« 耐えられないから逃げる。 | トップページ | 怖すぎない? »

勇気を出して良かった!

ゆうべは、嫌なドクターの件でモヤモヤして寝付けず、
また朝になってしまった。
本当にストレスに弱い。

でも、弱いとわかっているからこそ、
回避するためには、自分が動かないと。
自分で頑張るしかない。

出張の夫から、
仕事が早く終わったので帰りますとメールが来て起きた。
一緒に夕飯を食べることにしているから、
急いで起きてパンを食べて着替えて、
病院に行ってきた。

こんなとき、近くにこんな大きな総合病院があって便利。

まずは、総合案内に立ち寄り、
相談をしてみた。

昨日、内科の中で、消化器内科の先生に回してもらったが、
とても、耐えられないんです、と言ってみた。
受け付けの方は、すぐには理解はできなかったようだった。
だから、仕方なく、医師の名前を出して、
この先生が、ちょっと耐えられないので、と言った。

そうしたら、ああ、先生を代えたいんですね、と
わかってもらえた。
そして一覧表を見て、
「幸い、今日はその先生が居ない日なので、このまま内科に行って、
相談してください。」と言ってもらえた。

二階の内科受け付けに行ってみた。
午後の病院はすいていた。
受け付けの人に、「ご相談があるのですが今大丈夫でしょうか?」と聞いた。
そこで、昨日、リウマチ内科から消化器内科に回してもらったが、
その先生にちょっと耐えられないので…、と言った。

そしたら、察しが良くて、
「先生を代えたいんですね?」と聞かれた。
わたしは、「申し上げにくいのですが、そうです。」と答えた。
すると、思いのほかあっさりと、
「わかりました、いいですよ。」と言われた。

なので、昨日の予約は全部キャンセルで、
他の消化器内科の先生に担当してもらいたいと言えた。

もっと揉めるかと思って覚悟していたので、
すごくあっさり認めてもらい、安心して力が抜けた。

受け付けの人は、キャンセル作業だけでなく、
今日、今、別の消化器内科の先生が診察しているので、
もし良かったら受診して行かれますか?と勧めてくれた。

ありがたい。
なんて親切なの?
わたしはお言葉に甘えて、受診しなおすことにした。

新しく担当してくださるのは、
若い女医さんだった。

まずはきちんと体調や不具合を問診してくださり、
飲んでいる薬についても、一つずつ全部記入していかれた。

しかも、胃カメラを受ける予約を取るのに、
午前中と決まっているのですが、何時くらいが都合がいいですか?って、
質問してくださった!
昨日の医者とはどうしてこんなに違うの?

わたしが早朝は起きられないので、一番遅い時間でお願いしたいと言うと、
最終の、11時半で空いている日をいくつも教えてくれた。

昨日の医者は、9時以外は受けないと言いやがったのだ。
日にちはもっと先で予約していたから、いくらでも空きはあったはずなのに。

それで行ける日を選んで、
11時半の予約をお願いした。
すぐに結果がわかるように、その日の午後にも診察を入れてくださった。

もちろん、何か病変があれば切り取って、生検に出すので、
その場合は二週間後にまた診察になるとのこと。

すごく丁寧に優しくお話ししてくださった。
もう、全然気分が違う!
勇気を出して、今日、来てみて良かったよ!

胃のレントゲンのロムも、受け取ってくださった。
胃カメラのとき、わたしには麻酔は効かないことも話せた。
当日、担当の看護師に言ってくださいねと言われた。

言ったところで、まさか全身麻酔するわけにもいかず、
オエオエしながらやるしかないのだが、
この先生が担当だと思えば、頑張れる。

言葉が悪いが、昨日の医者は、人としてクズだ。

担当医を代えてもらえて、本当に良かった。
気持ちが明るくなった。
頑張ろうって思えるようになった。


夫は早めの時間に帰宅したが、
いらしていたお姉さんにつかまって、色々話し込んだらしい。
なので、夕方ムギにはわたしが餌を入れておいてやった。
ムギ、まだ、パパが帰ってることに気づいていない。

7時くらいに大雨になって、テレビの音が聞こえないくらいになった。
こんな雨なのに、ムギはどこにいるんだろう。

食事を終えて夫が戻ると、ムギが帰って来ていたそうだ。
でもさっきの暴風雨で、ムギのリビングがびしょぬれになって、
わたしたちが座る座椅子もびしょぬれだったそうだ。

そんな中で、夫はムギを抱っこしていたらしい。
ムギ、パパがいないと憔悴してしまうくらいだから、
会えて嬉しかっただろう。

でも夫の出張は来週も続く。
ムギ、ママに甘えればちょっとは気が紛れるのに、
代わりにはなれないんだね。


胃カメラ、3年前にやっている。
あの時は、胃酸の逆流がすごくて、
町の内科医に行ったら、5種類くらい薬を出されてしまって、
不審になって、今の総合病院に行ったのだ。
胃カメラ、オエオエで終えたけれど、
技師さんが、胃はきれいでしたよ、ってその場で言ってくださった。

事前の軽い麻酔で、起きられない人も多くて、
ベッドやソファで寝ていて帰れない人がいた。
わたしには麻酔は効かなかったので、ケロッとして帰った。

うん。辛いけど、頑張ろう。
そんなに長い時間ではないらしい。

                                           伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 耐えられないから逃げる。 | トップページ | 怖すぎない? »