« 歩けるようになってから。 | トップページ | 符合した。 »

一つ失った。

多分そう遠くない将来に、
そんなことを忘れて生活すると思うんだけれど。

わたしは臓器を一つ失った。
取り出された、病んだ卵巣を、
夫は見せられたけれどわたしは見ていない。

鶏卵よりももう少し大きい感じがしたと言っていた。

二つで対になっているうちの一つを失った。

もう一つあるから大丈夫でしょうということになり、
全摘出に変更になったのだ。

そのほうが傷も少なくて手術時間も短くて、
楽だからという説明もあった。

最初は中身だけ取り出して、
皮は残せるという話だったけれども、
入院した前日のカンファレンスで変更になった。


わたしといえば、開腹手術で全摘出だと思っていたくらいなので、
傷が一ヶ所で済むという腹腔鏡による全摘出ならば、
異論はなかった。

そして多分いま、術後の傷がすごく楽だと思う。

体を伸ばしたり、反ったりすると傷むけれど、
それ以外は痛くなくなった。


閉経したあとのホルモンのことを考えると、
ちょっと心配ではあるけれど、
6センチにもなった卵巣を、
放置するなんて恐ろしいことはできなかった。

もう、なくなったんだ。
もう、破裂や捻転に怯えなくてもいいんだ。

8月からの忙しかったカレンダーをめくりながら、
11月ももう半ばになったことを知った。

忙しかった…。
すこしゆっくりしたい。


喪失感はないけれど、
すこしゆっくりしたいなと思う。

おやすみなさい…。

                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ読んでくださってありがとうございます。応援クリックをお願いしますmaple

|

« 歩けるようになってから。 | トップページ | 符合した。 »