« 辛かった仕事。 | トップページ | みっちりとした一日。 »

寂しいってことがわかった。

わたしは、一人でいることが楽なので、
寂しさを、感じることがない。

小さいころは、親が平気でわたしを置いて、
遊びに行ってしまうような家庭だったので、
孤独ではあったが、
本を読んだり、イラストを描いたり、詩を書いたりして過ごした。

山に登れば、水晶も掘れた。
満天の星空には天の川が流れ、
星座表を持って、星座を探した。

一人で楽しむ術を知っている子供だった。



だから今は、テレビを見られるまで回復したし、
DVDも見られるし、本も読めるようになったので、
全然、寂しくなんてない。

でも、ただ一点、
すごく寂しいことがあるのを思い出した。

ムギに会えないことだ。


つい先日まで、毎日ムギに、会えていた。
夕方は、庭先や小屋の前にいてくれたし、
夜中は、留守でも、呼べば帰って来てくれていた。
ずっと、会えていたのだ。

それが突然、ムギが、素っ気なくなった。
小屋にいないし、庭に居て、呼んでも、なかなか来ないし、
来たと思っても、すぐに離れて行ってしまう。

夜中も留守が多く、
呼んでも呼んでも、帰って来てくれない。

その時が、例えようがないくらい、寂しいのだ。

もちろん、外に返した時点で、
いつでも会える猫ではなくなったのだから、
全面的にこちらの責任だ。

いくら床があって小屋があって、ベッドがあっても、
どこに行くかは、ムギの自由。
帰って来る来ないも、ムギの自由。

だから、帰って来てくれたときは、本当にいつもかも嬉しくて、
ありがとうねムギ、嬉しいよ、と伝えて来た。

気温が上がって、暑くなったら、
もう、くっついて過ごす必要もないので、
ムギはおやつをもらったら、さっさと庭先に行って、
ダラダラしている。
全然、隣に寄り添ってくれない。

冷たい風の中、ムギを毛布でくるんで、
二人で耐えていた真冬の方が、断然幸せだったよ。



今日も、夕方行ったが、ムギは留守で、
朝、夫にもらった餌にも手つかず。
呼んでも帰って来ない。


なので、一旦部屋に戻り、洗濯を回して、それからまた行ったが、
やっぱり帰って来ていない。

悲しい。

日曜日にムギのベッドを、夏物の、パイルのオープンベッドに替えて、
冬のドームベッドは洗濯機で洗った。

それが乾いたので、夫の和室の押入れに保管してもらおうと、
取りに行って、階段を下りてきたら、
ちょうどムギが、通りから路地に走って帰って来た。

「ムギちゃん!」と呼ぶと、ムギは元気に返事をした。

庭先でゴロンゴロンしたので、おいで!と誘って、
ムギにムギのリビングに来るように声をかけた。

でも、なかなか来ない。
来たと思ったら、ちょっとくっついていただけで、
すぐ離れてしまう。

つまんないよ。

あんなに、「離れたくない!」って、わたしにしがみついていたのに、
なんで突然、そんなにつれなくなっちゃうの?

寂しいよ。

群がって来る蚊に耐えながら、ムギを待っているのにな。

毎日会って、ラブラブしたいよ。
勝手なこと言ってるのは承知だけれど、
会えないと、本当に寂しい。

                                                 伽羅moon3
 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 辛かった仕事。 | トップページ | みっちりとした一日。 »