« 寒すぎる。 | トップページ | 複雑なきもち。 »

会いたい。

親が子を思う気持ちは、
海よりも深い。

お正月、一緒に過ごせたのだが、
息子にまた会いたい。

自分の具合が悪いとき、
自分のことより、
夫は大丈夫だろうか?と思った。

わたしがいくら具合が悪くても、
誰にも迷惑はかからないが、
夫が倒れたら、この一家は、おしまいだ。

インフルエンザをうつしたら大変だ!と思い、
絶対に来ないでね、と言っておいた。

体がしんどくて、寝ていると、
息子は元気だろうか?と心配になる。

体が弱かった息子。
ガラスのハートだった息子。

でももう、一人じゃなくて、
分かち合えるお嫁ちゃんがいてくれるから、
本当に良かった。

子を育て、守ることは、怖かった。
思い返せば、よくあんな綱渡りを、と思うことがある。
今のように、携帯が無かったからだ。

今は、すぐに連絡が出来て、安心だ。


今日は本当はカウンセリングだったのだが、
体調が悪すぎて、キャンセルした。
精神的にはちょっと落ち着いているし、
今日は寝ているほうが大切、と思ったのだ。

それは正解だったみたいで、
今夜は、夕飯後に寝込まなかった。

ちゃんと温かい夕飯を作って食べたのも良かった。

食べるもので、体は出来ているんだね。
労力をいとわず、ちゃんと作ろう。

夕べも具合が悪くて、夕飯後、寝ていたのだ。
だからブログの更新も出来なかった。

夫には病院に行くように言われたが、
わたし自身、一体どこがどう、具合が悪いのかを、
的確に説明できなくて、
ただ、ひどい倦怠感で座っても居られないという理由で、
一体、何科にかかればいいのかもわからない。

なので、とにかくちゃんと体にいいものを食べて、
いっぱい寝て、体を休めることにする。

息子は、元気だろうか。
メールしようかなと毎日思うのだが、
やめとこ、と思ってやめる。

夕べはしみじみ写真を見て、
かわいいなあと思った。
そして、お嫁ちゃんのことも、可愛い。

わたしは可愛がられる嫁になれた経験がないが、
自分が、お嫁ちゃんを可愛いと思える人間であったことを、
良かったと思う。

息子がなぜ、彼女に惚れたのかが、
よくわかるのだ。
息子を幸せにしてくれるのは、彼女しかいないのだ。

二人の会話は、いくら聞いていても、面白い。
親の前なのに、
お嫁ちゃんは平気で息子にイチャイチャする。
息子も、通りすがりに、お嫁ちゃんの頭を、
ぽんぽんしたりしている。

すごくほほえましい。
いい夫婦だなあ。
どうか一生添い遂げて、幸せでありますように。


ムギは寒いお外で頑張っている。
夜中に会いに行って、「ムギ元気?」と聞くと、
ちゃんと「きゅ~ん。」と返事してくれる。
お腹を撫でさせてくれる。
お腹が温かいと安心する。

今夜はパパにも抱っこされたらしい。
良かったよ。
ムギ、パパが大好きだからね。

夜中、行って、ムギが小屋に入っていると、
本当に、いちいちホッとする。
小屋にさえ入っていてくれれば、
寒さは防げると思うのだ。

あとはいい餌を与えているし、
抱っこして愛情のチャージもしているし、
何とか一緒に乗り越えられそう。

今が一番寒い時期。

あとは、うまいタイミングでムギを病院に連れて行けるか、ってこと。
脚に乗っているから、
捕まえるのは簡単なんだけど、
嫌われたくないんだ。

何ヶ月もかけて、やっと回復した信頼だから、
それを失ったら、
また毎日会ってもらえなくなって、
お世話も行き届かなくなる。
それが困る。

目の前で逃げてしまう、あの悲しさ。
あれをもう、味わいたくないんだよね。
でも、ワクチンは必須だし。

あああ、困ったな。

                                           伽羅moon3




 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 寒すぎる。 | トップページ | 複雑なきもち。 »