« 激うつ日和。 | トップページ | 偽物じゃない優しさ。 »

やっぱり治ってなかった。

カウンセリングの日。
出張先からの夫のメールで、
予定よりも早く起きられた。

銀行の通帳の繰り越しに行きたい。
地元の駅近くに、ATMと繰り越し機はあるのだが、
機械が受け付けてくれなかったのだ。

カウンセリングに行く駅前には、大きな店舗があるので、
3時までに間に合うか?と慌しく身支度をして出掛けた。
何とか滑り込みセーフで間に合った。

郵便局と違って、銀行は接客がちゃんとしている。
対応も素早かった。


カウンセリングに行くと、わたしの前には予約がなかった。
一緒にお菓子を食べながらちょっと雑談し、
それからカウンセリングに入った。

時間が足りない。
説明するだけで精一杯。
何か、足掛かりが欲しかったが、
結論は出せず、次回に持ち越し。

でも、わたしがやっていることを、
ウンセラーさんには認めてもらえた。
とても嬉しかった。

毎日、何のために生きてるのかを見失っている。
昨日は劇的なうつ状態で、
もう何の治療もせずに、夫より先に死んでやる、と思った。

絶望していた。

ちまにまで当たってしまって、
これではわたしの嫌いな母と同じではないか。
それだけは避けたい。
母のようにはなるまいと、必死に生きているのに、
自分の感情が暴れだすと、
抑えるのに必死だし、
醜い感情に支配される自分の存在に絶望する。

ちまは、下痢止めと整腸剤を飲んでいるのに、
軟便しか出ない。
一番新しい軟便を持って出掛けていた。

きっとちまは、治っていなくて、
また治療を再開だ。
先生に証拠を見せるために、軟便を持ち歩いたのだ。

カウンセリングが終わってから、
デパートの静かな場所のソファに座って、
動物病院に電話をした。
担当の先生に代わってもらうと、
下痢パネル検査の結果、まだ菌が居て、
陽性だったと聞かされた。

これから行きますが、ちまを連れて行ったほうがいいですか?と聞くと、
元気があって食欲もあるなら、連れて来なくていいとのこと。

夫が出張先から早めに帰宅していたので、
動物病院に車で連れて行って欲しいと頼んであった。
お薬だけになったけど、とメールしたら、
それでも行ってくれるというので、
駅前でピックアップしてもらって二人で行った。

診察室に、夫にも入ってもらい、
先生から直接、説明を聞いてもらった。
担当の先生も、夫のように回転の速い人で、
わたしが必死にメモして聞いても、
そのわたしの説明などは、夫は聞かない。
それはもう、ムギの時に何度も体験済み。

色んな説明があったので、夫に直接話を聞いてもらって良かった。
又聞きになると、
遮ってばかりで、ちゃんと聞いてもらえないからね。
丁寧に文章でメールしても、
これではわからない、と言われるので、
直接聞いてもらうのが一番なのだ。

ちまは、この間、二週間飲んだ抗生剤を、
今度は一ヶ月、また飲むことになった。
強い薬に変更してしまえば、副作用も心配されるからだ。

一週間で菌がいなくなる子もいれば、
二ヶ月かかる子もいるそうだ。

薬を飲んでいるあいだ、元気であればもちろんいいが、
元気がないとか、食欲がなくなったとかがあったら、
すぐに連れて来るよう言われた。
見えない、たとえば膵炎などが潜んでいることがあるかもしれないそうだ。

注意してちまを見守るよ。
毎日、記録もつける。
二週間では菌を殺せなかった。
治ってなかった。
ごめんねちま。
お腹痛いよね。


カウンセリングの日は、わたしのオフなので、
外食したり、デパ地下でお弁当を買ったりするが、
今日はコンビニのサンドイッチとおにぎり。
こういうジャンクな食事も好きだ。

わたしは、ちまがずっと元気で機嫌がいいので、
ちまに甘えすぎてきた。
ちゃんとブラッシングもしてやっていなかった。
そんなに抜けないと思い込んでた。
やってみたら、毎晩ピンポン玉くらい取れるよ。

これを放置してたんだから、
そりゃあ、時々、吐くよね。
ちまごめん。
毎日ちゃんとお世話するね。

誰からも認められず、生きてる意味もわからないけれど、
ちまには、まだママが必要だよね。
ちまが病気と闘ってるんだもの、
ママも頑張るね。


ちまの下痢が急にだったので、
掛かりつけ医には連れて行くゆとりがなくて、
ムギが行っている病院に行ったが、
今月、掛かりつけ医に行く予定があるので、
今受けている治療を話して、
セカンド・オピニオンをもらう。

ちまは、カリカリと一緒に薬を入れておけば、
全部食べてくれるので、ありがたい。
ムギは、どんな小さいカケラでもちゃんと残してたから。
口に無理やり入れて、口を閉じてても、
あとから、ペッて吐き出す技術もあるんだよ。
そうやって危ないものを食べないように、生きて来たんだね。

来年から、手帳は大きいものに変更する。
毎日、ちまのことを記入することにする。

今まで、病気にならなかったことのほうが、
奇跡的だよね。
ちまとの一日一日を、大事にしていこう。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 激うつ日和。 | トップページ | 偽物じゃない優しさ。 »