« 具合が悪いので。 | トップページ | 食べすぎなのである。 »

それは困る。

昨日は、胃がキリキリ痛くて、
胃が張っていてポンと出っ張っており、
何回も、太田胃散を山盛り飲んだ。

早めに寝ようとしたのだが、
吐き気もあって、横になるのが怖かった。

わたしは、嘔吐が恐怖なので、
吐きたくないのだ。

しばらく、ベッドに座ってもたれかかっていたが、
そーっと体を横たえてみた。

怖い。
いつもの、横向き体勢になることも怖い。

すると、ちまが、もぐってきてくれた。
ちま、癒してくれるのね?

ちまは、小一時間、毛布にもぐって、一緒にいてくれた。

ウトウトと浅い眠りで、
アラームで起こされた。
今日は、リウマチ内科に行く日なのだ。

何度もアラームを止め、意識を失い、
またアラームが鳴り、
止めて、の繰り返し。

血液検査があるのでなにも食べない。
ちまの世話をしたら、着替えて、ヨロヨロと出かけた。

幸い、胃の痛みはおさまっていた。
痛かった箇所に鈍痛がある程度になっていた。

検査を終えて、診察に呼ばれるのを待っていたのだが、
自分の番号が、次の次に表示されたあとの記憶がない。
どうやら、ソファで寝てしまったようで、
先生の声で、名前をアナウンスで呼ばれた。

慌てて診察室に入った。

炎症反応は、少し減少とのこと。
症状が落ち着いてから、その後半年間は、
治療を続行するとのことなので、
いったいいつまで、通えばいいのか、先は見えない。

先生は、お年寄りでしたら、
まあ、これくらいの治療でいいかなってラインはありますが、
伽羅さんはまだお若いので、しっかり治療しないと、
お年寄りになったときに、脱臼とかしやすくなり、
関節も固まってしまうので、
もうしばらく、頑張りましょう、と言われた。

次の予約を4月に取った。
すると先生が、まだ未定なんですが、
月末の人事異動で、この病院に来なくなる可能性があります、と言った。
この素晴らしい先生は、他の医大からの出向の先生なのだ。

その医大で外来をやることは、決まっているので、
もし自分がここに来なくなって、
後任のお医者様と合わないようでしたら、
自分の医大に来てくださいね、と言われた。

いやだ。
それは困る。
ずっとこの先生に診てもらいたい。
でも、朝起きて、電車に乗って、その医大まで行けるとも思えない。


ついでに、胃が痛かったことも聞いていただいた。
内科の先生なので、いろんな相談に乗っていただいて来た。
すると、その症状で、お通じに問題がないなら、
太田胃散を飲むのでいいですよ、とのこと。
古くからある、とてもいいお薬なので、
病院で出す薬よりもずっといいですよとのこと。

一週間くらい飲んで、改善しなかったら問題ですが、
多分大丈夫と思います、とのことだった。

もう会えなくなると嫌なので、
先生の笑顔を、一枚写真を撮らせていただいた。
塩顔のイケメンなのだ。


病院の会計も記憶にない。
処方箋を薬局に預けて、
マクドナルドに入った。
痛くないから、食べちゃおう。

薬を受け取り、お粥などを買って帰宅。

ちまに餌をやり、わたしは適当に脱いで、
ベッドに直行。
もうフラフラだ。

ちまがまた一緒に寝てくれるという。
ふわふわを感じながら、すぐに寝てしまったらしく、
夜よりも深く眠った。

はっと目が覚めたのが、夕方5時で、
しばらく、事態が飲み込めなかった。
これは、寝過ごしてしまって、
リウマチ内科に行けなかったのか?と思って、びびった。

よくよく思い出したら、
病院に行ったのだと気がついて、ホッとした。



夕べ、夜中に、約束してたのに、
ムギにちゅーるをあげに行かなかった。
ムギ、怒ってるかな。

暗くなってから、ムギに会いに行った。

小屋を照らすと、ムギは留守で、
外にある、赤いお皿に、奇妙な茶色い物体が入っていた。
なにこれ…。

すると、どこかに隠れていたムギが、わたしを呼んだ。
喜んで近寄って来て、ママ、ママ、と鳴く。
わたしは急いで座った。
ムギはすぐに乗って来た。

赤いお皿のものが、ムギが吐いたものかと思ったが、
どうやら、何か、食べ物らしい。
とりあえず、証拠写真を撮り、
嗅いでみた。

これは…多分、鶏の唐揚げの、甘辛いタレがついたやつ…。

犯人はお姑さんしかいない。

毎回逃げられちゃうのよね、って自分で言ってるくせに、
なんでこんなこと、するかな。

それで、ムギは、隠れてたんだ。

でも、ムギはゴキゲンで、
嬉しそうに乗っていてくれた。
途中、小屋でおかかを食べたいのだと言い、
そのあと、ちょっと走ってパトロールに行き、
戻って来て、鳴きながらまた乗って、
まったりくつろいだ。

お姑さんには、何を言っても無駄なのだ。
夫に、この唐揚げを見せてとがめて欲しいとお願いしたが、
以前にも、色々お皿に入れてたことがあり、
聞いても、「知らない。自分じゃない。」と言うだけなので、
こっちがむなしい。

幸い、ムギは用心深いので、
食べないそうだ。
ノラ経験があまりないのだろう。

信頼した人間の手から食べるのが、
ムギは一番好きだよ。

今日は、ガレージのあかりをつけたり消したりされ、
勝手口の鍵もガチャガチャやられた。

わたしとムギは、緊張して、固まる。
でも、ムギが逃げずに乗ってくれていたので、
良かった。
一時間半、一緒に過ごせた。

雨になってしまった。
明日は、ゆっくり過ごせないかもしれないね。
濡れないように、小屋に入っているか、
知っている濡れない場所に居てほしい。


夕飯にお粥を食べた。
おいしいね。
胃は痛くない。
逆に、何で昨日、あそこまで痛かったのかがわからない。

歳を取ると、こうして段々と不調が増えて行くのか。

3月になった。
今月は、息子の家に遊びに行く予定があるので、
体調を崩さないよう、気をつけたい。

歯医者にも、とうとう、行かなくてはならない事態になった。
胆のうを摘出する時に、
口腔外科で、指摘された小さい虫歯。

手術のあと、鬱状態になって、とても、歯医者には行けなかった。
半年も経ってしまった。
もう行かなければ。

全然ヒマじゃないよ。
毎日、やることがいっぱい。

                                          伽羅moon3




 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 具合が悪いので。 | トップページ | 食べすぎなのである。 »