« これでおしまいにして! | トップページ | 悶絶、号泣。 »

緊急入院でした。

胆のうに石があって、
それが痛みの原因だったとわかったが、
摘出するにしても、まずは消化器外来を受診しなくてはならない。

わたしは翌日25日の、午後一番の予約だった。

多分入院になるので、前夜、
入院用に荷物をだいたいまとめ、
ちまの餌や薬もわかりやすくして、
「ちま、ママちょっと病院行ってくるよ。」と
頭を撫でて、出掛けた。

ひざが、ガクガクする。
カバンが重たい。
いっぱい寝たのになあと思いながら、
徒歩10分で到着。

予約時間ピッタリに呼ばれた。

痛みは、前日よりもはるかに薄くなっていて、
強く押されたら痛い、ぐらいになっていた。

消化器外来の先生は、うーん、うーん、と困っている。
「あのですね、肝機能がですね、ちょっとマズイことになってるんですよ。」
肝機能?
昨日の、血液検査の結果を見て困っているようだった。

γ-GTPの値が、
一桁、上がっていると言う。

わたしはその、γ-GTPの値は、
正常な人が二桁のところ、いつも三桁で、
要注意宣告を受けている。
沢山の抗精神薬と、リウマチの薬を飲んでいるので、
肝臓は、解毒に必死だ。
だから、一桁多い、三桁なのだ。

ところがそれが、四桁に跳ね上がっているのだという。

「この状態は、もう内科の範疇を超えますので、
手術を前提として、外科の常勤の先生とセッションしたいのですが。」
そう言われて、一旦待合室に出された。

その後、次の患者さんが呼び込まれることはなく、
しばらくして、また呼ばれたので入室した。

「非常に危険な状態なので、今日、入院して欲しいんです。」
そう言われた。
今日か。
「わかりました。じゃあ、一旦帰って、入院の荷物を取ってくるので、」
と言うと、
「それは許可できません。もう動かすことはできないので、
このまま外科に移動になります。」

「近所なんですよ。徒歩10分なので、荷物だけ取ってきます。」
そう言ってみたが、許可が下りず、
車椅子が運び込まれて来た。

歩いては駄目なようだった。

外科に連れて行かれ、外来の外科医から、
現在の自分の危険な状況を図解で聞かされた。
医者は最初に、最悪のケースを説明するののであるが、
胆管に胆石が詰まって、その結果、肝機能障害が起きた。
このままだと肝臓内で悪い菌が繁殖して、
それが血管内に回ると、「敗血症」になり、
その結果、「多臓器不全」となり、死に至ります。

これが、放置した場合の、最悪の筋書きだそうだ。

即入院となった。

胆石が動いたのは事実で、
また胆管に、胆石が詰まっては大変だからなのだが、
今はとにかく、肝臓を救わないと、
何も手を付けられないようだった。

幸い、この日は、夫が北海道出張から帰ってくる日だった。
荷物を持ってきてもらうことが出来るし、
ちまの世話を頼める。
ラッキーではあった。

即入院となって、担当の外科医は、
MRIを受けさせてから、病室に上げるよう指示をしたらしい。

けれど、MRIには、30~40分かかるし、
それを順番待ちして済ませると、
午後5時の、看護師の交代時間になってしまう。
すると、病室に入れてくれる手がなくなり、
ER(救急外来)の部屋に入れられてしまうらしかった。

広い部屋に、ベッドだけが並び、
機材が所狭しと並んだ恐ろしい部屋だ。

たまたまわたしの車椅子を押していた看護師さんがそれに気づき、
指示を無視して、看護師長と話しをつけてくれて、
わたしはまず、病室に入れてもらうことが出来た。

検査なので、4人部屋の、ちょっといいほうの部屋にした。
そのベッドに横たわり、
あらゆる聞き取り調査が行われた。
沢山の書類にサインもした。

そのあとで、MRI検査に行った。

戻ると、しばらくして、病棟の主治医が来た。
背の高い、威圧感のある人だった。

胆石も心配だが、とにかく今は、肝臓を守る必要がある。
今日から当分絶食とする、と言われた。

当分って、どのくらいでしょうか?と聞くと、
まだわからないけれど、土曜日に、カメラを通す内視鏡検査をやるから、
それが終わって結果が出るまでの、
最低三日間。と言われた。

脂・糖・乳を完全に遮断して、肝臓を回復させるとのこと。

三日も絶食したことないよ…と思ったが、
幸い、水とお茶は飲んでいいと言われたので、
夫に、買い置きのお茶を持ってきてもらい、
薬を飲むとき用に、水も自販機で買った。

まだ、このあと、なにがどうなるのか、
何もわからなかった。
ただ、わかったのは、
肝臓がすごく悪くなっていて危なかったってこと。

そして、
夫に仮病扱いされた、「食後の気分の悪さ」が、
ぎゅうぎゅうになっている胆のうが、
胆汁を出そうとして、無理をしていたのが原因だったとはっきりした。

胃にポリープはあったが、胃には原因がなく、
胆のうがもう限界を迎えていたのだった。

長くなるので続きます。

                                          伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« これでおしまいにして! | トップページ | 悶絶、号泣。 »