« ちまが病気に。 | トップページ | 楽しかった~。 »

いつもと同じがいい。

夕べ、寝る前にムギのところに行った。
留守だったが、呼んだらすぐに走って帰って来て、
わたしが座るのを待っていた。

すぐに乗って来て甘えた。
夕方、ちょっと会っただけだから、寂しかったよね。

あちこちに目をこらし、耳を傾け、
警戒していたが、大丈夫とわかると、
ムギはわたしの脚の上で、眠ってしまった。

そんなムギを、降ろせない。
動かないようにじっと気をつけた。

でも、3時半になってしまったので、ちょっと動き、
ムギが目を覚まして伸びをしたので、ママ帰るね、と言ったら、
納得して、降りて小屋に入った。



夫が、ムギに甘えてもらえず、すねている。
「キミが夕方コンタクトしてしまうと、ムギはもう会ってくれない」とか、
「ムギはもう僕から離れました。」とか、メールしてくるので、
ならば、土日祭日は、わたしが行かないで、
夫がゆっくり会えばいいと思い、そのようにメールしておいた。

でも、ムギにはムギの気持ちがあるから、
どうにもならない。

今日は、夕方、行かないで我慢したのに、
結局、「いつもどおりにしてくれ。」と夫に言われて、
わたしも、ムギも、寂しい思いをしただけの結果になった。

このあと、会いに行くけれども、会える保証はいつだって無い。
一回一回を大事にしたいので、
もう、今後は、毎日わたしは夕方と夜中に行く。

そのほうがムギだって安定するだろう。

せっかく築き上げて来た信頼を、失うのは嫌だ。



昨日は、午前中から動いたので、
午後、ちまとお昼寝をしたのだが、
いつもの過ごし方じゃないと、体が、着いてこない。

夕べ、ムギが寝てしまったので、3時半まで乗せていた。
なので、わたしが寝たのは4時半くらいだろう。

アラームをかけないで、寝たいだけ寝た。

でも、調子が悪くて、まだ眠くて仕方がない。
ここで寝てしまうと、夜、眠れなくなるので、必死に耐えた。

ちょうど夫が来て、パソコンのことを教わったので、
寝ないで済んだ。

でも、教わったが、全然理解できず、言われた方法では何もやれなかった。

夫は、いつも不機嫌で怖いので、
もう聞かない。
このままでいい。



親の顔色ばかり見て育ち、
結婚したら夫の不機嫌に振り回され、
アパートでの、この暮らしがなかったら、
わたしは入院するしかないだろう。

メル友さんからメールが来て、
伽羅姉は、日ごろ、寂しくないの?と質問された。

わたしは、まったく、寂しくない。
本当に、心から、寂しくないのだ。

それは、もちろん、ちまがいる前提だけれどね。
ちまがいなければ、もう人生が終わりでいい。

やりたいことは色々あるし、
テレビを見られるようになったし、本も読めるようになったので、
毎日、全然、時間が足りない。

ムギが入院していて、面会に二時間費やしていた頃、
母屋の夕食を二品、作っていた時期がある。
いったいどうやって時間と気力を捻出していたのかが、
全く、思い出せない。
すごく無理をしてしまったと思う。

その時に増えた薬が、今もまだ、減らせていない。
むしろ、頓服としてセロクエルを飲む頻度は増しており、
悪化してしまったとわかる。



静かに穏やかに、ひっそり生きて行ければいい。
全然、寂しくない。
ちまとムギに時間を使いたい。

旅行とか、行きたくない。
いつもいつも、同じ暮らしでいい。

                                                 伽羅moon3
 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« ちまが病気に。 | トップページ | 楽しかった~。 »