« インフルエンザに…。 | トップページ | 前向きの必要がある? »

自宅謹慎中。

ゆうべは、体が痛くて辛かった。

特効薬を吸引したので、すぐに効くのかと思っていたが、
夜には熱が9度になり、
体の痛みも酷かった。

体が、ウイルスと闘っているのだから、
仕方がない。
我慢我慢。

でも、ムギを見たくて、夜中に行った。
こんな大寒波の夜、
カイロを入れ替えてやりたいし、
何より、自分がムギに会わないと気が済まない。

ムギは、ちゃんと小屋に入っていた。
良かった…。
外は、風がないのに底冷えがする。

小屋の前に座り、ムギ、ママ来たよ、と声をかけたら、
ムギが文句を言い始めた。

夕方来るね、って前の夜に約束したのに、
来なかったことを、ムギは怒っていた。

延々、盛大な文句が続く。
ふぅうううん、ふぅううううん、と鳴いて怒っている。

ゴメン。ごめんよムギ。
ママね、病気になっちゃって、しんどくて、
夕方来られなかったの。
約束してたのに、ごめんね。

文句が終わるまで、
うんうん、そうだよね、ごめんよ。って聞いた。

ムギは、本当に言葉がわかっているのだと実感した。
時間帯の把握もできるらしい。

約束したのに、
一緒に頑張って乗り切ろうねって約束したのに、
来られなかった。

文句が終わったので、
小屋に手を入れて、撫でさせてもらった。
「ムギ、お腹ちゃんは?」と言うと、
くるっと仰向けになってお腹を上にしてくれた。

お腹が温かい。
うん、大丈夫だ。

カイロを入れ替えて、
小屋に、ちゅーるというおやつを差し入れた。
元気そうにそれを舐めた。

ムギは寒いから出てこないし、
わたしも体がしんどいので、
夕べはそれで帰って、寝た。


今日は11時くらいに目が覚めた。
体の痛みが、軽減していた。
熱は7度7分とまだあるが、
体の痛みが減ると、本当に楽だ。

起きて、水分をたっぷり取り、
りんごを食べて、薬を飲んだ。
そしたらまただるくなってしまったので、ベッドに逆戻り。

さらに3時間ぐらい眠ったと思う。

昔、インフルエンザになった時は、
何日間も苦しんで、
何日間も風邪薬を飲んで、
胃も壊れて、
結局一ヶ月くらい、調子が悪いままだった。

今は検査がこんなに発達して、
特効薬もあって、
いい時代になった。

実家から帰って来てから、
わたしは予定を詰め込んで、
ほぼ毎日出かけていた。
その疲れが出たのだろう。
発症に無関係ではないと思う。

わたしが一日中部屋にいるなんてことが珍しいので、
ちまは喜んで、甘えっ子ちゃんモード。

もぐってきたり、乗って舐めてくれたり。
インフルエンザ、猫には移らないよね?と心配。

月曜・火曜の予定をキャンセルした。
まだまだ予定を詰め込んでいたのだ。


夕方近くに、ムギに会いに行った。
ムギ、小屋にいてくれた。
良かった、会えて。
やはりすごく寒い。
冷え切っている。

ムギは出て来て、乗ってくれた。
体に草の実がついていたので、ブラッシングしてから、
毛布でくるんだ。

でも、ムギも冷えるらしくて、たった2分で小屋に戻ってしまった。

いいよ、小屋の居心地がいいんだね?
あったかい?

ムギが、ここでおかか食べたいと鳴くので、
小皿におかかを入れて差し入れた。

わたしも無理ができないので、
シーバを半分、小屋に差し入れて、
また夜に来るね、必ず来るから、待っててね、と
約束して、帰った。

少し空腹感がわいたので、
冷凍のチキンライスを温めて、
スープと一緒に夕飯にした。

すると、ちまが、「おにくちょうだ~い。」と乗って来る。

チキンを口に含み、味を吸ってからちまにあげた。
ちまがチキン食べちゃうから、
ママ、単なるケチャップご飯になっちゃったよ?

ベッドに座って、本を一冊読んだ。
何十年も前に読んだ本。

リフォームの時に、ディスプレイの都合上、
本を大量に処分した。
生きている間に、もう一回読みたい本だけを残し、
残りは買い取ってもらった。

これからは、手元にある本を読み返し、
読み終えたらそれは順次捨てよう。


水曜日が、リウマチ内科の通院日なので、それには行くが、
火曜日まで、自宅謹慎。

わたしが病気でも、誰にも何も迷惑はかからないが、
夫に移してしまったら、大変なことになるので、
夫には部屋に入らないようにと伝えてある。

このあと、またムギを見に行く。
寒いから、どうか小屋でぬくぬくしていますように。

                                         伽羅moon3




 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« インフルエンザに…。 | トップページ | 前向きの必要がある? »