« 根源に気づくこと。 | トップページ | 工事スタート。 »

ポリープ6個。

胃カメラの日だった。
予約を一番遅い時間の11時半で取ってくれたので、
楽に起きられた。

担当医を代えてもらって、本当に正解だった。
自分の勇気を褒めたい。

胃カメラは、何をどうしたって、
オエオエになることは覚悟していた。

3年前に、同じ病院で胃カメラをやっている。
麻酔を追加してもらったが、何の効果もなく、
死ぬ思いだったのだ。

処置室で担当の看護師さんにそう伝えると、
「じゃあいっそ、もう麻酔やめにします?」と聞かれた。
乱暴な人だなあ~と思いつつ、
内視鏡室に入る。

看護師さんが、麻酔効かなくておえーってなっちゃうそうです、
いっそ麻酔やめますか?と医者に聞いていた。
先生は、「そんな馬鹿な。」と驚いていた。
やっぱり、乱暴だよね。

3年前のカルテを見て、先生が、
「本当だ、相当量の麻酔打ってたね。これでも駄目だったの?」
聞かれた。

はい、そうです。
全然駄目で、でも、眠くもならないので、
終わってすぐ、しゃんしゃんして帰れましたよ、と答えた。

先生は、
「うーん、でもまあ、同じ量だけ打ってみますか。」と言って、
左腕に注射した。
普通の人に打つ2倍以上の量だとのこと。

そしてカメラ挿入。

おええええ~!

先生びっくりしている。
でもやめるわけにもいかず引き返せない。

おえええええ~!
おえええええ~!

もう死ぬ!
辛くて苦しくていろんなところからいろんな液体が出ちゃうよ。

カメラが奥のほうに入ったら、
なんとかこらえられるようになった。
時間は短いはずなのだ。
頑張れ自分!

ずざーっとカメラが引き抜かれて、
やっと終わった。
涙や鼻水でぐしょぐしょ。
看護師さんが紙で拭いてくれた。

内視鏡の先生は、
たしかにポリープがいくつかあるけれど、
悪いものには見えないし、逆に、胃の粘膜はキレイですよ、
と教えてくれた。

午後、診察があるので、そこで主治医の意見を聞く。

麻酔が効いちゃって起きられなくて寝ている人もいたが、
わたしは15分くらい休憩して、すたこら帰ってきた。

マックでテイクアウトして、帰って来て食べた。
歯磨きして、またすぐ、午後の診察に出掛けた。

主治医から詳しく聞いた。

ポリープは、合計6個あるとのこと。
見た目では、悪いものには見えないけれど、
一部細胞を取ったので、検査に出すとのこと。

結果は二週間後に聞きに行く。


去年は、バリウム検査で引っ掛からなかったのだから、
一年で、6個ものポリープが出来たことになる。

確かに、去年からわたしには、負荷がかかっている。

夕飯作りを始めて、
リウマチを発症し、
ムギが倒れて入院し、
自分は股関節を痛め、
目には内膜がはがれたものが舞い飛び、
乳腺が石灰化して痛み、
歯がもろくなって割れて、
とにかくずっとずっと、病院通いを続けているのだ。

わたしのようなポリープは、
ピロリ菌がいない人に出来るタイプのもので、
中年女性に多いとのこと。
ホルモンバランスが関係しているのではないかと、
最近は言われているそうだ。

胃薬を出してもらっているが、あまり効果がなく、
食後に具合が悪くなることが多いと伝えると、
ひょっとして、冷えかもしれませんねと言われて、
ちょっと思い当たった。

精神科の薬も、
リウマチの薬にも、
副作用で、口や喉が渇くという症状がある。

わたしは毎日大量のお茶やスポドリを摂取している。
それで胃液が薄まって、
食べた後に具合が悪くなるのでは?

先生からは、
お腹を冷やさず、冷たい飲み物の摂取を控えめに、と言われた。

診察を終えて、
もう今日は、夕飯を作る気力がないので、
夫は出張で留守だし、
お姑さんに、お弁当を買って行った。

玄関の鍵が開いたまま、
リビングで、お姑さんは突っ伏して寝ていらした。

黙って置いていくわけにはいかないので、
起きていただいて、説明して、置いてきた。
お弁当の写真は、
夫と長女に、メールで送っておいた。

疲れた…。
終わった…。

夕方、ちまと一緒に、お布団で眠った。

どうやら、突然死することはなさそうだ。
とりあえずは終わった。
あとは、歯医者が終われば、かなり楽になる。


病院から帰って来た時、
雨だったが、ムギはガレージにいた。
母屋からガレージに出ると、甘えた声で鳴いた。
雨だから、ちゃんと居てくれて良かった。
ご飯も食べてあった。

夜中、もう一度ムギを見に行った。

玄関の照明がもう消されていて暗かったのだが、
門扉を開けたら、すぐにムギに呼ばれた。
ムギも枯れ草のような色のキジ猫なので、
暗闇では判別できないが、
どうやら、車の前にいて、待ち構えていたらしい。

勝手口から出ると、
文句を言う。
寂しいのに来てくれなかった、って言う。
だけど、文句だけ言って、スープを半分飲んで、
行ってしまうのだ。

寂しいのにって文句言うなら、
くっついてきて甘えてくれたらいいのに。

でもまあ、ちゃんとガレージにいて、
ご飯も食べてあって、元気そうだったから、
良かった。
明日は夫が帰って来る。

夫の留守中は、緊張する。

お腹を冷やさないように、
お茶とかスポドリは、常温で飲むことにしよう。

しかし、胃カメラ、地獄だったよ。
やりたくないなあ。

                                          伽羅moon3

 いつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover

|

« 根源に気づくこと。 | トップページ | 工事スタート。 »