« ねこのおしり。 | トップページ | 激うつ日和。 »

音楽の比率。

せっかく夫に、すごくいいタブレットを買ってもらったのに、
文章を入力する力に欠けていることがわかった。

携帯だってガラケーなので、
どうしても、画面タッチに慣れることができない。
高いのを買ってもらったのに、使えなくて、
すごく心が苦しかった。

そんな折に、末っ子くんが一人暮らしのために家を出た。
卒業記念に買ってもらった、
VAIOのノートパソコンを、初期化して置いて行った。

わたしは、正直に、タブレットを使いこなせずに苦しい、と
夫に伝えた。
だから、そのノートパソコンをわたしにください、
タブレットはあなたが使ってくださいって、お願いした。

夫は、少ない時間をやりくりして、
そのノートパソコンを、
わたしが使えるように設定して持ってきてくれた。

ありがたい。
今はそれでさくさく書いている。

タブレットは、
いいスピーカーを搭載したランクの高いものを買ってもらったので、
音がすごくいい。

具合が悪い日などに、横たわって、
ユーチューブを見るには、最高。

昔、好きだった曲を探しては再生する。
昔は、レコードと雑誌しかなかったので、
動く映像をはじめて見るミュージシャンも多い。

もちろん、映像がなくて音源だけがUPされているものもあるが、
アナログな、ジジジという音すら懐かしい。


わたしは、デザイナーになるのが夢だった。
一番なりたかったのは、
テキスタイルデザイナー。
一つのパターンを作り出し、
それを連続させることによって、新たなデザインが生まれるのが、
すごく素敵な仕事だと思った。

もちろん、親は絶対に反対。
理解も不能。
話しさえ聞いてももらえない。
公務員になり、適度な年齢で結婚しろということだった。

公務員試験は、高校生には難しすぎてもちろん受からず、
わたしは進学校にいながら、
一人で就職活動をした。

悲しい17歳の記憶。

少しでもデザインに近い現場に入りたくて、
印刷会社に入社した。

けれど、わたしの毎日には、
デザインよりも音楽が、大きな比重を占めていた。

小学生のときに、
デヴィッド・ボウイの「スペース・オデティ」に出会ってから、
わたしの音楽ライフがスタートした。

高校生までは洋楽一本だったが、
就職してからは、日本のポップなども聴いた。

今のようにパソコンがない時代である。
好きなミュージシャンの新作は、雑誌で知るか、
もしくは、レコード屋に通っていてPOPで知る。
そしてテレビの新作コマーシャルや、
CMに使われた一曲などを買う。

CMで使われている曲を買うのだって大変だった。
画面の右下にチラッと出る、曲名が、歌手名を記憶して、
とにかく、レコード屋に行く。

記憶を頼りにレコードを探し、
これかな?と思うが、正解かどうかがわからない。
CDの時代みたいに、視聴コーナーなどないのだ。

高校生の時の、月に3千円のお小遣いの中から、
600円のシングルを買うのは、勇気が要る。
絶対に失敗できない金額なのだ。

レジに持っていって、店員さんに懇願して、
視聴させてもらい、当たりであれば買う。

でも、買える数は少なかったので、
今、昔の記憶を頼りに、短いワードで検索出来て、
その音楽を聴いたり、思いがけず画像も見れたりすると、
便利だなあとしみじみ思う。
懐かしいよ。

昔は、レコードがとても貴重で、
レコードからカセットテープに録音して、
自分のベストなテープを作ったり、
人に勧めたりするのがトレンドだった。


聴くだけでなく、わたしは歌うことも大好きだ。
アップテンポな曲が好きだけれど、
歌えるのはバラードのみ。

特に、「ハモる」のが大好き。

小学生のころは、わたしはハモりが得意で、
ボーイソプラノの男の子と二人で、
他のクラスに行って、見本を見せたりしていた。

合唱もずっとやっていて、
ハモると気持ちよくてやめられなかった。

ユーチューブって、楽しいなあ。
でもタブレット、もったいないから夫に返さなくちゃ。


ちまは、薬が効いて、一応下痢は止まった。
でもそれは単に対処しただけであって、
根治にはならないので、検査結果を聞いてから、
治療をどうするか決める。

薬を変えるくらいで治ってくれたらいいのだけれど。

アパートのリフォームの話がどんどん具体化している。
毎週夫が、業者さんと打ち合わせをして、
話を進めてくれている。

わたしの部屋の窓は、
針金入りの波板ガラスなのだが、
東の窓だけ、透明のガラスにしようかという話も出た。
キャットタワーを東の角に置いてやれば、
ちまが冬でも外を眺められる。

外を知らないちまだけど、
鳥が来ると、食いつくように見つめているよ。

隣の家の二階の屋根に、
ムギが来ていたこともあった。
そのときは、ムギを外に返した直後だったので、
すごくすごく、心が痛かった。

ちまのために、透明ガラスにしようかね。
鳥さん、見たいよね。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« ねこのおしり。 | トップページ | 激うつ日和。 »