« もう振り回されない。 | トップページ | バレるのね。 »

まさか重圧で。

天然石のビーズや、ディスプレー用品や、
包装資材まで、全部もらってくれる人が現れて、
それからずっと、その作業に忙殺されていた。

押入れから箱を出してしまったので、早く発送しないと、
わたしも暮らしにくい。

やると決めたことは、さっさとやらないと、気持ちも落ち着かない。

なので、その作業にかかりっきりだった。

箱の中を点検し、揺れないようパッキンを詰め、
その箱には何が入っているかを書いて貼り、
説明文を書いたり、お便りを書いたりした。

化粧箱に保管していたので、
一つ一つの箱を生かせるよう、
箱を一つずつゴミ袋に入れて、ガムテープでしっかり巻いた。

新品のガムテープ、一つと半分、使った。


発送の申し込みのとき、
15時以降の集荷でお願いしたのだが、
ドライバーさんと電話した時に、都合があるらしくて、
13時くらいに伺いたいと言われた。
行く前に電話しますと言われたので、その条件を飲んだ。

わたしは相変わらず夜寝付けず、
最近はちょっとあきらめ気味で、
翌日、早起きすることがない場合は、いっそもう、明け方まで起きてる。

4時とか5時に、寝ていると思う。

まだ眠りが深い段階で電話がかかって来た。
12時45分だった。
今から集荷に来るという。
慌てて起きて、ちまに薬入りの餌を食べさせ、
軽く着替えて、待っていたら、すぐに来た。

夕べ寝る前に、荷物は全部玄関内に積んでおいたので、
伝票を渡され、書いている間に、さくさく荷物は運びだされ、
慎重に書いていたので、逆にお待たせしてしまった。

送り状の控えをもらい、発送が終了した。

受取人さんに、発送したことと、伝票番号をお知らせしたいと思い、
パソコンを開き、メールをし始めたら、
急に、すごい吐き気がした。

びっくりして、トイレに駆け込むと、
本当に吐いてしまった。

そんなに苦しくなく、ただ、波は治まらず、
五回くらいは吐いたと思う。

酔って吐くときみたいに、しんどくはなくて、
だーっと吐く。
この吐き方には、覚えがある。

帰省していて、母の愚痴や自慢話を、延々聞いたあとの、
吐き方だ。
全く同じだ。

ストレス。


荷物の発送が、かなりな重圧だったようだ。
自覚はない。
ただ、この機会に、もらっていただけるものはすべて出したかったし、
押入れから箱を引っ張り出してしまったので、
早く出さないと、暮らしにくいし、
夫が来るたびに、絶対に何か言う。

だからとにかく、早く出したかった。

しかし、いくらタダで差し上げるといっても、
もらった人が喜んでくださらないと、意味がない。
「なにこれ。」と思われるような状況ではいけないので、
綺麗な状態で届くよう、細心の注意を払った。

それを終えた途端、どっと崩れたのだろう。


ムギを無事に病院に入れた時に、歩けなくなったように、
わたしのストレスは、体のどこかに出る。

夫に、吐いてしまったので、寝ること、
特に困っていることはないことをメールして、
ちまにちょこっとカリカリを出して、ベッドに戻った。

夕方5時過ぎに目が覚めて、ちまに餌をやり、
自分はレトルトの雑炊を食べた。
雑炊、買っておいて良かった。また買っておこう。

そのあとも、具合は芳しくなく、眠って、次に起きたら、
夜の8時だった。

その時、夢をみていた。

ムギの夢。

お隣の屋根に、ムギが来て、わたしを呼んだ。
窓を開けて、「ムギ!」と呼んだら、
ムギが大ジャンプをして、わたしの胸に飛び込んで来たのだ。

ムギから来ちゃった。
これはもう、部屋で一緒に暮らすしかない。
とりあえず、場所を用意しないと、
ムギを抱きしめたまま、お風呂場に部屋を作る。
ムギはちいちゃい赤ちゃんみたいにわたしにしがみついている。

するとそこに、ちまがやってきた。
わたしがムギを見せると、ちまは、近づいて、鼻チョンをしてくれた。
そして、二人が一つの箱に入って寝てくれた夢だった。

目が覚めて、そんなことは、現実には起こらないんだとわかって、
寂しくなった。

夕方、ムギに会えてない。
夫がゆっくり可愛がったようだ。
わたしもムギに会いたい。


昨日の残り物で夕飯を食べた。
生姜や梅干しを体が欲していたので、それらを食べた。
胃を悪くしたのではないので、
気持ちが悪くなることは、もうなかった。

本当に、ストレスに弱いわたし。
こんなことでは、今後、起きて来る大変なことに対応できない。
誰にも力を借りず、暮らして行きたいけれど、
それは無理なようだ。


こんなに弱いのに、
鎧を着て、必死に生きて来たんだなあと思うと、
我ながら、可哀想になる。

もう、いろんなことに耐えられなくなった。

この、弱いわたしが、本来のわたし。

                                                伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« もう振り回されない。 | トップページ | バレるのね。 »