« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

ねこも不調 わたしも不調

夕べ、寝る直前にちまが吐いた。
お薬を飲まない日でも調子よく行ってたのに最後の最後で吐いた。
がっかりする。
ショックでなかなか寝付けなかった。

ようやく眠ったのは2時くらいだったろうと思う。
今日は息子とのランチデート。
10時に起きれば充分だったのでアラームをかけてあった。

早朝夫がちまに朝ごはんを与えにきてくれた。
それは感謝なのだが、わたしを起こしたのだ。

睡眠薬を3種類飲んで本当は9時間は寝たいのに。
今日はデートだからせめて7時間半は寝たかったのに。
4時間半で起こされてしまった。

わたしを起こしておいて夫は寝てしまった。
わたしは具合が悪くなってそのあと1時間くらいウトウトしてアラームで起きた。

起きてユンケルを飲んだ。
心臓がバクバクするので救心も飲んだ。
たまにしか会えない息子とのデートの日なのにこんな不調でと苛立った。

今日は浅草の回転寿司に行った。
久しぶりだ。
息子はダイエットしているという。
去年の健康診断の時から4キロも太っていたというのが理由だ。
息子の父親は大食いで、息子の今の年齢の時はすごいデブだった。
気をつけないと危ない危ない。

体重が増えつつあるわたしにも他人事ではないけれど。

結局お腹いっぱい食べてしまった。
食後、浅草寺にお参りして、仲見世をチラ見しながら上野に移動することにした。
日差しがすごくて暑い。
地下鉄で上野に移動した。

松坂屋の食堂でパフェを注文する。
息子はお腹いっぱいだしダイエットだからと言ってクリームソーダにしていた。

わたしはユンケルの力も及ばず、調子が悪かったのであまり話も出来なかった。
せっかく会えたのに残念だ。
3時ころ別れてわたしはお弁当を買って帰った。

着替えて布団を敷き、夫にメールをした。
わたしが出かける予定のある日は朝起こさないで欲しいとお願いした。
わかりましたと返事が来た。

それでもイラついて眠れなかったので、頓服を2本飲んだ(液体)。
それでようやく眠りについた。

起きて、お弁当を食べようとすると、ちまがご飯を欲しがった。
今日は薬を飲んでいる日だから大丈夫だろうと思いつつ、いつもより控えめな量を与えた。

すると、食べ終えた直後に吐いてしまった。
ええ? お薬飲んでても吐くの??

片付けていると二度目を吐いた。
その中には毛玉が見られた。

毛玉が詰まっていたのか…。

それにしてもショックが大きかった。
お薬を飲んでいて尚吐いてしまうなんて…。
ちまも布団の片隅に伏せをしてしょんぼりしていた。

しょんぼりだよねちま…。
ママもショックだよ。

111218_012701一日置きじゃなく明日もお薬飲んで、週明けに病院に行こうね。
こんなに吐くのおかしいよね…。
週一回でも頻度としては多いって動物病院の先生が言ってらしたもの。

ちまが吐くとわたしは悲しくなり、自分のせいだと思ってしまう。
飼い主はわたしなんだからちゃんと体調管理してあげなきゃいけない。
ごめんねちまちゃん。

←この写真を携帯の待ち受けにしています。
きりりとしててお気に入りの写真です。

明日は吐きませんように…。

                                伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援クリックありがとうございます。またよろしくお願いしますbud

| | コメント (3)

仕事じゃないけど趣味でもない。

今日は9時ごろ目が覚めたが、頑張って二度寝をした。
次に起きたのが12時だった。
よく寝た。

今日は仕事が出来そうな気がした。
作品を撮影してブログにUPする。
ネットマーケットに出品する。

これをわたしは「仕事」と呼ぶ。
趣味じゃないからだ。

だけど、収入がなく、それによって生活しているのでなければ「仕事」とは言えないらしい。

昔お世話になっていた方にそう言われた。
その通りだと思う。

でもわたしはショップに出した時点で仕事だと思っている。
そう思いたいだけなのかもしれないけれど。

みんな大変な思いをして働いているのに、わたしは寝て暮らしている。
だから数千円の収入しかなくても「仕事」と言いたい気持ちなのだ。
働いていない自分が悪人のように思えてしまうから。

でも今は休む時…。
休んできたからここまで良くなった。
今無理をしてはいけない。

わかってるけど…。

治ったら家事をがんばろう。
そんな目標でもいいよね。

躁状態の時はアクセサリーのデザインがいくらでも浮かんで
一晩に3本も作ったりしていた。
朝になって撮影をしてから寝る。
起きたらブログにUPする。
オークションもやっていたし作品集のフォトブックも作ったし、
売れたものの発送もやっていた。
いくらでも石が欲しくて買いまくった。

あの躁状態はもうやってこない。
そのあとの深い鬱が恐ろしいから薬で起伏を抑えている。

だからもうあんなふうにパワフルに仕事はできない。
かといってどうしても趣味とは言いたくない。
自分のために作っているものなど一つもないから。

今日は撮影をしてブログとネットマーケットにUPできた。
髪も洗えた。
それだけ。

たったそれだけ。

明日は息子とランチできるんだった。
元気なハハでいなくっちゃ…。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へちょっと墜ち気味なわたしに応援クリックお願いします

| | コメント (5)

知らない人と話した。

10時半に目が覚めた。
たいがいZからメールが来ているので、まずZに起きたことを知らせる。
9時間睡眠で目が覚めた。
まだ眠気が残っているけれど、昨日一日を棒に振っているので今日は動かなくてはならない。

ちまに朝ごはんをやり、自分は薬を飲んだあと、しばらく布団でウダウダしていた。
でも今日は二度寝をしなかった。
そのあとどうしていたか思い出せない。

一件発送があったのでその梱包をしていたことだけは覚えている。
PCを開いて何かやっていたんだろうな。

ペットクリニックは午後は4時からなので4時になってから出かけた。
足場を組む人が屋根の上に上っていて足音がズンズン響いて来ていた。
見上げたら若い人のようだった。

最初の交差点で、自転車を引いたご婦人に声を掛けられた。
「この辺の方ですか?」
「はい。(でもヒキコモリだよん)」
「○○町はどっちですか? 間違えてしまったみたいで…。」
わたしはわかりやすいように国道に出てから右に曲がって、交差点を渡れば○○町だと答えた。
よかった、答えられる範囲の質問で。

わたしはよく道を聞かれる。
ごくたまにしか出かけないにもかかわらず、だ。
困ったことに道をよく知らないのでいつもスミマセンをしていた。
今日は答えられた。良かった。

ペットクリニックに行くと先客が2人いた。
診察券を出してソファに座って待っていた。
診察室からコリーが出てきた。
大人しい犬だった。

すごくお利口なワンちゃんだったので、思わず「大人しいんですね。」と声をかけてしまった。
連れていたご婦人は少し笑って、「内弁慶なんですよ。」と答えてくれた

次の人がキャリーバッグを持って診察室に入った。
今度は猫ちゃんだった。
ものすごく大きな声で鳴いて、シャーシャー、グワーグワーと騒いでいる。
大変そうだった。
あんずがそうだったな。器具を噛みちぎるという伝説を残したもんな。
ちまは大人しいにゃんこだ。

わたしの順番が来て、診察室に入らず受付の窓口で話をした。
ちまがまったく吐かないことを報告した。

するとドクターは薬をここでやめるか続けるかを少し迷って、念のため、一日置きに飲むというのを五日分やって、それで薬を飲まない日にも吐かなかったら薬をやめて様子を見ましょう、と言われた。
了解してまたソファに戻ると、話を聞いていたお会計待ちのコリーの飼い主さんが「ワンちゃんですか?」と聞いていらした。

「ねこなんです。食べた直後に吐くことが多くて。」
わたしはそう答えた。

久しぶりに人と話した。
夫以外に話すのは医者とカウンセラーだけなのでなんだか新鮮味があった。

人と話すっていいな。
ちまが吐かないっていいな。
二度寝しなくて動けるっていいな。

お薬をもらってお会計をしてクリニックを出ると、とことこ歩いて郵便局に行き、夫に頼まれていた振込みをした。
スーパーに寄って帰って来た。

明日は空白日。
何かできるといいな。
元気があって何もしないのは苦しいから。

                                           moon3伽羅

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今日は用事を済ませられました。応援よろしくお願いします。

| | コメント (4)

人の気配が怖い

わたしが住まわせてもらっているのは、昭和の香りたっぷりのボロアパートだった。
わたしが入居することになり、内部をリフォームしてもらった。
床材も壁紙も流し台も全部わたしが選んで決めたものなので、居心地はすごぶるいい。
外壁とか階段とか玄関ドアとかは古いままなので、室内に入った時のギャップが大きい。
持ち主はお姑さんで、夫が家賃を5万払ってくれている。

頑丈な作りの建物だが、アパートの外壁が壊れ始めてきてしまった。
モルタルが一部剥がれ落ちていたらしいのだ。
危険なので、いつかはやろうと思っていたらしい外壁の工事をお姑さんはやることにした。
壁だけではなく屋根も替えるそうだ。

工事は今日から始まった。
まずは足場組みからだ。

今日は9時に一旦起きた。
母屋に人が来てお姑さんとなにやら話しているのが聞こえる。
そうか、足場組むって言ってたな…。

起きてちまに朝ごはんをやり、自分も空腹を感じたのでパンを食べた。
今日はどう過ごそうか考えた。
用事があるのはクロネコさんと郵便局。方向は真反対。
牛乳と野菜ジュースも買いたい。
夕飯の買い物もしたい。
どうしよっかなーと考えているうちにまた寝てしまった。

1時半になって再度目が覚めた。
足場を組んでいる人の気配が窓のすぐ外にある。
二人か三人いて一人は日本語がたどたどしい。

窓に映る人影が見え、、大きな声で指示をしたり会話をしたりしているのが聞こえる。
そのうちに階段も登ってきた。

怖い。
ちまも怯えていて、階段を登ってくる足音がするたびにわたしの顔を見つめる。
二人でひっそりと息を殺して生息した。

そしてそのストレスに負けてまた寝てしまった。
完全な寝逃げだ。
ちまもわたしの足元で寝ていた。

起きたら6時になろうとしていた。
今日はもう出かけられない。
一日寝ていたことになる。

6時過ぎに夫が東京駅から今帰りますとメールをくれたので、お弁当を買ってきてもらえるようお願いをしたら快く受けてくれて、パック野菜も買ってきてくれた。
ありがたかった。

今日はもう、本当に何にも出来ずに寝てばかりいた。
ストレスで調子が悪かったので、あまり罪悪感がないのが救いだ。

明日も足場組みの続きがあるという。
あすはちまは連れないでわたし一人で動物病院に行かなくてはいけない。
ちまは処方されたお薬を飲んで、一回も吐いていない。
その報告と今後の相談に行くのだ。
もちろん郵便局やクロネコさんにも行かなくてはならない。

外に出かければ工事の人と嫌でも顔があってしまう。
億劫だな…。
でももうお薬がないし今後どうするかを決めなくてはならないので行かなくては。
ちまが吐かないとわたしは精神的にすごく楽だ。
吐くと自分が悪いような気がするから。

夫がさっき会いに来てくれて、わたしの布団で寝てしまった。
昨日・今日と日帰りの出張で疲れているのだ。
夏になると夫は出張も増え、忙しくなる。

みんな疲れているのに大変な思いをして働いている。
Zからはわたしのことを「羨ましい。」と言われた。
大変な時期を乗り越えてようやく手に入れた安寧な暮らしなのだ。
わたしは、仕事の出来る健全な体と脳が羨ましいと思う。
誰もが無いものねだりをする。

                                            伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へストレスに弱いわたしです。応援よろしくお願いしますbud

| | コメント (4)

監視されている

実際は誰もわたしを責めたりしていない。
第一誰にも会わないもの。
夫以外誰も来ないし。

でも何にも出来なかったと思う日は、世間さまから冷たく疑わしい目線で見られているような気がして冷や汗が出る。

責められている・監視されていると思うのは紛れもなくわたしの『妄想』だ。

そうわかっていても妄想は無くせない。

母屋で6人で暮らしているとき、食卓ではわたしはお姑さんの隣だった。
わたしが食べるようすをいつもじっと監視されてるような気がしてたまらず、食事が終わると汗でぐっしょりだった。
逃げるように階下に降りた。

きっとそんなことはないと皆さん言うだろうが、わたしには監視されていたとしか思えない。
アパートに越したときに、わたしは自分の口で、
「土日は母屋で一緒に食事するといいね。」と言った。

それは本心であったのか夫に気を使ったのかわからないが、
以後母屋で食事をしたことはただの一度もない。
二階のリビングに入ったのも一度か二度だけだ。

どうしても行けない。
玄関からリビングに向かう階段がとてつもなく長く見えて心は萎える。

結婚して6人家族だった9ヶ月は、夫との確執もあり辛い時期だった。
こうあって欲しいと望まれることばかりで、わたしはことごとく挫折しては寝込んだ。
全然ダメな嫁だった。
居ないほうがマシだっただろう。


今日は10時に起きてちまに朝ごはんを与え、自分は薬を飲んで少し動いたが、
睡眠が少し足りないようで、体は二度寝を要求した。
美容院の予約がしてあり、行く前に洗濯もしたかったのでアラームをかけてまた少し眠った。

起きて洗濯をしてトーストを食べて、支度をして出かけた。
いい天気だった。
今日で担当美容師さんとはお別れになる。
残念だけれど、次に引き継いでくれるのがお気に入りの女性なので安心はしている。
握手をしてお別れした。

本屋を見て、読めそうな本を一冊買い、お一人さまディナーをして帰って来た。
ちまが玄関に迎えに出てきてビックリした。
仕切りの引き戸を閉めないで出かけてしまったらしい。
良かった何事もなくて…。

今日は洗濯をしたから良しとしよう。
誰からも責められないはず…
…お一人さまディナーは贅沢だったかな…。

自分がしたことを常に誰かに監視されているようで苦しい。
セロクエルをやめたからだろうか。
今度カウンセリングで話して来よう。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へこのメダルをクリックしていただくととても喜びます。お願いしますbud

| | コメント (3)

マジで何もしてない!

あああー今日はヤバイ。
マジで何にもしていない。
洗濯もトイレ掃除もやってない。

別に困らないけれど罪悪感が胸をふさぐ。
言い訳したくてもできる内容がない。

今日やったこと。
役所に行って障害者手帳の更新手続きをした。
以上。

あとは風邪薬飲んでうとうとしてましたー。
役所に行けたんだからそう調子が悪いわけではないのにー。
役所から帰って来たら洗濯しようと思ってたのに寝てしまった。

もうこんな自分がいやだ。
やだやだ。




もったいない生き方!
やるべきことはいくらでもあるのに何にもできてない!
みんな頑張って働いているのに。

世間の皆さま、ごめんなさい。
明日は洗濯をするので許してください。
ごめんなさい。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ何にもしていない怠惰なわたしですが応援お願いいたしますbud

| | コメント (3)

一日中うとうと。

今朝も9時ころ夫がちまの朝ごはんに来てくれたが、その時は頑張って寝ていた。
途中で起きると調子が悪いまま一日を過ごさなきゃならないからだ。

11時半に目が覚めた。
夫にメールをする。
パンが無いけどグラノーラで一緒にランチする?と聞いたら、パンを買いに行ってくれた。
わたしは起きて目玉焼きを作った。

二日酔いになるほど飲んでいないのに頭が痛い。
鼻水も出る。
これは風邪を引いたと思い、薬を飲んで横になっていた。
薬で抑えられたら夕飯を作りたかった。
けれども、鼻は止まったけれど頭痛が治まらない。

夫にメールをして、夕飯の買い物をお願いした。
そしてウトウトと眠り続けた。
夫が買い物から帰ってきて食事の用意をしてくれるまでウトウトしていた。

今週は料理ができなかった。
自分の体調が悪くては仕方がないけれど…。

食事のあとしばらく夫とテレビを観ていた。
一人だったら見ても面白くないような番組でも、二人であれこれ言いながら観ていると楽しく感じる。

今日はZはお出かけでメールも来ない。
寂しいのでこっちからしておいたが、渋滞にハマって遅くなってしまったようだ。
疲れて爆睡しますというメールが来た。

風邪薬を飲んでよく眠ったせいか今は楽になった。
入れ替わりに夫が布団で寝ている。

ちまは今日はほとんどケージの上のベッドにいる。
お腹が空くと下に下りてくる。
お薬が効いているせいか吐いていない。
すごく気が楽だ。
このまま吐かないねこになってくれたらいいのになあ。

夕べは帰るとちまがティッシュを引っ張り出すいたずらをしてあった。
寂しかったんだねちま。ごめんね。

寝る前にまた風邪薬を飲んで寝よう。
最近は寝つきもよくなり(もちろんお薬のおかげ)、ロヒプノールでしっかり眠れるようになったので毎晩寝るのが楽しみになった。
寝付けないとわかっていると寝ることが嫌になる。

今は薬の力で寝ているけれど、いつか睡眠薬も要らなくなるのだろうか。
寝つきが悪いのは昔からなので、仮に病気が治っても睡眠薬は一生飲むかもしれない。

それでもいいや。
眠れなくて気に病むよりもずっとストレスは少ないもの。
安定剤と睡眠薬はなくならなくてもいい。

以前は自分が治るなんて思えなかった。
けれどこんな風に良くなるものなんだなあと感慨深い。
辛くて苦しくて理解されなくて…。
最近は胸の真ん中に黒いカタマリは無くなった。

                                          伽羅

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

| | コメント (3)

土曜の渋谷

ふうちゃんは夫とわたしとの共通の友人だ。
夫とふうちゃんだけで飲みに行くこともある。
わたしとふうちゃんは「石仲間」でもあった。
(過去形なのは今わたしが石を買っていないから。)

ふうちゃんはとても器用でマメな人で、いろんなものを手作りする。
わたしは、冬にジャージの上にはくオーバースカートを縫ってもらえるよう見本をわたして頼んであった。
冬までに出来ればいいからと言ってあったのだが、手早い彼女はさっさと作ってくれて受け渡しの話になった。
夫に話すと、それじゃ3人で飲もうよということになり、久しぶりに3人で会うことになった。
場所は渋谷。

今朝は夫がちまに朝ごはんをやりに来てくれた。
時間は9時ころ。
それで目が覚めて、夫と話をしたり薬を飲んだりした。
でも睡眠が足りなくてまた布団に横になっていたら1時間くらい眠れた。

12時に夫が来て目玉焼きを作ってくれてランチにした。

わたしはどうもしんどくて出発時間までウダウダしていた。
夫は待ち合わせの時間より早く渋谷に行って、ヒカリエを見ようと言う。
わたしは人混みは苦手だし、買うものもないので行きたくなかったが、じゃああとから来ればなどど言われてしまい、仕方なく一緒に出かけることにした。
一人で渋谷になんて行けるわけがないからだ。

ヒカリエは混んでいた。
そりゃそうだろう、土曜の渋谷なんて若者でいっぱいだ。
ヒカリエのなかの居酒屋でと夫は思っていたらしかったが、どの店もフードコートのようにオープンで、落ち着いて飲める雰囲気ではなかった。
通路の椅子に座って夫はスマホでぐるなびの検索を始めた。

結局検索を終えて店の目星がついたころには待ち合わせの時間になり、ヒカリエでは混んでた飲食店を横目で見ただけでふうちゃんと合流して居酒屋に行った。

静かで雰囲気のいい居酒屋だった。
夫の出張の時の写真を見たり、猫の話をしたりした。
わたしはいっぱい食べた。

帰りはふうちゃんを改札まで送って行ってから自分たちは少し戻って電車に乗った。
ラッシュ並みに混んでいた。

夫はアパートに寄りたかったのかもしれないが、寄っても寝てしまうだけなので下でバイバイした。
ちまがお腹を空かせて待っていた。

縫ってもらったスカートは素晴らしい出来だった。
生地もよくて暖かそうだった。
これで数年は大丈夫だろう。
ちまにバリバリやられて穴はあくだろうけれど。

ちまは心得ていて、わたしが裸の時には決してバリバリやらない。
トイレで抱っこしているときに手を伸ばしてあごに触れてくれる時があるが、
もちろん爪は出さず、肉球で触ってくれる。
うれしくてにこにこしてしまう。
ぷにぷに・ツヤツヤのかわいい肉球。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ明日はのんびりしようかな。応援クリックありがとうございますbud

| | コメント (4)

ああああああ~。

夕べは1時ころまで夫がわたしの布団で寝ていた。
それで寝るのが遅くなって、今日目覚めたら11時近かった。
理想の9時間睡眠。

昨日よりも気分がいい。
だるさもない。
何かしたかった。

作って制作室ブログで紹介しただけになっていたアクセサリーを、tetoteというネットマーケットに移した。
これは何週間もまえからやりたかったこと。
やっとできた。

起きたらわたしはいつも夫とZにメールをするのだけれど、夫は昼休みにしか返信がないのは当然として、Zから返信がないのが気がかりで、「忙しいんだね?」とメールをした。

そしたら、仕事が忙しくて辛い旨の返事が来て、最後の行が、
「ああああああ~。」
だった。
それがおかしくてわたしは一人で声を立てて笑った。
彼女にとっては笑い事じゃないのだけれど、おかしくて笑ってしまったのだ。

笑うのって久しぶり。
応援して叱咤するメールを返した。

120622_200301今日は先日買ったねこの作品が届いた。
手のひらに乗る小ぶりな仔猫の作品だ。
丁寧に梱包してあり、お手紙も付いていた。
見習いたい仕事ぶりだった。

120511_214002こっちがちまちゃん。
きょとんとした時の表情が似ている。

耳が大きくてぴーんとしているのも似ている。

さっそく棚に場所を作って飾った。





今日は髪を洗う以外何にもしなかった。
どこにも行かなかった。
夕べちまが軽く発熱したのでそばに居たかったのだ。
鼻が赤くなって耳が少し熱かった。
でももう今日は元気でいた。
良かった。

明日は夫と共通の友だちと3人で飲むことになっている。
彼女は洋裁が出来て(他にもいろんなことができてすごいのだ。)、わたしは冬のスカートを作ってもらっていた。
冬までに出来ればいいよとお願いしたのだけれど、もう作ってくれた。
それを受け取りがてら会うことになったのだ。

今週末は料理は無理かな…。
先週使い果たしちゃったよ。ヤワなやつ。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ何にも出来なかったような気がする一日でした・・・。応援お願いしますbud

| | コメント (7)

全てが必要

良くなってくると薬を飲むのを忘れることもある。
毎食後と就寝前なのだが、わたしは規則正しい生活をしていなくて、食事も一日二回なので、毎食後というのが守れない。

飲んでから何時間経ったかを見て適当に飲む時と、もう一つは必要に駆られて慌てて飲む場合がある。

後者の場合少し悲しさを伴う。
まだまだお薬が絶対必要なんだと思う。
ザワザワしたり、なんとも説明のつかない不快感が現れて、
あ、薬飲んでない!と気が付く。

薬も必要。カウンセリングもまだもう少し必要。
夫が必要。猫も必要。
毎日メールできる友だちも必要。

今の生活環境も睡眠時間も必要なのだ。

全て満たされていても時々「あっお薬飲んでない!」と悲しい気分になる。



今日は午前中にちまのワクチンに行ってきた。
近所に出来た新しい動物病院に行く。
通っていたところに何の不満もないけれど、6キロあるちまを背負って行くには遠くてきつかった。
今日行ったところは距離にして三分の一くらい。
わたしがぐったりしない距離でありがたい。

キャリーを出すとちまは興味深々で近づいてきた。
すかさず抱き上げて中に入れようとしたところでちまは「あれっ?」と思ったらしいが、
頭を押さえ押さえしながらファスナーを閉めて準備完了。
それを背中に背負う。

病院に着いて、問診表を書いて、窓口に出しがてらねこが吐く話を聞いてもらった。
ちまが吐いた日はカレンダーにしるしをつけているのだが、頻度として週に一回くらいの割合だとわかった。
ドクターにそう言うと「その頻度は高いと思います。」とのこと。
胃の粘膜が弱いコかもしれないという見解だった。
一気食いしますか?と聞かれたので、一気食いなので少量ずつ一日5回に分けて与えていることを伝えた。

胃の粘膜を強くするお薬を試してみますか?というので、そうしてもらうことにした。
顆粒なのでウェットフードに混ぜて与えるといいらしい。

その話が終わってから診察とお注射。
ちまはドクターを怖がり、必死に逃げようとするがわたしが前足を握って逃げさせない。
6キロもあるんですよと言うと、「でもこのコは骨格がしっかりしていますね。」と言われてちょっとホッとする。

ドクターが注射器を取りに行っている隙にちまがわたしに抱きついてきたので、抱っこしてほしいのかと思ったら、わたしを乗り越えてキャリーのなかに飛び込んでうずくまってしまった。

出そうとするがテコでも動かない。
仕方なくキャリーに入ったまま注射をしてもらった。

初診料・ワクチン代・お薬代で7800円…。
これは夫にお願いして出してもらおう。

外に出ると雨がパラパラ降っていた。
傘を持ってなかったので急いで帰った。
ちまは病院でいっぱい毛が抜けた。

しっかり様子を見ていたけれど、今日のところは副作用は無さそう。
明日も念のため出かけないで様子を見ていよう。
シャンプーに行きたいけれど仕方ない、自分で洗おう。

たったこれだけで、午後また少し眠ってしまった。
すぐに疲れちゃう。
まだまだですね。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今日はちまのワクチンに行けました。それだけです…。応援お願いします。

| | コメント (2)

強くなったわけじゃない。

9時間眠れた。
まだちょっとだるい感じ。ロヒプノールが残っているのかな。
それでも6時間で起きてしまって苦しいよりはずっといい。

台風は行ってしまって部屋の中は蒸し暑かった。
今日はカウンセリング。
午前中に起きているので時間にゆとりがある。
ちまとゴロゴロした。
ちまは尻尾で遊んでくれる。

時間になったので夏の格好をして出かけた。
外は風が強かった。

今日は何を話そうか。
深く落ち込むことがなくなったわたしには、泣くような事件が起きない。
それは、わたしが精神的に強くなったわけではない。
何かが起きればうろたえるのだ。
ただ、それを忘れるのが早くなったか、感情を薬で抑えられているかのどちらかだろう。

今日は夫の海外出張と、それにまつわる心境を話して来た。
豪華なお土産の話もした。
夫婦にとって、この出張は意味があったと思うことも話した。

わたしたち夫婦は本当にその関係性が変化した。
どちらも変わったのだ。
そして歩み寄った。

お互いに穏やかになって無理をしなくなった。
4年でここまで来た。
夫はわたしの容姿の衰えを時々口に出すけれど、それでも愛されていると思えるので、
特に反論はしない。
夫の容姿はほとんど変わりない。うらやましいくらいだ。

愛を信じられるから穏やかでいられるし、細かいことは聞き流せる。
大もとの信頼が揺らぐようなことがあればわたしはまた発症するだろう。
強くなったわけではない。
ましてや治ったわけでもない。

快方に向かいつつあることは事実。
余りに調子がいいと、「働かなくちゃ!」なんて思ってしまう。
けれどそれはたまたま調子がいいだけで、実際は二日続けて料理をしただけでダウンしてしまうのだ。
仕事になんて二日目から行けないに決まっている。
世の中そう甘くは無い。
それよりもちゃんと家事ができるように快復することが大切だ。

という話をしてきた。
カウンセラーの言うには、わたしは思い込みが激しくゼロか100しかないので、その思い込みには充分注意が必要だそうだ。
人の性分はそう簡単に直らない。
自覚することで片寄った認知を正していくしかないという。

存在価値の話もした。
何もしていないと自分の存在価値がわからなくなる。
でも、夫の海外出張でメールをやりとりしていたとき、それは家事でもなんでもないのだけれど、わたしは存在価値を感じていた。

居てもいいのだと思った。

帰宅してご飯を食べて、またちまとゴロゴロして尻尾で遊んだ。
やっと休み方も覚えた。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へだんだん良くなってきたわたしに応援ぽちをお願いしますbud

| | コメント (2)

雨の前はダメ

昨日の診察で新しく出してもらったロヒプノールはよく効いた。
希望通り9時間寝させてくれた。
少し眠気が残るが、じきに慣れるだろうという気がする。

午前中は晴れ間があった。
パンを食べて、ちまとゴロゴロしていると雲ってきたので、慌てて着替えて郵便局に行って来た。夫に頼まれている用事が二件あったのだ。

それを済ませてからスーパーに寄った。
買い物して外に出ると地面が濡れている。
一雨あったらしい。
家に着くまで降りませんようにと願いながら帰った。

それからまたちまとゴロゴロした。
希望通りの時間眠れたのに体がすっきりしない。
台風が来ているせいだろう。
一時間くらい寝てしまった。
起きてしばらくすると雨が降りだして、窓を閉めて回った。

雨の前は調子が悪い。
降りだしてしまうとかえって落ち着く。

シャワーをして、雨なのに洗濯をして干した。(いつも部屋干し)
これで今日は罪悪感がない。

働いてもいなくて、家事もしていないと、何のために生かされているのかと罪悪感に苦しむ。
それが嫌で、少し調子が悪くても何かを頑張ってしまうことがある。
何もやってない…何も出来なかった…という後悔が辛いからだ。

今日は夕飯も作った。
モヤシたっぷりの焼きそば。
納豆も食べた。
わたしは納豆はご飯にかけたりせず単品で食べる。
かといってパンの時には食べないけれどね。

夕食後もちまとゴロゴロした。
ちまもお布団が大好き。

大雨の中、夫が仕事帰りにアパートに寄って、明日の朝出す資源ゴミを持って行ってくれた。
先週夫が出張でいなかったから出せなくて量が多い。
どんだけ甘えてるのって話。

こんな台風の、風雨の強い夜に、室内でのんびりしていられるなんて幸せだ。

明日はカウンセリング。今週は忙しい。
天気が心配だったけれど台風は朝までには行ってしまうので大丈夫そう。
今週はちまのワクチンに行って、障害者手帳の更新にも行けたらと思っているのだけれど、毎日出かけることは避けたいので、役所に行くのは来週かな…。

いま風も雨もすごいことになっている。
でも夫が母屋にいるので安心。
出張の時に台風とか地震とかが無くて良かった。
東日本大震災のときはわたしは横浜に、夫は函館にいたのだ。
災害の時にバラバラなのは嫌だ。
もうあんな思いはしたくない。

ちまはベッドに戻って一人で寝てしまった。
夜も一緒に寝ようと思ったのにな。
寝る支度をしていたら降りてきてくれるかな…。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。クリックよろしくお願いしますbud

| | コメント (2)

睡眠薬を追加

今日はどうにか9時間近く眠れた。
起きた時に不調じゃないと本当にホッとする。

ちまに朝ごはんを与え、自分は薬を飲んで、しばらくごろごろしていた。
このゆとりが大切。

今日は病院に行く日。
予定より少し早めに家を出た。
調子よく乗り換えが出来て予約時間よりだいぶ早くに到着した。

しばらく待って呼ばれた。
主治医が何もいわないので早速睡眠が充分に取れないことを伝えた。
セロクエルを飲んでいたときみたいに12時間も寝るのは良くないが、今の6時間で目が覚めてしまってそのあとずっと体調が悪いのも困っていると言った。

「んー、やっぱりセロクエルが必要なんでしょうかね…」
主治医はそう言ったが、わたしはせっかく減薬に成功したものだからまた飲み始めることには強い抵抗があった。
「セロクエルじゃなくて、睡眠薬を追加してもらうというのはダメでしょうか。」
そう聞いてみると、
「それでもいいですよ。サイレースとか加えてみてもいいですね。そうしますか。」
だそうだ。

そう言ってカルテに、番号を振りながら薬を書き出す作業に入られた。
サイレースと言っていたが、実際処方されたのはロヒプノールという睡眠薬だった。
中間型と言われる薬である。
ロヒプノール。
これで何時間眠れるか楽しみだ。

今日は早く帰りたかった。
ちまがしょんぼりしていたからだ。
急いで帰るとちまは吐いてはおらず、かといって余り元気もないようだ。

けれど夜のカリカリを吐き戻してしまった。
ああやっぱりなあ。そんな気がしたんだ。


睡眠が安定したら、次はレスリンの減薬に取り掛かろう。
とりあえず質のいい睡眠をしっかり取ることが先決。
寝すぎて体が痛いのもコリゴリだし、睡眠不足で心臓バクバクいうのも困る。
ちょうどいい睡眠を手に入れたらレスリンの断薬も可能だと思う。

今夜からロヒプノールを試してみる。
さてどうかな。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へこのメダルをクリックしていただくと、応援してもらったことになりますbud

| | コメント (2)

ギブアップしそう。

どうしても早くに目が覚めてしまう。
睡眠は足りていない。
体がしんどい。
眠くなくても、体が辛くて起きていられない。

起きていたのか寝ていたのか記憶にない午前中。
夫がお土産のビスケットを持って来てコーヒーを入れてくれたので、食べながら話をした。
夫は仕事があるといって母屋に戻った。

12時を回って夫にランチのお誘いのメールをするが返事がない。
電話をしても出ない。

仕方なく近所のホームセンターに出かけた。
夫からワイシャツのアイロン掛けを頼まれていて、スプレー糊が必要だったから。
帰って来てまた夫に電話するが出ない。
しばらくして慌ててやってきて、「マナーモードになってて気が付かなかった!」と言っていた。
一緒に遅いランチをした。

それからアイロンかけを始めた。
糊をきかせてぱりっと仕上げるのは難しい。
でもねぎらいの気持ちを込めて一生懸命にやった。
シャツ4枚とハンカチ3枚。
たったそれだけなのにすごく疲れてしまった。
ちゃんと寝てないからだ。

布団に倒れこんだ。
しんどい。
このあと料理が待っている。
でもギブアップしたくなるくらいしんどかった。
夫に「夕飯は何時ごろが都合がいいですか。」とメールすると、
察してくれたのか自分も仕事を抱えているからか、
「遅くてもいいですよ。」と返事が来た。

わたしはドリンク剤を飲んで横たわっていた。
まだ効いてこない。
その前に眠くなってしまい、すこし眠った。

夕方6時に目が覚めて、まだちょっとウダウダしたいのを頑張って起き上がった。
この土日は料理でもてなすと決めていたんだ頑張れ。

・牛肉と長ネギと白滝のすき焼き風
・新じゃがいものポテトサラダ
・大根おろし なめたけ和え
・昨日の残りの大根の煮物
・白飯

時間は7時半になっていた。
やっとできた。

ちまにもホタテを用意してやり3人で夕飯。
食後はみんなバテバテで布団に倒れこむ。
シングルの布団に大人二人とねこ一匹でぎゅうぎゅうだ。

夫の要望でマッサージをしてあげる。
わたしもされたい!
夫は昨日より疲れが出て元気がない。
洗い物もやってもらえそうになかったので自分でやった。
ゴミもまとめた。

疲れた…。
こんなに疲れてて明日は病院だ。
もっと長く眠れるような睡眠薬をもらおう。
体がきつくて仕方がない。

二日間頑張った。
もう無理。
わたしの体力気力はこの程度で目いっぱい。
働くなんて全然無理だ。
もちろん道半ばなのはわかっているけれど。

弱音吐きます。
疲れたー!
これで精一杯!

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ応援ありがとうございます。頑張っていますbud

| | コメント (3)

虹色のプレゼント

今日の目覚めは7時。
6時間弱しか寝ていない。
それで足りる人や、それで頑張っている人もいるけれど、わたしには到底足りない。

頑張って二度寝して、次は10時だった。
起きたのだけれど…何をどの手順でしたかの記憶が曖昧。

午前中に大根を切って面取りをして下茹でをし、味をつけて軽く煮た。
ほうれん草ともやしも茹でた。

それからお風呂に入って髪も洗った。
自分でシャンプーするのは体もだけれど精神的にキツイものがある。
なるべくなら自分で洗わなきゃという気持ちと、1000円であんなに気持ちよくしてもらえるんだから美容院行けばいいじゃんという気持ちがせめぎあっている。

髪を乾かしてからやっと空腹を感じたのでトーストを食べた。
残りが一枚しかない。
明日夫と一緒にランチするのに足りない。
着替えてパン屋とスーパーに行った。

帰ってきてから大根を本格的に煮た。
夫は和食を食べていないはずなので、きっと喜んでくれると思う。

・ほうれん草ともやしのゴマ和え
・大根と油揚げの煮物
・豚肩ロースのソテー
・ネギいっぱいの冷奴
・白飯

ちょっとしんどいので布団で休み休み料理を少しずつ進行していると、
夫から「成田に着陸しました。」というメールが入った。
飛行機、予定時間通りだよ。
嬉しくてにまにましてしまった。


夫は帰宅して荷物を片付けて、お土産と洗濯物を抱えてアパートに帰って来た。
夫はシャワー、わたしは洗濯。
それから夕飯を一緒に食べた。
おいしいと言ってくれた。
頑張って作ったので嬉しかった。

夫が洗い物をして、わたしが洗濯機から洗濯物をだしてパンパンし、二人で干した。
そのあとマッサージをしたら夫は瞬時に寝てしまった。
飛行機で寝てなかったようだ。
時差ボケが辛くなければいいなと思う。
起きて10時過ぎに母屋に戻って行った。

夫からのお土産は『アンモライト』
アンモナイトが化石化したもののうち、虹色に光り輝くものをアンモライトという。
玉虫よりも鮮烈な光を持っている。
そのアンモライトの原石スライスと、14金の型枠にはめ込まれたペンダントヘッドがわたしへのお土産だった。
相当高価なものだったようだ。
さっそく自分でペンダントに仕立てよう。
娘たちへは同じアンモライトでもシルバーの型枠のペンダントヘッドだそうた。
石のランクも違うようだ。
いいものを買ってきてくれた。
ペンダントヘッドはマーキス型というわたしの大好きな形のものだったので嬉しい。
大事に使おう。

夫が母屋にいると思うと背中に安堵感が広がる。
メールで繋がっていられたので、思ったよりもあっという間の一週間だったけれど、夫がいる安心感は何にも替えがたい。

明日もお料理を頑張ります。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へちまと二人で一週間がんばりました。応援ありがとうございますbud

| | コメント (2)

明日帰って来る。

夫は明日出張先から帰って来る。
今夜24時のメールを最後にして、次のメールは成田に着いてからということになった。
ちょっと長いけれど、大人しく待っていることにする。

今朝も早くに目が覚めてしまった。
8時半だ。
ちまがおまたの間で寝ていて、わたしは無意識に緊張していたらしく脚が疲れていて動かしたくて目が覚めた。
二日続けて睡眠不足は体がしんどい。

トイレに行ってちまに朝ごはんをやって、薬を飲み、また布団に戻って夫やZや従姉にメールをしたりしてゴロゴロしていた。

そしたら眠気が来たので毛布にくるまって二度寝に入れた。
次に起きたら2時近かった。
体は楽になっていた。

注文でお作りしたブレスレットは、写真をお送りした結果お気に召していただけたので、
浄化して気入れしてから包装する。
そこまで準備してからスーパーに買い物に出かけた。

夫の帰宅を手料理で迎えたいから食材を色々買って来た。
だるくて今日は何もしたくなかったので夕飯にお弁当も買った。

ブレスレットのご入金があったので発送しにポストまで行ってくる。
明日は雨だそうだ。
夫はトランクを引っ張って大変だ。

明日の夕方には会える。
不安がいっぱいだったけれど、メールでいっぱい繋がることができたので、あっという間だった。
メールが無かったら、わたしは寝込んで一週間を過ごしただろう。

今日はゆっくり眠れるといいな。
元気で出迎えたいから。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へみまさま応援ありがとうございました。無事一週間経ちましたbud

| | コメント (2)

15年越し

朝のZからのメールで8時過ぎに目が覚めた。
メールを返しつつ、ラッキー、燃えるゴミが出せる、と慌ててまとめて無事に集積所に持って行けた。
いつも夫に頼んでいるので、夫がいないこの週はゴミを出さない覚悟だったのだ。

ちょっと睡眠不足だけれど、今日は出かける予定で天気もいいので決行する。
そのまえに、急ぎで入ってきたブレスレットの制作をして、撮影をして、お客さまにメールでお送りした。

今日はお化粧をした。
普段していないので画期的。
障害者手帳の更新のための、証明写真を撮りたかったから。
スッピンではあんまりな仕上がりになると思われてせめて化粧をしたのだ。

仕上がりは気に入らないけれどこれが今のわたしなのだと客観的に認めるより他ない。

電車に乗って銀座に向かった。
一人で行動するのは楽だけれど、心細い。

知り合って15年ほどになるだろうか、同じ頃にクラフトを始めてぐんぐん売れた猫作家さんの個展に来たのだ。
年に二回銀座のギャラリーで個展をやっている。
去年は鬱がひどくて出かけられなかった。
今年は行ける。

地図を見ながらだけれど、迷わずにまっすぐギャラリーに到着することが出来た。
作家本人にも会えた。色々喋れた。

仔猫の企画だった。
どのコもウルトラ可愛い!

一匹ずつじっくり眺めることを2度繰り返して、ちまに良く似たかわいいコがいることに気が付いた。
このコ…欲しいな…。

この作家さんとは、知り合った瞬間から妙に気が合って、お互いの個展には行き来してきた。
作風も大好き。
人柄も大好き。
他の作家さんたちと一緒に食事をしてカラオケに行ったこともある。

作品が大好きなのに、わたしは彼の作品を買ったことがないのだ。
ずっと貧乏で買えなかったのだ…。

120614_125601今なら買える。
ちまによく似てお鼻にぶちがあるこのコ。
わたしは思いきって買うことにした。
現金が足りなかったのでカードで買った。
個展のあと、送ってくれるそうだ。
手のひらサイズのちいちゃな仔猫。

とうとう手に入れた。
15年ごしでやっと作品が買えた。
今まではカレンダーとかポストカードしか買えずにいたけど。

嬉しかった。
買えたことも嬉しかったし、夫にも感謝した。

ギャラリーを出て、カフェでパスタを食べた。
それからもう一件、気になっていた場所に寄り、夕方帰って来た。
行って良かったけれど、睡眠不足のせいかとても疲れた。

Dscf2263こっちがちまちゃん。
似てるでしょ?
送られてくるのが楽しみだ。


夫とのメールは順調。あとは明日が過ぎれば土曜日の夜には帰って来る。
メールで繋がれたおかげで、安心していられた。
寂しさも最低限で抑えられたと思う。
夫はお土産も買ってくれたそうだ。それも楽しみ。

今週末は夫と静かに過ごしたいなあ。
きっと時差ボケですごく疲れて帰って来るんだろうな…。
脚を揉んであげなくっちゃ。

                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へミニ仔猫ちゃんがやって来ることが楽しみですshine

| | コメント (3)

弁護士Z 初カラオケ。

昨日は夕方早い時間に友人Zと待ち合わせた。
二人ともすでにお腹が空いていたので、駅ビルの鉄板焼きの店に入って、あれやこれや注文した。
Zはお酒が飲めない。
最初にアップルジュースを頼み、あとはウーロン茶。
わたしは最初に生ビールであとはハイボール。

いろいろ食べて食べながらいろいろ話して忙しい。
Zはわたしが作ったブルートパーズのネックレスと、お揃いのイヤリングを着けてきていた。
とても似合っていた。

お腹いっぱい食べて、さあではカラオケに行きましょうと店を出ると、外はまだ明るかった。
駅前のカラオケに入る。
2時間で頼んだ。

カラオケに行ったことがないから連れて行ってくれという彼女のご要望で来たので、わたしは彼女が歌える歌をチョイスしてあげなくてはならないと思っていた。

ところが彼女は、歌えそうな歌とか好きで歌ってみたい歌とかが色々あって、そんなお世話は不要だった。
しかも、音痴ではなく音程はしっかりしているし、何より声が良かった。
彼女はよく通る高い声をしている。
歌になるとそれが少女のように可愛い声になる。

そう誉めると、「個性がなくてコーラス部みたいなのが物足りないのよ。」と言った。
いやあ、その歌声で充分オヤジを騙せると思うよ。
声がいいというのはある種「武器」だからね。
きれいな声は魅力のうちなのだ。

10分前にフロントから連絡が来て、彼女が出たのだが、延長をいかがですか?と勧められて1時間延長したらしい。
彼女が楽しいとわたしはすごく嬉しい。
楽しいから延長したんだなと思って嬉しかった。

わたしは5~6曲歌ってやっと本来の声が出て、けれどいい状態は2~3曲で終わってしまい、今度はひ弱な声帯が疲れて声が震えるようになり音程もとれなかった。

カラオケの最中、夜中に目覚めてしまった海外の夫から何度もメールがあった。
結局4時間しか眠れなかったようで、そのまま起きて飛行機で場所を移動して行った。
移動中に爆睡したとのこと。

3時間カラオケして、Zはすごく楽しかったようだった。
また練習会しようと言って別れた。
わたしはまっすぐバスで帰った。

寝ようとして布団に入り、携帯を眺めて、さて、と思っていたら、夫からメールが来た。
ナイスタイミング。
わたしは安心して眠りについた。

          ++++++++++++++++++

今日は12時近くまで寝ていた。
またおまたの間にちまが寝ていた。
今日は休息日と決めていたのでごろごろしていた。
合間に、寝る前の夫とメールをやり取りした。
なんだか寒くて毛布にくるまっていたらまた少し寝てしまった。

明日は友人の個展を見に、銀座まで行く予定…。
一人で銀座を歩いて、ギャラリーに辿り着けるだろうか。
心配だけれど、何度も行っているところなので頑張って行ってみる。

夫は土曜日の夕方帰って来る。
手料理で迎えたいな。
何にしようかな。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ二週続けてカラオケ行ってしまいました。応援よろしくお願いしますbud

| | コメント (2)

メールのある世界

夕べは夫が空港に到着したらきっとメールをくれると信じて、起きて待っていた。
夜中2時少し前にメールが来たっ!
入国審査の前にとりあえず着いたよとメールをくれた。

すごくすごく嬉しかった。
本当に海外からメールがやってくるんだ…と感激。
心配で不安で起きているわたしを思って、とりあえずメールをくれたことに感謝。

簡単なメールのやり取りをして、安心してわたしは3時半くらいに寝付いた。
そのあとも夫はメールを入れておいてくれた。

11時半に目が覚めた。
うん、気分はいい。
12時ころメールをしてみると、夫は夕食を終えホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びたあとだという。
これから寝るのだ。
時差が15時間ほどある。
少しやり取りをして「おやすみー。」を言った。

今日は美容院にシャンプーに行く。
ぷち贅沢の日だ。
お気に入りの女の子がいて、彼女にシャンプーをしてもらえた。
二度洗いしてもらってマッサージしてもらってブローしてもらってこれで1000円は本当にお得。

美容院を出て、コーヒーが飲みたくなりドトールに寄ってアイスコーヒーを飲んでいたら、
まさかの夫からのメール。
寝られないと言う。
二時間寝て目が覚めてしまったようだ。
飛行機で寝れなかったそうなので相当に眠いはずなのに目が冴えてしまったようだ。
すこしやり取りをして、わたしが帰宅したころ、
「朝5時に起こして」と夫が頼んで来た。
こちらの時間では夜の8時だ。

8時ぴったりにメールをした。
返事が無い。
10分おいてまたメールをした。
返事が無い。
また10分してメールをした。
返事が来た。
「おきたい。」

えっ、起きたよじゃなくて、起きたい?
希望??

またメールを二度ほど入れたが返事なし。
出発時間が早いと言っていたので何としても起きてもらわなくちゃ。
で、電話をかけた!

変わった呼び出し音のあと夫が出た。
もう起きて支度をしていた。
電話料金がどうなのか聞いてなかったのですぐに切った。
でも声も聞けて安心。

メールというものがある時代で本当に良かった。
これが無い時代はいかにも心配だったことだろう。
海外で使えるスマホに替えて行ってくれたことに感謝する。

明日は夕方からZとデート。
今日は早く寝ることにしよう。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ病気のせいか心配性なわたしに応援よろしくお願いしますbud

| | コメント (4)

夫がいない

今日から夫は一週間の海外出張だ。

夕べはひとしきりわたしの布団で寝て、起きて母屋に帰るときに
「朝は勝手に行くから。」(見送り要らないという意味)と言うので、
「じゃあ気をつけてね。行ってらっしゃい。」と手を繋いだ。

けれど今朝になったら夫はアパートにやって来てちまに朝ごはんを与えてくれた。
わたしは今眠りが浅いので当然起きる。

何を話したか忘れてしまったが、しばらくいてまた母屋に戻って行った。
そのあと「行ってくるよ。」と電話をかけてきてくれた。
わたしはドアを開けて玄関に出ると、トランクを引いて出かける夫に手を振った。

それから布団に戻ってうつらうつらとしていた。
なにもやりたくない。
何の張り合いもない。
目が覚めたのが2時半頃で、夫が空港に着く前にメールを一本くれてあった。

食欲もないけれど、トーストを一枚食べた。
それからまた横になる。
寂しくてZにメールをねだる。
用事の合間にメールに付き合ってくれた。

夕方になって
夜になって

当たり前だけれど夫からのメールはなくて、もちろん帰っても来ない。
いつもなら一緒に夕飯をとりながら見ているテレビをうっかり一人で見てしまった。
寂しい。

また布団に戻る。
海外からの夫からのメールが来るまでは寂しくて不安で心細い。
何も手につかない。
何もしたくない。

夫がいないとわたしは完全うつ状態になる。

夫が出張先の空港に到着するのは、日本時間で1時半ごろだ。
いつも1時には寝る準備をしているから、すこし遅くまで起きていてメールを待ってみよう。
そうじゃないとどうせ寝付けない。

夫に激しく依存していることを自覚する。
不安で心細い。
早く一週間が経って欲しい。

夫の海外出張なんて、うつ妻にはこたえます。辛いです。
ちまの寝息が今のわたしの支え。

昼間はいつも一人なんだから日常と変わらないけれど、夜の寂しさはかなり辛い。
紛らわすということをわたしはできない。
ずっしり受け止めて沈むことしかできない。

出張に行っている本人は忙しくて寂しさなんて感じないだろうけれども、
普段の生活での夫の寂しさをちょっと理解する。
もっと一緒に過ごす時間を増やしたいな。

夫も変わったけれどもわたしも変わった。
仲のいい夫婦として長く一緒にいたい。

てなことまでを殊勝に考えてしまう、夫のいない夜。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ心細くて辛いです。応援よろしくお願いしますbud

| | コメント (4)

愛するものとの暮らし

夕べ最後にやったフードを、ちまは吐いてしまった。
それが引き金となって胃の中の水分まで吐いてしまった。
しょんぼりしていてかわいそうだけれど、
欲しがらなかったのでなにも補充せずに一緒に寝た。

土曜日は11時まで寝られた。
良かった。疲れが取れたし苦しくない。

ちまに朝ごはんの缶詰めを与えた。
そしたらまた吐いてしまった。
毛玉が混じっていた。
これが苦しくて吐いたのか。
なら仕方ないね。

夫がカリカリを与えると元気に食べて今度は吐かなかった。

夫とランチをした。
最近休日は夫とランチが定番。
トーストとコーヒーと目玉焼きだけれど。

明日(日曜)から夫は海外に出張だ。
メールで繋がれると思うだけで不安感がずいぶん減ってありがたい。
夫は持っていく服で悩んでいる。

夕飯は手作り料理をしようかと思っていたのだが、夫が不要だという。
居酒屋に行こうと言ってくれたので嬉しくそれに従う。

午後の時間、またちまと布団の上で一緒に過ごした。
ちまは布団の角地に陣取り、わたしにお尻を向けている。
尻尾に触れると、尻尾を振ったり回したりして遊んでくれた。

そのうち眠くなったので、毛布を出してきてちまと一緒に毛布をかぶって少し寝た。
ちまはピッタリわたしにくっついて寝て、あったかい。
すごく幸せだった。

5時前に起きて支度をして、早めにいつもの居酒屋に行った。
そしたら臨時休業だった。ショック。

道を挟んで向かいがわにあるお魚料理の居酒屋に入った。
最初は二人で生ビール。
それから夫は日本酒に。わたしはスダチハイを飲んだ。

帰ってきて夫は母屋で着替えてからまたアパートにやって来た。
わたしの布団で大の字で寝ている。
もう4時間寝てます。

明日から出張なのに支度は出来てるのかな。
ちまは自分のベッドで寝ている。

愛する者との安らかな暮らし。
夫とちまの寝息が聞こえる。
シアワセ。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。よろしくお願いしますbud

| | コメント (3)

声がうまく出ない

金曜日は友だちと会う約束をしていた。
9時に起きれば充分なのでアラームをかけてあった。
ところが起きたのは…

朝6時半!

二度寝二度寝…
…できない!
完全に目が覚めてしまった。

5時間半の睡眠ではとてもじゃないけれど足りない。
でももう眠れない。
心臓がバクバクする。

今日はユンケルを飲むことにした。
心臓も苦しいので救心も飲んだ。

友だちが近くまで来てくれるというので助かっている。
わたしはバスで向かった。

120608_135001まずはファミレスでドリンクバーを頼んでおしゃべり。
この時点でわたしは声がしゃがれていて、話のテンポがひどくのろいことがわかった。
普段ほとんど喋らない生活をしているので声帯は退化し、脳の言語野も働いていないんだ。これは困ったよ。
かといって一人で喋ってるのもあぶないし!

写真はデザートに注文したショコラケーキと「おかわりホイップ」。
ホイップがすごい量だったのですごく嬉しかった。友だちと分け合って食べた。

しばらくお喋りをして、カラオケに移動。
カラオケ久しぶりだ。
だけど思ったとおり。
声が出ない!
音程もとれない。
歌姫だったのに!(笑)

何曲か歌っているうちに少しは声が出て音程も安定してきたけれど、疲れてしまい、後半は友だちと静かに喋って過ごした。

友だちと別れ、夕飯の買い物をしてからまたバスで帰った。
睡眠不足の疲れがドーッと出た。
食事をする気にもなれない。
着替えて布団を敷いて、夜の分の薬と頓服を飲んで、ちまと一緒に寝てしまった。

1時間半眠れた。
心臓が苦しいのは治まっていた。
夫が、焼酎の入ったコップを持ってアパートにやって来た。
ちょうどいい。
わたしは買って来た夕飯を広げて夫と食べた。

そのあとも体調は優れず早く寝たかったが、夫がわたしの布団で寝てしまっていたので、やっぱり1時過ぎてしまった。
ゆっくり寝られますように…。
睡眠不足は本当に事態として深刻だ。

診察は再来週だけれども、睡眠が安定しないようなら月曜日に診てもらいに行こう。

友だちに会うということももっと頻繁にあるといいな。
脳が退化しないように。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ歌がヘタクソになっていてショックだったわたしに応援お願いしますbud

| | コメント (4)

自分に疲れる。

めまぐるしく変化する自分の気分や調子に疲れてしまう。

今日は10時半まで寝られた。ちょうど9時間くらいの睡眠。
これくらいが一番合っている。
目覚めたらオマタの間にちまが寝ていた。
可愛くて動けない。。。
でも腰が痛くて膝を立てたい。
そーっと動いたんだけれどちまも起きてしまった。

一緒に寝てくれると嬉しいんだよね。

起きて一通りのことをこなしてから、注文品のブレスレットを制作した。
写真を撮ってお客さまに送ると、気に入ってくださりOKが出た。
嬉しい。ありがたい。


わたしがパニクった小さな事件は、メールを送ってひとまず第一歩だけれども、夜中に相手から短いメールが来ていた。
今忙しいので改めてメールします、とのこと。

わたしはお腹を壊した。
結論は引き延ばされた。
どういう答えを相手が送ってくるかをビクビクしながらまた待つしかない。
何度も何度もトイレに行って、ぐったりしてしまい布団をまた敷いて横になった。

薄い毛布にくるまってごろごろする。
お腹がぎゅるぎゅると音を立てている。
ストレスであっけなくお腹が壊れてしまう。

普段ストレスのない生活をさせてもらえているからこそ、わたしはここまで快復した。
ここ数日、調子がいいと、働くことを妄想してしまう。
今日わかった。
全然無理だ。

働くということはストレスの中に身を投じるということだ。
わたしはたった一日で壊れてしまうだろう。
また病状は逆戻りしてしまうに違いない。
そんなことを考えつつ、数時間うつ状態で横になっていた。

買い物に行くつもりをしていたのだけれど、具合が悪くて諦めたので、夕飯はインスタントやきそば。
牛乳も飲んだ。

夕飯後、布団に横になってテレビを見るともなしに見ていた。
リラックスしていることに気が付く。
さっきまで具合が悪くてうつうつだったのになんだこれ。

一日の中で何度も波がやってきては引いてゆく。
どういうことだろう?
そんな自分の調子に疲れてしまう。

夜になると気分は落ち着くことが多い。
だから夜が好きなんだけれど、今日はもう寝よう。

もっと強くなりたいな…。

                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へくるくる調子が変わります。自分でもよくわかりません。応援お願いしますbud

| | コメント (4)

パキシルは断薬できたと思う。

パキシルをやめて10日目。
特別な離脱症状は出ていない。
頭のしゅわしゅわも、ひどい立ちくらみもなくなった。

6年飲んだパキシルを卒業した。

そしてわたしの睡眠時間はがくんと減って、7時間半になった。
人としてちょうどいい長さの睡眠だ。
少し前まで11時間も12時間も寝ていたのだ。
7時間半ではわたしにはちょっと足りなくて起きると心臓がバクバクする。
もう少し寝ていたい。9時間が多分ちょうどいい。

朝。そう、まだ「朝」と呼べる時間帯に自然に目が覚める。
今日は頑張って10時半まで寝ていたけれど。
うすら寒い朝だった。
気が付くとちまがわたしのわき腹にぴったりくっついて寝ている。
可愛い~。愛おしくて動きたくない。

撫でていると、「あママ起きた」とバレてちまが起きだした。
朝ごはんの缶詰めを与える。
わたしは薬を飲んでまた布団に戻り、夫とZに起きたよメールをした。
Zからの返信はなく仕事が忙しいようだった。

昨日パニクった件でメールをしなければならず、その下書きをした。
一晩寝て、もうパニックはなく、落ち着いた気持ちで文章が書けた。
それを一旦保存して、カウンセリングに出かけた。

雨はもうやんで空は明るくなっていた。
降られると思っていたのでラッキー。

カウンセリングで話して少し泣いて来た。
吐き出すだけでなく、カウンセラーさんに相談をし、意見をいただいた。
そのアイディアをもとに、帰ってからメール文を推敲した。

それを夫に送り見てもらった。
OKが出たので送信をした。
あとは相手からの返信待ち。
(詳しく書けなくてすみません。)

カウンセリングに通っていて本当に良かった。
今は月に二回だけれども、それで足りるくらいわたしは良くなった。
今日は泣いたので帰り頭が痛かった。

今夜は何時間眠れるだろう。
できれば9時間寝たいけれど、自然に目が覚めてしまうものは仕方がない。
あまり睡眠の内容がよくなくて心臓バクバクしちゃうようなら睡眠薬を足してもらうのも手だたと思う。
わたしが飲んでいるハルシオンもマイスリーも、睡眠導入剤で、長い眠りを誘うものではないからだ。

質のいい眠りを確保することは難しい。
セロクエルはわたしを見事に眠らせてくれる薬だったが断薬になった。
残念だけれど薬が一種類完全に無くなったのだからすごい。

それに続いてパキシルを断薬できたなんて素晴らしい。
転院して本当に良かった。
遠いけれども頑張って通おう。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ皆さまの応援のおかげさまです。ありがとうございますbud

| | コメント (3)

今日も早起き…。

今日は夕方帰宅したあと、すごく困ったことが起き、パニクっております。
頓服も飲みました。
夫と話し合ってどう行動するかは決まりました。
内容についてはここには書けません。
なのでちょっと苦しい気持ちのまま今日の日記を書きます。

        ++++++++++++++++++++

今朝も早く目覚めてしまった。今日は8時半だ。
まだ眠っていたいし時間はたっぷりあるのに、目が覚めてしまってもう寝られない。
夫とZに、起きたことを知らせるメールをする。
二人とも返事をくれた。

Zとは本当によくメールをする。
今日は14通メールがあった。
昨日は25通。もちろんそれと同じ量をこちらからも送っている。
こんなヒマな友だちが居て良かったねZちゃん。

ちょっと睡眠不足で心臓がバクバクする。
ドリンク剤を飲んだ。
また長い一日になる。

そうだマッサージに行こう。
10時になるのを待って電話をしたら担当の人が出た。超ラッキー!
13時の予約を取った。
実は今日は美容院も予約してあってそれが15時。
今日は自分にご褒美の一日にすることにした。

ちょっとだけ部屋の片付けをしてからまずはマッサージに。
しまった、頓服を飲んでくるのを忘れた!
でも何故だか今日は苦しくならない気がする。だいじょうぶ、だいじょうぶと言い聞かす。

おまじないが利いて、施術中に苦しくなることがなかった。
よかったあ。
今日はじっくり揉んでもらったような気がした。
お礼を言って軽くなった体で、お昼ご飯を食べに行った。
お蕎麦屋さんに行こうと決めていた。
食べたのは冷やしたぬき蕎麦。
おいしかった。

それから美容院に移動。
今日は、もうすぐ辞めてしまう担当者さんをお願いしてある。
丁寧に仕事をしてくれて満足。
お金を払うつもりで頼んだ眉毛カットもサービスでしてくれた。
月末にカットに行く。
その時が本当にお別れだ。悲しいな。

割引きになっていたお弁当を買って帰って来た。
郵便受けに手紙が届いていた。
それを読んでわたしはパニクって、夫とZにHelpメールを出した。

その間にブレスレットの注文お伺いメールも入って来た。
即対応。即返事。
ご注文いただけることになった。

夫が夜来てくれるまで、わたしの心は大きく波打っていた。
ナミダもポロポロ出た。
夫と話し合い、方針が決まってようやく少し落ち着いた。

こうしてブログに記事を書いていると心が落ち着く。
だから辛い気持ちでも更新しようとPCに向かったのだ。

今日はいろいろあった。
明日はカウンセリングだ。
気持ちを吐き出してこよう。
カウンセリングがあって良かった。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援クリックありがとうございます。今日もよろしくお願いしますbud

| | コメント (2)

長~い一日

セロクエルをゼロにして、パキシルも断薬したら、眠りが浅くなって眠る時間も短くなった。
決して足りてないわけではない。
12時まで眠っていられる日もあるから。

今日は眠りが浅くなっていたところに親友Zからのメールで目が覚めて起きた。
9時だった。
そこから始まって今日は悩み多きZと一日中メールをしていた。
彼女は仕事の合間合間に。
わたしはメールの合間にシャワーしたり洗濯したり創作したり撮影したりしていた。

9時に起きると一日がとても長く、今日はやる気があり、Zからのメールも放置できない状況で、有意義に過ごせた。

朝食をとり、そのあとシャワーして洗濯をした。
洗濯物を干してから、久しぶりの制作活動をした。
いい石が手に入ったのでシンプルに可愛く仕上げた。

撮影をして、PCに取り込んで、ブログにUPする。
制作室ブログは一ヶ月以上放置してしまい、スポンサーサイトが出てしまっていた。
5月のわたしは一体何をしていたんだろう。
記憶にない。いつのまにか6月だもの。

今日もいい日和。
発送するものがあるので外に出なくちゃいけない。
ついでだから夕飯を買って来ようと思っていたのだが、なぜか急にファミレスに行きたくなった。

5時になってから注文品を発送しに行き、その足でウォーキングがてらファミレスに行った。
すごく久しぶり。
わたしは一人で食事するのが平気。
眺めるタイプの本を一冊持って行った。
食事を終えたあとコーヒーを飲んで、パラパラとその本を眺める。
合間にメールに返信をする。

6時過ぎに帰ってくるとちまちゃんお出迎え。
お腹が減っていたらしい。

10時少し前に夫が会いに来てくれた。
マッサージをしてあげた。


◆今日出来たこと。
・早く起きられた。
・シャワーして体を洗った。
・洗濯
・作品の制作(2点)
・撮影
・ブログ記事のUP
・mixiで紹介
・注文品の発送
・ウォーキング4000歩くらい
・夫のマッサージ

今日はいっぱい出来た。
こんな日は疲れていても苦しくないし後ろめたくもない。
罪悪感がない。

わたしの存在意義はZが証明してくれるとのこと。
今日一日朝からメールのやりとりをしていて、とても助かったからだそうだ。

夫も今日はちょっと遠くまで出張だったのでメールでねぎらったら、
「あたたかい言葉ありがとう。」とメールが来て嬉しかった。

今日は頑張れた。
明日はゆっくり寝て午後美容院に行く。
疲れたからもう寝ようね…。
おやすみなさい。
                                      伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今日は頑張れたわたしに一票おねがいしますcrown

| | コメント (3)

あっけなく墜ちた

夫を不機嫌にさせてしまった。
黙ったまま荒々しくアパートを出て母屋に帰ってしまった。

理由を聞くメールをすると、自分が食器を洗ったりゴミをまとめたりしている間、キミはなんだか大事そうなメールをしていたから、自分は不要だと感じて帰りました、とのこと。

気分を損ねて黙って帰ってしまったのだ。

メールで謝ったが、返事が来ないので電話をした。
ごめんなさいと謝ると、別に怒っていないけど?という反応。

怒っていないわけないよね。
一言も発せず黙って出て行ってしまうなんて。

もちろん態度が悪かったのはわたし。
食事の用意が出来て夫を呼び、夫が来るまでの間、わたしは使った調理器具を洗った。
それらを拭いて片付けた。
だから食後の洗い物は夫にしてもらってもいいと思っていた。
料理も頑張って3品作ったし、ご飯も炊いたし。

食後はわたしはだいたい具合が悪いので、布団に横になって携帯をいじっていた。
メールは一本しただけで、すごく大事なメールかと言われたらそうでもないけれど。

思いあがりが態度に出ていて、きっとふてぶてしい姿に見えたのに違いない。

頑張って料理3品も作ったのに、こんな結果になってしまってがっかりだ。
わたしは、自分が生きている証として・存在の意義として・そして夫への愛と感謝の意味を込めて、心を込めて夕飯を作ったのに。

そのあとの自分の態度が悪くて夫を不愉快にさせてしまった。

120603_184001今日作ったのは
・鱈の切り身のソテー
・スパゲティサラダ 生野菜添え
・切干大根の含め煮
それにご飯を炊いた。

夫はおいしいと言って食べてくれた。嬉しかった。
今日は料理しかしなかったけれど、ちょっと前まで一品しか作れなかったのが三品作れるようになったのはすごい進歩だと自分では思っていた。
夫がどう思っているかは不明。
おいしいと思って食べてもらえればそれだけでわたしは存在の価値がある。
まだ手際が悪くて大体1時間半はかかってしまう。
買い物にも行くから半日仕事だ。

でもこれをやらないと、ただぐうたらな一日をすごして夕方激しく後悔する羽目になる。
これからも土日どちらかはこうしてちゃんと料理をしたい。

そして今日の失敗は繰り返さない。
夫と一緒に居る時は携帯をいじらない。

わたしは久しぶりに頓服を飲んだ。

良くも悪くも、わたしには夫が『要』なのだ。
夫とうまく行っていればわたしは安定する。
すれ違いが生じるとあっけなく墜ちてしまう。

わたしは少しも良くなってなんかないんじゃないだろうか…。
余りにも平和で静かな暮らしをしていて、ストレスが無いから治って来たように感じていたけれど、ストレスがかかればあっけなく墜ちてしまう。
これでは治っているとは言えない。

そんな自分にがっかりした。
せっかく喜んでもらいたくて料理を頑張ったのに、自分の態度が悪くて夫を不愉快にさせてしまった。

いい一日になるはずだったのに頓服を飲んでいる。
がっかりだよ自分…。
夫とうまく行ってたから甘えと油断が出てしまった。

パキシル断薬でわたしは身体症状が出るものだと思っていたけれど、そうじゃなかった。
精神状態が過敏になっている。
それでも、これを超えて断薬を成功させたい。
苦しくても頑張りたい。

頓服…もう一包飲むかな…。

                                     伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ墜ちてしまった小心者のわたしに、応援のぽちをお願いしますtulip

| | コメント (4)

昨日よりはマシ?

夜が更けて、今日もなんとか一日をやり過ごしたなと思いながら書いている。

今日出来たことは…
・夫と一緒にランチ…目玉焼きを作ってコーヒーを入れてパンをトーストした。
             食器洗いもした。

・注文品を二つ作った…夫の知人から頼まれたもの(ストラップ)を二個作った。
               包装して夫に渡した。

・夕飯の後片付け…食器洗いをした。

・夫のマッサージ…肩が痛くて腕が痺れている夫の要望で肩と腕をマッサージした。
 
今日の夕飯は手巻き寿司で、準備は夫とお姑さんがやってくれて、その中から二人分夫がもらって来てくれる。なのでわたしの準備は小皿を用意して海苔を準備することだけ。
夫が食後すぐに寝てしまったので食器洗いはわたしがした。

うーん。
いくら考えてもやれたのはこれだけ。

明日は料理をする。
しないと自分の存在価値が見えなくて苦しい。
夫が喜んでくれるメニューを考えて心をこめてじっくり作ろう。

夫は体調が良くないようで(お酒は飲んでいるけれど)食後すぐに寝てしまう。
ランチのあともわたしの布団で寝てしまい、わたしと夫とちまで、シングルのお布団はぎゅうぎゅう状態だった。

夕食後は椅子で寝ていたが、やがて布団に移動して今夜もすやすや寝ている。
疲れているのだろうな…。

夫は皺もなくて白髪も少なくて、童顔で10歳はサバ読めるいでたちをしている。
見かけは若いけれども、年齢は正直だから疲れているのだろう。

夕べ寝る前に夫にメールをした。
わたしこんなに良くなって来ているのに、何にも出来ていないって思ってる? と尋ねたのだ。
すると夜中なのに返事が来た。
なーんにも気にしないで僕のそばに居ればいいんだよ。という返事だった。

暗闇の中ですーっと涙があふれ出た。

頑張ろう。
頑張りたい。
わたしは夫に頭を撫でてもらいたい。
いいんだよそのままでと言ってもらいたい。
そのためには少しずつ頑張らなくっちゃ。

でも今はパキシル断薬中だから大事に過ごそう。
すこし過敏になっている気がする。
今日はしゅわしゅわしなかった。
めまいも無かった。

段々良くなってきている。
Time is Doctor だと思う。
まだまだ先は見えないけれども、格段に良くなっていると感じる。
それともまた鬱の波は押し寄せて来るのだろうか。

                                      伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ小さな一歩でも続けて行きたいです。応援お願いしますbud

| | コメント (4)

罪悪感に追われる

今日も12時まで眠ることができた。
体調は大丈夫。
ちまに缶詰めを与え、自分は薬を飲んでまた布団に戻った。

ゆったり、のんびりする。
そのためにはいつでもごろりと出来るベッドやソファが必要だとわかった。
でもこの部屋にはどっちも置けない。
なので布団を畳まない日が増えていて、それだけでも世間様にだらしがないと叱られるのではないかという罪悪感が心をよぎる。

布団で休んでいるとちまもトコトコやってきて、決まったスペースに鎮座する。
一緒に過ごしている感じがして幸せになる。
たっぷり眠ったあとで尚、ゆったりゴロゴロしていられるのは至福なのだ。

でもしばらくすると、そんな風に時間を浪費している罪悪感で苦しくなってしまう。
こんなに良くなったのに、わたしはやるべきことをやっていない。

ウォーキングもやってない。
毎日お風呂に入っていない。
掃除は夫にやってもらっている。
片付けるべき山が部屋の中に数箇所ある。

こんなに良くなったのだから何かしなくちゃ…!

でもやる気が出ない。
やりたくない。
わたしは布団に横たわって罪悪感と戦い続ける。

出かけようか。
出かけて気晴らししようか。
気晴らしって何。

何か用事を済ませに行ってこようか。

そしたら外が暗くなって雨が降り出し、カミナリが鳴った。
こんな天気の中、わざわざ出掛けることはない。
起き上がってPCにかじりつく。

心がざわつく。
気が焦る。
頓服を飲んだ。

通り雨だったようですぐに晴れて来た。
…やっぱり出かけよう。

近くに新しく出来た動物病院を見に行くことにした。
今までお世話になっていた病院に何ら不満はないけれど、6キロのちまを担いで行くには余りにも遠かった。

新しい病院は距離が半分以下で済む。
ちまはそろそろワクチンなので、注射を受けがてら転院しようと思ったのだ。

なるほど近かった。
ドアを開けて入ってみるとお客さんはいなくて、受付に若い男性が居た。
この人がドクターらしい。

ねこが居るんですけれど予約しなくても三種ワクチンしてもらえますか?
と質問して様子をさぐる。
穏やかで静かに説明してくださった。
うん、いいかな、ここにしても。
ドクターがねこ好きだといいんだけれど。

それからお総菜屋さんに行って夕飯のおかずを買った。
帰って来て空腹を感じ、すぐにお米を研いで焚き始めた。
そこへ夫からのメール。

飲み会がお流れになり早く帰って来ると言う。
夕飯を一緒に食べようか、と言われてもちろんOK。
夫は夫でお総菜を買って帰って来た。

一緒に食べるのは嬉しい。
食後わたしがちまと布団でくつろいでいると、夫がやって来てすやすやと眠ってしまった。
今も赤ちゃんみたいに寝ている。

今日は動物病院の様子を見る、という用事しかこなせなかった。
やはり罪悪感が強い。
これはひょっとしたらパキシルの離脱症状かもしれない。
体の症状はしゅわしゅわ以外出ていない。

もしこの罪悪感が続くならかなり辛いな。
このままでいいよと、夫に言ってもらえない限り続くだろう。

夜が更けてくると心が落ち着く。
今日の罪悪感から解放される。
また違う明日がやって来る。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へパキシル断薬頑張っています。応援よろしくお願いしますcherry

| | コメント (4)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »