« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

まだ手探り状態。

夕べもためらわずにマイスリーを足して寝た。
ぐっすり眠りたかったので、
セロクエルも一錠足した。

これでしっかり寝付けた。


でも、
起きた時は、
通院のストレスで心が真っ暗だった。

しかたなく頓用としてセロクエルを飲んだ。


食パンを半分トーストにして、
フルーツヨーグルトを食べた。

よしよし、
なんとか食べられた。


外は真夏のような暑さになっている。

もっとも暑い時間帯に、
わたしは駅からクリニックまでの15分の道のりを
歩いていた。

まだ5月なのに
日傘をさして、
扇子も持っていた。


暑い暑い。
クリニックで用意されている冷たい麦茶を
二杯いただいた。

すぐに呼ばれた。


エビリファイを抜いてみたら、
そのほうがいいような気がすることをまず話した。

エビリファイを完全に抜くことになった。

日曜日から食欲がストンと落ちてしまったことを話した。
レクサプロの副作用でしょうか?と聞くと、
多分そうでしょうとのこと。


食に対して興味が失せてしまったと伝えた。
これは、けっこう辛いことだ。


それから就寝前のお薬に、
マイスリーを入れてもらって、
セロクエルを2錠から3錠に増やしてもらった。

これでまた一週間、様子を見ましょうということになった。


主治医とちょっと雑談をしてから出てきた。

お薬をもらって支払ったら、
すごく安いのでびっくりした。

エビリファイの錠剤と液体が
高かったんだと知った。


また暑い中を歩いて、
覚えられない乗り位置に首を傾げながら電車に乗って、
コンビニに寄って帰宅した。
シャワーした。


夕飯に、コンビニで買った、野菜スティックを食べた。
おいしくいただけた。

それからしばらくして、
おにぎりを食べた。
食べられた。

良かった。


酔った夫が帰りに部屋に寄って、
ビスケットサンドのアイスの食べ残しを渡された。

これには参った。
ビスケットは今一番食べられないものかもしれない。


災害現場で
乾パンを渡されても、
きっと食べられないんだろうなあと思った。


毎週の通院はまだ続く。
また来週だ。


レクサプロの副作用が抜けてくれたら、
ちょっと落ち着けるかもしれない。


このこの一ヶ月余り、
5回の通院で手探り状態。

そろそろ光を見いだしたい。


                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。ぽちっとクリックお願いしますbud

|

食べられたけれど辛かった。

食欲がないことって、
こんなに辛いことなんだ?


日曜日にストンと落ちてしまった、
わたしの食欲。

それまでは、
過食気味ぐらいに旺盛だったのに、
今はできれば食べたくない。


どうしちゃったんだろう?


140529_202401夕べは寝付けずに、
一時間ほど我慢したけれど
マイスリーを足して寝付いた。

眠りは浅くて不完全。


起きて、
以前だったら空腹を感じてたのに、
全くない。

食べ物のことを考えたくない。


起きてパソコンで
お薬の副作用を見てみた。
新しく足したレクサプロを調べてみる。

「悪心」というのはあるけれども、
「食欲不振」は出てこない。

おかしいなあ。



先週買った食パンがまだ残っているので、
焼いて無理やり食べた。


食べられたけれど、辛かった。


今日は外に出て、
コンビニに行った。
ヨーグルトとかプリンを買った。

ゼリー飲料を買えば良かったのに、
その時は思い当たらなかった。

あんこ&ホイップというサンドイッチがあって、
これは自分がすごく好きな組み合わせなので、
食べられるだろうと思って買った。


帰ってきてシャワーして洗濯した。


夜。空腹感はなかったけれど、
サンドイッチを食べた。

食べられたけれど、辛かった。

なんなのこれ。
どうしちゃったの?



深夜になって
ちょっと辛くなって
頓服を飲んだ。


明日精神科の通院日。

ええと。
エビリファイを抜いたことと…
睡眠がうまく行かないことと…
食欲が落ちたことを話してくればいいんだね。


お薬はまた変わるだろうな。

毎週通院はまだまだ続きそう…。
しんどいよ。


                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。ぽちっとクリックお願いいたしますbud

|

たったこれだけ。

夕べは勇気を出して、
睡眠薬を足さないで寝てみた。

意外なことに寝付けた。


朝、夫が来てその音で目が覚めた。
特に何も声をかけられなかった。

燃えるゴミの日だったっけ?
わたしが出してなかったから見に来たのかな?

でも夫が出て行って、
いや、燃えるゴミは明日だと思い、
またしばらくうつらうつらと眠った。


ごく浅い眠りだった。
やはりちょっと薬が足りてない。

どうしたものか。


それとは別に、
どうも、エビリファイが怪しい気分になっていた。

起きてすぐは気分は悪くないのに、
朝エビリファイを飲むと、墜ちてしまう気がする。

9ミリを3ミリに減らして様子見していたけれど、
ゼロにしてみようと思って、
今朝はエビリファイを抜いた。


すると、
昨日感じていた胸の苦しみが
すこし軽減された気分になった。

ただ横たわっているだけだけど、
昨日より気分がいい気がしてきた。

エビリファイは躁鬱の躁を抑える薬だから、
いまのわたしには必要ないかもしれない。



けれども動くのが怖くて
なにもできずに横たわっていた。


これでは駄目だ。
何か一つはやったという事実が欲しい。

わたしは起き出して、
だらしなく干しっぱなしだった洗濯ものをたたんで、
引き出しに片付けた。

クリーニングから引き取ってきた、
冬物をクローゼットにしまった。


何も食べてなかったので、
昨日夫が買ってきてくれた一口ドーナツを食べて、
コーヒーを飲んだ。


わたしができたのは、たったそれだけ。
でも頓服のセロクエルを飲まずに過ごせた。


たったこれだけしかできなかったけれど、
今日も生かしていただいた。


エビリファイは明日からも抜いてみよう。
いま急激に躁になることなんてありえないから、
大丈夫。

睡眠はどうしよう。
早く寝ることにして、
足さないで寝てみようか。


いろいろ悩ましい。
金曜日にまた通院だから、
相談してこよう。


                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださりありがとうございます。応援のポチをお願いしますclover

|

恐怖から逃げた。

寝付けないという恐怖に、
耐えられそうになかった。

なのでやっぱりマイスリーを足して飲んでしまった。


寝付けないことが怖いのだ。
悶々とすることが辛いのだ。

だから夕べはその恐怖から逃げてしまった。


でも本当にこの処方で寝付けないのかどうか、
もう一回試してみる必要がある。

明日も引きこもっていていい日だから、
試すなら今夜だ。


寝付けないという思い込みがあるから、
どっちにしても寝付けなさそう。

一晩くらいいいだろうよ、とも思うけれど、
睡眠がうまくいかないと、
一日を棒に振る。


とは言っても、
今日は睡眠はうまく行ったのに、
一日うつ状態で寝ていたのだから、
どうせ変わりないか…。


試してみるか…。
寝られなかったら、
セロクエルとレボトミンを飲んで再トライすればいい。


と、思ってみたり
どうぜ寝付けないから、
マイスリーを足しちゃえばいいと思ってみたり。




今日は何も出来ずに寝ていた。
夕方まで何も食べなかった。

夫にそうメールしたら、
帰りに冷やし中華を買ってきてくれた。
頼んだわけじゃないのに、
気を利かせて。

資源ゴミも持って行ってくれた。

すごく優しい。
ありがたい。
ちょこっと会えて良かった。



明日も何も出来ないのだろうか。

頓服としてもらっているセロクエルは、
一日2錠。
2錠飲んでしまう。
頓服なしではいられない。


しばらくは毎週病院に通って、
お薬を調整してもらうしかないのか。

近い病院ではないので、
通うのも楽ではない。
お金もかかる。


早く安定したい。
寝付けない恐怖から逃れたい。



      良かったらショップ 「ストーンパルフェ」 にもお越しください~heart02


                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださりありがとうございます。応援クリックお願いしますbud

|

今夜どうしよう…。

この処方では寝付けない。

そう判断したので、
夕べは手持ちのマイスリーを足した。

30分ほどで眠気が来たので、
慌てて眠った。

それで寝付くことができた。


今夜はどうしよう…。
本当にこの処方で寝付けないか、
もう一回試してみる必要があるだろうか。

寝付けない苦しさを味わう必要があるだろうか。


でもODには罪悪感もある。
どうしよう…。



今日は辛かった。
日中ずっと辛くて、
頓服を二錠続けて飲んでしまった。

夫に、辛いとメールしてみた。

すると
「僕のせいですね。」という返事が来た。


確かに日曜日は無理をした。
夫に助けてもらえばよかったのに、
無理をして料理をした。
酔って寝られてしまうのも苦手だ。


それが尾を引いているのだろうか?

でも、帰りに夫がアパートに寄ってくれた。
買ってきたパンを1個くれた。
その気遣いが嬉しかった。
ちょこっと会えて良かった。




今日は夜になって雨になった。
雨が降り出してから、
フッと楽になった。

雨の前は気圧のせいか、
墜ちるらしい。


あすは引きこもって静養しよう。

しかし今夜の薬…
どうしようか。
迷う。



      制作室ブログ 「ストーンパルフェ・ワークス」 にもお越しください~heart04

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださりありがとうございます。応援クリックお願いしますclover

|

胸がつぶれそう。

夕べは新しい処方での睡眠だった。

…寝付けなかった。

朝4時まで努力したが、
ごそごそ起き出して、
セロクエルとレボトミンとマイスリーを飲んで、
やっと寝た。


ランチのために起きたが
心は真っ暗だ。

いい眠りが得られないと、
精神は安定しない。


薬を飲んで、ドリンク剤も飲む。

ランチはトーストと野菜・ベーコンエッグ。

夫に、寝付けなかったことを一言話したら、
健常な人の正論を言われた。

寝る前には読書をするのがいいという。

わたしは今、本を読めるようないい状態にない。


洗い物をしてすぐ横になった。
睡眠薬がまだ残っている。
ちまと一緒にウトウトした。


夕方になった。
起きて、
夕飯の支度をしなくてはいけない。

材料は買ってあって、
メニューも決まっている。

けれど胸がつぶれそうだ。
苦しい。


セロクエルを飲んだ。
よろよろと起き上がり、
キッチンに立った。


3品作るつもりで買い物をしてあった。
でも、もう無理だった。

2品と冷奴で我慢してもらおう。

自分は全く食欲がない。
お米は研がなかった。


何度も休憩しながら、
夫を呼んで助けてもらおうかと苦しみながら、
なんとか作り終えた。


もう倒れ込みそうだ。

夫を呼び、
わたしは冷奴とサラダだけ食べて、
ごめんと言って横になった。


辛い、辛い。
エビリファイの液も飲んだ。

ちまを撫でる気力もわかない。
ただ横たわって生きているだけで必死だ。


夫が後片付けをして行ってくれた。
ありがたい。


あまりにも苦しくて、
またセロクエルを飲んだ。
一日2回まではいいそうだから。



今夜、
またきっと寝付けない。
病院に行く金曜日まで、
毎日寝付けない夜を過ごさなければならないのか。


エリミン、良かったのにな。
また処方を戻してもらおう。


夫に、お礼とお詫びのメールをしたら、
返事をもらった。

今日の夕飯を作ってもいいと思っていたけれど、
わたしが用意していたからやめたとのこと。


こんなに苦しいのなら、
やってもらえば良かった。

来週は甘えよう。
辛すぎる。



      ショップ 「ストーンパルフェ」 に良かったらお越しください~heart04

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださってありがとうございます。応援クリックお願いしますclover

|

会う予定延期。

とても楽しい夢を見ながら、
残念なことにアラームで目が覚めた。

夢の中でわたしは軽やかに走れていた。

起きてランチの用意をする。
と言っても、
ソースを買ってあって、
パスタを茹でてからめるだけの超簡単メニューだ。

でもいまのわたしには、
それでも精一杯。
後片付けも自分でした。


午後、
息子の写真の整理をしなくてはと思いつつも、
なにせ日付が入っていない写真ばかりなので
(一眼レフカメラだった)
いつのものかがわからない写真がけっこうある。

それらを、だいたいこのころだろうと想像しながら、
挟み込んでまとめていく作業を思うと、
げんなりした。

やりたいけれどやりたくない。

結局わたしは友達にメールをすること以外、
何もせずに夕方を迎えた。


夕方息子からメールが来た。

来週の日曜日に会う約束をしていたのだが、
次の週に延期して欲しいとのこと。

引越しした先の部屋が、
雨漏りしたそうで、
工事が入ることになったとのこと。

そりゃあ一大事だ。

もちろんいいよ、と返事をして、
被害を聞いた。
嫁入り道具のタンスももう入っているし、
新品のソファもあるから。

そしたら布団が濡れたということだった。


布団が濡れるのは嫌だけれど、
大きな被害でなくてまだ良かった。


会う予定が延期になってしまって、
ちょっとがっかり。


いまの自分には、
何の楽しみもない。
出かけたいとも思わないし、
買いたいものもない。

やっぱり息子に会うのは
それなりに楽しみにしてたんだなーと思った。


エビリファイを9ミリから3ミリに減らして、
2日目。
やや調子がいいかもしれない。
頓服は一回飲んでしまったけれど。

今夜から新しい処方での睡眠。
寝つきがいいといいなと願う。


日曜日は昼・夜と料理をする。
がんばる。

頑張れるか本当は不安。



      制作室ブログ 「ストーンパルフェ・ワークス」にも良かったらお越しくださいねheart02


                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもありがとうございます。感謝しています。応援ポチをお願いしますclover

|

やっと聞いてもらった。

アラームが鳴る前に、
自然に目覚めるのは気持ちがいい。

140523_212001ちまがスネの上に乗って寝ている。
重いけれど幸せだ。


わたしが起きると甘えるちまだが、
出かける支度を始めると、
しょんぼりして鳴かなくなる。


今日は病院の日。
このところ毎週通っている。

道も覚えたし、
そのせいで歩く遠さは感じられなくなった。

今日はいい陽気で、
歩くには調度良かった。

クリニックに着くと、誰も患者さんは居なかった。
これはチャンス!

今日こそは話を少し聞いてもらおう。
家族構成の図を書いて持参していた。


診察室に入ってすぐは、
頓服のセロクエルが効くかを聞かれた。

効くけれども、
全体として調子が悪く、
何のやる気も出ず、
何も楽しくないことを伝えた。

その上で、
持ってきた家族の図を渡して、
わたしが一人暮らしをしていることを説明した。

一人暮らしの息子が、
9月に結婚することも話した。

料理を考えることもできなくて、
作れていないことも話した。


その上でお薬の変更があった。

一日9ミリ飲んでいるエビリファイが
足を引っ張っている可能性があるので、
一日3ミリに減らすことになった。

躁鬱の躁を抑える薬なので、
それが作用して鬱になっているかもしれないとのことだった。


それから、
抗鬱薬の代わりになるようにと、
エリミンをやめて、
レクサプロが入った。

わたしはエリミンが気に入っていたので、
少し抵抗したが、
セロクエルを2錠飲んでいるので、
入眠は大丈夫でしょうと押し切られた。

ここだけちょっと不安。
最近入眠がうまく行っていたからだ。


お薬を変更したので、
また来週来てくださいと言われた。

お金もかかるし大変だけれど、
お薬が定まって
自分が安定するまでは
根気よく通うしかない。


わき目も振らず地元に帰ってきて、
スーパーでちょっと買い物をして、
帰ったら、
ちまが鳴きながらわたしの膝元をバリバリした。


夜からもうエビリファイを抜いた。
そうだ、今日は頓服を飲んでない!

やっぱり話を聞いてもらうことは重要だ。

カウンセリングでももちろん聞いてもらっているけれど、
主治医に状況をわかってもらいたかったので、
今日の診察は非常に有効だった。


さて週末。
料理ができるかどうかが、
調子の見極めになる。
できるかな。


      ※ショップ→ 「ストーンパルフェ」にも良かったらお越しください~heart01

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださりありがとうございます。応援クリックお願いいたしますtulip

|

これでいいのかどうか。

今日はものすごい雷雨で、
目が覚めた。

それくらいすごい雷と雨だった。

最近ちまが一緒に寝てくれている。
幸せなことだ。


今日も午後一回頓服としてセロクエルを飲んだ。

夜も不安に駆られて、
エビリファイ液を飲んだ。


こうして頓服を飲む生活でいいのだろうか?


明日、病院で聞いて来よう。
もっと基本的に底上げしてもらいたいのだが…。


なにせ料理も考えられないくらいなのだ。
出かけるたびにスーパーに寄って、
少しずつ買い物をしているのだけれど、
いったいどこを目指して買い揃えているのか
自分でわかっていない。


健康な時、
料理が好きだった時、
安売りのものを買って、
それらを組み合わせて適当に料理ができた。

今はとてもじゃないけど無理だ。


それでも、夫との時間は大切だから、
料理をして一緒に食べたいし、
夫は毎日疲れているから、
作って食べさせたい。

でも、いったい何を作ればいいのか、
わからないのだ。


どうしたら、料理がまた楽しくなるんだろう?
どうしたらやる気が出るんだろう?


頓服では、
不安感を抑えるだけで、
やる気までは出してくれない。


わたしは我慢しないで頓服を飲んでしまうけれど、
そんな日々が続いてもいいのだろうか。



今一番の不安は、
息子の結婚式当日のこと。

朝早くに起きて、
夜遅くまで、
持ちこたえられるだろうか?

まだ数ヶ月先のことを
わたしは不安がっている。

息子の幸せのために、
頑張らなくてはいけない。
息子に愚痴はこぼせない。

幸せになってくれるのだから
わたしも幸せなはずが、
いまはとても当日のことが不安である。



カウンセリングで解消できるだろうか。
心が重い。
軽くなりたい。



      ※ショップ「ストーンパルフェ」に良かったらお越しください~heart02

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださりありがとうございます。応援クリックお願いしますbud

|

怖くてしょうがない。

先回り不安というのだろうか。

いや、わたしにとってはいつ起こってもおかしくないことが
沢山あって、
それらが起きたらどうしよう!と
不安になってしまうのだ。

夫にもしものことがあったらどうしようとか、
親が死んでしまったらどうしようとか。

怖くてしょうがない。


今日は待ちに待ったカウンセリングの日。

寝付けなかったらどうしよう、
その結果起きられなかったらどうしよう、と
不安に駆られて、
睡眠薬と、エビリファイを余分に飲んで寝た。

さすがに寝付けた。

アラームで起きたけれど、
寝起きも悪くなかった。

なのに不安になる。
こんなに待ち望んでいて、
もし何らかの理由でカウンセリングが中止になったら
どうしよう!

カウンセラーさんが体調を崩したらどうしよう。

わたしは不安で仕方なかった。


カウンセリングは無事に終了した。
たった40分という短い時間だけれど、
効率よく喋って、
カウンセラーさんは上手にまとめてくださった。

わたしには、
3月からの精神的疲労が蓄積していると言われた。

主治医が辞めて、
交代してもらった医師がクビになっていなくなり、
病院を替わって新しい先生になって、
お薬も変えられた。

その間に、
息子の彼女のご両親との顔合わせをしたのだ。

そして夫の好意と、
両親の思惑との板ばさみになり
墜ちて
苦しくて急きょ病院に行って、
頓服を増やしてもらった。

さっきも息子の写真の残りを整理していて、
キーッとなってしまい、
あわててエビリファイ液を飲んだのだ。


カウンセラーさんに
夫に話すことを勧められた。

この春からの自分の状態が悪いこと、
先回り不安が強いこと、
夫に頼るほかないこと。

感謝していること。

なかなか話せるようなムードの時がないので、
夜メールをしておいた。

状態が悪く、甘えてばかりですみませんと書いた。

今週は金曜日が病院だ。
まだお薬の調整に手間取っていて、
わたしの状況を何も話せていない。

家系図を書いた。
それを渡して、
すこしお話してみたいと思う。


      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しくださいねheart04

      ※下のランキングバナーをクリックよろしくお願いいたしますclover

      ※いつもありがとうございますtulip

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

寝付けない辛さ。

睡眠薬を、エリミンに変えてもらって、
セロクエルを2錠にしてもらってから、
飲んで一時間以内で寝付けるようになっていた。

それがゆうべは、
いつまでたっても寝付けなくて、
多分5時ごろウトウトし始めたら、
夫がメガネを探しにやってきて、
起きてしまった。

寝付けないというと、
起きれば?と言う。

健常な人は
睡眠障害を軽く見る。
寝れないなら起きてればと言う。

寝付けない辛さを
わかってはくれない。

結局レボトミンとセロクエルを飲んで、
6時を過ぎてにやっと寝られた。

午後1時半に起きた。
眠い。
でも起きなくちゃ。

衣替えの一環として、
冬物を少し洗濯した。

精神的には墜ちている。
昨日どうにか頓服を飲まずに済んだのに、
今日は午後セロクエルを飲んだ。

眠くなってちまと一緒に少しウトウトする。

140520_191801

夕飯どうしよう…
ご飯を炊こうか、
チンするご飯でいいか、
迷っていると夫からメールがあった。

今日は東京駅経由で帰るから、
お弁当を買っていってあげようか?
というものだった。

渡りに舟で、わたしは喜んで返事をした。

夫が買ってきてくれたのは、
「三河もち豚赤みそロースカツ重」
というお弁当だった。

名古屋の味噌カツ丼のお弁当というわけ。

感謝しつつおいしくいただいた。

夜、母屋に資源ごみを持って行って
一緒に仕分けをして、
しばらく夫をマッサージして
帰って来た。


ちまが飛びついて来て
抱き上げると顔をぺろぺろ舐めた。


水曜日は待ちに待ったカウンセリング。
こんなに長い二週間はなかった。
苦しかった。

金曜日は病院にも行くし、
お薬もまだちょっと調整が必要な気分。

今夜は寝付けるだろうか。
寝付けないと怖いので、
ちょっとだけ多めに薬を飲もう。

寝付けないことは、
辛いし、怖いのだ。


      ※ショップ→「ストーンパルフェ」にもよかったらお越しください~heart02

      ※下のランキングバナーのクリックをよろしくお願いしますclover

                                          伽羅moon3


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

リハビリのようだ。

もうとにかく、
たっぷり眠ることにしている。

そうしないと、自分を保てないのだ。

だから今日も9時間眠った。
ちまが一緒に寝てくれていた。

起きたときは、気分がいい。
それが持続しない毎日。
どうしても飲んでしまう頓服。

今日は墜ちるのだろうか?
重苦しい胸の痛みや、
ざわざわする不安感は訪れるのだろうか。

140519_203401

ちまがとにかくずっとそばに居てくれる。
トイレに行けば付いてきて、
キッチンに行けば付いてきて、
見上げてアーンと鳴く。

一緒に休もうよと言ってくれてるみたいだ。

でもトイレにも行くし、
何も食べないわけにもいかないので、
恐る恐る動く。

いつ、鬱の波がやってくるか怖い。

2時ごろになってやっとトーストを食べ、
そのあとちまと横になっていて、
洗濯物をちょっと片付けてみたり、
また休んで、
食器洗いをしてみたり、
とにかくリハビリみたいに、
怖々と動いてみる。

すると今日は黒い波が来ない。
よし、と思って、
クローゼットの衣替えを決行。

冬物を奥に押しやり、
夏物を手前に出した。

たったそれだけのことを、
必死の思いでやった。

出来た!

もちろん、洗濯したり、
クリーニングに出したりしなくちゃいけない。

それも少しずつやろう。

今日は入れ替えられただけで充分。

しかも、お米を研いで炊いて、
残っていた鶏肉を焼いて、夕飯にした。

その食器洗いも出来た。

あああ。
本当にリハビリのようだ。

先々週の土曜日から墜ちて、
長く辛かった。

明日もこんな平和な一日を送れるのだろうか。
なにも特別楽しくなくていい。
普通でいい。

黒い波に飲まれないで、
ただただ普通に暮らしたい。


      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart04

      ※下のランキングバナーのクリック応援もお願いいたします~bud

                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

恐怖は始まる。

時間帯によっては、
辛くない時もある。

たっぷり眠って、
自然に起きたときなどは、
気分がいい。

なのにその気分のいい時から、
わたしの恐怖は始まっている。

いつ落ちるか、
いつ具合が悪くなるかと、
怖くて怖くてたまらないのだ。

このところ、具合が悪い日のほうが
圧倒的に多いので、
たとえ起きたときに具合が良くても、
きっとすぐに落ちるに決まっていると、
思ったりもしてしまう。


今日はランチにパスタを出して、
午後はちまとウトウトした。

衣替えは出来なかった。

夕方母と少し電話をして、
夕飯つくりに取り掛かった。

辛かった。

段取りができないので、一品ずつ作る。
一品作り終えてから、
次に取り掛かる。

途中辛くて、
何度夫を呼ぼうと思ったかわからない。

でも夫はいつも大変な思いをしているので、
頑張った。

夫が早めに来て、
ワイシャツのアイロンかけをしていた。
わたしより綺麗で上手だ。

やっと食事が出来上がって、
食べるころには、
わたしは調子が悪くなって、
食事の最中に頓服を飲んだ。

食欲もあまりないけれど食べて、
ごめんねと言って、
横にならせてもらった。

夫が後片付けをして、キッチンも磨いて、
ゴミも持っていってくれた。

わたしはまたウトウトして、
頓服が効いて良くなった。

夫に、ここまで良くしてもらっているのに、
具合の悪い自分が憎らしい。

わたしは救われていて幸せだけれど、
夫は何のために結婚したかわからないじゃないか。

申し訳なくて辛い。



      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart02

      ※下のランキングバナーをクリックお願いいたします~clover

                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

結婚記念日の夜。

17日に6回目の結婚記念日を迎えた。

朝、寝ていると夫が洗濯をしにやってきて、
わたしのも一緒にやってくれていた。

お昼はトーストのランチ。
ちゃんと起きて作れた。

午後はすこしウトウトして、
あとはちまと一緒に横になって、
Zとメールして過ごした。

途中、クローゼットの引き出しだけ、
衣替えをした。


記念日の夕飯、
夫の希望で、
海鮮居酒屋に行くことになっていた。

なんと24時間営業の店だった。

結果から言うと、
二度目は行かないだろうな~という店だった。

自分たちで貝を焼いて食べるのだけれど、
難しいし、
ドリンクはへんな味がした。
(夫が代わりに飲んでくれた)

お会計だけは9000円越えと立派。


140517_204802

高野のケーキを買って帰った。
6という数字のキャンドルも別添えで買った。

二段重ねの立派なケーキ。
「アニバーサリー」という名前のケーキだった。
店に着いた時は3つあったのだが、
自分たちが買って、
あとの二つもその場で売れて行った。

家に持って帰って、
キャンドルを刺して、ともして、
二人して写真を撮っていたら、
ロウが溶けて流れて
ケーキに落ちた!

すぐ固まったので取り除けたけどね。

夫は頑張って半分食べた。
わたしは残した。
冷蔵庫に入れて明日食べる。

夫は3時間ほど寝てから
母屋に帰っていった。


夫と久しぶりにちゃんと話をした。

息子の結婚についての話、
わたしの両親の話などを詳しくした。

そんな6周年の記念日だった。

結婚して、
アパートに越して、
ちまと暮らし始めて、
それでだんだん良くなると思っていたけれど、
病気はあまり良くなってない。

そのことが残念だし、
夫に申し訳ないと思っている。

日曜日は頑張って料理をしよう。



      ※ショップ:「ストーンパルフェ」にもぜひお越しください~heart04

      ※下のランキングバナーをクリックよろしくお願いしますclover

                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

我慢したほうがいい?

ゆうべ、結局、
息子の写真の整理をしながら、
息子に渡すアルバムを作ってしまった。

小さいころの写真がとても多くて、
チョイスしながら差し込み式のアルバムに入れて行ったのだが、
この勢いだと、
600枚入るアルバムが一冊では済まないと思い、
気にかかって仕方なかった。

息子にメールして、
600枚のが、とは言わなかったが、
アルバム二冊になっていい?と聞いたら、
いいけど、そんなにあるんだcoldsweats02
という返事だった。

それで、本当は一冊がいいんだなと察して、
居てもたってもいられず、
頓服を飲んで、
アルバム作りを始めた。


決して楽しい作業ではなかった。
思い出すと辛いことが多い。

息子が8歳の時に離婚したのだが、
その後の写真は少なく、
中学生のものとなると数枚しかなく、
結局アルバムは一冊で収まった。

それでまた息子にメールして、
安堵して寝た。


140516_143001

今日は美容院で髪を染める日。
浅い眠りながら何とか眠れた。

美容院に行って、
帰りにスーパーに行って
土日の食材の買い物をして、
帰ってきてシャワーして洗濯して…

よく動けた。
頓服のセロクエルなしで動けた。

でもいつ落ちるかとビクビクしていた。

夜になって反動で落ちた。
昨日までのように酷くはなかったので、
エビリファイの液を飲んだ。

頓服は、我慢できるなら、
我慢したほうがいいのだろうか?

そりゃあ薬は飲まないほうがいい。
でも我慢することでストレスがかかるのなら、
飲んで楽になりたい。


明日は6年目の結婚記念日。
夫とメールしたら、夫は海鮮居酒屋に行きたいというので、
そうすることにした。

七輪で自分で海鮮を焼いたりもするところらしい。
頓服飲まずに行けたらいいなと思う。


      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart04

      ※下のランキングのバナーをクリックお願いいたします~bud

                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

急きょ病院へ。

睡眠薬のエリミンは
わたしには合っているようで、
30~40分で寝付けるようになった。

今日は起きたら11時半だった。
起きたては辛さはまだないけれど、
昨日までの苦しさを考えて、
病院に行くことにする。

初めてクリニックに電話をかけた。
やさしく「こんにちは」と言ってくれ、
午後の予約を取ってくれた。

140515_192401

ベーグルを食べて、
コーヒーを飲んで、
出かけた。

大丈夫。
まだ辛くない。

クリニックまでの道のりも覚えた。

地図を見ないでクリニックにたどり着いた。
予約10分前だった。
ちょうどいい。

3人目に呼ばれて入って、
「本当は来週の予約でしたが、あまりにも辛いので来ました」
と伝えた。


なにかありましたか?と聞かれたので、
息子が今年結婚すること、
それにまつわることで、
ちょっと板ばさみになって
苦しかったことがきっかけで
落ちたかもしれないことを話した。

頓服としてもらっているエビリファイ液が
二時間ぐらいしか効果がないこと、
胸がずっと苦しいことを訴えた。

すると先生は、
「ではね、セロクエルを頓服として出しましょう。」と言う。
寝る前にも飲んでいる薬だ。

「眠くなりませんか?」
と聞くと、
「多少眠気はあるかもしれませんが、楽になりますよ。」
とのことだった。


来週の金曜日の予約日にまた来てくださいと言われて、
診察は終了。

薬局で、セロクエルを出してもらって、
地元まで速攻帰って来た。

夕飯を買って、
スーパーに寄って帰って来た。

夕方になると辛くなって、
さっそくセロクエルを飲んだ。

うん、いい感じ。
眠くならないし、
エビリファイ液より長く効く。

でも夜になってから2錠目を飲んでしまった。

一日2錠までだから、
辛いときに飲めばいいんだよね。

よかった、病院行ってこられて。
なんとか持ち直して欲しい。


      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart02

      下のランキングのバナーのクリックをお願いいたします~clover

                                           伽羅moon3


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

これで精一杯。

ちゃんと眠れた。
それはありがたいことだ。
セロクエルは2錠もらおう。

140514_182501

昨日、動いてうつ状態だったので、
今日は夕方近くまで横になって
おとなしくしていた。

何もしないでいると、
その罪悪感で、
またのたうち回るんじゃない?と
Zに心配された。

それもまた正解。


起きて、
夕飯を用意することにした。

夫がもやしを買ってきてくれてあったので、
ごま和えを作って、
ご飯を炊いた。

あとはレトルトのハンバーグで、
夕飯にした。
それが精一杯だった。



夫に、
今日も夜来てねとメールで頼んだ。

食事が済んだら行くよ、と返事をもらったのに、
9時半になってもまだ来ない。

やっと来てくれて、
話を聞くと、
夕飯が出来てなかったそうなのだ。

それで夫が4人分作って、
食べて
後片付けしてから来たのだという。

疲れているのに夫は一人で背負って、
大変だ。
なのにわたしは手伝うどころか、
調子が悪くて甘えているし。
申し訳ない。


明日(今日)起きたら、
病院に電話をして、
行って来よう。

土曜日、結婚記念日なのに、
元気になれるかな。


      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart01

      ※下のランキングバナーのクリックもお願いいたします~clover


                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

ちょっとひどい。

夕べもセロクエルは2錠飲んで寝た。

寝つきはちょっと早くなった。

朝方から何度も目覚めたり、
ちまが顔を舐めているのはわかっていたけれど、
ちゃんとは起きられなくて、
アラームで起きた。

ちまにゴハンをやって自分は薬を飲み、
メールなどしているうちに、
また寝てしまった。

3時に寝て15時にやっとしゃんと起きた。
これはひどい。


ベーグルを食べて、
仕事をした。
ビタミンカラーのネックレスを一本作った。

やった、出来た。

撮影をしてショップに上げて、
制作室ブログを書く。

そのあとちょっと辛くなって、
エビリファイ液を飲む。


それから息子の写真のアルバムつくりをした。
減らしながらやり直していったのだが、
一冊に収まりそうになくて
落ち込む。

どうしよう。
またやりなおし?


21時になってしまったので、
レトルトカレーを食べた。
ご飯を炊く気力がなく、
チンするご飯で。

途中辛くなって、
またワイパックスを飲んでしまった。


夫はお付き合いで遅くなったらしく、
9時に帰りますメールが来た。

帰りに寄ってもらった。

話を聞いてもらう。
来週予約なんだけれど、
そう言わずに今週病院に行って、
ちゃんと話してくるように言われた。

メールでHELPしてもらった友達からも、
それがいいと言われた。

残念ながら明日はクリニックがお休みなので、
明後日電話して行ってこようと思う。


ワイパックスを切るのが早かったのだ。
ついていけなくて辛い。

夫に聞いてもらって良かった。
一番身近な人だから。
わからなくても、
聞いてもらって良かった。

      

       
※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart04

      ※下のバナーのクリックもお願いいたしますclover

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

飲んでしまった。

夕べも3時過ぎには寝付けた。
というのは、勝手にセロクエルを2錠に増やしたからでもある。

そしてそれによって、
アラームが鳴るまでウトウトと眠ることができた。

よく眠れた。
ちょっとだけ気分が良かった。

けれど
そんなものは束の間。
すぐに鬱が襲ってくる。

本当に調子が悪い。

用があって出かけざるを得なくて、
明日から引きこもるからいろいろ買い物をして、
帰りに、
どうしても
どうしても苦しくて、
バッグに入っていたワイパックスを
飲んでしまった。

クリニックの先生に、
やめましょうねと言われて、
切られた安定剤ワイパックス。

いっとき気分は良くなるけれど、
反例があるからと言われる。

でも、これ、
効くんだもん。
気分がさっと和らぐ。
それがある程度持続する。

もらっているエビリファイ液では
持続しない。

140512_190901

帰ってきてシャワーをして、
それから母に電話をした。

息子の結婚式の日と翌日、
夫が全部面倒を見てくれるからと伝えた。
ホテルも取ってくれたし、
居酒屋も考えてくれてるからと。

そのあとは、ちまとまったりした。

ちまはわたしのそばに居て、
ときどき薄目を開けて
わたしを見ている。

夕飯のあと、
またちまと一緒にいたけれど
どんどん辛くなって来て、
エビリファイ液を飲んだ。

こんなことしていたら頓服が足りなくなってしまう。
でも辛い。
苦しい。


今夜は寝付けるだろうか。
充分眠れるだろうか。
またセロクエルを2錠飲もう。


       制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」もご覧ください~heart02

      下にあるランキングバナーのクリックもお願いいたします~shine

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

不具合。

夕べは期待して、
新しい睡眠薬セットを飲んだ。

エリミンという睡眠薬が入っている。
寝付きが良くなるらしい。

万全の体制で、
寝る直前に飲んだのだけれど、
簡単には眠くなってはくれず、
結局、入眠までに一時間弱かかった。

寝たのは3時くらい。


それでもぐっすり眠れたのなら文句はない。
浅い眠りで、
朝7時に目が覚めてしまった。

4時間しか寝ていない。
わたしはまた一生懸命に眠った。

けれど9時半に息子からメールが入って、
すっかり起きてしまった。


140510_194603

おなかが空いた。
薬も飲もう。

ちまにゴハンをやり、
自分はクラッカーを食べたら、
また眠気がやってきてしまった。

いやいや、もう起きてなきゃ、と思いつつも、
ウトウトしてしまう。

結局アラームで11時に起きて、
ドリンク剤を飲んで、
ランチ支度をした。


夕飯の食材を買っていなかったので、
夫と一緒に買いに行けばいいのだろうけれど、
どうにも辛くて、
午後また寝てしまった。


それも浅い眠りで、
起きてるのか寝てるのか
自分でわからないくらい。



起きてからやったのは、お薬の整理。
前の病院でもらったものを、
そのまま取ってあったので、
整理した。

夫が食材を買ってきてくれて、
料理をしてくれた。

わたしはご飯を炊いて、
煮魚に煮汁をかけていただけ。


夫に頼りきりの生活。
わたしは、調子が悪い。

夫はすべて上手くやってくれる。
本当に助かる。


ワイパックスという安定剤、わたしには効いてたのだけれど、
今度のお医者さまは
ワイパックスを使わない主義なので、
苦しい。

エビリファイの液体が頓服として出されている。
一日二回しか飲めない。


今週はカウンセリングも通院もない週。
ゆっくりして、
この不具合が直るといいのだけれど。


今度の土曜日は、
6回目の結婚記念日。

居酒屋にでも行けたらいいな。



      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart01

      下のランキングバナーのクリックをよろしくお願いします~clover

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

板ばさみで辛い。

生きていくなかで、
何の悩みもなく、不安もなく、
心にひっかかることがない人なんて、もちろんいないと思う。

みんなどうしているんだろう?

解決するために努力をしたり、
発散して忘れたり、
あまり気にならないタイプの人だって、いるんだろう。

わたしは病気だから、
そういったストレスに非常に弱い。

ストレス診断では、
わたしの丸は健常な人の対極にあった。
ものすごく弱いのだ。

140510_194602

息子の結婚は、
思った以上に大変。

写真の整理一つ取ってみても、
わたしの心は乱れまくる。

夫が望まれて式に出席してくれるのだが、
親族としてでいいのか、
出てこない父親代わりとしてがいいのか、
息子は考えてもいなかった。
(いま考えている。)

それに田舎から上京する両親の世話を、
どうしたって夫に頼るしかないのだ。
結婚する二人はそれどころじゃないだろうから。

ともに80歳を超えているわたしの両親が、
新幹線で上京してくる。

その世話をしなくてはならない。

ところがわたしは自分は着付けなどがあって動けないし、
終わったあとはきっと放心して動けない。

夫に頼るしかないのだ。

夫は、非常に親切な人だ。
泊まるホテルを考えてくれたり、
夕食の居酒屋のことも考えてくれている。

翌日の観光のことも考えてくれている。

母屋につれて来て、
お姑さんとの再会とか、
わたしの住んでいる部屋の見学とかも考えている。

わたしの母は、
心臓と腸が悪い。
心臓は手術をした結果どうにかもっているが、
腸は癒着してしまっていて、
「低残渣食」という病人食しか食べられない。

体力に非常に自信がないわけだ。
精神的にも弱く、わたしほどではないしにろ、
かるく精神を病んでいるとわたしは思っている。

それで、夫の好意は非常にありがたいが、
翌日はすぐに帰りたいというのだ。

夫からすれば、
両親が上京する機会などもうないから、
婚家を見せて安心させたいという気持ちなのだと思う。

けれどその好意を無にしても、
母は帰りたいと言うのだ。
母にしてみれば、
何もできないわたしを思うと、
お姑さんに合わせる顔もないのだろう。


わたしはいま板ばさみになって苦しい。
さっき夫にメールをした。
心苦しい。
夫には頼みごとばかりしている。

頼れるひとでありがたい。
結婚していて本当に良かった。
もうすぐ丸6年になる。

      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart02

      下のランキング用バナーのクリックもお願いいたしますbud

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

クリニック二回目成功。

夕べは、1時過ぎに睡眠薬一式を飲んだ。
なのに、眠くならなくて、
結局寝たのは3時近かった。

二時間も悶々としていたわけだ。
これは訴えてなんとかしてもらおう。

何度も目を覚ましたが、
アラームで13時に起きた。

精神科クリニックの予約は15時半。

たぶん1時間半まではかからない、と予想して、14時15分に家を出た。

最初に乗る電車が数分遅れた。
それで乗り換えた急行がギリギリだった。

カウンセリングに行っている駅でもう一回乗り換えて2駅め。
地上に出て、
夫が作ってくれた地図を握り締めて、
クリニックに向かった。

途中嵐になってきた。
無事にクリニックに到着した。
15時25分。
いい時間。

でも6人くらいの人が待っていた。
(お会計待ちの人もいた)

雑誌もいっぱいあるけれど、
わたしはただ音を消した携帯をいじって待っていた。

140509_230001

やがて呼ばれて診察室に入った。
やっぱり素敵な先生だ。
にっこりしてくださる。

日中の不安感はかなり減ったものの、
低空飛行であること、
軽いフラッシュバックはまだあることを話した。

それから、寝つきと寝起きが非常に悪くて困っていると訴えた。

ひどいと二時間眠れませんと言うと、
同情してくださって、
お薬を変えてみましょうという話になった。

セロクエルは、
2錠だと9時間寝て寝起きが悪く、
1錠だと3時間しか眠れない話をしたら、
1.5錠にしましょうと言われた。

睡眠薬は、
ベンザリンが去って、「エリミン」が二錠入った。
生まれて初めて飲む薬だ。

ワイパックスは完全に切られ、
変わりにエビリファイの3ミリが、
デパケンRとともに一日3回になった。

病院を出たころには空は晴れて、
その代わり寒くなっていた。

お薬をもらってまた地図を握り締めて、来た道を駅まで戻り、
そそくさと帰った。

18時~で宅急便が来るので、
コンビニにだけ寄って、
18時までに帰れた。

次回は二週間後。また同じ時間に診察になった。
眠りが安定するまでは、二週間ごとに行くことにしよう。

今度はもう地図なしで行けるかな。

      
             制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しくださいねheart04

      下のランキングのバナーのクリックもお願いいたしますbud

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

写真見つけたけれど…。

あまりにも眠ってしまうのと、
寝起きが悪いので、
試しにセロクエル2錠を1錠にして寝てみた。

寝つきはそんなに変わらなかった。
でも、3時に寝付いたのに、
起きたら朝の7時だった。


4時間しか寝ていない…。
これでは一日を棒に振ってしまう。

わたしはちまにゴハンをやって、
自分はセロクエルの残りとレボトミンを飲んで、
もう一回寝ようとした。

Zがいつものように朝のメールをくれて、
返事をしたら、
「なんでこんな時間に起きてるの!?」とびっくりされた。

それからお昼には母からメールが来て起こされ、
わたしは今日はひどく寝起きが悪くて、
赤ちゃんみたいに泣きたい気分だった。

寝つきも寝起きも悪いなんて、
赤ちゃんのころの息子みたいだ。



140508_194701

息子の写真がごっそり足りないこと、
気にかかって仕方なかった。
自分の服や写真の構図まで覚えているのに、
その写真が見当たらないなんて。

もやもやする。
このままではアルバム作りは進行しない。


夜。夫が帰ってきてから母屋に行って、
もう一回探してみた。

あった!
ごっそりと出てきた。

幼稚園時代の息子の写真が沢山出てきたが、
どれも不安げで泣きそうな顔ばかりしている。
きっと集団行動が苦手だったのだろう。


この写真の量は、とてもアルバム一冊には収まらない。
こんなにたくさん息子にあげないで、
チョイスしたものだけでもいいかなと思い始めた。


わたしも全部手放してしまうのは寂しいような気がする。

育て上げたという意味で、
手渡すことは華々しいけれど…。


もう一冊アルバムを持ってきて、
わたしのと息子のと同時進行で作ろうかな。

そんな気力あるだろうか。
心配。



明日金曜日、
クリニックの二回目の診察に行く。

診察そのものには何の心配もないのだけれど、
駅からちゃんと一人で歩いていけるか、
それが心配。

明日報告します。



      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」もぜひ見に来てください~heart02
      下のランキングバナーのクリックもお願いしますclover

                                           伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

もう取り戻せない。

今日はアラームでようやく起きて、
カウンセリングに行ってきた。

もう眠くて眠くて起きるのに苦労した。
今夜はセロクエルを1錠に減らしてみようかな。

カウンセリングに行ったのだけれど、
あまり記憶に無い。
28日にカウンセラーさんとはお会いしているので、
29日からの、連休中の話をしてきた。

連休中、夫がわたしを放置しておいてくれ、
おかげでゆっくり休めたことや、
料理を作ってくれたり部屋を掃除してくれたことなどを話した。

今、夫には、私に対しての不満は無く、
一緒に居られないからといって寂しさもないらしく、
わたしも夫には感謝ばかりであるという話をしてきた。

終わってもまだ眠さは取れない。
いつもの店で、300円引きになっているお弁当を買って、
そそくさと帰ってきた。

夕飯後、
母と電話をした。
夫がGW前に、出張の帰りに実家に寄ってくれたので、
その話からだ。

35分の電話を終えて、
わたしは息子の写真の整理をまた続けた。

生後11ヶ月になり東京に来てからの息子。
初めて行った上野動物園やディズニーランド。

どんどん写真をアルバムに入れていく。

けれど、3歳を過ぎてから写真は急に少なくなっていった。
わたしがあまり公園とかに行かなくなってからだ。

ママ友というのが苦手だった。
極貧だったので、お付き合いもできなかった。

幼稚園や小学校となると、本当に写真が少ない。
中学生からぐらいのは自分で持っているのだろうと思う。

離婚をしたのが息子が8歳になったばかりのときだ。
その当時は写真なんてない。

切なくなる。
なんでだろう。

この膨大な写真を、
息子に渡してしまっていいのだろうか。

育て上げたというのは、こういうことなのだろうか。

なんだか切ない。
明日がカウンセリングだったらよかった。
この切なさを話してこられたのに。

夜中12時に、母屋の物置にゴミを置きに行ったら、
夫の部屋の照明がついていた。
なので母屋に上がって部屋に入ってみると、
夫は消したPCの前でうたた寝をしていた。

ついでなので、
押入れからまた息子の写真を探し出して、
持ってきた。
小学生のときのが少しあったけれど、
やはり離婚した頃からのはほとんどない。

なんでだろう。
もっと写真、撮っておけばよかったのに。
もう取り戻せないのに。

切ないよ。


      ※制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもぜひお越しください~heart04
      ※下のランキングバナーのクリックもお願いいたします~clover

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

息子の写真。

夕べは、睡眠薬一式を飲んでからいろいろやっていたら、
眠気が来て、
おやすみなさいメールもそこそこに、
3時に寝付けた。

それでも午前中には起きられなくて、
眠くて眠くて、
13時半まで眠っていた。

それだってもっと眠れそうだったのを無理に起きたのだ。

ちまが、寒かったのかずっと一緒に寝ていた。
嬉しかった。

調子が良ければこのGW中にやりたかったのだけれど、
息子に渡す、アルバムを作ることにした。

写真をアルバムからはがす作業は、
もう何年も前に済んでいて、
あとは入れ込むだけのアルバムに写真を入れていくだけだ。

生まれて数日後から、今日は東京へ来た11ヶ月ごろの写真を、
アルバムに入れられた。

小さいころは写真の数が多い。
いまも可愛いけれど
可愛かった…。

一眼レフを使っていたので、日付が入っていない。
小さいころのはマメに整理してアルバムに貼っていたから、
きちんと分類されてある。

けれどわたしも働くようになって、
アルバム作りをしなくなってしまったから、
その後の分は苦労しそう。

写真を引き渡すことは少し淋しいけれど、
こんなに愛されて写真がいっぱいあるんだよと、
大きなアルバムをどかっと渡すつもり。

今日は夕飯をわたしが作った。

140506_183501

あんまりおいしくなかった。
なんでだろう、うまくできない。

ごはんは理想的においしく炊けた。


胃が痛くなったことが、いままで生きてきてあまり無かったので、
あの胃痛がショックだった。

だから恐る恐る食べる。
(でも食べる。)
ビール味飲料も飲む。
(少々。)


食後、食器を流しに持っていったら、
気分がうんとふさいで、
エビリファイ液を飲んで、
寝逃げしてしまった。



一時間ぐらい寝たかな?

でもやっぱり洗い物は嫌だった。
けれどしかたないので渋々やる。

本当に水を使うことがすべて嫌いなのだ。

夜、いつも書いている、制作室ブログのアクセスランキングを記事にしようとした。
そしたらあまりにもアクセスが少なくて、
記事にならなかった。

それで息子の写真の山をどけて、
ネックレスを作った。
久しぶりにできた。

撮影してショップにUPしたら、
日付が変わってしまった。

(みなさん、新作はいりました。)


      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にお越しください~heart04

      下のバナーのクリックもお願いいたします~、ありがとうございますbud

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

地震・胃痛・嘔吐の朝。

夕べは4時になる前に寝付けた。

5時過ぎ、大きな地震でまず目が覚めた。
大きい。
長い。

でも動けない。

しばらくして地震は収まって余震も無かった。

それでまたうとうと眠っていたら、
今度はひどい胃痛で目が覚めた。

わたしはあまり胃が痛いという経験を持たない。
すぐに起きて、太田胃酸を山盛り飲んだ。

こちらは地震と違って収まるどころか、
どんどんひどくなってくる。
脂汗が出てきた。

どうしよう。
ちまはわたしが起きて呻いているので、
甘えて乗ってくる。

痛みのあまりちまをどけた。
手術のあとでもおなかに乗せてやってたのに。

そのうちに気分が悪くなってきたので
トイレに行った。
嘔吐した。

ゆうべは焼き鳥屋でもセーブして、
あまり飲んでないし食べる量も少なかったのにどうしてだろう。

吐いたあともまだ胃が痛かったので、
もう一度胃薬を飲んで、しばらくしてまた眠った。

結局、夕方4時ごろまでとろとろと眠っていた。

140505_182201

夕方5時過ぎに夫がやってきて、
夕飯を作ってくれた。

チキンとジャガイモのトマト煮と、
パスタサラダ。

ワインも買ってあって、
チーズもあったのに、
わたしはあまり食べられなかった。

夕飯後横になっていたら眠気が来て、
毛布にくるまって眠った。

浅い眠りなのでいっぱい夢を見る。

こんな時間に寝てちゃ駄目、起きなくちゃと思うが、
なかなか起きられなくて苦労した。

これでは夜また寝付けないし、
今日もお昼には起きられない…。

睡眠が安定しないのが目下の悩みだ。
心の苦しいのは少し取れた。
デパケンが効いているのかな。


夜中、夫に来てもらって、グーグルクロームの使い方を教わった。

夫の背中のエレキバンを貼り換えてあげた。

連休中ゆっくりさせてもらったけれど、連休明けは忙しい。
睡眠が安定してくれさえすれば、あとはちょっと落ち着いて来たのだけれど。

それにしても朝の胃痛と嘔吐には驚いた。
もうやだな、あんな痛み。

      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart04

      ※バナーのクリックもよろしくお願いしますbud

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

|

寝付けない、苦しい。

ゆうべは2時までには睡眠薬セットを飲んだのに、
眠くならなくて、
寝付けなくて、
結局4時を迎えてしまった。

それならもう最初から4時に寝る、でいいじゃないか。


いやいや、そこがそうは思えない。
夜のうちに寝付けないと、
やはり罪悪感があるのだ。

だから遅くても3時までには寝付きたい。
そして12時までに起きたい。



真夜中、まったく眠気が来ないので、
友達や夫のPCにメールをしまくる。
真っ暗にして音楽を聴いてリラックスする。

それでも寝付けないとだんだん泣けてくる。


今日はランチはいいと言われていたのに、
夫が洗濯をしにやってきて、
それで10時過ぎに目が覚めた。

もう眠くなかったので、
ランチ作る。と言ったら、
夫は野菜と卵だけでいいといった。
支度をして、わたしはパンも食べた。


午後、久しぶりに車でホームセンターに買い物に出かけた。
わたしはいま履いている合皮の安いサンダルと同形のものを買った。
夫も靴を買った。


帰ってきてすこし寝ようとしたら、
ちまが毛布にもぐりこんで来て、
一緒に1時間半寝た。

140504_205901起きて、夫と近所の焼き鳥屋に行った。

今日は二人ともあまり食が進まなかった。
わたしはお酒もすすまない。
最近弱くなった。
薬のせいかな。
3杯目はカルピスを飲んだ。


夫はいつも帰りにスーパーに寄りたがる。
なんでも買ってやるというので、
普段なら絶対に買えないハーゲンダッツの
アイスを買ってもらった。

夫は「しろくま」を買った。

アパートに一緒に帰ってきて、
夫とアイスを食べた。



テレビを見るというのでお好きにどうぞと言ったら、
この間長女ちゃんにもらって取り付けていった、
ブルーレイを起動して、
ミュージカルのDVDを大音量で回した。

そして夫はテレビのまん前で寝てしまった。


わたしは仕方なく一人でそのミュージカルを観て、(実はそんなに好きではない)、終わるころ夫はやっと目覚めて帰っていった。


今日もきっと寝付けない。
お昼寝のときはすんなり寝付いてとろとろ眠れるのに、
不思議だ。
本当に厄介だ。


明日はお昼過ぎまでゆっくり寝たい。


      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にも是非起こしくださいませ~heart02

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。ポチッとクリックお願いしますchick

|

女神さまのゆううつ。

夕べも4時までには眠れたようだ。
何度か目が覚めるが起きられない。
お昼13時前にやっと起きられた。

セロクエルが効きすぎなんだろうか?
でも寝つきは良くない。
これを話して来よう。

わたしが「9時間寝たい。」と言ったら、
新しい先生は、
セロクエル2錠・レンドルミン2錠・ベンザリン1錠を処方してくれた。

それで9時間眠れる。
優秀な処方。
寝つきがもう少し早くなれば早く起きられる。



出張帰りにわたしの実家に寄ってくれていた夫が、
14時過ぎに電車に乗ったとメールしてきた。
夕飯までに帰るという。

新幹線の中からのメールにすこしやり取りをした。
しばらくして、Zからのメールも加わった。

Zとは、めったに会わないけれど、
毎日何通もメールをやり取りする親友だ。

今日はすこし不愉快なことがあったらしく、
そうは言わないけれど、
こうだった、という事実のみを羅列したメールが来る。

彼女はいつもそうだ。
感情的にならない。

わたしが彼女のメールを読んで、
「なにそれ!」と代わりに怒ったりするのだ。

今日も散々わたしは一人で怒った。

140503_172301夫が夕方帰ってきて、
久しぶりに夕飯を一緒に食べた。

母屋ではお姑さんが一人だというので、
作った料理をおすそ分けした。
うまく出来てなかったので恥ずかしかった。

料理がプレッシャーになっている。


ランチ作りも、早く起きられそうにないので、
12時じゃなく13時にして欲しいと言ったら、
ランチはなしでもいいよと言ってくれて、
楽になれた。

無理をしなくて済む。
助かる。



23時ごろ、Zからおやすみメールが来た。
「今日もありがとうね~。きゃらのおかげで慰められたよ。」
そう書いてあった。


病人のわたしでも、
健常者の役に立てるんだと嬉しくなった。

いつもいつもわたしを救ってきてくれた女神、それがZ。

彼女の役に立っているなんて嬉しい。


夫の役にも立っていればいいな。


      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart02

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださりありがとうございます。応援ぽちをお願いしますclover

|

そしたら寝たきり。

昨日までは、
体よりも心が辛かった。

体も辛いけれど、
心にどんよりを抱えているほうが苦しいのだ。


夕べは3時前に寝られる、いけると思ったら、
意外に寝付けなくて、
4時ごろになってしまった。
がっかり。


午前中夫からのメールに起こされた。
夫は大阪からの出張の帰りに、
わたしの実家に寄ってくれる。
お土産はなにがいいかという相談だった。

カステラがいいよと返事をして、
自分は薬を飲んで、
また眠ったようだった。

140503_0013010001次に起きたら午後だった。

ちまにカリカリを与えたら、しばらくして吐いた。
3回吐いた。

午前中に起きたときに、与えればよかった。
きっと空腹すぎたんだ。

ごめんねちま…。


わたしはちょっと買い物と銀行に出かけて、
帰ってきてから
おかかをやった。

おかかを吐いたことはないから安心。




ちょっと休むつもりが、
眠くて眠くて
ちまと一緒にとろとろと眠り続ける。

合間にちまに少し缶詰とカリカリを与えた。


次に起きたら夜だった。

結局夜9時くらいまで
ひたすらとろとろ眠っていた。

これでは夜眠れないなあ…。


昼間の眠気は
いわゆる「寝逃げ」なんだろう。

精神的に辛くなるから眠りに逃げる。

わたしは難しい話を聞いていると脳がプシューっとなって
眠ってしまう。

これも一種の寝逃げ。


今日は何にもしなかった罪悪感で苦しい。
明日は夫が実家から帰って来るから、
夕飯を作ろう。

それで罪悪感から逃れられる。


でも眠りが安定してなくて、
ランチを作るのはしんどいな…
3日間頑張れるかな。
それともお休みさせてもらおうかな。


悩ましい連休。


      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しくださいね~heart02

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んでくださりありがとうございます。応援ぽちお願いいたしますbud

|

どんよりを抱えて。

眠れた。
4時近かったと思うけれど、
新しい処方で寝付けた。

11時半まで眠れた。

小さいトイレの夢をよく見る。
苦労してたどり着いたトイレがすごく小さいという夢。


起きてメールをしているあいだも
ちまはわたしの脚にくっついていた。

140501_210201一緒に寝てくれてたんだ。
ありがとうねちま。

起きた瞬間は気分は悪くない。
どんよりしていて起きられないということはない。


けれど、

だんだんどんよりしてくるのだ。

今日はスーパーに買い物に行く日。
だってポイント10倍だもの。
明日行って同じものを買ったって、
ポイント1倍だもの。

郵便局にも行かなくちゃ。


わかってるよ。
シャワーもして洗濯もしなくちゃ。


ああ。
辛い。
行きたくない。


かといってやめられない。
行くしかない。
決めたことを決行しないと気が済まないから。


どんよりを胸に抱えて悶々とする。


ワイパックスは持っているけれど、
新しい先生に「減らしていきましょう」と言われているので飲めない。

仕方なく、ドリンク剤を飲んで、
どうにか着替えて、
郵便局とスーパーにフラフラと行った。


4連休が来る。
この体調ではランチは作れるかどうかわからない。
なので夕飯の材料になりそうなもので、
日持ちする大根とかジャガイモとか買った。

お肉も三種類買って、冷凍した。


頑張ってシャワーして、洗濯をした。
ああ、洗濯機さんが干してくれたらいいのに…。

夕方二回目のお薬を飲む。

洗濯物を干した。
いつも部屋干し。

夕飯にスーパーのサラダとノリ弁を食べて、
ちょっとまともになった。


夜になってしまうと、
ちょっと楽になる。
ここまで来るのが辛くてたまらないのだ。


早く受診してお薬を増やしてもらいたい。

連休中、わたしはどんな風に過ごせるのだろうか。
料理できるだろうか。

そんなことよりも寝付けるだろうか。

ランチはパスさせてもらおうか…。


今夜も眠れるだろうか?
それが不安になってくる。

お薬をいっぱい飲んで、どろどろに寝付きたくなる。



      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にも来てください~heart04

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださりありがとうございます。応援ぽちお願いしますclover

|

寝付けない夜をいったい何日?

月曜日に新しいクリニックに行って、
火曜日から新しい処方で薬を飲み始めた。

昼間は、
デパケンRが増えてワイパックスが減らされた。

なんとなく気分が持ち上がらない。

火曜日は息子のところから帰ってきて、
ちまと寄り添って眠ってしまった。
ほんの数十分だと思う。


だからそのせいだとは思えないのだけれど、
新しい睡眠薬セットで、
わたしは夜、眠れなかった。


140501_012701眠くはなった。
あくびも出た。

けれどどうしても寝付けない。

2時過ぎには布団に入っていたのに、
気が付いたら外は明るくて、
時間は朝5時だった。


わたしは起きて行って、
ごそごそとレボトミンを探し出して、
一錠飲んで、
寝た。

レボトミンを切られてしまったのが
いけないのかもしれない。
レンドルミンが残されて2錠に増えたが、
眠りをもたらしてはくれなかったのだ。

セロクエルに至っては
まったく無力なのではないだろうか。



せっかくいい先生だけれど、
まだわたしの睡眠障害のひどさをご存知ない。

これっぽっちの睡眠薬では、
わたしは寝付けないのだ。


次は9日が予約日。
それまで、いったいどうやって寝たらいいんだろう??


手持ちの睡眠薬を足してしまうことはたやすいけれども、
「この処方では寝付けません」という証明をするために、
わたしは幾晩も眠れない夜を過ごさなくてはならないのだ。

それは辛い…。


今日は起きたら午後二時だった。
肌寒かったからか、
ちまがずっと寄り添って寝ていてくれた。

時間は充分眠れた。


わたしの問題は、
寝付けるかどうか、なのだ。
いったん寝付いたら、あとはある程度眠れると思う。
それを話して来なかった自分の失敗。


寝るのが嫌だ。
寝付けるかどうかわからないから。

持ってる睡眠薬かきあつめて、
毎晩すんなりぐっすり寝たいよ。



      制作室ブログ「ストーンパルフェ・ワークス」にもお越しください~heart02

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださってありがとうございます。応援クリックお願いいたしますbud

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »