« 工事スタート。 | トップページ | 切ないその姿。 »

セカンド・オピニオン。

今日も一階は工事。
工事の音がうるさいのは当然なのでいいのだが、
職人さんどうしが言い争う声と、
カーッペッ!と痰を吐く音が不愉快でたまらない。

でも、午後まで寝てた。

ムギは帰って来ただろうか。
工事中の昼間、どこにいるのだろうか。
心は大丈夫だろうか。

今朝、夫がムギに会ってみると、
顔に大きな傷があったそうだ。
夫から写真が送られて来た。
顔の正面、鼻面に、深い傷がある。

ムギ、戦ったんだね。
顔に傷があるということは、正面きって戦ったってことだもんね。
頑張ったね。

ムギは夫にべったり甘え、
そのあとは、ちょっとしょんぼりした感じで、
小屋に入っていた。

ちまを定期健診に連れて行った。
今日はいっぱい聞きたいことがある。

下痢を発症しまして、と言って、
書いてきた5月からの病状を見せた。
処方された薬も目立つように書いておいた。
それを見ながら説明をして、治療の方向性としてはどうか、聞いてみた。

使っている薬は無難なチョイスなので、いいと思うとのこと。
今、抗生剤を30日間飲むというミッションの最中なのだが、
それをやり遂げて、また便を検査してもらうしかないという。

12,000円なんですよね~、と言ってみたら、
先生が、検査センターは同じところに頼んでいるらしく、
調べてくださった。
単体の検査(一種類の菌のみ)というのもあり、
それだと5,000円ですよって教えてくれた。

丁寧に触診してもらい、聴診器で聞いてもらった。
大丈夫とのこと。
事実、ちまのウンコちゃんは良くなった。

でも、わたしがイジイジと心配していると、
じゃあ今、この場で便を見ちゃいましょうと言って、
ちまのお尻から直接便を採取してくれた。

ちま、体温検査で一回ブスっとされたので、
もう終わったと思っていて、油断してた。
え、また?という顔をして、
必死にお尻を締めていたよ。
可愛い。

その場で、顕微鏡で見てくださった。

菌は特殊な形をしていて、見ればわかるそうだ。
一定の面積に、どのくらいの数がいるかで判定するらしい。

菌はいるけれど、お薬が効いていて、抑えられつつある、という感じ、
とのこと。

そしてアドバイスとして、
今のお薬は、腸内のいい菌も殺してしまっているので、
人間用でいいので、ビオフェルミンを飲ませるとよりいいですと、
教えていただいた。

ビオフェルミン、持ってるから、早速飲ませよう。

ちまはまた痩せて、4月から、300グラムも減っていた。
もとが6キロ超えの大きいにゃんこなので、まだ大丈夫だが、
もう痩せなくていいよって思う。

お尻からお水が出て、「どういうこと?」ときょとんとしていた話などもした。

それから、ムギの傷をアップにした写真を見ていただいた。

ムギは、保護したときに二度、連れて来ている。
3本足だし、先生も覚えていた。

家で飼えなくて、ガレージの小屋にいることを初めて話した。
野良猫にねたまれていて、襲撃を受けていることを説明し、
この傷、どうですかね、と聞いてみた。

爪で引っ掻かれた傷だとのこと。
深いけれど、病院に来たとしても、抗生物質の投与くらいしかできないので、
仕方がないのでは?と言われた。
家で飼うしかないんですけどね、と言われて、
ちょっと辛かった。
飼えるものならそうしたい。

噛まれた傷よりは、深くならないので、
様子を見て大丈夫でしょうとのこと。

痛そうな傷だよ。
ムギ、いろんなことが起きるね。


帰宅したらもう7時半で、お腹がぺこぺこだったので、
駅の向こうの中華屋さんに行った。
頼みすぎて、二人ともお腹が一杯になり、
苦しくてダウンしてしまった。

わたしはちまと一緒に二時間くらい、ダウンしていた。
ちまも病院、疲れただろう。

セカンドオピニオンを聞けて良かった。
先生のことは信頼しているので、安心した。
ちまの今までのことを、わたしよりはるかによく覚えてくださっている。
いつも夫婦で行くから印象的だろう。

ちまの下痢の時だって、本当はこのクリニックに来たかったが、
夫は出張で休めないし、
電車でちまを背負って、二回乗り換えて、
最寄り駅からタクシーに乗って…
健康な子でも大変なのに、
下痢してる子を連れ回せない。

そう言うと、先生は、もちろんです、それでいいと思います、と
言ってくださった。

あんなにいっぱい話を聞いてもらって、
顕微鏡までやってもらったのに、
1,000円。
申し訳ないくらいだった。

もし、30日でちまの下痢が治まらなかったら、
薬と、フードを変えたほうがいいと教えてくれたしね。

ありがたかった。
ちまが、早く良くなりますように。
ムギの傷も、化膿したりせずに治りますように。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 工事スタート。 | トップページ | 切ないその姿。 »