« 必要な距離。 | トップページ | 一回振り切る。 »

これでもよかったんだ?

夕べも、ムギに会えた。
全く自分勝手だと思うが、
ムギに会えると、心が安定する。
居てくれることに、心から感謝をする。

どうせまた寝付けないと思い、
もう諦めて、寝る前にセロクエル2錠を足して飲んだ。

暗闇をしばらく見つめていたが、
眠れた。
でも、セロクエルを足すと、今度は起きるのがしんどいのだ。
それがわかっているので、
できれば足したくない。

今日は精神科の通院だったので、
アラームで、必死に起きた。
起きてみたら、肌寒くてビックリした。
予報を見てみたら、最高気温が16℃にしかならないという。

これでは寒い。
思わず暖房を入れた。

これで、ちまは寒くない。
外は大雨。
ムギは…。

こんなに寒くなるとわかっていたら、
夕べのうちに、ムギの小屋にカイロを仕込んできたのに。
夜中は警備で忙しい様子で、
朝、やっと小屋で眠れるようなのだ。

夫が朝、会いに行っても、眠くて小屋から出てこないらしい。

出かける前に、カイロ入れて行こうか…
でももし、ムギが居て、会えてしまったら、
無視は出来ないから、遅刻してしまう。
遅刻が大嫌いなわたしは、寄らずに出掛けた。

ムギ、ごめん…。

薄いコートを着て出たが、
ストールを巻いて、コートの襟を立てた。
雨も酷くて鞄が濡れる。

精神科は、誰も患者さんがいなかった。
3時からの診察だが、わたしは大体10分前に着く。
するといつも、2~3人はもう待ってるのに、
誰もいなくて、
最初に呼んでもらえた。

手術がうまく行って、最短の5泊で退院できたことを報告した。
傷は、もう痛くない。
けれど、ここに来て、精神状態がすごく悪くて、
暗いことしか考えられず、
後悔ばかりしており、
やる気が全く出ないことを話した。

すると、先生が、
うつ病患者さんには、そういうことがよく起きますよと教えてくれた。

体に異常がある時は、
そちらに意識が行くけれど、
例えば病気が治ったり、怪我が治ったりしたあと、
治ったのに、精神状態が悪化することが、よくあるそうだ。

それは、見えてない部分で精神的に疲労しているからだそうだ。
それが段々出て来て、うつ状態になる。
でも、しばらくすれば段々改善するので、大丈夫ですよ、と
言ってもらえた。

そうか。
この状態で、いいんだ。
傷が治ったのに、どうしてこんなに暗くて、
何もかもがしんどくて頑張れないんだろう?と、
自分を責めていた。

夕飯作りに、復帰できる気持ちになれなくて、
罪悪感でいっぱいなのだ。

寝付けないことも話した。
それも、今の、鬱状態のせいだとのこと。
だから、もう、寝るときに最初から、
頓服で出しているセロクエルを、2~3錠飲んでしまいなさい、と
アドバイスをもらった。

そうか。
薬を足して飲むことについても、罪悪感があったけれど、
飲んで寝たほうが、いいんだ。

いまのこの状態で、いいんだ、
よくあることなのだとわかって、
なんだか楽になった。
先生の話によると、風邪を引いただけでも、
そのあと鬱状態になってしまう患者さんもいるとのことだった。

だから、あなたは長い期間体調が悪かったのですから、
そうなっても不思議じゃないんです、と言ってもらえた。

それがわかっただけで、
自分を責める材料が減って、良かった。

傷が治ったのに、なんで頑張れないの?と
わたしは無言のプレッシャーを感じて、
辛かった。
お姑さんに会うのも嫌だ。
もう治っただろうにと、思われるのでは?と怖いからだ。

セロクエルを飲んで、
ゆっくり眠ろう。
何もできてないけれど、
自分の食べることぐらいは何とかなんているし、
食器がシンクに山積みになってるようなこともないから、
いいとしよう。

土日、ちょっとゆっくりしよう。
来週は、息子たちが来てくれる。
楽しみだ。
ちまも、いっぱい可愛がってもらえるよ。

今夜もムギに会えたが、
ラブラブ出来たのは15分くらいで、
そのあとパトロールに出掛けて、走り回っていた。
敵が潜んでいるらしい。
一人で、複数の敵と毎晩戦っているムギ。

頑張って。
会えた時にはいっぱい甘えて、気力をチャージしてね。

                                          伽羅moon3



 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 必要な距離。 | トップページ | 一回振り切る。 »