« ていねいな暮らし。 | トップページ | いつもと同じがいい。 »

ちまが病気に。

ちまは、3月で8歳になった。

猫は7歳からがシニアの入り口と聞いていたので、
去年から、春に、血液検査・尿検査を始めた。

今年の検査で、「クレアチニン」という項目を、
先生が気にしてくださった。

数値上では、基準値内ということになっているのだが、
基準値内とは言え、ギリギリで、かなり高い数値らしい。
これを、一度きちんと検査に出してみませんか?と、
勧めてもらったのだ。

先生の経験値と、医者としてのカンだと思う。
血液検査のために抜いた血を、
そのまま検査センターに送れるとのことだったので、
値段は高いけれど、夫が承知してくれた。

その結果、ちまは、腎臓病になっていることがわかった。

基準値を超えるまで、放置していたら、
腎臓の機能がかなり悪化してしまうところらしい。

今日はその説明を聞きつつ、治療法についての話し合い。

祝日だったが、午前中、診察があったので、
一番遅い時間で予約を取り、わたしも起きて、行った。

ちま、腎臓病の、初期なんだと思ったが、
数値上では、ステージ4まである中の、ステージ2だった。
立派な病気だ。

検査に出して良かったよ。

ただ、幸いなことに、この4月に、
猫用の腎臓病の新薬が、発売になった。
人間用に開発された薬を、猫が飲めるようにして、
新しく発売されたのだ。

ちまは、アレルギー持ちなので、餌を、腎臓病用に変えてしまうと、
アレルギーが出てしまうといけないので、
美味しいおやつは、廃止。
その新薬を、一日に2錠、飲むことになった。

見せてもらったら、小さい丸い錠剤なので、楽勝。
ただし、新薬なので、すごく高い。
40日分、処方してもらったら、9000円もした。

何年かしたらきっとジェネリックが出て安くなりますよとのこと。

ちま、また痩せていた。
それも気になった。

一時は、6キロ超えの大型猫ちゃんだったので、
一年かけて、1キロ減らしたのだが、
その後は、特に餌を減らしていないし、食欲も旺盛なのに、
少しずつ、体重が減っている。

先生に相談したら、甲状腺機能を疑われたが、
触診でそれがわかるのは、6割だとのこと。
ちまの首を触診してもらったが、わからなかった。

すぐに、腎臓の薬を始めるので、
次の診察日に、また、血液検査をする。
その時に、甲状腺機能も調べてくれるとのこと。

お腹が床についちゃうよ?くらい、ぽっちゃりさんだったのに、
今はとうとう、5キロを切った。
これくらいでちょうどいいので、痩せて欲しくない。

腎臓病も、ひどくなると痩せるらしいが、
そこまでには至っていないので、ご飯をしっかりあげよう。

腎臓病用の餌のサンプルをたくさんもらったので、
おやつ代わりに、あげてみたが、
ちまは、何でも喜んで食べてくれるので、ありがたい。

もう、お肉やお刺身、あげられないけれど、
それでも幸せに感じるように、楽しく暮らそうね。

帰宅してから、ちまと一緒にお昼寝をした。
やっぱり、お昼寝の時は、絶対に付き合って一緒に寝てくれる。
不思議だな。




アラームで起きて、いつもの時間にムギのところに行った。
降りて行ったら、もう、ムギの声が聞こえたので、
呼んでくれたんだと思っていそいそ行ったら、
夫がムギのリビングに座っていた。

夫が会っていたのだ。
わたしが来て、ムギは車の横に逃げてしまっていた。

邪魔してごめん、知らなかったから、と謝った。

今、ムギと会ってるよってメールくれたら、邪魔しなかったのに。

夫が譲ってくれたのだが、
ムギは、パパに甘えたくなっていたらしくて、
プイっと車の前に行ってしまった。

しばらくして、やっと来て乗ったと思ったら、
すぐに小屋に入って、おかかを要求。
食べたら出て来て、いなくなってしまった。

寒冷前線が来たようで、急激に突風が吹いて、
空が真っ黒になったので、
待たずに帰った。




夕べ、夜中には、ムギは小屋に居て、会えた。

最初、こちら向きに乗って来て過ごし、
途中で降りて、ちゅーるを要求し、
つぎにいつものように向こう向きで乗ったので、
全身を撫でてチェックした。

そしたら、お尻から、長い草が出ていた。

ムギ、お隣の家の庭の、長い草を食べるのだ。
毛玉予防らしい。

去年、怪我で、お風呂場で療養していた時、
あまりにも呼ぶので、行ってみると、
お尻に、まあるくウンコちゃんがぶら下がっており、
それを取ったら、長い草が、しゅーっと出て来たので、
ああ、草なんだな、とわかった。

それを指で挟んで、ちぎれないよう、慎重に抜いた。

でも、草を抜いたあとも、ムギのお尻がスッキリしない。
懐中電灯で照らすと、毛束が出て来ていた。

それも指で挟んで、慎重に抜く。
ムギ、可哀想に。お尻に挟まってて、気持ち悪いよね。

ムギが逃げないよう、そーっと。
毛束を3回くらい抜いたら、やっとお尻が綺麗になった。

良かった!

ムギは、もぞもぞしてはいたが、
わたしが、何をしようとしているのかがわかるらしく、
されるがままになっていてくれた。

今夜、来て、お尻チェックして、良かった。
お尻、敏感だから、きっと気持ち悪かったよね。
毎日必ず見てあげるね。

ムギは、後ろ足が一本しかないので、多分バランスが取れなくて、
自分のお尻を舐められないんだと思う。

猫はすごい綺麗好きだし、ちまはいつも舐めていて、
お尻に、ウンコちゃんがついていたことなんて、無いもの。

ムギのお尻には気を付けてあげよう。
抜けて良かった。

祝日や土日は、夫がもっとムギに会えるよう、わたしが遠慮しよう。
邪魔しちゃって悪かった。
ムギもパパに甘える気満々だったのにね。

ちまとムギ。大切なうちの子。

                                                伽羅moon3
 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

</

|

« ていねいな暮らし。 | トップページ | いつもと同じがいい。 »