« 忘れることはない。 | トップページ | 中断ができない。 »

なんて楽しい日。

お昼過ぎに夫からメールがあって起きた。
夫は、毎週毎週、
アパートのリフォーム業者さんと打ち合わせをしている。
それで、何かあったらしく、話をしに来た。

週明けから工事が始まる。
当初の予定では、まず、
水漏れを起こしている一階の地下からとりかかることになっていたが、
変更になり、
足場を組んで、二階から始めることになったそうだ。

ただ、様々な業者さんが入り乱れて作業をするので、
まだ、何日にスタートかはわからない。
ただ、後半に行うはずだったけれど、早まったので、
部屋の中の片付けにもう取り掛からなくてはならない。

作り付けの棚に入れているものはすべて出して箱詰め。
置き場所を変える書棚の中も、
全部出して、空っぽにしておかなくてはならない。

夫が丈夫そうなダンボールを持ってきてくれた。
明日から、コツコツ始めよう。

夫がランチがまだだったので、
バターをいっぱい乗せたトーストを焼いてあげた。

そして、午後、一緒に出掛けて欲しいという。

来月、大学の同窓会があるそうで、
夫が幹事なのだが、
居酒屋を下見して決めたいので、一緒に来てくれと言われた。
居酒屋で食事できるので、即OK。

着替えて降りていった。
そーっとムギのところに行ってみたら、
ムギ、小屋に入っていた。
「ムギちゃ~ん。」
わたしは、「ムギ箱」に隠してあるおかかを取り出して、
「ムギ、おかか食べる?」と聞いた。
ムギは欲しいと言って鳴く。

小皿に入れてあげると、小屋から出て来て、
車の下に入った。
お皿を置いてやったら、喜んで食べたよ。

そのあと夫と二人で出掛けた。

今日は、気温はそんなに高くないのに、
すごい湿気で、大変不愉快な気候。
ちょっと歩いただけで汗だくになった。

夫は、居酒屋の候補を3軒出していた。

一軒目は、まだ営業前だったが、予見したいと申し込んで、
個室を見せてもらった。
すごくいい部屋。
しっかり区切られているし、掘りごたつ方式なので楽。

ここに決めてもいいかな~と夫が言っていたけれど、
せっかくだから他も見るだけ見たら?と言って、
見に行ってみた。

二軒目はもう営業していて、
若いグループが大声を上げて騒いでいた。
タバコが煙い。

見せてもらった部屋は、半個室で、静けさは求められない。
客層もイマイチ。

お礼を言って外に出たが、
「ここはないわ~。」と意見が一致。
一軒目に見たところにすることにした。

その店はまだ営業が始まっていなかったので、
駅ビルで時間を潰してから、
再度行って、宴会の予約をした。

そのあと、店に客として入って、
飲んで食べた。

和食っぽかったが、パスタやピザもある、創作料理。
牛のミスジのステーキを頼んだ。
本マグロの握りも。
すごく美味しかった!

お酒も、わたしはモヒートを飲んだのだが、
味が濃くて、しっかりしていた。
ミントもいっぱい入っていた。

ただ、オーダーを取る子が、まったくの新人らしく、
端末機を使えていなくて、
頼んでいないものが来て、頼んだものは来なかった。
でも、まあ、仕方がないかとクレームは入れなかった。
本来わたしはクレーマーなので、
本気で許さないときは絶対に許さないのだが、
今日は言わずに許してあげた。

外に出ると、まだ7時で、明るかった。
「カラオケ行きたい!」と夫にねだってみた。
その居酒屋が、カラオケ屋の上の階だったのだ。
すると、夫は、「いいよ。」と即答してくれた。

嬉しい。
カラオケも久しぶりだけれど、
夫とは、結婚してからは、来ていない。
実に8年ぶりだ。

付き合っている頃は、居酒屋で飲んで、
そのあとよくカラオケに行った。
夫は特別歌うのが好きという人ではないが、
わたしの歌は、ちゃんと聴いてくれる人だ。

久しぶりなので、最初は声が出ない。
音程も安定しない。

でも、時間がもったいないので、ガンガン曲を入れて歌った。
わたしが3曲歌って、夫が1曲歌う、みたいなペース。

夫が好きな歌も入れて歌ってあげた。
一時間半、頼んだのだけれど、すぐ時間が経っちゃったよ。

帰りの電車で、「声量落ちたね。」と言われた。
夫と付き合っていた頃は、とにかくしょっちゅうカラオケに行っていたので、
もっと声が出せたし、音もはずさなかったのに、
今は、5~6曲歌って、ようやく声が出てくるという感じ。

普段も喋っていないから、声が出ないのだ。

夫が、「ボイストレーニング受けて、一杯歌って、発散したら?」
と言ってくれた。
そうしたら、うつ病も少し良くなるんじゃない?って。

確かに、わたしは歌ったときが最も発散する。
それはいいアイディアだと思った。

夫の女友達で、いつも一緒にコンサートに行く人が、
やはり精神の病だったのだが、
ボイストレーニングを受けて、自分でライブを開くことがあるという。
かなり回復したらしい。

わたしも、毎日好きなだけ歌えば、
ひょっとしたら良くなるかもしれないね。

一人カラオケは気楽だが、
夫と一緒も楽しかった。
また一緒に来たいな。

帰宅してからシャワーして、
床をクイックルで拭き掃除した。
ゴミをまとめたり、片付けごとをして、バタバタした。

明日から、棚の中を片付けて行かなくては。
断捨離したいのだが、
わたしは本を捨てることができなくて困る。
大概が一回しか読んでいない本なので、
死ぬまでにもう一回読みたいのだ。

飾り物も、気に入って買ったものばかりだし、
どう減らせばいいかわからない。
持ち物に対して、すごく執着があるので、
何も捨てられないのだ。
困ったな。

それにしても、今日は楽しい一日だった。
一番身近なのは夫なのだから、また一緒に遊びたい。

                                            伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 忘れることはない。 | トップページ | 中断ができない。 »