« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ちまのごはん事情

わたしの稼働時間が短いことは、ちまの食事にも影響を与える。
ちまは寝ているわたしを起こすようなことはしなくて、わたしが寝ているとちまも寝ている。
わたしが少し動くと、そろそろ起きるのだなと察して先に起きる。
そして朝ごはんの催促。これがもう午後になっている。

二時間ほどして催促があればお昼ごはん。
シーバという袋に分包されたカリカリの半量ほどを与える。

夕方6時くらいにオヤツ。
パウチに入ったスープのオヤツだ。マグロやカニカマが入っている。

夜8時か9時に催促があれば夜ごはん。
サイエンスダイエットのヘアボールコントロール(カリカリ)を軽く。

わたしが寝る12時ころに、お昼の残りのシーバを。
このあと12時間~14時間何ももらえない。

ねこは無駄食べをしないのでお皿に沢山入れておいてもその時必要な分だけ食べる、と聞いている。わたしの知っているねこもそうだった。
でもちまは残さない。残さず食べて吐き戻す。

それを防ぐために少量ずつ5回に分けて与えている。
そうするようになってから吐き戻しはずいぶん減った。
でも吐きやすいねこであることに変わりはないようだ。

金曜日にちまが吐いたので、夫に、わたしの稼働時間を長くして、もしくは朝一回起きて、ちまの食事の間隔を空けるようにしたらと言われた。


稼働時間を少しでも長くしようと、12時にアラームを掛けて今日はそれで起きた。
夫がちまに朝ごはんをやってくれていたので時間を聞いたら9時だったという。
それならお昼ご飯をもうやってもいいな。

それからオヤツのスープをやったのが5時半。
夜ごはんは8時。
このあと12時にシーバの残りを食べて今日は終わり。いいペース。
もちろん吐いたりしない。

わたしがせめて11時ころ起きればいいんだ。
いや、もっと早くに一回起きて、ちまに朝ごはんを与えたら二度寝すればいいのか。
それをやってみよう。


今夜は料理が出来た。
一品だけだけれど。
久しぶりに作った炒り豆腐。夫はおいしいと言ってくれた。嬉しかった。
何度も何度も味見をして作った。

食事の間、ちまはわたしたち二人の間に置かれた自分の小さい椅子に座っていた。
なにももらえず諦めてベッドに行ってしまった。
ちょこんと座って待っている様子がなんともかわいい。
前に、その椅子を踏み台に使ってそのままにして置いたら、大人の食事の時間にちまは遠くにあるその椅子にちょこんと座っていた。
遠いのに座っている姿がとてもかわいかったなー。

とりあえず明日の朝は夫に甘えて、月曜日から二度寝作戦に行ってみよう。
寝れなくても構わないんだし。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもありがとうございます。ちまちゃんともどもよろしくお願いします。

| | コメント (0)

テレビが見られない

昼間は普通に動けた。
メール便を出しに行って、スーパーに行って買い物ができた。
そのあと制作もできたし、撮影も出来た。

夕飯時にニュースを見ていた。
でもニュースが終わるともうダメ。
NHKの番組でも見ていられない。
民放の芸能番組にしてみたけれどダメ。
プロ野球にしてみたけれどダメ。
どれも見ていられない。仕方なく電源を切った。
静寂にホッとする。

この「見られない」を説明するのが難しい。
うるさくてダメ。
うるさくなくても心がついて行かなくてダメ。
内容が頭に入ってこなくてダメ。
落ち着いて見ていられなくてダメ。

いろんな理由が絡み合って、テレビが見られない。
そのことを自分では不調だと思う。

DVDレンタルも休会したままだ。
送られてくる自分が選んだ映画をまだ観る自信がなくて再入会できないでいる。

うつ病になる前はクイズやドラマやバラエティを見られたのに。
今はNHKのニュース以外見ていられない。

でも、制作とブログができる。
仕事にはなる。(売れればだけれど。)

テレビが見られなくて困るのは、テレビがついている環境において苦しいことだ。
実家にいてもテレビは苦しかった。
それ以外で困ることはないといえばないのだけれど、わたしには娯楽が少ない。
テレビくらい見たいのに。

見たくないのならそれでいい。
見たいのに見れないから不調なのだ。
これはいったいいつ治るんだろう。

働けるだろうかわたし。
治るんだろうか。
ちょっと焦る。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ不調だと焦ります。応援clearよろしくお願いいたしますtulip

| | コメント (5)

墜ちて来た

ここしばらく調子が良かったのだけれど、今日は夜になってから墜ちて来た。
理由は不明。
本人まだ気が付いておりません。

最近朝一回目が覚めてまた寝るというパターンになっている。
それで今日は12時に二度目目が覚めたけれども、まだ眠れそうでうだうだしていたら寝てしまい、起きたら14時になっていてびっくりした。

でもすることの少ないわたしにはこれくらいの稼働時間で充分。
パンを食べて着替えて出かけた。
今日はあたたかい。
銀行、お惣菜屋、ドラッグストア、パン屋と回って来た。

帰って来てすこし片付け事をして、そのあと今日も制作。
ネックレス一本作った。納得の出来。
夕方撮影をした。

Dscf3498ついでにちまを上から撮ってみた。
近くに寄ると絶対カメラ目線をくれずに顔をそむけてしまうので、上から呼んで一枚可愛いのが撮れた。
こう見るとわからないがちまは大きなねこである。
体重は6.5キロもある。
膝に抱っこすると確実に膝からはみ出してしまう。

実家に帰省したときに近所の家に挨拶に行って、19歳というねこを抱かせてもらった。
あまりにも小さくて軽いのでビックリした。ちまは重い。大きい。でもどうしようもなくかわいい。

夕飯を食べて、お笑い番組でも見ようかと思ったけれどダメだった。
見ていられない。
これが不調のサイン。
緊張していて歯を噛み締めている。これも不調のサイン。
理由がわからない。
天候には関係なさそう。明日も晴れて暖かいというから。

あああやだな。せっかく調子が良かったのに。
なんで墜ちるかな。
何かが食べたくて仕方がない。これも不調のサイン。
満たされていない証拠だ。夕飯はしっかり食べたしチョコも食べたのだから。

ああやだやだ。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ急に不調になりました。応援clearよろしくお願いいたしますclover

| | コメント (0)

家族というあり方

今日はカウンセリングに行って、実家の話をして来た。
具体的に言えばお葬式に関する話を父と出来たことで少し不安が和らいだという話。

父となら感情的にならず本音で喋れる。
父はわたしにプレッシャーを与えるようなことはしない。
相談し終わったあと、「ま、あんまり心配せんでもいいからな。」と優しく声をかけてくれる。

このところ実家に行って両親と3人で過ごすとき、これがわたしの家族だったのだ(過去形)と実感する。
小さい頃や若い頃にはそれぞれが精一杯で、3人でのんびり過ごすなんてこともなかった。
いまその家族をやり直しているという感じがして気に入っている。

両親とわたし、それに息子を加えた4人を、一つの家族だと思っている。
息子にとっては「思っている」ではなく、まさしく血の繋がったこの4人が家族であって、息子が「うちってさ、」と何かを質問してくる時は、実家のことを指している。
母子家庭になったのが息子が8歳の時だったから、記憶のあらかたは父親不在だろう。

また、わたしにはそれとは別に家族がある。
血の繋がらない、一緒に暮らしていない家族だ。
夫と夫の母、そして3人の子供たち。
夫の母のことは正直苦手だけれど、3人の子供たちに対してはわたしは愛情を持っている。
一緒に食事に行ったりすると嬉しい。

けれども、たとえば夫亡き後、わたしの面倒を見てくれるかと言えばそれはないだろう。
わたしは子供たちの世話を何もしてやっていない。
別棟に一人で暮らすわたしは、義母ではなくパパのお妾さんみたいなものじゃないだろうか。

家族とはいえ、あいまいな家族だ。
夫という柱をなくしたらわたしは夫の子供たちとのつながりが無くなってしまうような不安を感じている。

夫は若く見えるがわたしとほぼ7歳違う。せいぜい長生きしてもらわないと一人になってからが長いので怖い。尚、わたしが先に逝くのは契約違反だそうだ。

家族は、血のつながりだけで成り立つものではない。
けれども一緒に暮らしていないと家族とも言い難い。
N家においてわたしの立場は微妙だ。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも将来が不安なわたしです。応援clearよろしくお願いしますbud

| | コメント (0)

穏やかな一日

今日は精神的に辛いことが無かった。
心配なことも不安感もなく過ごせた。

一回目目が覚めたら朝の8時で、東の窓から燦々と陽の光が注いでいた。
しばらくその光を眺めていたけれどまた眠って、次はやっぱり13時に起きた。
ゆっくり眠れて幸せだ。

ちまの世話をしてからパンを食べ、お風呂に入って髪を洗った。
今日は気分が悪くならなかった。

髪を乾かしてから洗濯をし、それから制作を少しした。
ローズアメジストとパールのペンダントとピアスを作った。

洗濯物を干してから作品の撮影をした。
お腹がすいたので早めの夕飯を作って食べた。

衝撃映像みたいな番組をテレビで見始めたがすごいハラハラして心臓に悪いのでニュースに切り替えた。

夫が早い帰宅で、早い時間にゴミを取りに来てくれた。
すぐ行ってしまおうとしたので後でまた来てと頼んだら、10時頃また来てくれた。

夫とも会えたので安定している。制作もできたし髪も洗えたのでゴキゲンだ。
明日は二週間ぶりのカウンセリング。
何を話そうかなあ。
今日は穏やかだった。
ちまに求められて2回抱っこして2回ブラッシングをした。
ちまも安定している。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読みに来てくださってありがとうございます。応援clearお願いします。

| | コメント (0)

ちいさなやる気

夕べはつい寝るのが遅くなってしまったので、起きるのも遅いかと思っていたけれど、やっぱり13時くらいには目が覚める。
わたしがウゴウゴすると、それを察したちまが起きてくるので結果わたしも起きる。
ちまが居るから起きられる。
ちまは大事な存在だ。

今日はホームセンターと、郵便局と、スーパーに行った。
まだ寒い。本当に今月中に桜なんて咲くのだろうか。
実家では昨日雪が降っていたのだ。

買い物から帰って来て、ふと小さなやる気が湧いた。
来月出展するアートフリマのための作品を作り始めようと思い立ったのだ。
気が変わらないうちにすぐさま始めた。

今日作ったのは、「石」っぽいネックレス。
地球のカケラを使わせていただいております、って感じのもの。

以前と違い、毎日やる気が出るとは思えないので、一週間に2個とか3個作れたらいいな。
それをブログで紹介していけたら毎日が充実するだろう。

今夜は気楽なクイズを見ることができた。
そのあと制作室ブログを書いて、mixiで宣伝した。
ちまのブラッシングも丁寧にやった。

今日は恥ずかしくない一日になった。
小さなやる気が集まって一日を構成すると充実した一日となる。
またそんな日があるといいな。

今日精神的に安定しているのは夫とメールを何回か交わしたから。
これが無いとわたしは不安定になる。
夫の立場は重要だ。
                                     
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今日は頑張れました。応援clearよろしくお願いいたしますcherryblossom

| | コメント (0)

父と本心で話す。

実家から帰って来ました。
親孝行できたかな…。よくしてもらって居心地は良かったです。
父と話したかったことも話せたし。

行った日が一番喋ります。
家に着いてからと夕食のあと、静かな環境のなかでいろんなことを喋りました。

母がお風呂に入っている間に、父と話したかったことも話せました。
これは、いつ訪れるかわからないけれど、お葬式のときの母の兄弟たちの扱いについてのわたしの悩みです。
母の兄弟はみんな遠方で、葬儀となったら皆が泊りになります。しかも2泊です。
その受け入れを家でやらなければいけないことが苦痛でたまりません。
自分は悲しみでいっぱいのときに、叔父たちの酒宴や寝床の用意はわたしにはできません。
それをどうするかを父と前回から話し合ってきました。

二晩、母がお風呂の間に話し合って、父はこの先母ともちゃんと話し合うけれども、近所の人で頼める人に食事の世話はしてもらい、寝床は自分たちで勝手に布団を引っ張り出してやってもらうより仕方ないだろうということになりました。

余り心配しないようにと父に言われました。
そうは言われても不安障害ですから、まだ起きてもいないことをあれこれ考えて不安になるのは仕方がありません。

けれども父と腹を割って話ができたのでかなり安心しました。

手術が不成功に終わった父は、5月にでもまたチャレンジするつもりであるということでした。今度はうまく行くといいのだけれど…。

昨日は3人で105円均一の回転寿司の店にランチに行きました。
わたしは寝起きで連れて行かれたのですが、けっこうおいしく食べました。
お店の人がなぜか父の前に会計表を置いたので父のおごりになりました。

帰って来て母と横になって喋っていましたがちょっとうたた寝をしました。
珍しいことです。

今日は地区の老人会の総会があるということで、両親とも午前中から留守でした。
わたしの駅までの送りは、近所の同級生に頼んでくれてあったので、安心してゆっくり起きると、外は雪でした。びっくり。寒かったです。

品川には夫に迎えに来てもらいました。
一人でも帰れるのだけれど、甘えているのです。
夫はわたしの留守中にちまの世話だけでなく、掃除も洗濯もしてくれてありました。
甘えさせてくれるいい夫です。

4月は両親が忙しそうなので帰省することはないでしょう。
また来てねと言われて、うんまた来るよと返事をしておきました。
今度はいつ行けるかな。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ留守中の応援ありがとうございました。今日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

後悔する満腹感

夕べは寝付けなくてワイパックスを足して飲んで、Zと夫に真夜中のメールをしてようやく寝付いた。
今日の目覚めは12時。目が覚めてから布団のなかでうだうだしているのが好き。
1時に起きた。昨日よりは調子が良かった。
ちまも吐かなかったし。

今日は美容院に行って髪を染めてもらった。
今日はまだスタイリストじゃない女の子に頼んでやってもらった。
彼女は仕事が丁寧で好き。
話もうるさくないし、やわらかい関西弁が耳になじんで心地いい。

最初から外食するつもりで美容院の時間を4時で取ったのだ。
一人で行く、駅ビルの中の洋食屋さん。
すごく仕事が丁寧でおいしい。

今日はわたしは満腹になりたかった。
もう無理っていうくらい食べたかった。
なのでオムライスに、サラダとケーキとドリンクがつくセットメニューを頼んだ。
オムライスはソースが選べて今日はトマトソースにした。
クリームコロッケが1個乗っている。
サラダは超細い千切りのキャベツにトマトときゅうりというシンプルなものだけれど、ちゃんとおいしい。

ケーキはミルフィーユを頼んだ。
来たら思いのほか大きかった。
食べ終わっておもいきり満腹だった。

帰り道後悔する。
ケーキも食べたかったから食べたんだけどさ…。
こんなに満腹になるまで食べちゃって…。
お便秘なのにどうしよう。

明日から実家だしまた沢山食べなくちゃいけない。
あーあ。食べ過ぎたよ。

無かったことにしてくれる薬があればいいのにね。
せっかく痩せたのにじわっと体重が増えている。
リバウンドしないようにしなくっちゃ。

昨日は夫に会えなかったので、今日は会いに来てねと頼んだら承知してくれた。
今待っているところ。
明日から実家に行くので日曜日まで会えないし。

両親は楽しみに待っていてくれている。
親孝行できるかな。
行ってだらーっとしているだけだけれども。

ああ苦しい。食べ過ぎて後悔。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ明日・明後日と更新をお休みしますね。応援clearありがとうございますshine

| | コメント (0)

頓服を飲む夜

夕べからセロクエルが1錠になったが、寝つきは悪くなかった。
昨日は早起きしたから今日は寝たいだけ寝た。起きたら午後1時。
だいたい同じ時間に目が覚める。

ちまに缶詰めを与えて(一回の量は三分の一)、自分もパンを食べて、それからお風呂に入った。
上がるとちまがドアの外で待っていた。
しばらくしてカリカリを与えると、おもいきり吐いた。
缶詰めの分まで吐いてしまった。
充分時間は空けたし欲しがって仕方ないから与えたのになあ…。

でもケロッとして走ったりお外を眺めたりしているから大丈夫そう。
また押入れの前に座ってわたしを呼ぶ。
ちまのカリカリは押入れに入っている。

元気そうだから大丈夫かな?と思いカリカリを少量与えた。
そしたら食べ終わる前にまた吐いてしまった。
ショックだ。
でもちまもショックだったみたいでベッドに上がってしょんぼりしていた。
「もうねんねしな。」というと静かに寝た。

今日は落ち着かない。
洗濯をして干したら愕然とする。
このあとわたしどうしよう。
何をしたらいいかわからないのだ。
というか、何もできないのだ。調子が悪い。

何かできそうなこと…。
簡単なゲームならできそう…。
情けないけどPCでゲームをして紛らわす。

夕飯はご飯を炊いてレトルトカレーと目玉焼き。
今日はちょっと見たい番組があったので、座椅子を出してきて見る体勢に。

ところがお気楽なバラエティではないせいか、落ち着いて見られない。
とてもじっとしていられないし、脳がストーリーを拒否する。
30分くらいしか見ていられなかった。
どうしてもダメで断念してテレビを消す。
それでもざわつくので頓服を飲んだ。

夫は今日は飲みに行っていて会えない。
昨日けっこう一緒に居たからその反動が辛いのだろうか。
うつの重い時は、息子に会った翌日は反動で良く寝込んだものだけれど、そういう感じ?

辛いとき、辛いのだということを誰かに訴えたい。
わかってもらえなくてもいいから聞いて欲しい。
夫に訴える。

寝る前に「何もできない夫で…」とメールが来た。
メールしてくれるだけで充分なのに。
本当は背中をやさしく撫でて欲しいけれど難しいもんね…。
酔った夫をわたしは好きではないからこれも自分のせい。

明後日久しぶりに実家に行く。
調子が戻るといいなあ。
セロクエルを減らしたからかなあ…。
今も辛いから。
もう薬を飲んで寝よう。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも来てくださってありがとうございます。応援clearよろしくお願いしますshine

| | コメント (0)

梅見日和

今日は夫の誕生日だった。
どう過ごしたい?と前夜聞いたら、お墓参りとウォーキング一万歩という希望だった。
夕飯はお姑さんが五目寿司を作ってくれるからあとなにか一品でいいよとのこと。
何も欲しがらず、外食の希望もなく、ささやかな願いだった。

ただお墓参りは10時くらいには行きたいというのでそれを叶えることにして早めに寝た。
朝は夫に起こしに来てもらった。
起きたね、じゃあ、と夫が居なくなってから30分くらいうつらうつらしてしまった。
パンを食べて、10時すぎにお墓に徒歩で出発。

日差しは暖かいが吹く風が冷たかった。
コートのライナーを外したが、ストールを巻いて行って正解。
お寺の参道は人で賑わっていた。

昨日夫はお姑さんとお墓参りを済ませているので、途中で買い足した花を挿し、お水を控えめにかけて、お線香を上げてお参りしてきた。

Dscf3453そのあと歩いて梅園に向かった。
今日は梅見日和だろう。
青空に紅梅白梅が映える。
でも見ごろにはまだ少し早かったくらいだ。
こころなしか花も小ぶりな気がする。
←八重梅。まだ咲ききっていなくてバラのよう。

人の出も多く、カメラを持った人も多かった。
というか全員カメラか携帯は持ってたかもしれない。

狭い梅園なので早々に見終わり茶屋でコーヒーを買ってふうふうしながら熱々を飲んで休憩した。

アンミツを買ってまた歩いて帰って来た。
夫がアパートでパンを食べる。
そのあとアンミツを一緒に食べた。

しばし別れたあと今度は車でスーパーへ。
今夜の一品を考えて買い物をしていたのだが、お惣菜とお刺身に逃げることになって手作りは取りやめ。ペットショップでちまの春夏用のベッドを買って帰って来た。

万歩計が一万歩に満たず、買い物から帰ってきて夫は歩きに出かけた。
夕飯のあと、肩凝りがひどいと言って夫がエレキバンとサロンパスを貼ってくれというので貼ってやり、少し肩揉みをした。

プレゼントも何もない夫の誕生日だった。
でも一緒にお墓参りができて、梅も見られて良かったかな?

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んで下さってありがとうございます。感謝しておりますtulip

| | コメント (5)

セロクエルまた減薬

三週間ぶりの診察日。
今日は所用で会社を休んだ夫に起こしてもらった。
おかげで宅急便も受け取れたし、早めに出かけられて予約時間の前に病院に到着した。

今日も空いている。
この分だと早く帰れるかな?と思いつつ待っていたのだが、待てど暮らせど呼ばれない。
45分待った時点で受付に順番を確認してもらったくらいだ。
次ですと言われてからも長く待った。

今の主治医は何を考えているのか、何を求めているのかもしくは求められているのかがよくわからない。
何を話せばいいのかわからなくなってしまう。
無口なわたしに「いまどういう暮らしをしていますか?」と質問してくれたので、ようやく日ごろのわたしの話をした。
12時間睡眠で午後1時ごろ起きていること。
土日には料理が出来るようになったけれど、一人の平日には滅多に作らないこと。
ひどく落ち込んだり寝込んだりすることは無くなったけれども、楽しみがなくて辛いこと。
テレビは見れても2時間、本は30分位が限度、音楽は聴けず何をしていたらいいかわからないことを話した。

主治医からは特にコメントなし。
薬の相談に移る。
今飲んでいるお薬の確認をゆっくりとやって、ようやく、セロクエルをなくしたいという意見が聞けた。
睡眠にさえ異常が無ければセロクエルは切りたいのだそうだ。
3錠を2錠に減らしたのだが睡眠に特に支障はなかったので、今回1錠にしてみることになった。

それから肝臓を保護するために飲んでいるレバラミンを半分の3錠に減らしてもらった。
次はゼロにして、そのあと血液検査をするということだった。

大丈夫かなセロクエル。少し心配だけどやってみよう。
何かを減らさなくちゃいけないんだもの。

帰り道Zからメールが来た。
今日の夜わたしの住んでいる町で仕事があるのだそうだ。
夕方少し時間が空くので会おうというものだった。
夫に「一緒に夕飯しよう」とメールした後だったが、夫が「それなら別々にしよう。」と言ってくれたので、駅でZに会った。
今日も素適な格好をしていて綺麗だった。

田舎の駅なのでファストフードと喫茶店くらいしかない。
恐る恐る2階にあるお好み焼き屋に入ってみることにした。
なかなかいい店だった。
それぞれお好み焼きを頼んで、焼くのはZがやってくれて、色々話しながら食べた。
1時間しか会えなかったけど、彼女は「時間を有効に使えたわ。」と言って仕事に向かった。

わたしは帰ってちまを抱っこした。
抱っこしてえ~と両手で抱きついてくるんだもの。
本当に天使ちゃんだ。

さて明日からセロクエルは1錠になる。ちゃんと寝付けるのであれば心配はないと思う。
そう、心配は入眠だけだ。

                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ恐る恐るの減薬です。応援clearしてくださいねclover

| | コメント (0)

切ない「またね」

久しぶりに息子に会った。
お正月に実家で会って以来だから3ヶ月ぶり以上になる。
いつものところで待ち合わせて今夜は焼肉を食べに行った。

2月は父のことで何度か息子にも電話をしている。メールも頻繁にした。
でも会うのは久しぶりなのだ。

小雨が降っていて肌寒く、二人とも真冬とあまり変わらない服装だった。
予約してある焼肉屋に入る。
予約をしておくといいボックス席を取っておいてくれるのでお気に入り。

ビールで乾杯して、焼くのは息子担当。
今日は半額の日とかで、一部メニューが半額になっていた。
でも頼むメニューはいつも決まっている。

二人ともあまり食べなくなった。
もっと肉を頼もうか?と聞くともういいと言う。
肉だけでお腹いっぱいになってみたい~!と切望していた中高生のころもあったのに。

しめはハーフビビンバをさらに半分こにして食べる。
母子家庭の頃、働き始めた息子によく焼肉やピザをごちそうになった。
成人式のお祝いを焼肉屋でやろうと言ったときも、息子は自分が払うもんだと思っていたくらいだった。(お祝いなのにね。)

サービスで出たおいしくないコーヒーを飲みながら色々話した。
土曜日だったら喫茶店に行くところなんだけれど、明日が仕事なので焼肉屋だけで切り上げる。
駅ビルで「チョコ買ってあげようか。」と言ったら頷いたのだけれど、その隣の和菓子屋に息子は心惹かれて、結局和菓子を買うことになった。

駅の通路で別れる。
「またね。」と言って手と手を合わせる。
次にいつ会えるかわからない。
切ない。
恋人と別れるみたいに切ない。

可愛くてたまらない息子。
息子がオッサンになっても確実にわたしは今の気持ちのまま可愛いと思っているだろう。
同じようにわたしの両親も、オバサンになったわたしを可愛いと思ってくれている。
今週末会いに帰省するけれど、とても楽しみに待っていてくれているようだ。
いくつになっても子供は子供。
息子にも甘えて欲しいし、親には甘えたい。

帰省は、今までは年に1~2回だった。
だけど親もいつまでいてくれるかわからない。
これからは年に数回行かせてもらえるよう夫に改めて頼もう。
後悔しないように。
もっと会っておけば良かった・話をすれば良かったと悔やまないでもいいように。

                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援clearありがとうございます。今日もよろしくお願いしますcherryblossom

| | コメント (3)

安心感で安定

ゆうべ早めに薬を飲んで布団に入ったのだけれど、終電間際に歩いて帰宅を始めた夫からの電話で目が覚めてしばらく付き合っていた。
そのうちに薬が効いてきて眠くなってしまったので電話を切って寝た。

それからしばらくして夫がやって来て目が覚めた。
夫だったので安心してまたすぐ眠ってしまったのだけれど、一つ布団で夫も寝てしまったようだった。

朝5時に何でだか起こされて、「愛してるよ」と何度か言って夫は母屋に帰って行った。
わたしは起き上がってトイレに行き、ワインをグラスに半分くらい飲んで、寝られるかな?と思っているうちにまた寝た。

12時くらいに起こしに来てねと頼んであったのに12時に夫は来なかった。
なのでまだ寝ていていいということだと判断してウトウト眠っていると、1時半ころ夫が起こしに来て、また布団に入ってきた。

そのあと掃除機をかけてくれて、夕飯の約束をして夫はコンサートに出かけていった。
わたしも一緒にと誘われたのを断ったので夫一人のお出かけである。
帰ってきてから一緒に駅前の中華レストランに行った。

・季節野菜の塩炒め
・ホタテのオイスターソース炒め
・蒸し鶏入り汁そば
・五目入り炒飯

で、おなかいっぱい。
久しぶりにこの店に来たけど美味しかった。


昨日は寂しくて辛かった。
それを察したわけではないだろうに…いや…夜中の電話でわたしが言った気もする…
何せ酔っ払いと薬で朦朧としてる二人の会話だから何を話したのか記憶にない。
とにかく、夫はわたしの寂しさを埋めに来てくれた。
嬉しかった。
寂しさは、他の何を持ってしても埋められないものだから。

明日は夜息子と会う。夫と一緒に過ごせない。
お昼をいっしょにどうですか?とメールをしておいた。

努力して一緒に過ごす時間を作らないと、寂しさは癒されない。
今日のわたしは安心感で安定している。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ不調を夫に救われました。ちょっとノロケました。応援お願いします。

| | コメント (2)

自分のせいの寂しさ

完全別居から、終末だけ夫と一緒に過ごすスタイルになってもう9ヶ月になる。
秋から冬にかけては、ダイエットのためのウォーキングに夫がよく連れ出してくれた。

ここしばらくは一緒に歩いていない。
手を繋いでいない。
わたしは料理を頑張っているけれど、そうすると歩く時間が取れないのだ。

そもそもはわたしの12時間睡眠。
これが8時間で済んでいれば歩く時間も確保できて料理もできる。

でもそれって机上の空論。
歩いたらエネルギーは切れて多分料理は作れない。
一日に何か一つしかできないのだ。

これを言い換えてみる。
何か一つなら出来るようになった。

んんー、あんまり嬉しくない。
まだ、ゼロか120%かの思考回路が治っていないらしい。
たとえば洗濯ができたって、そんなの意味がない。
誰も喜んでくれないし誰のためにもなっていない。

でも以前は日曜日の朝とかに夫が洗濯をしてくれていたことがたびたびあった。
今はそういう迷惑はかけていない。
やっぱりかなり良くなったんだ。

調子の悪いときは自分一人を支えるだけで精一杯だった。
夫まで支えたり癒したりしてあげる余裕がなかった。
夫はやがて諦めて、こういうスタイルでいいよと言ってくれるようになった。

そんなありがたいことはないのに。

わたしは時々寂しい。
夫に会えない平日。
メールが来ない平日。
わたしは寂しい。

その寂しさは自分で手に入れたものなのに。
なのに寂しくて不安定になる。
自分勝手な患者。

今日も夫には会えない。
部下を連れて飲みに行っている。
明日の夜も出かけると言う。

でも明日は遅くなってもよければ夕飯一緒にしようってメールくれた。
もちろん承知!
薬にも依存しているけれど、夫にも依存している。
距離感がわからないのはお互いさまだったのだ。

夫は一歩先を行っている。
たまにしかふり向いてくれない。
やっぱり寂しい。
                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へワガママで自分勝手な患者です。応援clearよろしくお願いします。

| | コメント (2)

薬依存症

はっきり言ってわたしは減薬が怖いです。
今けっこう精神的に調子がいいので、この状態を維持できるんだったら減らしたくないのが本音です。
でも、沢山いろいろ飲んでいるのでそうはいきません。
整理しなくてはね、と医者に言われています。

何が一番怖いかというと、寝付けなくなることです。
わたしは一旦寝付くと割りと長く眠れるので、睡眠時間の心配はありませんが、
寝つきが非常に悪くてそれで長く苦しんで来ました。

睡眠薬はハルシオンとマイスリー。導入型のお薬です。
ですがこの二つだけでは寝付けない自信があります。
薬を飲んで、眠気が訪れないときの辛さは嫌と言うほど味わってきました。

リスパダールを処方されて初めて、わたしは入眠障害から解放されたのです。
でも、このリスパダールは統合失調用のお薬。
主治医はこれを減らそうとしています。
わたしは断固手放したくありません。

寝付けないと辛くて泣きます。
眠れずに居る間、決していいことは考えません。
過去の行いを恥じたり後悔したりの繰り返しで苦しくて泣いてしまうのです。

そして泣いていると苦しくて寝付けない。
その悪循環。
もうそんな思いはコリゴリです。

来週月曜日が診察です。
このところ調子がいいのでこちらから話すことは特にありません。
するときっと、じゃあ減らしましょうかという話になるような気がします。
怖いです。

今、妄想と夢の区別がつかなくなっているので、セロクエルをこれ以上減らすのも危ない気がするし…。
妄想と現実の区別はついています。
夢と現実の区別もついています。
夢と妄想の区別がつかないんです。

それが普通のことなのかアブナイことなのかさえわかりません。
そうか、それを主治医に聞いてみればいいんだ?

普通なら少しでも薬を減らしたいと願うところでしょうが、わたしは薬に依存しており、減らすことが怖いのです。
何かに依存しやすい性質なのかもしれません。
困ります。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。今日もclearよろしくお願いしますflair

| | コメント (2)

軽くなる

120314_184001これは今日カウンセリングの帰りに、デパ地下で買ったセルフホワイトデーのチョコ。一個売りの店を見つけて、一覧表を見ながら一個一個選んで買いました。
自分用なので箱は仕切りのない無料箱です。
昨日夫からもらったゴディバのチョコが終わってしまったら、こっちを一日一個ずつ食べます。

デパートはバレンタインのときみたいに特設売り場はなくて、各テナントで「ホワイトデーにいかがでしょうか~?」と呼び込みをしていました。

8粒買って2,000円弱です。ぷち贅沢~。
でもこれが化粧箱に入って包装されてリボンがかかってたら2,000円というわけにはいかないでしょうね。




今日のカウンセリングではわたしの中の3.11について話してきました。
被害は受けてなくても心には傷があること、でもそんなことは理解してもらえるわけがないことなどを話して、少し泣きました。

カウンセリングで話していると、涙がふいにこみ上げてきて自分でもびっくりすることがあります。
ああわたし実はけっこう辛かったんだ…と気が付くわけです。

カウンセラーさんがおっしゃっていましたが、地震直後はカウンセリングしてもあまり効果が無いそうです。
みんなとりあえず生きていれば、亡くなったかたもしらっしゃるということで、自分の辛さにフタをしてしまうんでしょうね。
だからこうして一年経ったくらいのほうが、本音で「辛かった。」という声を聞けるのだそうです。みんな耐えているんですね。

わたしはカウンセリングで話して心が少し軽くなり、帰りにチョコを買うに至ったわけで…。
家に帰って買ってきたお弁当を食べながら、ワインも飲んでちょっといい気持ちになりました。
自分を甘えさせてやった感じです。

思えばここでカウンセリングを受けるようになった当時、わたしは帰りにいつも外食していました。掘り返した心が辛くて、すぐに帰宅する気にはなれなかったのです。
少し贅沢をして自分を甘やかしてから帰っていました。

今はお弁当を買ったらさっさと帰ります。
心の傷や歪みが減ったせいだと思います。
カウンセリングに毎週毎週せっせと通った効果が、てきめんに現れてきたと感じます。
黙って行かせてくれた夫に感謝です。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも読んで応援clearしてくださっているみなさま、ありがとうございます。

| | コメント (6)

甘いもの解禁

120313_220801夫にもらったホワイトデーのチョコです。
1個食べてから撮影することを思い出しました。
ゴディバです。
中にムースが入っていて、上に細かなストライプ模様がプリントされたおしゃれでおいしいチョコです。

お返しにちゃんとチョコをくれるのがさすが夫。
これがクッキーだとテンション下がってしまうのです。(チョコ大好きだから。)

自分のための高級チョコが欲しくて、明日カウンセリングの帰りにデパ地下で買おうかと思っていたのですが、夫にもらったからいいかな。
それとも色んな種類のが売ってるのは今だけだから買ってじんわり楽しもうかな。
明日デパートに寄ってみて決めます。
欲しいようなのがあったら買うかも。


今日はゆっくり寝て、郵便局とスーパーに行ってきました。
最近ダイエットは中断中。
増えないように時々体重は計っています。
去年の夏から比較して10キロ減らしたので、とりあえず休んでもいいかなと…。

それと最近甘いものが我慢できなくなってきています。
どーんとリバウンドしても困るので甘いものを解禁にしました。

今ハマってるのはトーストにつける杏ジャム。今日は大瓶で買いました。
それとちょっと高いけれどミルクジャムも買いました。
一回にスプーン二杯くらいだろうし、トーストのほうが菓子パンよりも安くあがるのでいいかなと思い、何年ぶりかで買いました。(結婚前に夫が買ってくれた。)
明日のトーストはどっち使おうかなー。

明日は二週間ぶりのカウンセリングです。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ明日がホワイトデーですね。女性のみなさん楽しみでしょうね。

| | コメント (2)

発作一歩手前

そろそろ痛みがやって来るかもしれないと思いながら慎重に起き上がることを続けていた。
今日は、もう痛かった。
首が回らない。肩もゴリゴリだ。
マッサージに行こう。

電話をすると担当の人は運よく出勤していた。
指名して予約をしてから着替える。

五十肩もひどくて着替えにも一苦労。
今日はすこし暖かいのでカーディガンを着ないでコートを着た。

すぐに案内されてコートを脱ぎメガネを外したあたりでくしゃみが出た。
連続で出たのでティッシュをお借りして鼻をかんだ。
靴を脱いで施術台に上がってうつ伏せになる。
これから気持ちのいい60分だ。嬉しい。

ところが
開始15分くらいでわたしに異変が起こった。
パニック発作が出そうになってしまったのだ。

わたしは若い頃からパニック発作持ちだけれど、ここ一年以上おきてないし、ワイパックスを結構飲んでいるのでそれで抑えられていると思っていた。
もちろん今日もワイパックスは飲んでから来ている。

何がきっかけなのか何がいけなかったのか。
どんどん息苦しくなってどんどんうつ伏せが辛くなってきた。
呼吸が苦しい。怖い。どうしよう。

ここで止めたら発作は抑えられるのか。
いやだ、せっかくわざわざ来て、お気に入りの担当さんに施術してもらっているのに途中で止めたくない。
でも苦しい。どうしよう。怖い。苦しい。息が出来ない…。

わたしは上半身を急に起こした。
「すみません、あの…」
苦しいことを告げようかとしたとき、
「あ、お鼻ですか、どうぞ。」とさっとティッシュが目の前に出されたのだ。

ひじをついて、わたしは素直に鼻をかんだ。二度かんだ。
そしたら何故だか緊張感と恐怖感が薄れた気がした。
このままいけるかもしれない。
お礼を言ってわたしはまたうつ伏せになり、口を小さくあけて呼吸をした。

やがて背面が終わり、仰向けになると、苦しさはすーっと消えて楽になった。
そのあとは気持ちよく施術してもらった。
よかった、発作を回避できて…。

でもなんで発作になりそうになったのか、なぜ治まったのかもわからない。

もうすっかり治ったもんだと思っていたパニック発作。
まだわたしのなかに潜んでいた。
油断できない。

マッサージを中断してしまうことは簡単だったけれど、それだと次に来た時に気を使われてしまったり、そーっとしかやってもらえなくなるのが嫌でなんとか耐えようと思った。
我慢できて良かった。

終わったら体が軽くなっていた。
よく考えたら2月は父のことでいっぱいで、マッサージに行っていなかったことがわかった。
体も固まっていたのだろう。

駅ビルの地下で食べるものを買って帰って来た。
今日はなにもしていないけれどマッサージに行けて発作も出なくて良かった。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ皆さまいつも応援clearありがとうございます。感謝しておりますclover

| | コメント (2)

敢えて頑張る

あの日から一年が経って、わたしは普通に暮らしていることを感謝する。
辛いときに辛いと言えないことは苦しいことだ。
わたしは最初、自分はラッキーだったと思ったが、そしてまさにラッキーもあったのだけれど、そのあとでフタの下から本当の辛さが出てきた。
思い出すと苦しいし、理解されないと思うのでもう書かない。


夕べ、なかなか寝付けなかった。
夫に、「12時に起きるね」と約束したのがプレッシャーになって寝付けない。
夜中1時17分に夫に「寝られない」とメールしている。
夫が起きていたら慰めてもらいたかったのだ。
でも返事は無く、わたしも2時くらいには寝付いたようだった。

だからアラームでは起きられなかった。
脳内が大混乱中でもう少し夢の続きを見ないととても起きられなかったのだ。
13時に起きて夫にメールをした。
程なくして電話があって、買い物に一緒に行くか?と聞かれてYESと答えた。

いい天気で、車で発車するときにちょっとワクッとした。
日帰りで梅見にでも行けたらいいなとちょっと思ってすぐ打ち消した。
日帰りなら朝起きなきゃいけないもの。わたしには無理。

今日は母屋のほうで大量の買い物があった。
わたしもお茶のペットボトルとか重いものを買ってもらった。(めちゃ安かった!)
今夜も夕飯を作るつもりでいたので、その材料を買った。

今日のメニューは、ポテトサラダと、何かもう一品。
レンコンのきんぴらが食べたかったのでレンコンをみたらモノが悪くて高かったので、いかにも「旬」って顔をして並んでいた絹さやに変更。
ベーコンと一緒に炒めることにした。

わたしのポテトサラダはすごく大変。
具が多いし、みじん切りにした生の玉ねぎを水にさらしてから塩もみしたものを使う。
これがシャリシャリしておいしいんだ。面倒だけれどね。

絹さやの筋取りも量が多くて大変だった。
でも旬の味をたくさん食べられた。

ポテトサラダは作ったら膨大な量になってしまい、母屋に半分もらってもらうことにした。
食べて、夫は「おいしい。」と言ってくれた。
幸せ。

来週再来週は土日を一緒に過ごせない。だから今日は頑張った。
去年の思い出を脳内で繰り返して寝逃げしててもいいくらい、わたしの心には深い傷があるのだけれど、それは人には決して理解されない。
だからもっとも幸せな行為…料理を作っておいしく食べてもらうことを頑張った。

達成感がある。
これで一周年を乗り越えられる。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へみなさまはどうお過ごしになりましたでしょうか。応援お願いします。

|

糸が切れて

今日はゆっくり眠った。
五十肩が痛むので起きてからしばらく布団でウダウダする。
ちまが起きだして何度も顔を見に来るので起きて世話をした。

パンを食べて、今日は髪を洗う。
昼間だと電気つけなくていいし夜よりあったかいしもっぱら昼間派。
夫に洗ってもらうときは夜もありだけど。

五十肩が痛くて体が思いっきし洗えない。
一生懸命洗う。
でも今日は背中を洗い忘れた気がしてならない。
洗った記憶がないのだ。

何かを妄想しているとき、記憶が飛んでしまうことがあるのでそれかもしれないけれど、どうにも洗ってない気がしてしょうがなく、無念である。

そういえば最近妄想がすこしだけ強い。
現実と混同してしまうことはないのだけれど、夢との区別がつかないのだ。
何かを強く考える。そしてあとからそのことを思い返す。
すると、それが夢で見たことだったか、妄想したことだったかわからなくなっている。
セロクエルを一錠減らしたせいかもしれない。


今日は夫は大学の同窓会の幹事会か何かで昼間から出かけて留守だった。
夕方、何の食材もない状態で、何を食べようか考えていたとき、夫からメールが入り、もう帰るから夕飯一緒にしようか、ということだった。
わたしは嬉しくてすぐに賛同し、夫にお惣菜を買って来てもらうことにした。
わたしはご飯を炊いて待っていた。
ヒレカツとコロッケ、それにサラダを二種類買ってきてくれた。
ご馳走だ。ワインもついてた。おいしいワインだった。

今日もさっさと後片付けをして洗い物をしてしまった。
テレビは震災関連一色。
唯一わが道を行くテレビ東京の番組を見た。
震災のことは、辛いのだ。
あしたは見る番組がないだろう。

あれから一年…
躁だったわたしは鬱になって長い。制作もごくたまにしかできない。
どこで糸は切れてしまったんだろう。
わたしにはわからない。
                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援clearありがとうございます。今日もよろしくお願いしますbud

|

料理ってすごい。

誉められた。
「すごいじゃん。」って、夫に。
嬉しくて心がほっこりしている。


今月は土日一緒に過ごせないことが多い。
それでわたしは夫の出張にお土産を頼んで、一緒に夕飯をと企んだ。
でもこっちが誘ったんだし、買ってきてくれたものだけで夕飯をというのはちょっと寂しいな。
なにか温かいものが欲しいな。
ゆうべそう考えて、そうだ、大根の煮物でも作って夫の帰りを待っていよう、と決めた。

本当は髪を洗おうと思っていたのだけれど、それを一日延ばして、スーパーへ食材を買いに行った。
大根と、椎茸と、さつま揚げと焼きちくわ。
夫はちくわが好きなのだ。

帰ってきてすぐに大根の下準備にとりかかった。
厚めに切って皮をむいて面取りをしてから軽く下茹でする。
こうして煮物を作るのが好きだ。
洋風の料理はまるでできないわたしだけど。

落し蓋をして弱火でことこと煮込む。
今日は鶏ガラスープをだしに使った。
大根がいろんなものから出たいいお味を全部吸っておいしくなる。

夫はますの寿司を買ってきてくれた。
煮物を出すと何も語らずにバクバク食べた。
残るかな?と思ったけれど、二度目器に全部盛り付けて出して、二人で結局食べてしまった。
おいしかったかな?

すぐに食器を下げて洗い物もしてしまった。
今日わたしは元気だし、夫は出張で疲れているから。

「洗い物、してきた。」そういいながら部屋に戻って座ると、夫が
「すごいじゃん。」と誉めてくれたのだ。

いつもは食後具合が悪いことが多いので夫に甘えているが、今日はできて良かった。
煮物もきれいになくなって鍋が空になった。

今日の証は、買い物に行って料理ができたこと。
これでよしとしよう。
次に会えるのは日曜日。また何か作ろう。
レパートリー少ないけれど、たまに一品作るだけだからなんとかなりそう。

料理の満足度が高いのは、食べてくれる人が居て、おいしいと言ってもらえたりするからだ。愛情をこめて作業ができる。
例えば自分の分の洗濯をしたって誰にも誉めてもらえないので満足度が違う。
料理ってすごいな。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ主婦・主夫のかたを尊敬します。応援clearよろしくお願いしますshine

|

制作室デスク

今日は寝逃げしなくて済んだ。
起きてパンを食べて、すぐ買い物に行った。
ホームセンターとスーパー。

帰って来て、買ってきたものをテキパキと片付け、わたしが向かったところ。
久しぶりの制作室デスク。

今日は作ろうと思って取り掛かった。
ブラックスピネルという黒くてキラキラ光る石を使った、二重のネックレスを脳内に思い描いていたのだ。
それを形にした。
思っていたのとは違うものに出来上がったけれどね。

とにかく、出来た。
もう18時を回っていた。
ニュースをつけて、スーパーで買ってきた材料で簡単な夕飯を作った。
納豆が食べたかったのでそれも。
わたしはご飯に納豆はかけない派なので納豆単品で食べられる。

食事が済んで、食器を洗ってから作品の撮影をした。
PCに取り込んで、画像をちょっといじる。
その途中、出張中の夫から電話が入った。

実は夕べはちまを長く抱っこしていたせいで寝るのが遅くなり、ようやく寝ようとした1時ごろ、飲み会帰りの夫から、「今歩いて帰るところ。」と電話が入ったのだ。
終電を逃してターミナル駅から徒歩で帰宅途中というわけだ。
まだ薬が効いてなかったので、夫が家に辿り着くまでの30分、電話に付き合ってから寝たのだった。

今日も電話をくれて、夕べのお礼を言われた。
最近夫が素っ気無かったので、わたしは役に立てたことが嬉しかった。
土曜日会えない日が続くので、わたしは出張のお土産を頼み、それを明日一緒に食べたいと夫にお願いした。
夫は承知してくれた。
明日の夕飯はますの寿司に決定。

電話を切ってから制作室ブログを書いて、mixiでお知らせをした。
なんという充実した一日。

こんな日が週に一日でもいいからあればいいな。
病院の診察もカウンセリングもなく、何の予定も無かったこの一週間。
ようやく明日で終わり。
でも土曜日は夫がいないから同じかあ。

創作ってささやかだけど幸せ。でもわたしにはすごく重要な位置を占めるもの。
在庫ばかり増えるのが辛くなって、作ることを故意にやめてた時期もあった。
今ももちろん、在庫は悩みのタネだけれど…。

でも創作はわたしの源流みたいなものだから続けよう。
幸せを感じられるから。
今日生きた証が形になって残るんだからすごい。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今日は頑張れて嬉しいです。ごほうびclearをお願いしますnotes

|

今日のところは寝逃げ。

二日間引きこもって、ブランチで食べるパンがなくなり、そうだ、久しぶりにマクドナルドへ行こうと決めて、アラームをかけて寝た。

起きてちまの世話をしてから体重を計り、そのまま顔を洗って着替えて出かけた。
外はほのかに暖かかった。

ごくたまにしか行かないけれど、食べるものはフィレオフィッシュに決まっている。
でも今日食べたらソースがタルタルソースではなくなっていた。
初めて食べた頃のフィレオフィッシュはビックリするくらいおいしいものだったんだけれどなあ。残念。

それから夕飯のおかずと明日からの食パンと野菜ジュースをそれぞれ別の店で買って速攻帰ってきた。

ちまにカリカリを与えてから自分はまた布団に逆戻り。
今日はもう起きていることに耐えられない。

ちまが退屈しないように、外をみられる窓を少し開けておいてやったのだが、不要だった。
わたしが寝ると、ちまも布団にもぐって来て、ぴったりくっついて一緒に寝てくれたのだ。

嬉しいよちま。あったかいね。

目が覚めたら部屋の中は暗くなっていた。
なんかわびしい感じ…。
照明をつけると18時過ぎていた。

それでも本当は起きたくない。ずっと布団で寝ていたい。
でも誰も世話をしてはくれないので、しぶしぶ起きる。
ちまがいなければわたしの生活はもっとひどかっただろう。
ちまの世話をしなければならないことが、わたしのいい意味での足かせになってくれている。

ちまにスープのおやつをやって、わたしはお米を研いだ。
ご飯が炊けるまでしょうがないからニュースを見る。
震災関連の話題ばかりで、ちょっと心が痛む。

ご飯が炊けて、買ってきたおかずで夕飯。今日のバランスはGOOD。
そのあとしばらくバラエティをしぶしぶ見る。

テレビを消すと静寂が広がりホッとする。
PCを立ち上げてネットのニュースを拾い読み、ブログめぐりをする。
この時間だけが唯一落ち着くときだ。

早く治りたい。
次の診察以降は2週間ごとにさせてもらって、減薬にも頑張って取り組んでいこう。

今日は買い物に行けた。
ゴミをまとめる前にラグの上をコロコロで掃除できた。
そうそう、夕べは寝る前にトイレ掃除が出来た。

片付けや制作など進展的なことはできず寝逃げしていた一日だった。
なんとかしないと人生がつまらない。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ何にも出来てないダメ子ですが、応援clearよろしくお願いしますapple

|

毎日落ち着かない。

寝ている時以外、落ち着かないのだ。
起きるときも、本当はもっと寝ていたいけれど、世間さまに申し訳ないから起きる。
起きた瞬間からわたしは落ち着きを失い、体がむずむずしたり緊張して力が入ったりしてしまう。

健常な人には決してわからないだろう。
体が落ち着かないのだ。
むずむず、イライラするのだ。

何にも集中できない。
何をやっても楽しくない。
何もしたいことがない。
そしてそんな自分が嫌でたまらない。

自分で自分が嫌でたまらないのがどんなに辛いか、わからないと思う。

甘えているし逃げてもいる。
決して病気のせいで出来ないことばかりじゃない。
ちょっと無理をすれば出来ることもある。
わたしはその「無理」をしていないだけなのだ。

甘えたり逃げたりすることは悪いことだろうか。
悪いことだと思う自分であるからこそ、多分うつ病になったのだ。
こころ優しい人はきっと言ってくれると思う。
甘えていいよ、無理しなくていいよ、逃げていてもいいんだよ、と。

でも直接わたしに関わっていて、直接被害をこうむるのは夫だ。
最近夫はゆとりがないせいか、わたしをチクチクする。
起きるのが遅いこと、掃除をしないこと。
自分が迷惑をこうむるからつい口に出るのだろう。

起きているときは落ち着かないんだよ。
ワイパックスを一日4回も飲んでいるけれど、それでも体がイライラする。
じっとして何かに取り組むなんてまず滅多にできない。
逃げ込めるのは、寝るか、ネットだけ。

片付け事ができるなんて本当に調子がいい時。
料理は時間がたっぷりあれば一品半くらいは出来る。
洗濯はできる。
掃除は出来なくて夫に甘えている。
起きると落ち着かないからなるべく寝ていたいと思う。

でももっと早く寝て早く起きれば嫌味言われなくて済むんだ。
アラームで起きて少々調子悪くても、土日はそうしよう。
そうすれば夫ともっと一緒に過ごせる。

調子がいいように見えても、病んでるなあと実感する。
できればわかってほしいけれど…。
そのためには自分も努力しなくてはいけない。
そう、無理ではなくて努力をね…。

今日は作品を一つネットにUP出来た。
窓を開けて空気を入れ替えられた。
母にメールした。大事に思っていることを伝えた。

こんなんじゃ全然だめじゃん…。
寝る前にトイレ掃除でもしよう。

毎日落ち着かなくて辛い。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ全然ダメなわたしですが、応援clearよろしくお願いしますtulip

|

そんな自分が嫌だから。

今日もゆっくり寝ていた。
ちまが布団に入ってきて一緒に寝ていたので余計起きられない。
ぴったりくっついて寝てくれてるなんて幸せすぎて身動きもとれない。

それでもお腹をすかしているだろうと思い起きるとちまも布団から出てきた。
缶詰めを与える(一回三分の一/一缶)。
足りないらしくて次を要求する。
でもここで安易に与えてしまうと吐き戻しをするのがちまちゃんなので、ぐっとこらえてわたしは自分のブランチをする。

新聞代わりにPCを立ち上げネットでニュースを拾い読みする。
今週は病院も無くカウンセリングもなく、一週間まるまる空いている。
気が緩んでゆっくり寝てしまうようだ。
ブランチのあと、PCでゲームを始めてしばらくハマっていた。

疲れてふと時間を見ると5時半だった。
お米研いで、今夜は昨日の残り物で夕飯だわ、と思ったとき、急に『罪悪感』にザザーッと襲われてしまった。
料理も作らない。
今日、わたし何にもしていないし何にもしない。

罪悪感 ざいあくかん ザイアクカン…。

わたしは苦しくなって、そんな時間から急遽洗濯をすることにした。
昨日着替えたものだけでは少ないので、着ていたものを一部脱いで洗濯機に入れた。

どうせやるなら起きてすぐ洗えばよかったのに…と後悔しつつ洗濯機を回す。
それからお米を研いで焚き始めた。
ご飯が炊ける前に洗濯機がピーピー言って終了を知らせた。

何もしない自分なんていやだ。
でも前みたいに制作は出来ないし。
わたしにとって料理は食べてくれる人がいてこそであって、自分のために料理する意味なんてない。一人分の洗濯なんてしれているし、掃除は夫がやってくれている。
だからと言ってなにもしない自分は嫌だ。

何の予定もない一週間、どうしたらいいんだろう。
あてもなく出かける気分にもなれないし…。
片付け事を少しずつ進めるのがいいだろうな。
やりたい気分になれば、だけれど。

無理はしなくていい、はず…。
のんびりしていてもいい、はず…。
人に知られたら恥ずかしいような生活もある…。
病気だからって逃げてはいけないような気もするし…。

とにかく今日は洗濯ができた。
やっと自分を取りつくろえた。
何もしない自分が嫌だから、無理矢理夕方洗濯をする。

間違っているでしょうか。おかしいかな、やっぱり。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へちょっと変かな~のわたしですが応援よろしくお願いしますbud

|

しみついている貧乏?

今日もゆっくり寝てしまった。
夫が朝、ちまに缶詰めを与えてくれたので(見ていたわけではない)、ちまが静かだったのをいいことにまたゆっくり寝ていたのだ。
普段ならわたしがもごもごと動き始めると、ちまが「ママ起きたか!」とばかりに胸に乗ってくる。
今日は悠長に寝ていたので缶詰めをもらったのだなと思った。

一日ひとつ、何かできればいい。
昨日そう感じて、今日は夕飯を作ることにした。
夫に、肉じゃがを作る旨伝えたら、「じゃああとは豆腐。」と簡単なリクエストにしてくれた。

ブランチをしてから歩いてスーパーに行った。
じゃがいもとたまねぎとお肉を…。
今日は豚肉、しかも豚肩ロースで肉じゃがを作ろうと思っていた。
結婚する前はコマ肉しか買えなかった。
いつか豚バラ肉が買える身分になりたいと、長い母子家庭生活で何度も思った。

それを豚肩ロースで、だなんてずいぶん贅沢だ。
でもアメリカ産と国産で値段が倍くらい違ったので安いアメリカ産にした。

冷蔵庫に頂き物のレタスがある。
それでサラダを作る。
サラダのお供は何がいいかなあ。
海苔をからめて醤油ドレッシングでもおいしいし、塩昆布でもおいしいよなあ。
シューマイの皮を5ミリ巾くらいに切って油で揚げたのを乗せたときは息子が喜んだなあ…

…激安メニューばっかじゃん。

いまは生ハムだって買えるんだからもっとリッチなサラダにしようよ。

でもわたしが買ったのは、結局48円のカイワレと、78円のカニカマと、そして唯一高いお買い物、一本78円のきゅうりを一本だけ!
普段はこんなお値段では買わない。レタスだって今400円くらいするもの、頂き物があるから食べられるだけであって、高いときには決して買わない。

そして全然リッチなサラダに出来なかった。
貧乏と言うのはしみついてしまうものなんだなあ。
でも手間をかけて丁寧に作れば、おいしく出来るんだよ。
レタスも手でちぎって冷水に放して、それからしっかり水切りをすればただ洗って切るのより数倍おいしくなるよ。

じゃがいもは大きく切って面取りをして使った。
肉じゃがと、生野菜貧乏サラダと、冷奴という、主菜なし・副菜オンリーの食卓が出来上がった。

日曜日は夫はちょっとしかお酒を飲まないのでご飯を炊いておいた。
食べ終わって、「おいしかった~。」と言ってくれた。
わたしはすごく幸せになった。

凝った料理も変わった料理もできない。わたしがいま作れるのはごく簡単な料理だけだ。
でも手間をかけて丁寧に作る。
来週もまた頑張ろう。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ今からもう来週のメニューに悩みます。応援よろしくお願いしますriceball

|

ガラス瓶

好きなものはいろいろあるが、集めているものはそう多くない。
色鉛筆は500色のを集めてそれで気が済んでやめた。
マスキングテープも使い切らないのでやめた。
どっちも沢山持っている。

ガラス瓶が好きで集めたものを飾っている。
何回もの引越しに耐えて数十年一緒にいる瓶もある。
実験器具(ビーカーやシャーレ)も好きだ。
それを知って夫が職場から要らなくなって捨てられる運命の実験器具を持って帰って来てくれたことがあって、ちいさなフタ付きの瓶などはかわいくて大事に飾っている。

ちなみに夫は化学系の研究職である。

今回職場の引越しでまた実験道具を整理したそうで、捨てられる運命のガラス瓶と、シャーレと寸胴のセットになっているガラスを持って帰ってきてくれた。
かなりな物量だった。

嬉しくて、それを飾りたいのだけれど、場所を作ってやらないと飾れない。
場所を作るためには片付けなくてはならない、というスパイラルに陥り、そこから逃亡して昨日は寝ていたのだ。

今日はゆっくり眠れた。
夫が休みのときは早く起きて一緒に過ごしたいと思い早く寝たのに、ゆっくりの目覚めだった。
起きたことをメールすると夫が昼食を食べにやって来た。
会えて嬉しかった。

それでわたしは薬を飲むのを忘れるくらい気分が良かった。
あれ? これくらい気分が良ければ棚の一段くらい片付けられるんじゃない?
そう思って早速とりかかった。

物が乱雑に入っていたので、整理しなくても整頓するだけで楽に一段が空いた。
夫が持ってきてくれたガラスたちを飾る。
他のものとバランスを取って、癒しの空間がまた一段増えた。
わたしの心も軽くなった。

昨日ブログで吐き出したから楽になれたんだ。
だから整頓ができたんだ。

無理をしないで、調子のいい日があったらまたひと山ずつ整理して行こう。
要らないものは思い切って捨てよう。

今日はこころが少し軽くなっていい日だった。
明日も何か一つしよう。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へみなさま応援clearありがとうございます。感謝しておりますclover

|

逃亡生活

今日は不安感から寝逃げした。

起きたくなかった。
でもちまが可哀相だから起きてちまの世話をして、薬だけ飲んでまた布団に戻った。
何でも出来る時間が与えられているのに、何にも出来ない。

特にできないのは片付けだ。
この広くない部屋のあちらこちらがカオスだ。
もはやそこに何があるのか思い出せない。
使わない。
つまり要らないものである可能性が高い。

整理して処分してしまえばスッキリするのに。
それが出来ない。
この部屋に物が増えることに恐れを感じる。
カオスをやっつけないと新しく物は入れられない。

やっつける気力が湧かない。
なんだかわからないものが積み重ねられた山を見てため息をつくばかり。
しまう場所があれば整頓もできるけれど、しまう場所が無くてあちこちに山積み。

それを、毎日見て見ないフリをして逃げる暮らしをしている。

本当はこんな暮らし方嫌だ。
ちゃんと整理したり処分したりして暮らしたい。
それができないことが情けない。
逃げてばかりいて対面できない。


ニュースを見るのも怖くなってまたテレビから遠ざかった。
震災関連のニュースが多い。苦しくなる。
今日は火事のニュースでもう見れなくなってテレビを消した。
逃亡生活だから、PCでゲームでもしてみる。
だけど集中力が続かないし、ゲームって大抵時間との勝負だから追い立てられて胸が苦しくなってくる。
ゲームで紛らわすこともできない。

どうしたらいいんだろう?
一日一ヶ所でいいから片付ければいいのに。
…また寝逃げしそう…。

夫に甘えたいけれど夫は疲れている。
誰か片付けてくれないだろうか。
お片づけのやる気スイッチ新設してもらえないだろうか。

逃げてばかりだと心が疲れてしまう。
スッキリしたい。
たすけて。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ頑張りたいのに頑張れません…応援clearよろしくお願いしますbud

|

パラレルワールドがあるのなら。

夕方いつもNHKのニュースを見ているけれど、3月に入って、もともと多かった震災関係のニュースに更に力がこもったように感じた。

苦しくなった。
3月11日がやってくる…。

思い出して苦しくなって、ワイパックスとリスパダールを飲んだ。
しばらく調子が良かったのに頓服…。

一年前の3月11日。
わたしは晴れ舞台に立っているはずだった。
初めての個展。その初日。
新しくてきれいなギャラリーに、思うように飾り付けられたアクセサリーや小物たち。

お祝いのお花が夫から届き、来てくださったお客さまも次々にお花やお菓子を持ってきてくださって、ギャラリーは一気に華やかになった。
小さいギャラリーが7人ものお客さまで賑わっていたその時にそれは起きた。

長い長い、激しい地震。
船酔いをしてしまったほどの長い揺れ。

幸い大事には至らず、壁から落下したものもなく、誰一人怪我をすることがなかった。
まだ気が付いていなかった。
それが大震災だということに。

ギャラリーに来てくれた人、来ようとして電車に乗ってくれていた人を、わたしは帰宅難民にしてしまった。
もちろん自分も帰れない。
不幸中の幸いで、わたしの友達がちょうどギャラリーに来てくれていて、彼女と一緒にいられたことはわたしの精神に非常に支えになり癒やしとなってくれた。
ギャラリーのスタッフの人も同年代のとても気さくないい人だった。
地方に仕事に行っているギャラリーのオーナーもとてもいい人だった。

バラバラだった家族も全員が怪我もせずに無事だった。
ねこのちまも元気にしていた。
ちまの世話も末っ子に頼めて安心だった。

わたしもギャラリーに泊らせてもらって、寒さにも空腹にもさらされずに済んでラッキーだった。


でも。


でも…。


わたしは泣きたいくらいだったのだ。
こんなに恵まれていても、それでもわたしは本当は泣きたかった。
なぜなの。
なぜ今日なの。

初めての個展の初日の賑わい始めたその瞬間になぜわざわざ大地震なの…。

沢山の人を帰宅難民にしてしまうなんて。
みんなすごく苦労して帰り着いている。
申し訳ない気持ちは今も消えない。
来て下さったせいでそんな目に遭わせて…。

泣きたいけれど、泣くわけにはいかなかった。
わたしは被災者ではない。
亡くなった方、失くした方がいっぱいいるのだ。

記憶は、深く掘った穴に入れられ、重いフタをかぶせられて、中でくすぶったままだ。
どうしてわたしは寝込まなかったのだろう。
どうして倒れなかったのだろう。

躁状態だったからだ。
わたしは次の週に個展をやりなおしている。
もうあまり誰も来なかったけれども…。
それだけのパワーがあった。
だから心の傷にはフタをしたままで来た。


しばらくニュースを見るのを控えようか…。
わたしは被災者ではないけれど、辛い思いを蒸し返されて精神不安定になってしまう。

今のわたしには、もう個展が出来るほどのパワーは戻って来ない。
躁状態だったからこそできた技なのだ。
パラレルワールドがあるのなら、地震に見舞われなかった違う世界に行きたい。
そしてわたしはあの個展に戻ってやり直したい。
新たに個展をしたいのではない。
初めての個展を、成功させたかったのだ。
沢山の人に会いたかった。

叶わない夢…。
                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。感謝していますcherry

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »