« 必要なルーティン。 | トップページ | もう振り回されない。 »

つなげていくご縁。

今回、「アゲマス」というサイトで、
わたしが大量に持っている、天然石のビーズと、
金属パーツや飾り金具など、
全部をひっくるめて、もらってくださる方が現れて、
わたしは、本当に、救われる思いがした。

東日本大震災の被災者の方で、
皆さんで集団移転した先で、グループを立ち上げ、
いろんな手作りに取り組まれているとのこと。

時々、イベントで、販売もされているらしい。



もう使わないものが、押入れを占拠していることが、
自分も辛いし、
ちょっと前に、夫にも、キレられたことがあったのだ。

キミは何でもすぐに集めて、必要だ必要だって言ってても、
すぐ飽きて、ほったらかしになるじゃないか!と、
突然、怒鳴られた。
なんで、その時、急にキレられたか、わからないが、
夫の書斎に、わたしの本がたくさん残っていることで、
気分が悪いのかと思い、
集めていたドールハウスの本は、引き取って、
美容師さんの娘さんに、もらっていただいた。

他に、雑貨の本も残っていたので、
怒られたくなかったから、夫に、
「ここにある本、捨てるから、縛ってもらえる?」と頼んでみた。
夫が、「なんで捨てるの?」と聞くので、
「だって、置いてあるのは不愉快なんでしょ?」と尋ねたら、
別にそんなことはない、
スペースにはゆとりがあるんだから、置いておけばいい、
と言う答えだった。

なので、じゃあ、本のことじゃなくて、
天然石のことを言ってるのか、と思い、
どうにかしたいと、ずっと考えていた。

苦しかった。
責められるのが本当に嫌だ。


それが、今回、ご縁が出来て、
石のビーズと金具だけでなく、ディスプレー用品も、
包装材料も、全部欲しいと言っていただき、
わたしは連日押入れと格闘している。

しかも、昨日の夜、ふと思い立って、
もらってくださる方に、今日、
「樹脂粘土には、ご興味はありませんか?」とメールした。

粘土そのものは、もう古いので、劣化しており、
差し上げることは出来ないが、
講座を開催していたので、10人分くらいの、お道具があるのだ。

ピンセットなどは、ハンズの実験用品の売り場で買った、
市販品の先端を、わざわざ研いである、いいものだ。

グループで手作りをしていらっしゃるとのことだったので、
もし、樹脂粘土をやってみるおつもりがあれば、
お道具をもらっていただけないかと、尋ねてみたのだ。

そしたら、すぐにお返事があった。
なんと、震災に遭われる前、彼女は、自分で、
樹脂粘土をやっていたというのだ。

これには驚いた。

そんなことって、ある?

なので、一からまた、全部買うのかと思っていたので、
お道具を、いただきたいと言ってくださった。

本当に、これは、出会うべき方と出会えて、
それを直感出来て、すぐに決定したのが、幸いしたと思う。

眠っていたものが、役に立てると思うと、
心から嬉しく思う。
ありがたい。、
わたしの心の重荷も、すごく減る。

これでもう、夫に責められずに済むかな。



今夜、やっと、箱に収めることが出来て、
あとは梱包して出すだけだ。
今、わたしの部屋は箱だらけだ。


今日は夕方、ムギとゆっくり過ごせた。
出掛ける時、ガレージを見たら、
ムギが爪とぎの座面に、伏せしていた。
寄って行って、門の外から、
「ムギ、ママ夕方来るから、待っててね!」と声をかけて、
出掛けた。

帰って来てから、超スピードでシャワーして、
ムギのところに行った。

ムギ、小屋に頭から突っ込んでいた。

ムギちゃん、ママ来たよ、とつんつんしたら、
きゅ~んと鳴いて、すぐに出て来た。

コンクリの上で、長ーいゴロンゴロンをやって、
わたしのサンダルを嗅いで、
ゆっくり乗って来た。

ムギちゃん、会えたねえ。会えて嬉しいねえ。

そしていつものルーティーン。
途中、おかかくれ!と降りて、食べたあと、
アヤメの鉢のお水を飲みに行ったが、
すぐ戻って来て、乗って、一時間半、一緒に過ごせた。

お互いに、満足できた。
夜にまた来るね、と声をかけたら、
ムギはゴキゲンで、見て見て~と、ローリングして見せてくれた。



明日は、精神科の通院。
相変わらず、寝付けない日々が続いているが、
薬はそのままにしてもらうつもり。

そういう精神状態なんだから、仕方がないし、
どうしても朝に起きなくてはならない日は、
少ないから、これでいいや。

片道、一時間半の道のりが辛いけど、
頑張る。
またダッシュで帰って来て、ムギと会う。

今日は、部屋に居ても、テレビも見ず、
ずっとバタバタ作業していたので、
ちまには申し訳なかった。
あとで抱っこしてあげよう。

ちまは、わがまま言わないで、
ママがこういう状態の時は、
何を言っても無駄、って知っている。

ちまに甘えているわたし。


夜になって、嵐になった。
ムギの小屋の前の敷物、濡れてるんだろうなあ。
でも、会いに行ってみる。
約束したからね。

                                               伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 必要なルーティン。 | トップページ | もう振り回されない。 »