« クレームは言い、いい時は褒める。 | トップページ | 大変な日になった(1) »

ハードル、ないの?

夕べはちょっと寒かった。

夜中、ムギは留守で、呼んでも呼んでも帰って来ない。
30分待ったが、悲しい気持ちで部屋に戻った。

こんな肌寒い夜こそ、小屋でのんびり寝ていて欲しいのに。

自分が寝る時もちょっと寒かったので、
洗濯して片づけたのを使いたくなかったが、
ハーフケットを体にかけた。
ぞくぞくしたので、念のため、
風邪薬を飲んで、寝た。

リウマチの注射を強いのに変更したので、
とにかく、感染症にかかってはならないのだ。


寝ている時に、夫からメールが入った。

寝ぼけまなこで読む。

夫は、年に一回の人間ドックに行っているが、
検査の後、その病院のレストランで食事して時間を潰し、
結果をもらってから帰って来るシステム。

ところが、今年は、
「大江戸温泉物語」のチケットをもらったそうだ。
当日限り有効なので、自分が帰ったら、一緒に行きませんか?
と、書いてあった。


いやいや…。

それは、どうしたって無理だろう。

ひとまず、わたしはこのところ、ずっと体調も、
気分もすぐれず、
引きこもっている。

今日、風邪気味であることを、知らないのはもちろん当たり前だが、
わたしにとって、「お風呂」のハードルが、いかに高いか、
夫はすっかり忘れているのだ。

まあ、わたしも、いちいち、報告しないけれどね。

自分で髪を洗うことが恐怖でできなくなり、
今はチケット制の安い美容院で、
月に6回、シャンプーしてもらっているのだ。

顔を洗うことも、実は困難で、
ふき取り化粧水でふき取る生活。

そんな生活なのに、温泉施設に行くなんて考えたら、
まずは、下着変えなくちゃ、と思うし、
何を持って行かなくてはならないかとも考えるし、
そもそも、わたし、浴槽に入れない、ってことに気が付いた。

そう、わたしは浴槽につかってることが、出来ないのである。
「お風呂でリラックス」
とか、考えることも不可能だ。

なんで体を沈めた状態で、リラックス?
いったい、それのどこが楽しいの?
何にいやされるの?


だから、わたしは、一切、浴槽に入っていない。

真冬でも、シャワーのみだ。

実家に行くと、浴槽が用意されてあって、
「ゆず湯になってるからね。」とか言われるので、
仕方なく、入ってはみるけれど、
真冬の極寒の実家のお風呂でも、
浴槽には、2分もつかっていられない。

苦しくなる。

それくらい、お風呂のハードルは、高いのだ。


温泉施設になんか行ったら、たくさんの浴槽があって、
薬湯とか、ジェットバスとか、寝湯とか、露天風呂とかあって、
そんなのに、たとえ1分ずつでも入ったら、
もう、ヘトヘトになる。

しかも、タオルで巻いた髪が蒸れて痒くなる。
でも、自分では洗えない。

楽しくないどころか、
拷問に近い。

それを、どう説明したらいいか、悩んだが、
具合が悪かったのでそのまままた寝てしまった。

夫の「帰りました」メールで起きて、
やっと、お断りのメールができた。

絶対に納得してないとは思うけどね。



以前、一回行ったことがあるのだが、
それはわたしが普段、あまり入浴ができていなくて、
「垢すり」をしてもらいたくて、
垢すりを受けてもいいんなら、行く、と言って、
一回行ったのだ。
目的はそれだけだった。

裸になるなら、ムダ毛の処理とかもしなくちゃいけないし、
そうなったら、
お風呂の前に、まずは自宅でシャワーしなくちゃならないじゃんか。

ハードル、高すぎるんだよ。
絶対無理だよ。

健常な人には、「ハードル」って、ないの?
どうなの?


結局夕方まで寝ていて、
いつもの時間にアラームかけて、ムギに会いに行った。

ムギは庭にいたが、あまり喜んでもくれず、
むしろ、ちょっと不満げだった。

ムギのリビングに座って呼んでも、全然来てくれないので、
お迎えに行った。

車の下にいるムギのしっぽをちょいちょいして、
お願いして、やっと来てくれた。

それで、「今ムギと一緒にいます。」と、夫にメールをした。
そうしたら、夫が、自分が外に出て、ムギを呼んで、
それでムギが帰って来てくれたんだけど、
キミの玄関が開いたので、自分は家に入ったんだ、とあった。


なんでこの時間?

少し前、夫が、あまりにもムギに会える時間が少ないとひがむので、
じゃあ、土日はわたしは、夜中だけにするから、
あなたが好きな時間に会えば?と遠慮した。

ところが、ムギがあまりなつかず、全然思うようにならないので、
「もう、土日もキミがいつものようにやって。」と言われたのだ。

だから、いつも行っている、
17時半~18時に行くんだけれど、
そのこと、忘れちゃってるのかな。

ムギがわたしに素っ気なかったのは、
パパに会うつもりで帰って来たら、
ママだったからかもしれない。
おやつだけ食べて、あとは全然そばにいてくれない。

あんなに抱き合った夜もあったのに、
ムギちゃん、ツンデレがすぎるよ。


明日はちまを病院に連れて行く。
いつもより早起き。
でも、帰ったら、ちまとくっついてお昼寝するんだ。
ちまの血液検査をして、腎臓の薬が効いているか診てもらう。
頑張ろうね。

                                                 伽羅moon3
 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« クレームは言い、いい時は褒める。 | トップページ | 大変な日になった(1) »