きたかった職業に就けたのか。

それは、99%、無かったと思う。

4年間も考える猶予があったのに、
やりたい仕事もわからず、
なんとなく受かった会社で、営業マンの日報管理をしていた友人。
あんないい大学を出て、
その仕事で良かったの?

高校2年の最初の頃は、明るくて、大きな声で笑って、
人気者だった男の子も、
受験が近づくとナーバスになり、
雑談もしてくれなくなり、
大学を出た後、銀行員になった。

銀行員になりたくて、若い時期を、あんなに暗くして過ごしたの?
それで良かったの?


もちろん、友人のなかには、「化学」が好きで、
そういう会社に入って研究員になる、と言って、
理系の大学に入り、女性ながら、
地方の大きな化学会社に入った子もいた。
あっぱれだなあと思った。
素晴らしいよね。

ご理解のある親御さんで、うらやましい。

夫も、なりたかった職業に就けた、恵まれた人である。
夫ほどの人なら、大学院まで出してもらった甲斐があったと思う。



仕事だけが人生ではないけれど、
取り戻せない若い美しい時間を、受験に費やし、
あらゆることを犠牲にし、
結局、事務職を少しやって、お見合いで結婚して、
って聞くと、大学って、何のために行ったんだろうなあ、て思う。

わたしも、息子には大学に行かせてやれなかった。
もらえる養育費が18歳までだったし、
その後、わたしの収入では、大学に行かせてはやれない。

だから、即戦力として技術を身に着けられる高校を勧めたのだ。

「大学、って、ちょっと、行ってはみたいんだけどね。」
息子がボソッと言ったとき、
わたしは、同じ境遇なので、気持ちはよく分かった。

ごめんね、と謝ってから、
「大学はね、やりたい職業があって、
それに必要な知識を学びに行くところだよ。
だから、なんとなく、行ってみたい、って気持ちで行くところじゃないよ。」
と、答えた。

幸運なことに、息子は入った高校をたいそう気に入り、
学校に住みたいとまで言った。
同じく、高校を出たら就職する仲間と、
楽しく学校生活を過ごしてくれた。

今も、仲良く行き来している。

わたしは、やってみたいことのすべてが、「仕事」だった。
褒められることなく育ってしまったため、
自己肯定感が全くなく、
仕事で、成果を上げることでしか、
自分を認める方法を知らなかったのだ。

だから、今の、働けない自分は、本当はちょっと悲しい。
得意分野があったのに、生かせないことは、ちょっと悲しい。

次の人生では、きっと仕事で成功しよう。
きっと満たされる仕事をしよう。

                                              伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 自己防衛。 | トップページ | 見逃さなかった。 »