« つなぐのは自分。 | トップページ | 時間がないのは変わらない。 »

もしも逆だったら。

昨日、連絡をいただいた旧知のお友達から、
朝、メールが入っていた。

わたしと会う日は、午後休みを取っちゃうから、
ゆっくり会いましょう、って。

嬉しい。
そうしたら、ドリンクバーのあるレストランに行って、
食べて、ゆっくり話をして、
そこから3時間カラオケしたって、まだ夕方だもんね。

わたしは手帳を見て、
自分の空いている日を、連絡した。

仕事終わりで、すぐに返事が来て、
来週は旅行と飲み会があるのでダメだけど、
会えるとなったら、早く会いたくなっちゃったので、
再来週、会いませんか?って、書いてあった。

わたしもすぐにOKした。

カラオケ友達が、今はいなくて、
行くとしたらずっと一人カラオケ専門店か、
夫とちょこっとだけ、って感じだったので、
歌が大好きな人と一緒に行くことが、
何年振りだろう?って感じで、わくわくする。



よく、勇気を出して、メールくれたなあって、思った。

年賀状と、メルアド変更の時だけの付き合いになってたのだが、
去年、彼女はご家族にご不幸があって、
年賀状を失礼します、とハガキが来たので、
お悔やみのメールだったか…ハガキだったか…
出したんだよね。

お返事があって、人生まだまだひと花咲かせます!って書いてあり、
その前向き加減とか、パワフルさが、
わたしには無理…
わたしはもう、人生を縮小する、と考えていたのだ。


そのあと、3月で、彼女は定年になったわけだ。
再雇用されて、赴任先が、
自分が東京で初めて住んだこの町。
わたしが再婚して住んでる町。

通勤が遠くて、大変だったようだが、
やっと慣れて、わたしを思い出して、
駅前とかでバッタリ会えないかしら?と思ってくれるようになり、
メールしてみてくれたのだ。

とても、ありがたい。


わたしが精神を病んでいることは、ちょこっと年賀状やメールで、
知らせた。
詳細については、書いてない。

ただ、息子が結婚した時、
彼女にいっぱい助けてもらえたからこそ、
息子がちゃんと大人になれたのだから、
報告とお礼のメールはした。



さて、もし、立場が逆だったら、どうだろう?と考えた。

自分が健常者で、
元気に働いていて、
海外旅行にも何度も行っていて、
60歳過ぎてもまだ働けていて、
まだ旅行に行ったり、飲み会を企画したりと、
パワフルに生きていたら、
精神疾患を抱えて、引きこもっている旧友に、
会いたいとメールしたり、できるだろうか?


わたしなら、できないと思った。

精神疾患といっても、いったい現在、どういう状態なのか、
わからないわけだし、
かといって、根掘り葉掘り聞くことははばかられるし、
そしたら、めんどくさいから、
関わらないことにしちゃうんじゃないかなあ。

精神疾患には本当に色々な症状があるので、
果たして会えるのか、まともに話ができるのかすら、
わからないじゃないか。

これは彼女が読んでないブログだから書くけど、
彼女に会えるのは嬉しいし、楽しいに決まっているが、
そのあと、数日、寝込むことも、わたしは覚悟しているのだ。

もう、そういう病気なんだから、仕方がない。
それでも、会いたいと思ったのだ。

人との付き合いを極限まで減らして、と考えていて、
親とも会わないと決めたばかりなのに、
ご縁がすう~っと降りて来た。

わたしはそれを捕まえた。


すべてさらけ出して話すつもりはないけれど、
(内容がヘビーすぎるから。)
今がとても満ち足りて幸せだということを、伝えたい。

彼女のおかげで、
息子は幸せな結婚が出来たと言ってもいいくらいだ。


ちょっと前のカウンセリングで、
わたしは今後の人生を、
お礼行脚をしていく、と話した。

今まで生きて来た中で、お世話になった方に、
お礼を伝えて行きたいと思っているのだ。

娘を降りるとか言ってるくせに、反比例だけど。



今まで、赤の他人なのに、わたしを救ってくれた人が、
大勢いる。

連絡が取れる方には、
きちんとお礼を伝えて生きて行こう。


わたしは、自分の、長所がわからない。

でも、できれば、誠実に生きて行きたい。
暮らしはささやかでいい。
旅行とか、行きたくない。
時々夫と居酒屋に行くだけで充分だ。

数少ない友人と、深入りしすぎない付き合いをしていきたい。
それが願いだ。

                                                伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« つなぐのは自分。 | トップページ | 時間がないのは変わらない。 »