« とうとうベッドがやってきた! | トップページ | 嵐の夜の辛いこと。 »

こんなところにこんなものが。

ベッドで初めて寝た。
ちょっと硬いんじゃ?と思いつつ眠った。

気持ちいい。
しっかり点でホールドしてくれている感がある。
何度か目が覚めたのだが、起きられない。
気持ちよく眠れた。
落っこちなかった。

お昼ごはんにトーストを食べて、
あとはいつでもすぐ食べられるように、ポトフを作った。
退院してすぐに作ったのがポトフだった。
コンソメと塩と胡椒。
沢山入れた玉ねぎから甘みが出て美味しい。

そうしておいて、いよいよ、ベッドの引き出しに取り掛かった。

まずは、最も気がかりだった、「非常用」物資のまとめ。
徐々に買い揃えたため、色んな場所に保管されていて、
いざという時に、何がどこにあるかわからないようでは、
意味をなさないので、
まとめたかったのだ。

ベッドには、深くて奥行きもある大きな引き出しが二杯ある。
その一つを使って、非常用品を収納した。

食品は、同時期に買ったらしく、
どれも今年の春から夏で賞味期限が切れていた。
もう少し長持ちする、料理っぽいものを次は買おう。

絶食してわかったのだが、
体が弱っている時に、クリーム玄米ブランとかを食べるのは無理だ。
旨みのある、汁が必要だ。
ブラン系はおやつとして消費して、
また非常用の、汁や料理を買い揃えよう。

引き出しは満杯になった。
まだ猫用品とかは用意してないから、全然足りない。

この建物が無事で、室内で被災したとしたら、
しばらくは暮らせるようになっているが、
持ち出すとなると、容易ではない。
地震、どうか、家にいるときにして欲しい。

もう一つの深い引き出しには、
わたしの大きなトートバッグを3つと、
ショルダーバッグなどを収納。
今までは、クローゼットの引き出し箪笥の上にバッグを保管していた。
服と重なって、使いづらかった。
しかも、ちまがもぐりたがって、
鞄入れの袋をボロボロにされる。

これで、鞄も安全。
クローゼットにも空間が生まれて、物を出し入れしやすくなった。

押入れの奥の奥も全部出してみた。
こんなところに、なぜこれをしまったのか?
わからないし、記憶にない。

収納場所を変更しないと。

布類も全部、把握して、一まとめにしようと、
部屋に広げているときに、夫が来た。
あまりの乱雑さにびっくりしたようで、
「これ、入院までに終わるの?」と聞かれた。
うん、今夜中に終わるよ、と言ったら、
それにも驚いていたけど。

雑にしまっていたため、
しわが付いてしまった風呂敷たちにアイロンをかけたい。
掃除機も。お針箱も、アイロンも、簡単に出せるようになった。
でも、今夜はもうここでストップ。

ブレーキが壊れているから、気をつけて、
自分でストップをかけないと、潰れてしまう。
ちょっとだけ、学習したでしょ?

でも、空き箱を使って、
ベッド用のゴミ箱を作ったり、
リモコン入れを作ったりした。
作るのは大好き。
しかし、老眼が進んでいて、
若いときには難なくこなせた作業に手間がかかるようになった。

アクセサリー作りは、辞め時だったと思う。
リウマチも発症してしまったので、ちょうどいい引き際だったと思う。


500色の色鉛筆は、
飾り棚では、ディスプレィできないことが判明した。
白い、作り付けの棚を使うしかない。

作り付けの棚には、本のすべてを、
すごく綺麗に並べることが出来て、
気に入って、ご満悦だったのだが、
家具の配置上、二段分を、ちまのトイレスペースに取られた。
なので、以前より収納力に劣るのだ。

今日、家具の中の引き出しをだいぶ空けたので、
そこに、カタログや、道具類を片付けて、
書棚をまた一から組みなおす必要が出た。

あ~あ、すごくきっちり綺麗に並べたのにな。
500色、恐るべし。

明日以降、またコツコツやっていこう。

今夜は大雨が降っている。
夕べは、ムギは小屋に入ってくつろいでいたが、
今夜も入っていてくれるだろうか。

会えないかもしれないけど、このあと見に行ってみる。
涼しくなって、小屋の中のベッドの敷物を、
タオルからフリースに替えてあげたほうがいいかもしれない。

今日の朝から、夫が出張で留守になる。
ムギのことを思うと緊張する。
守ってやらなくちゃならないからね。

ちまは、わたしがベッドの上で、クッションを背に座っていると、
ピョンと飛び乗って、くっついて来る。
ちまも、ベッド気に入ったね。
一緒に寝ようね。

                                          伽羅moon3



 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« とうとうベッドがやってきた! | トップページ | 嵐の夜の辛いこと。 »