« 終え方のさまざま。 | トップページ | 何が辛いかと言うと。 »

言語交流可能。

夕べ、夜中にムギのところに行くと、
小屋は空っぽだったが、呼ぶと返事があった。

なので、すぐに来ると思い、座っていたが、
ムギはなかなか来なかった。

そうか、警備で持ち場を離れられないのか。

数分経って、ようやく来たので、
「ムギ、警備、大変なの?」と聞いたら、
「敵が来てるんだよ~。」と鳴いた。



これは、わたしがイカレちゃってるからではない。
ムギの鳴き方は、数種類あって、
それがどういう意味かを、理解しているだけなのだ。

ちまには、そんなバリエーションはない。

ムギの言葉には、
「会えて嬉しい、甘えたい。」とか、「そうじゃないんだよ。」とか、
「ママ、まだいる?」とか、「敵が来てるんだよ~。」とか、
「食べたい。」と言うときの鳴き声も、すごくわかりやすいので、
大体、人間の子供の、一歳児よりちょっと上の子くらい、
コミュニケーションが取れるし、
言っていることがわかる。

はっきり、「いや~ん。」って鳴くときもあって、
お姑さんに声を掛けられると、ムギはいつも、
「いや~ん。」と答えるので、
「なにが嫌なのよ、いじめないわよ。」と、
お姑さんと立派に会話が成立していて、おもしろい。




夕べは敵がいたらしいが、ムギに、
「ママがいる間は、きっと来ないから大丈夫、おいで。」と言ったら、
やっとムギは乗って来て、
振り向いてニコニコしながら、ゴロゴロ言った。

一旦小屋に入ってちゅーるを食べて、
出て来てまた乗ったのだが、
敵が近くまで来たらしく、ムギは猛ダッシュで走って行った。

三本足だって、わからないくらい、早いよ。

争っている声は聞こえないので、
ムギが追い散らかしているのだと思う。
途中、庭から走って来て、座っているわたしを飛び越えて、
裏の土手に入って行った。

帰って来たら癒してやりたいけれど、
この分だと、明るくなるまで警備が続くだろうから、
残っていた餌に、おかかをかけて、
それをエールとして、帰った。



今日は雨だったが、ムギは小屋で休めたらしく、
夕方行くと、小屋の奥にひっそりと入っていた。

喜んで出て来て乗ってくれた。

途中、おかかをくれ!と小屋に入り、
食べたらまた乗ってくれた。

雨粒が吹き込んで、ムギの頭を濡らすので、
小さいタオルで拭いたら、それが嫌だったようで、
小屋に入ってしまった。

あれれ?

シーバ、食べる?と聞くと、食べると答えるので、
小皿に少し入れて差し入れた。
すぐに食べきって、あとはげんこつを舐めている。

わたしのことがうざければ、背中を向けて寝るはずなので、
見ていたが、ムギも静かにわたしを見ているので、
居るだけでもいいのかな?と思い、小屋の前で、
メル友さんにメールを打っていた。

ムギは出て来ないので、
「ムギ、もう抱っこいいの? ママ、帰るよ?」と言って、
小屋にカイロを仕込み、
夜のご飯を盛り付けて、小屋に差し入れた。

そしたら、ムギが慌てて出て来た。
慌てて乗って来た。

「ママが帰っちゃう!」って、わかったんだね。
もう。ツンデレさんだな。

なのでまた毛布にくるんで、しばらく過ごした。

でも、今日は、ちまの血液検査の結果を聞くために、
18:55に、動物病院に電話をする約束になっている。
先週もかけたのだが、二か所のセンターのうち、
一か所しかまだ結果が出てないので、また来週、と約束したのだ。

診療時間中は、診察で、先生は電話に出られないし、
休診時間中は、手術をしていることが多いので、
診察が終わる寸前に、電話を入れることを先生と決めたのだ。

なので、そろそろ、と思い、
ムギには悪いけれど、毛布をはいで、
抱き上げて小屋に入れようとした。
ムギ、「いや~ん。」って鳴いて、
体をぺしゃんこにして、わたしの脚にしがみついた。

う~ん、そうか、ダメか…。

電話は明日にするか?

また毛布を掛けて、しばらくムギを乗せていたが、
わたしは、約束を破ることや、予定していたことが出来ないことが、
すごくすごく、嫌で、どうしても電話したくて、
ムギが嫌がる、「ガサゴソ音」を出した。

ムギが振り返って、そして、しぶしぶ降りた。
「ムギ、ごめんね。夜中にまた必ず来るからね!」と約束して、
部屋に戻った。

何とか、時間通りに電話をかけられた。
先生が出て、話が早いやと思ったら、
なんと、二か所出した検査センターのうち、一か所しか、
まだ結果が来ていないと言う。

それでは先週と同じだ。
18日に、検査に出してもらって、先週、まだ結果が出てなくて、
それで、今日、お電話したんですが、と食い下がってみたら、
そうですね、これは遅すぎますね、と、調べてくださった。

すると、検査センターの人が来て、
確かにちまの血液を受け取って持って行った受領印があるのに、
ちまの書類が、残っていたことがわかった。

だから、連絡が来ていないのだ。

18日に、他の子も検査に出したかを聞いてみたら、
その日は、ちまだけだったとのこと。
ならば、取り違えはないだろう。

明日、先生が、検査センターに電話して聞いてみるとのこと。
ではまた、明日、同じ時間にお電話いたします、と言って切った。

はああ。
ただでさえ、電話、苦手なのに、
またムギとの時間を調整しなくてはならないよ。

夫は木・金と飲み会で、土日とも催事で夜もおらず、
月曜日は出張で留守だから、
わたしが頑張るしかない。



ちまは、わたしがソファでテレビを見ていると、
飛び乗って来て、甘える。
テレビの音がしているときは、大人しいが、
音がしてないときは、わたしが早送りをしている時なのを知っていて、
その時に、おねだりをしてくる。

今夜は、DVDを見ていたのだが、
音が消えて、ちまがわたしの足元に来て、ねだった。

そのタイミングで、DVDを動かすと、めちゃ面白いのだ。

シューン、カシャ!と音がすると、
ちまはびっくりして、機械を見つめる。
腰が引けていて、しっぽを巻き込んでいる。

そこに、DVDが、ウィーンと出て来ると、
びっくりしながら、猫パンチするのだ。

もう、見ていたコメディよりも面白くて、笑った。
動画に撮っておけば良かったよ。


さて、ムギは今夜は平和だろうか。
みんなが、穏やかでいられるよう、願う。

                                                伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 終え方のさまざま。 | トップページ | 何が辛いかと言うと。 »