« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

新郎の母として。

土曜日、無事に息子が挙式した。

列席者全員に式場に入ってもらい、
誓いを立て、
拍手で証人してもらうという「人前式」というものだった。

披露宴は、質素だったがゆったりとしていて、
みんなが写真をいっぱい撮ってくれていたし、
息子が高砂席からみんなを撮っていたのも面白かった。

頼まれていた、社長さんへのお車代もお渡しできたし、
新郎の母として、各テーブルにご挨拶にも回った。

送り出しの時は、
お客様ひとりひとりとお話をして、お礼を伝えた。

着物でガチガチに固められた体で、
よく頑張ったと思う。


花束贈呈のとき、息子と手が触れた。
しばらく触れたままにしていてくれた。

お客様を送り出したあと、
息子と二人きりの写真も撮ってもらった。
息子が肩を抱いてくれた。


出席してくれていたわたしの従姉が、
「よく頑張ったね。」と言ってくれたとき、
初めて泣きそうになった。

本当に、わたしはよく頑張ったのだ。


着替えてからタクシーで両親をホテルに送り、
わたしたちは一旦帰って着替えて、
ちまに餌をやってまたホテルに迎えに行き、
4人でちょっといい居酒屋に行って飲んだ。

二人をまたホテルに送り届けて、
わたしと夫も帰って来た。


わたしは夜中まで放心した。
よくやった。
よく頑張れたと自分をほめたい。

一生に一度の晴れ舞台。

夫が居てくれて良かった。
両親が出席できて良かった。

いい天気に恵まれて良かった。

息子の挨拶も素晴らしかった。

わたしは泣かずに済んだ。


一生の中で一番「ありがとうございます」を言った日かもしれない。
世界中の人に「ありがとう」を言いたい気分だ。

みなさま本当にありがとうございます。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますbud

|

明日、息子が結婚します。

明日。
わたしの最愛の息子が結婚式を挙げる。

なんと感慨深いことだろう。


お腹にいるとき、ぐにゅーってかかとを感じられたのに。

ママとケッコンしゅる、って泣いていたのに。


お天気にも恵まれて、
いい一日になりそうだ。

今日、美容院に行って空をながめた。
美しい青空だった。


夜、息子にメールしてみた。

体調どう?
どんな気持ち?
と聞いてみた。

どっちも普通~。と返事が返って来た。
頼もしい。


わたしは、嬉しい!
楽しみ!

また報告しますね。

ありがとうございます。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますbud



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

30年ぶりの床屋さん。

息子の結婚式にむけて、
順調に準備は進んでいる。

今日は夫が何十年も通っている床屋さんに行った。
顔をシェービングしてもらった。

着物を着られるんですか?と聞かれたので、
はいと答えると、
首の後ろも剃ってくれた。

床屋さんで顔剃りなんて、
自分が結婚するとき以来だったから、もう30年ぶり。

あったかいアワアワが気持ちよかった。

お顔のマッサージもついて2900円。


息子は今どんな気持ちかな。
嬉しいかな。
幸せかな。
緊張してるかな。

明日メールしてみよう。

結婚式まで、
あと一日。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますtulip



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

ごめんよ。

今日はカウンセリングだったけれども、
特に目立って心配事もなく、
穏やかに雑談して帰って来た。

帰宅してシャワーして洗濯をして、
それから結婚式当日のことをシュミレーションしてみる。

わたしの大きな役割は、
親族紹介と、
主賓である息子の会社の社長さんに、
お車代を渡すことだ。

披露宴が始まる直前にこっそり渡すのがいいらしい。
けれどお顔も知らないので、
息子にメールして、
当日各席に、席次表置いてあるよね?と聞いた。

すると、部屋の入り口に大きく貼り出してあるだけで、
各席には置いてないという。

節約のためにそこを削ったんだと書いてあった。

わたしは胸が痛んだ。

二人で考えて決めたことだろうからいいのだけれど、
節約を考えなければならなかったことが、
不憫だった。


息子の実の父親は、
正式に報告に行った息子に、
たった10万のお祝い金を渡してそれっきりだ。
親なのに。
桁が間違ってる!とわたしが怒ると、
息子は黙っていた。

わたしは最初の結婚の時は、
自分の貯金を全部父に渡した。
もちろんそれで足りるわけもなく、
田舎だったので、豪華な披露宴をやってもらった。

でも息子は可愛そうに自分でやるしかないのだ。

もちろん、夫も、わたしの両親も、
多額のお祝い金を出してくれた。
わたしも去年の手術の前に、
そのとき持っていた貯金をあるだけ全部息子に渡した。


自分たちで考えて、節約したり削ったりしたんだなあ…。
ごめんよ…。


でも、当日は精一杯明るく居るから、
楽しい披露宴にしようね。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますbud



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

あと数日。

息子の結婚式まであと数日。

息子が生まれる前も、
もうすぐ会えると思ってワクワクしたが、
結婚式を前にして、
わたしは心静かにいる。

先週泣きながら息子に電話したのが良かったのだ。

当日は笑顔で過ごしたい。

息子はどんな気持ちでいるのだろうか。

わたしは、最初の結婚の時は、
大掛かりな結婚だったが、
早く実家を出たかったので、
別にしんみりともしなかった。

披露宴が終わってすぐ大阪に行き、
そこから新婚旅行に行ってしまったので、
その日の自分の親たちがどうしたのかは知らない。
どんな気持ちだったかもしらない。

新婚旅行は、つまらなかった。
いい思い出など何も無い。


息子たちは来春に新婚旅行に行くそうだ。

あの二人なら絶対大丈夫。
幸せな家庭を築ける。
わたしは幸せを信じてる。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますbud

|

父にも伝えたい。

先日息子に泣きながら愛を伝えて、
わたしはかなり落ち着いた。

結婚式まであと数日だけれど、
たぶん取り乱すことはないと思う。


わたしは、ファザコンだ。
父のことが好きなのだ。
そのことを父にも言葉で伝えたい。

母とは電話でも話すし、帰省した時にも話す。
というか母の話を繰り返しわたしがふんふん聞いているだけなのだけれど、
父と二人になるチャンスがないのだ。


わたしが小さい頃、
父はわたしの頬にキスをして、
「かわいい。」
「大好き。」
と言ってくれた。

泣いていると頭をよしよししてくれたし、
愚痴も聞いてくれた。

母は、
わたしが泣いていても怒ったし、
愚痴なんて聞いてくれなかったし、
階段から落ちても殴られた。

もう6年もカウンセリングを続けていて、
何度も何度も吐き出して来たのに、
恨めしい想いは消すことができない。

6年のカウンセリングでわたしが学んだのは、
うまい付き合い方にすぎない。


夫があと半年で定年になってしまう。
カウンセリングを辞めなければならないかと思っていたが、
むしろこれから起きる様々なことのために、
続けたいと思う。

わたしは人生を生き直しているようだ。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますtulip



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

ちまのしっぽ。

ゆっくり目覚めて、
目覚めてからも少しごろごろして、
幸せを味わった。

ゆうべ息子に愛を伝えたことで、
わたしはかなり安定した。

ちまに餌をやり、
自分はパンを食べてから、
スーパーに買い物に出かけた。

涼しくなって徒歩も楽になった。

帰って来てからはずっとテレビを見て、
ちまをもふもふしていた。

夜8時半ごろ、
ちまが欲しがるので、缶詰を与えた。
いつも、一缶の半分。

それでわたしがトイレに行って、
戻ってきたら、
ちまがしょんぼり立っていた。

いつもピンと立っているしっぽが垂れている。

あれ、どうしたのかな、と思って、
しばらくして、ちまが吐いたあとを発見した。

缶詰を食べたあとに吐くことは無かったのにどうしたんだろう。
片付けていると、
ちまがお布団の上でまたえずきだしたので、
慌てて受け止め専用のお盆を差し出した。

びっくするほどの量を吐き戻した。
可愛そうに、苦しかっただろう。

あとはしょんぼりと、布団の上で寝てしまった。


息子も小さい頃よく吐く子だった。
乗り物に乗っているときは絶えず顔色を見つめていなければならなかった。

ちまは猫なのに、
どうしても息子と重ねてしまう。

ねこの居る生活は幸せだ。
でも、息子と一緒に暮らしている人もうらやましい。


                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますclover

|

泣きながら愛を。

息子の結婚式が近づいて来て、
緊張もするし、楽しみでもある。

息子への想いや、思い出は、
このブログで何度も繰り返し書いてきているけれど、
わたしはもやもやが取れずにいた。

具体的に何を言葉にして話したいのかわからないままに、
息子に、「今電話いい?」とメールした。

すぐに、どうぞと返事が来たので電話すると、
ワンコールで息子の声がした。

体調大丈夫?
仕事忙しくない?
結婚式の準備忙しい?

あのね、今日は特に用事があって電話したんじゃないんだけれどね、

と言って、わたしは胸がつまった。
嗚咽が喉を突いて出た。

わたしの泣く声を、息子は黙って聞いていた。

立派な大人になってくれてありがとうね。
生まれてきてくれてありがとうね。

とぎれとぎれにわたしは伝えた。

生まれる時ね、へその緒が首に二重に絡んでいてね、
引っ張って産んだから、頭が長くなっちゃって、
酸素も足りなかったから、「赤ちゃん」じゃなくて「緑ちゃん」だったんだよ。

一歳半の検診のときにね、
発達に遅れがあるかも知れないって言われて、
帰ってきて泣いていたら、
まだ言葉を話せないキミが頭を抱きしめてくれたんだよ。

ねえ、いっぱいいろんな約束したこと覚えてる?

一番の約束は、
わたしより先に死なないことだよ。

「覚えてるよ。」と息子は言った。
「それと川の中州でキャンプもしちゃいけないんでしょ?」
息子はそういって少し笑った。

そうそう、雪山登山も禁止ね。
台風のときに防波堤に行くのも禁止ね。
バイクにも乗っちゃだめ。


わたしが死ぬ前に、意識不明になっても、
耳だけは最後まで聞こえているから、
呼びかけてね。



愛しているよ。
愛しているよ。
愛しているよ。


泣きながら声を絞り出した。

息子はただ、うん、うん、と返事をしながら聞いてくれていた。


当日は笑顔で会おう。
楽しい披露宴にしよう。


前世から、そして来世でも、
何千年も愛し続けるよ。

                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますbud

|

あと10日!

息子の結婚式まで、あと10日になった。

わたしはわたしがどうなるのかわからない。
花束贈呈はあると言っていたから、
そのときに泣くのだろうか?

それとも、役割を果たすことに必死でしゃんとしてて、
あとで寝込むのか。


わたしは息子をマザコンに育てたかったのだけれど、
失敗して、けっこうドライな男子になってしまった。

余りにも息子のことが好きすぎて、
どんな嫁が来ても絶対にいじめるんだと思っていた。

なのに、息子は素晴らしいお嬢さんと結婚することになって、
わたしは彼女とも仲良くなりたくてしかたがない。

もし孫が生まれるなら、女の子がいいなあ、なんて想像してみたり。



話は変わって、
突然だけれど、来月末に夫と旅行に行くことになった。
行き先は山形。
飛行機。

去年はわたしの手術もあったし、旅行に行ってない。
どこかに泊まるのは久しぶり。

クラゲの展示世界一の、加茂水族館に行くのだ。
あとはおいしいお肉が食べられたらいいなー。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますfish



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

水族館パート2。

土曜日、ランチを作って夫と食べていたら、
不意に夫が
「江ノ島水族館に行こうか。」と言った。

この間の福島よりはかなり近いので、
午後からでも充分楽しめるという。

食べ終えて洗い物をして、
すぐ支度をして電車で出かけた。

江ノ島方面に来たのは初めて。
海が広々と見え、烏帽子岩も見られた。


水族館は、連休中とあってさすがに混んでいたが、
とても楽しめた。
途中ソフトクリームを食べて休憩し、
最後にイルカのショーを見た。

水族館大好き。

140913_191901魚をたっぷり見た後は、やっぱりお寿司でしょう、と
横浜で途中下車してお気に入りの回転寿司に行ったら、
店が無くなってた。
残念。

それでもう一件のおすし屋さんに行った。
回転寿司なのに、回っているのは小皿のみで、
あとは全部オーダー制。

とってもおいしかった。
満足。
写真は中トロ。


疲れてしまって足も痛くて、
夜は早めに寝た。


日曜日はランチを作って、
お昼寝をして、
夕飯を作って、
おしまい。

月曜日もたぶんそれで精一杯。

新江ノ島水族館は、
大好きなクラゲがそこそこ居て、なかなか良かった。


                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますfish



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

したいことがない。

薬で『躁』にならないようにセーブされているので、
わたしにはいま何にもしたいことがない。

食べるもの意外買いたいものもないし、
やりたいこともない。

最低限の家事をして、
あとは出かけない限り家に居て、
ちまをモフモフしながらテレビを見ている。

それがまた、どういうことか、充分に幸せなのだ。


息子の結婚式まであと二週間になってしまった。
緊張する。

どんな一日になるだろう。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますclover



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

たった一つの願い。

わたしは息子を産んでしばらくしてから、
この子は預かりものだ、と思うようになった。

この子が自分の力で自分の命を守れるようになるまで、
その大切な命をお預かりしているんだと思った。

病弱な子だったので、心配も多かった。
自転車にもなかなか乗れず、
泳ぎも出来ず、
生命力にあふれた子供ではなかった。


息子が泳げるようになったと聞いたとき、
ああ、これで自分の命を守れる手段が一つ身に付いたと思ってホッとした。


息子が小学生のとき、
職場の経理をやっていた女性に、聞かれたことがある。
同い年の息子を持った人で、文京区に住んでいた。
その人は、塾を含めて週に5日、
子供さんに習い事をさせていた。

「息子さんに、何になってもらいたい?」

質問はそれだった。

わたしはきょとんとした。
息子の命は息子のものであって、
わたしの持ち物ではない。
同じく、息子の人生も息子のものであって、
何になろうが、わたしは受け入れるつもりでいた。

「何にも希望なんてないですよ。」
わたしがそう答えるとびっくりされた。

「何になってもいいけれど、一つだけ希望があるの。
それはわたしより絶対に先に死なないこと。
わたしの願いはそれだけです。」


質問をした彼女は、
不思議そうな顔をしていた。

そう、わたしのたった一つの願いは、
息子がわたしより先に死なないことだ。

それさえ守ってくれるならいいと思っている。

そりゃあもちろん、時々会いたいとか、
孫の顔が見たいとか、
死ぬときに看取ってほしいとか思ったりもするんだけれど、
わたしより長生きしてくれれば、それでいい。

子供を亡くすこと以上の不幸はないと思うからだ。


たった一つの願いが神に届きますように。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますbud



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

傷が癒えない。

今日がカウンセリングで良かった。
昨日、お姑さんに言われたことを話して来た。

はたから見れば、わたしはひどい嫁だろう。
80歳を超えて家事をやっているお姑さんをヘルプすべく、
大家族に嫁いで来たのに、
手助けするどころか、
迷惑をかけてしまい、
その挙句、庭の中とはいえ別居してしまった。

米寿を迎えても尚、まだ家事をやってらっしゃる。

騙されたような感じだろう。
医者に聞かれて、「嫁はいません」と答えて当たり前だ。


けれど、
あそこまで全力で、わたしの存在価値を全否定されると、
カウンセリングしても、まだ立ち直れない。
傷が深くて痛む。

何かを要求されたわけでもなし、
イヤミを言われたわけでもなし、
ただ、先妻さんの素晴らしさを語られただけなんだけれど、
余りに痛かった。


先日夫と話したとき、
夫は、わたしが病気になったり失意になったときも、
慰めたり励ましたりすることはできないと言っていた。

結婚するまでは優しかったんだけれどな。

だからわたしには、まだまだカウンセリングが必要だ。
夫が定年になったらやめなくては?と思っていたが、
今後どんどん色んな問題が出てくることを考えると、
やはり続けていきたい。

今が一番しあわせな時なんだと思う。
いずれ親を失う。

息子の結婚式、最高な日になるといいな。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますapple


        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

孤独な死というもの。

次女ちゃんの誕生日だったので、
プレゼントを置きに、母屋に行った。

本当はチョコが好きなんだけど、
ダイエットしているらしいので、
コラーゲンのドリンクを買って、次女ちゃんの席に置いてきた。

お姑さんがいらしたので、声をかけてご挨拶した。

息子が結婚すること、夫が義理の父親として出席することなどを話して、
退散するつもりだった。

でも思いのほか話が長引いてしまった。


夫の先妻さんは、40代前半で病死されている。
仏壇はお姑さんの部屋にあるので、
遺影もお姑さんの目の届くところにある。

先妻さんが、いかに素晴らしい人だったかを、
延々話されてしまったのだ。

優しくて気配りが利いて控えめで賢くて、
非の打ち所がないお嫁さんだったそうだ。


わたしは何と相槌を打っていいかわからず、
「そうですか…。」
「残念ですよね…。」
と答えていたが、
だんだん辛くなってきて、
話を切り上げて帰って来た。

死んでしまった人は美化される傾向にある。
でもわたしはわたしのこの家での存在価値を、
全否定された気持ちになった。

それは仕方が無い。
誰にも、何にも尽くしてあげてないのだから。
居ようが居まいが誰にとってもどうでもいいことなのだ。

本人は気づいていないと思うが、
夫は今でも先妻さんを「女房」と呼ぶ。

わたしは、何なんだろう。


夫が死んだら、夫の子供たちは、
わたしの存在をうとましく思うだろう。


この部屋にずっと暮らせたらいいな。
わたしにはもう何の野望もない。

ただ、息子の幸せを見ていたいので、
長生きしたいと思うだけだ。

夫の子供たちに疎まれて、
誰にも知られずこの部屋でひっそり死ぬのかもしれない。


死にゆくときは誰もが一人だけれど、
わたしの夢は、息子に手を握ってもらって死ぬこと。
それが叶えば幸せだ。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますclover



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

心に灯りがともる。

夜、テレビを見ていたらメールが来た。
息子からだった。

ちょっとした相談事だったが、
メールをくれたことが嬉しくて、
少しやり取りをした。

そのことが、
何にもないわたしの心に、
ポッと灯りをともしてくれている。

本当に息子のことが大好きだ。
可愛くて仕方が無い。



でも、わたしは夫の子供たちを見ていても、
みんな可愛いなあと感じる。
どの子も魅力的な子たちなのだ。

今日は次女の誕生日。
プレゼントを買って来たので、
起きたら母屋に置きに行ってこよう。


涼しくなって、
ちまの密着度も高くなって来た。
かわいい。
昨日はわたしの胸に乗って、
顔をずーっと舐め続けてくれていた。


どうかみんなが幸せでありますように。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますbud



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

ひとやま越えて。

今月、お姑さんが88歳になられる。
米寿だ。
そのお祝いを、親族が集まって開催した。

小さい子(ひ孫)も含めて19人。
夫が挨拶をして、お兄さんが乾杯の音頭をとって、
宴スタート。

夫がわたしを、一番奥の角の席に座らせてくれたので、
わたしは何もしなかった。
長女ちゃんや、お兄さんの奥さんが配膳を手伝ったり、
飲み物を注文したりしてくれた。

最後にプレゼントを渡して、会食は終了。
夫はお酒を飲んだので、
まだ初心者マークの末っ子くんの運転で帰宅。

お姉さんたちをお見送りしてから部屋に帰った。

すぐに脱ぎ捨てて、
ちまにおかかをやって、
タオルケットにくるまって眠った。

起きて夕飯の準備をして、
夫を呼んだら、
夫も寝ていたと言っていた。

夫は月曜日から出張なのだ。

食後、テレビを見ていたのに、
いつのまにかまた寝てしまった。

寝すぎでしょうこれは。
夜は睡眠薬がないと寝付けないのに、
どうして仮眠はできるんだろう?


これで大きな行事は終了。
あとは息子の結婚式を静かに待つ。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもお読みくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますtulip



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

一日一仕事がいい。

木曜日はスーパーに行って食材を買うつもりでいたのだが、
急遽水族館に出かけてしまったので、
金曜日、病院に行って、
その帰りに駅前のスーパーで買い物をした。

そんな日に限って暑くて、病院までの道のりで疲れ果てて、
途中のコンビニでソフトクリームを食べて、
休憩してから歩いて行った。


息子の結婚で心が乱れることを話した。
結婚式まであと二十日となった。

薬に変更は無し。

地元に帰って来てからスーパーに寄って、
重たくてひーこら言いながら帰って来た。


一日に二つの用事をこなすのは、わたしには難しい。
一日一つずつにしたいところだ。


日曜日は、お姑さんの米寿のお祝いで、
親族19人が集まる。
ファミレスのお座敷だから少しは気が楽だけれど。

わたしは、何もしていないことを責められるのではないかと、
怯えている。

無事に終わりますように…。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますapple



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

水族館~!

ゆうべも寝つきが悪くて、
今日も午前中ずっと寝ていたら、
夫からメールが入って起きた。

病院に行くのに休みを取っていて、
家にいるという。
遊びに行かないか?との誘いだったので、
わたしは、
「アクアマリン福島」
と返事をして、飛び起きてちまの世話をした。

ゆうべ水族館のことを考えていたのだ。
息子は魚が好きで、
小さい頃、サンシャイン水族館に行くときは、
いつも見ている図鑑を持って見に行った。

図鑑と同じ魚を探すのが楽しかった。

わたしも水族館は大好き。
福島だから3時間かかるので、
急いで支度して出発した。


アクアマリン福島は、東日本大震災で被災している。
海辺に建っているのだもの。

イルカやシャチはいなかった。
アシカのショーとかもなかった。
でもわたしは障害者手帳で無料だったし、
夫と楽しく見て回れた。


魚をいっぱい見てしまったので、
帰りは回転寿司。

帰って来たら夜の9時過ぎていた。

ちまがおなかをすかせて待ちわびていた。

夫をマッサージして寝かしつけ、
ちまは空腹が収まらないらしくゴハンをねだりつづけ、
わたしはちょっと深夜番組を見て笑った。


スーパーに行く予定だったのに行けなかったから、
明日病院の帰りに寄ってこなくちゃいけない。

SAでソフトクリームも食べられたし、
いい一日だった。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますwave



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

泣くときはひとり。

息子の結婚式を控えて、
わたしは何も手に付かず、
ただ息子との29年を思っている。

初めて笑いかけてくれた夜のこと。
ハイハイを始めた日のこと。
歯が生えた時のこと。

一緒にお風呂に入って抱き合っていたこと。
泣いているわたしの頭を抱きしめてくれたこと。

「ママが一緒にいてくれればボクはいいよ。」と、
離婚に賛成してくれた8歳。

「ボクが大人になるまで、ママ死なないでね。」と
涙ながらに訴えてきたこと。


望まれたこと、
なにもしてやれなかった。
好きな部活も選ばせてやれなかった。
犬も飼ってやれなかった。
温泉にも行けなかった。


でも覚えてくれているかな。
いつも一緒に生きてきたこと、
覚えてくれているかな。


わたしが死ぬとき、看取ってくれるかな。



いま声を出して泣いていたら、
ちまが寄ってきた。

なぜ泣けるのかわからない。
息子は幸せになるのだから、
笑顔で送り出したい。

泣くときはこうして一人で泣こう。

                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いいたしますbud



        ※ショップ 「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

夫と喋りまくる。

土曜日、息子の結婚式に夫が着るモーニングを借りに、
銀座に行った。

とてつもなくおしゃれなサロンで、
素敵なドレスがいっぱいあった。

ズボン、ベスト、ジャケット、シャツ、と
それぞれ違うサイズのものを揃えてもらうので、
けっこう試着に時間がかかった。

終わったら夕方だったので、
有楽町で飲んできた。

久しぶりに夫と話らしい話をした。
老後の話とかも出た。

夫は延命治療は要らないと言い、
わたしは臓器提供をしたいと言っておいた。

いっぱい色んな話をした。

帰ったら疲れてしまって、
パソコンを開かずに寝てしまった。


日曜日はランチを作り、
ちょっとお昼寝をして、
息子と電話で話し、
母と電話で話した。


ジャガイモをたくさんもらっていたので、
肉じゃがとポテトサラダを作った。

月曜日は一日ヒキコモリだー。
疲れてるからゆっくりしよう。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださり応援ありがとうございます。クリックお願いしますapple



        ※ショップ
「ストーンパルフェ」 にも良かったらお越しくださいね。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »