« まさか重圧で。 | トップページ | 切ない・切ない。 »

バレるのね。

昨日は、夫が夜、ゴミを取りに来てくれた。
いつも、夜中に、母屋の裏の物置に入れさせてもらっていて、
それを、夫が朝、出してくれている。

わたしの具合が悪いので、持って来れないと思って、
取りに来てくれたのだった。

世話を掛けてしまった。

昼間から、夜の8時まで寝ていたので、寝付けるかどうかわからないが、
いつものように過ごしてみることにした。

なので、寝る前の、午前2時過ぎに、ムギに会いに行った。

ムギ、小屋に入っていてくれた。
ちょっと寒い夜だったから、居てくれて安心した。
夜中に会えたのは、久しぶりだった。

ムギは、きゅ~んと甘え鳴きをしたあと、
ふううぅん、と、文句も言った。
ごめんごめん、夕方、来れなかったんだよ。
ママ、具合が悪かったの。

手を入れて撫でたら、可愛いポーズはしてくれたが、
誘ってみても、出て来ることはなかった。
でも、会えて嬉しかった。可愛かった。

明け方、ちゃんと眠れた。
もちろん、セロクエルは最初から、足してあるけれど。



今日は、マッサージと歯医者のダブルヘッダー。
まずはマッサージ。
90分コースなのだが、40分くらいにしか思えない。
半日くらい、やってもらいたい。

終盤に差し掛かり、仰向けになったときに、
マッサージ師さんに、聞かれた。
「伽羅さん、なにか、大変なことがありましたか?」

わたしは、びっくりした。
体のコリ方が、尋常じゃないそうだ。

そこでわたしは、天然石でアクセサリーを作っていたことを、
初めて話した。
それ以前は、樹脂粘土をやっていたことも初めて話した。

それらがやれなくなって、膨大な材料を保管していたのだが、
あげます、ください、というシンプルなサイトがあることを知り、
登録してアップしたところ、全部、一切合切をもらってくださる方に、
出会うことが出来て、
ここ10日間くらい、その作業にかかりっきりだったことを話した。

もらってくださる方が、東日本大震災の被災者の方であること、
あの震災の日は、わたしの、はじめての個展の初日だったこと、
ご縁を感じて、もらっていただくことに決めたあと、
樹脂粘土関連もいかがでしょうか?と尋ねてみたら、
その人は、なんと、震災前に、樹脂粘土をやっていた人だったという、
偶然では片づけられない、出会いの話をした。

そして、いくらタダで差し上げると言っても、
もらった方が、「なにこれ。」と思ってしまうような内容ではいけない、
わあ、嬉しいと思ってもらわないと意味がないので、
箱の中をすべて点検し、パッキンを詰め、
箱に入っている中味を書き、説明文を入れ、
箱を一つずつ袋に入れて、ガムテープで梱包したことを、
つらつらと話した。

そしたら、マッサージ師さんが、泣いていた。
「いいことをなさいましたねえ。」と言ってくれたのだ。

わたしは、今まで、心が苦しかったので、
もらっていただけて、わたしは救われたんです、と言ったら、
彼女も、その気持ちがわかると言ってくれた。
彼女も、そのサイトではないが、過去に、
お母さまの遺品の、たくさんの毛糸と、ミシンを、
姫路の方にもらっていただいた経験があるのだそうだ。

捨てるにはしのびず、こころよくもらっていただき、
物がまた、生かされて、命を吹き込まれることが嬉しかったと、
言っていた。
全く同感だ。

でも、わたしの弱い精神と、それに連動している弱い体が、
ヘトヘトに疲労していることが、バレた。
プロの人って、すごいな。
触ってわかっちゃうんだね。



終わってすぐに、歯医者に行った。
「綺麗に磨いてあるねえ。」とほめていただいた。
研磨して、今日で治療は終わった。
こんなことなら、もっと早くに通えばよかったのだが、
精神的に、すり減っていたので、仕方がない。

ホームセンターで、買い物をして帰った。

ホームセンターには、使い切ってしまったので、
ガムテープを買いに行ったのだが、
ペット用品売り場で、綺麗な色の、夏用ベッドを見て、
ちまに、与えたくなって、買った。
シーバとカルカンパウチも、底値だったので買った。

夏用ベッドなので、ひんやり素材だし、底がメッシュ。
暑くなったら取り替えてやろうと思ったのだが、
今、押入れが、まだグチャグチャなので、
とりあえず、ちまのタオルを座面に敷いて、
使っていないドレッサーの椅子の上に、ベッドを設置した。

そしたら、早速ちまが気付いて、ジャンプして乗り、
入念に匂いを嗅いだあと、ちんまり、伏せをした。
気に入ってくれたのだ!
嬉しい!
可愛い!
結局、そのまま数時間、新しいベッドで寝ていたよ。
買って良かったなあ。
ちまが可愛くて、いっぱい写真を撮った。



ムギには夕方会えた。
一時間、一緒に過ごせて、ムギから降りたので、帰って来た。
夜の10時半に、夫からメールが来て、
ムギが二階(わたしの部屋)を見つめているよ、とあった。

切ないじゃん。
わたしは、行かなかった。
夜中にまた行くし、明日からも毎日ちゃんと行くよ。



めちゃくちゃ寝て、マッサージも受けて、
お通じもあってスッキリした。
発送した荷物は、翌朝一番に到着して、
丁寧なお礼のメールが入っていた。

本当に良かった。
わたしが好きでたまらず、買い集めた石たち。
可愛がってもらってね。

                                               伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« まさか重圧で。 | トップページ | 切ない・切ない。 »