« 減らしていきたい。 | トップページ | 男を見る目。 »

夜空に願いを。

今日は夫が夕方まで留守だそうで、
なので、寝たいだけ、寝た。

昨日、調子が悪かったのは、
起きた時の薬を飲み忘れたせいでもあったようだ。

夫との食事を終えたら気力がゼロになり、
ベッドでうたた寝して、
夜中にやっと食器洗いをした。

寝る前に、ムギに会いに行った。
夕方のケアは夫に任せたので、久しぶり。

ムギは、小屋に、頭から突っ込んでいて、
シッポちゃんが出てる状態。
でも、声をかけたら、可愛い返事をしてくれて、
そのあとその体勢のまま、色々お喋りしてくれた。

小屋にちゅーるを差し入れして、
食べ終わると、ムギが出て来た。
お礼に、乗ってくれた。
ムギに毛布をかけてくるむと、
いつもの夜より、ムギが明るく見えていることに気がついた。

あれ?
なんでこんなに明るいのかな?
隣のマンションに、新しい照明でもついたのかな。

光の先を探して見上げると、
マンションとマンションの間の、ちょこっとだけ見える夜空に、
まんまるい、お月さまが、
ぽっかりと、浮かんでいた。

月の光が、ムギを照らしていたのだ。

まるでちょうど、スポットライトを当てられたみたいに、
ムギの姿が光って見えた。

何と言うか、神々しいものを、見られた気分になった。

ムギの命が、祝福されている。
一人で頑張ってお外で暮らしているムギに、
神さまが、ちゃんと見ていますよって、言ってくれてる感じがした。

お月さまに、
ムギが健康で暮らせますように、
勝手だけれど、ずっとここに居てくれますように、
ムギが長生きしてくれますように、と
祈った。


わたしは、自分が小さい頃から、
ずっと月に祈ってきた。

わたしは、勉強は出来たが、
不得手なことが余りにも多すぎて、
それをいつも母から、叱咤されたり、バカにされたりしていた。

自転車に乗れない。
水が怖くて、泳ぐどころか、顔を水につけられない。
走るのが遅くていつもビリ。
工作が下手すぎて、何を作ったかわからない。
オシッコをちびる。

本当にダメな子だった。
性格も悪くて人望もないのに、
成績が良かったせいで、学級委員をやっていて、
学校生活は苦行だった。

いつも、夜、庭に出て、
お月さまに、
自転車に乗れますように、泳げますように、と
いっぱいお願い事をしていた。

息子が小さい頃も、一緒に月を眺めて、
あれやこれや、話をして楽しんだ。

ムギの命は、祝福されている。
しっかり守って行こう。

月明かりのなか、ムギは深夜のパトロールに出かけて行った。


今日は、昨日決心したので、
憧れて買った、シビラのトイレマット2枚を、
ゴミ袋に入れた。
うう~ん。
惜しいなあ。
好きなんだけどなあ。
あんなに憧れだったのに。

でも、マットを取り去って、綺麗に磨いた床のほうが、
魅力的だし、
衛生的だし、美しいのだ。

だから、思い切って、ゴミ袋に入れた。
玄関用の猫さんのマットも。
あとは、好きだけど、着てない服や、
使用したストッキングも捨てた。
ストッキングは新品がいっぱいストックがあるので、
中古は捨てたのだ。

そして、クイックルのワックスシートで、
トイレと、キッチンの床に、ワックスをかけた。

わたしの部屋の床材は、質が良くて高価なものだ。
8年暮らしていて、傷をつけてしまった箇所もあるが、
こまめにクイックルして、たまにワックスかけていたら、
きっとすっきりした、シンプルな暮らしを実現できると思うのだ。

捨てるのは、勇気が要るが、
今後は、減らす生活にしていかないと。

ワックスをかけ終わって、
今日は、自分で、CDをパソコンに取り込んでみた。
そして、USBに、転送して、長いオリジナルアルバムを作るのだ。

いつもかも、夫に頼りっきりで、何も出来ないわたし。

夫に、音楽を録音したいから、USBを買いたいと言ってみたら、
安いから、イマドキはコンビニでも売ってるよ、と教えてくれた。
数百円で帰るらしい。

そのあと、夫の部屋に行ったら、
ちょいと待ちなさいと言われて、
夫が、パソコンでヨドバシのページを見て、
安いから、ポイントも使って買ってあげようと言ってくれた。

わたしは8ギガでいいから、カラフルなのが欲しいとねだった。
白や黒がほとんどで、
それだと見分けがつかない。

キャップレスでノック式の、黄緑とピンクを買ってくれた。
今日はそれをパソコンに刺して、
取り込んだ音楽を、移す作業をしてみた。

何回かあちこち、かちゃかちゃやってるうちに、
成功した。
でも、自分がどういう手順でやったのかわからないかったので、
またトライして、メモしながら、やっていった。

好きじゃない曲はあらかじめ削除してから、
録音出来て、これはいいものが仕上がりそう。

夜までかけて、一本、作れた。
27フォルダ。
これをコンポに刺して聴けば、
エンドレスで好きな音楽を流しておける。
いいねえ。

USBはもう一本あるので、
そちらは、「デビッド・ボウイ」特集を作るつもり。
1月に亡くなってしまった世界の大スター。
わたしが初めてファンになった人。

贅沢しなくても、こんな風に、
自分なりの心地いい生活を送っていくのは、
精神的に、癒される。

ありがたくてたまらない。

ちまムギが元気でいてくれるからこそだし、
もっと言えば、夫のおかげだ。
こんなわたしをもらってくれて、
何の足しにもならないのに、養ってくれて、
ありがたいと思う。

息子からメールが来て、
来月、彼らのマンションに行くことになった。
すごくすごく嬉しいよ。

何が食べたい?と聞かれたので、
やっぱりから揚げ!とリクエストした。
息子の作るから揚げは、教えたわけじゃないのだが、
すごく美味しいのだ。
お嫁ちゃんも、夢中で食べるメニューだよ。

今週は、ムギを病院に入れるミッションが大変。
さっき、夫と入念に打ち合わせをして、
結果、役割を交替して、
夫がムギを抱き上げ、わたしがささっと勝手口から出て、
二人でキャリーに入れる作戦に変更。

うまくいきますように!!

                                          伽羅moon3




 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 減らしていきたい。 | トップページ | 男を見る目。 »