« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

本当にキツかった。

土日は出展だった。
実は後悔していた。なんだってこんなところに申し込んでしまったのだろうかと。
その後悔は現実化して、DMの効果むなしく来て下さったお客様はおひとりだけという悲惨な土曜日が終わった。
退屈で失神しそうだったし声もうまく出なかった。
夫が車を出してくれて、送り迎えどころか会場にもずっといてくれたので、何とか潰れずに済んだ。
ありがたかった。
帰りにスーパーでお寿司パックを買い、ちまちゃんが待っているので急いで帰った。

早く寝付くために睡眠薬を上乗せして飲んで早めに寝た。
それでも翌日8時半起きはわたしにとっては無謀だ。
目が覚めない。体は無理矢理動かしていて目も開いているけれど、意識は朦朧としている。
しんどい。本当にしんどい。
一人で電車でだったらわたしは二日目は行けなかっただろう。

会場に着いて座っているのがキツい。
かといって立っていられるわけもなく、ただ眠らないようにわたしは椅子の上でもじもじしていた。
心を込めてDMは出したけれど、こんなへんぴなところへわざわざ来てくださる方なんてそうは居るわけがない。わかっているけれどもわたしはただ待つことをしていた。

あまりの暇さと失望感で気を失いそうになっていると、夫が、夫のお姉さんを呼んだという。
家が近いそうだ。
気の毒に呼ばれたら買わざるを得ないではないか。
でもこの際身内でもいいからすがりたかった。それでやっと目が覚めた。

そうしたら前日来てくださったお客様がまたいらしてくださったのだ。
買い足りなくて買い足しに来てくださったという。わたしはこの上なく嬉しかったのだけれど、口がうまく回らず声もかすれがちで、弾けるような応対は出来なかった。

そのお客さまが去るのを待って、お義姉さんと娘さんが来てくださった。
久しぶりにお会いしてお互いに「元気そう」と称え合い、雑談を交えながら、買わなくてはいけないお姉さんは品定めをしていく。最終的に、様子を見て夫が在庫の箱から出したペンダントをお買い求めくださった。もちろんお値引きしてお渡しした。

お姉さんと娘さんが帰られてすぐ、いつもいつも来て下さるグループの方が来てくださったのだ。わたしは完全に復活した。
ありがたいお客さま。いつもは初日の早い時間に来てくださるのだが、メンバーの一人の方のご都合で二日目の遅めの時間となったらしい。
耐えてよかった。本当に辛かった。


早い上がりだったので一旦家に帰ってから、わたしの売り上げのおごりで夫と炭火焼の居酒屋に行った。
夫は土日とも一緒にいてくれて、販売以外の全てをやってくれた。
お礼の意味でのゴチである。
夫はジョッキをあけたあと、ご機嫌でお酒を三合飲み、嬉しそうにしてくれていた。
売り上げがあって本当に良かった。

月曜日は、どうにか起きてたまった洗濯をしてフラフラしながら干し終えると、また布団に戻って夕方まで寝た。
疲れた。夫も疲れただろう。

しばらく出展はない。ホッとする。
ネットショップを整理したり、ネットマーケットの品揃えをもっとよくするよう地道にやろう。
本当に今までで一番辛い出展だった。キツかった。

                                        伽羅moon3
  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へおかげさまでなんとか頑張れました。ブログ応援clearお願いしますnotes

|

こんなんでも合格点

今日は診察のためはるばる電車を乗り継ぎ病院へ。
いつもより早めに家を出られて、楽勝で早く着くつもりが、目の前で電車が行っちゃったのを最初に、乗り継ぎが悪いわ選択ミスをするわで、結局予約時間に10分遅れてようやく到着した。
家を出てから2時間が経過していた。
しんどい。眠たい。
辛い思いで待つことしばし。
今日は看護師さんが足りないらしく主治医が直接待合室に呼びに来てくれた。

そして開口一番「ちょっとすっきりしましたね。」

むむ…。うかつに喜んで違う意味だといけないのでわたしは聞き返した。
「すっきりというのはどういう…?」
「ああ、すこし痩せましたね。」
やった、わかってもらえた。
毎日会う夫にはわからないけれど、一ヶ月ぶりに会う医者にはわかるんだ。
「たった2キロしか痩せられなかったんですけれど…。」
控えめにそう言うと
「2キロで充分よ。逆にそれ以上痩せるようなことをしてはダメ。かならずリバウンドが来るから。」
「えっ、そうなんですか? わたしたった2キロしかって思って…。」
「いいの。この先は一ヶ月1キロ減らせればいいと思って。無理をすると必ず反動が来るからね。」

たった2キロしか痩せなくて、しかもウォーキングとかで健康的に痩せたのではなく食事の量を減らして禁酒禁パンで痩せたのだ。
しかも痩せたというより『どこかがたるんだ』という印象でしかないのだ。
それでも合格点がもらえた。
うれしかった。
来月までにまた1~2キロ痩せたい。


パキシルを5ミリ減らしての生活はどうにか成り立ってはいるが、やる気のないこと甚だしく、だるくてウツウツとしてざわついてしょうがないと訴えると、パキシルという薬の特製を説明してくれた。
幅の狭い薬でかつてそのマックスを飲んでいたこと、減薬が非常に困難な薬であること…。
急いではよくないの今残っている10ミリはしばらく継続することになった。

それで生きてはいるけれど、非常にクォリティの低い生活だと告げると、25ミリ飲んでいるレスリンを増やして、ウツウツ状態の底上げをしようかということになった。
レスリンは幅の広い薬でマックスが200ミリとか?である。そのなかの25ミリ飲んでいるだけなので肝臓にも当然、パキシルよりも優しい。
レスリンを50に増やしてうつ状態を底上げし、先々は肝臓の様子を見ながらレスリンを増やしてパキシルをまた減らしたいというのが主治医の意向であった。

パキシルが5ミリ減って、ささやかに痩せたことが肝臓にどう影響しているかを見たかったので、血液検査をお願いすると、来月の診察のときにやってもらえることになった。
気を抜かないで1キロでいいんだから痩せていなくちゃ、と思う。


「…じゃなきゃ。」と思いがちなわたしの脳。
ウォーキングも「毎日しなくちゃ!」と思わなくていいと主治医は言ってくれた。
今までがゼロだったんだから、週に一日、週に二日と歩ける日が出てくればいい。
うつ状態なのを無理無理出かける必要もない。
ただ運動で筋肉が出来ると代謝のいい体になるからいいのよ、とやさしく諭してくれた。

週一日でも二日でもいいのか。
月に1キロでいいから痩せればいいのか。
なんだか出来そうな気がする。
「…じゃなきゃ!」が多すぎる脳が自分の首を絞めて苦しいのだ。
もっと気楽に、もっとゆったりと今のペースで続けて行けばいい。

亀の歩みで良かったんだ…。
やってすぐ結果が見られる事柄が好きなわたしには想定外のことである。
ゆっくりゆったり進んでいこう。
                                             
                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へこんなメダルをもらえた気分でした。応援clearよろしくお願いしますnotes  

|

出来たことを数える。

印象としては一日ほとんど寝ていたような感じがするけれども、その合間にやったことを数えてみると、思っているよりもあることに気が付く。

・洗濯、しかも大物シーツを洗えた。
・ちまの世話がしっかりできた。(吐いたり水をこぼしたりのだけれど。)
・食器を洗えた。
・発送一件準備できた。
・制作室ブログが書けた。
・夫の脚のマッサージができた。
・シャワーできた。


普通の主婦の方はこの10倍、働いて主婦もやってらっしゃる方はこの20倍もやってらっしゃると思う。
でも、ただ寝ていたのではない、すこしだけれどやれたこともあったと認識すると罪悪感が薄れる。

今日も調子が悪かった。洗濯を干すのがキツかった。
干してから休憩しているうちにまた寝てしまうくらいだった。
ドリンク剤を飲んだのにだめだった。

わたしには毎日出かけることがしんどい。
予定が詰まっているとしんどい。
今日はカウンセリングをお休みにして良かった。
あすの病院は休みにできない。
薬がなくなるのだ。どうしたって行かないと。

精神の調子の悪い人が精神科にかかっていて、すごく調子が悪くてもはるばる通院して診察を受けてそして薬を出してもらう。
ほかの病気でも同じことが言えるけれども、ある程度の元気がないと通院なんてできない。
特にわたしは病院が遠いので診察の前の日は緊張する。

前回の通院のときよりほんのちょっぴり…2キロだけ痩せたけれど気が付いてもらえるかな…。パキシルを5ミリ減らせたことだし、また血液検査してもらおうかな…。

太るのはとっても簡単だったけれど、痩せるってすごく大変。
鬱を抱えていて思い描くようなウォーキングとかが出来ないのももどかしい。
ものすごい決心をしないと出かけられないのだ。
今日だって一歩も出ていない。

ああまた落ち込んできた…。
できたことを数えようよ。少なくても、ゼロではないってわかるから。

                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ亀の歩みで頑張っているわたしに応援clearclearよろしくお願いしますshine

|

重大任務。

お世話になっている動物病院は月曜が休みなので、休み明けの火曜、診察に行ってきた。
前の日具合が悪くて薬をいっぱい飲んで早寝したため、朝のうちに目が覚めた。
なのでせっかくだからと午前中の診察に連れて行った。

震災の後、ちまにはゆったりしていて頑丈なリュックタイプのキャリーを買ってあった。
それに入れてわたしが6キロ超えたちまを背負って行くのだ。
過酷な修行の旅のようである。
前日のお寺の階段よりももっと厳しい。

いやがるちまをキャリーに押し込めて背負って出かけた。
ちまは背中でひっきりなしに動き、にゃあにゃあと鳴く。
動かれるたびに体の重心がずれる。声をかけながら歩いて行った。

休み明けの午前中なんかに来たから混んでいた。
犬を連れた人が一人「また午後来ます~」と帰って行った。
ちまにリードを付けて難なく歩けるのならわたしもそうしたかったけれど、背負って必死に辿り着いたのだからもう待って診てもらうしかない。

ずいぶんして順番が回ってきて、やっと診てもらえた。
目を洗って薬を点してもらう。
「うわあこの傷深いねえ。」と目の下の傷に驚かれる。そこにも薬を塗ってもらう。
びろーんと持ち上げてお腹を見てもらった。

『傷もないしノミもいなさそうだし、アレルギーではなさそう。
なにか環境に変化がありましたか?』

一ヶ月くらい前からこの過剰グルーミングが始まったように思う。
夫がよく来るようになった。これは当てはまらない。ちまはパパが大好きだしわたし自身が夫が来ることを好ましく思っているからだ。
でももしちまが嫉妬していたら??? これはわからない。

わたしが二晩留守にしたこと。
これは大きかった。目の傷もだし過剰グルーミングも顕著にひどくなった。

でもその後はなるべく留守にしないようにしているのになぜ?
わたしはゆうべ思いついたことを獣医さんに告げた。
まったく窓を開けずにいて、大好きなお外が見れません。
医者はおおきく頷いた。
可能性はおおいにあります、と。

うちのアパートは古い建物で、窓ガラスは透明ではなく針金の入った波ガラスだ。
だからカーテンを開けても外は見えない。
窓を開けてようやく狭いお外が見えるのである。
今までの酷暑。わたしは締め切ってエアコンをゆるくかけていた。
あまりに暑い日は遮光遮熱カーテンも閉めたままだった。

ちまはわたしが起きてキッチンとの仕切り戸をあけると、トイレに入っていきまるで自分の部屋かのようにそこで寝ていた。
狭い暗い部屋に辟易していたのかもしれない。
だから自然な明るさのトイレに寝転んでいたのかもしれない。

結論
ちまは「ツマンナイ」のだ。
生きてる意味が見出せず楽しいこともなくウキウキすることもなく、人生つまんないのだ。
それで暇つぶしにザリザリお腹をグルーミングしちゃう。

違うかな。そうじゃないかな。

わたしがちょっとやる気を失って制作を休みにした頃からだもの。
ちまも同じようにつまんなくなっちゃったんだ。

ちまはわたしの鏡。


今夜は猫じゃらしで遊ぼうとしたがちっともノッてこない。
そのあと甘えてきたのでゆーっくり体を撫でてやった。
これからはこれを心がけよう。
ブラッシングさえしておけばいいかと思ったが、気を入れて撫でてやると本当に気持ちよさそうにしているのがわかった。

ごめんねちま。ママいるだけでちまのこと見てあげていなかったね。
これからはもっと気をつけるよ。
甘えたいときに甘えられるようにするね。
もうザリザリ舐めないでいいよ。
ごめんねちま。

命を引き受けるということは、重大な任務である。
帰宅してわたしは疲れて寝込んだ。
                                        伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へちまcatのストレスがなくなるよう努力します。応援clearお願いしますclover

|

一日ともたない。

気分がよかったのは昨日だけ。
今日は起きたときからもうわかる。
やる気が出ない。うつうつの日だ。
それでもずいぶん涼しかったから、こんな涼しい日に寝て過ごす罪悪感を思ったら恐ろしくなり、無理無理着替えてウォーキングに行った。

今日はお寺に行って階段を登り、本殿に参拝をした。
100段足らずの階段なのだが古くて段差がおおきく、修復の跡だらけで歩きにくい。
けれど登りよりも下りが怖かった。
疲れた膝がガクガクして雨上がりの石段のうえで滑る。
下りは慎重にゆっくり下りた。

帰ってシャワーして夕飯。
どの瞬間にもうつ状態がウッとこみ上げる。
ちまのことが心配でならないし。

やるべきことはいくらでもあるのに、手に付かない。
胸の真ん中に黒いカタマリが居座っているこんな日。
どう過ごせばいいのか途方に暮れる。

やる気をくださいとお願いしてくればよかった。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ元気の出ないわたしに応援clearclearよろしくおねがいします・・・。

|

ちまちゃんのユウウツ。

夕べは心配事があって寝付けなかったのだけれど、それはちまちゃんの状態だ。
結膜炎なのかうす赤い涙を流し、目薬を嫌がって逃げ惑い、目頭には治らない傷が痛々しい。
ちょうどわたしが帰省する少し前からあまりにもお腹をざりざりと舐めるのでおかしいとは思っていたが、帰省して戻ってくると舐めちぎってしまったのかお腹の脱毛はさらに範囲が広がってきていた。
もはやお腹だけではなく太ももの内側まで禿げてしまっている。

猫に詳しい知人に症状をメールして、どうしたものか相談した。
目のことと脱毛のこととであわせて病院に行ってはどうかとアドバイスをくれた。
ちなみに舐めすぎて禿げるのを『過剰グルーミング』というのだそうだ。
ストレスで起きるそうである。

ちまちゃんのストレス・ちまちゃんのユウウツはどこにあるのだろう。

目の症状のほうが先だから、目のことと、ちまの目のことを気にするわたしの憂鬱がちまには負担なのだろうか。
わたしが帰省で二晩留守にしたことが堪えたとか…。

物言わぬ動物であることがもどかしい。
知能的には人間の1歳半くらいの能力があるとわたしは感じる。
あちらから発信はできないが、言っていることはわかるし記憶力もある。
残念ながら日本語を話してくれないので、「ここが痒くてイラつくのよ」とかいう言葉は聞けない。

ちまの目のこと、目頭の傷のこと、過剰グルーミングのこと。
ちまのストレスの原因…。
心配なだけでどこにも明確な答えが無い。
とにかく病院に行こう。今日は休みだから明日になっちゃうけれど。


日曜日夫は自主的に出勤して仕事をしていた。
帰りに買ってきてもらったもので夕飯をいっしょにとった。
そのあとわたしの布団で眠ってしまい夜中2時までいた。
これを書いたらわたしも寝る準備をしよう。
どうせもう明け方しか眠れない。

ちまちゃんのことが心配でたまらない。
痛いよ、痒いよ、嫌なのよって言ってくれたらいいのに…。
辛いです。
                                         伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へちまちゃんともども応援をお願いします。clearありがとうございますtulip

|

夜中の涙

起きたときにたまたま鬱じゃなかった。
夕べはどうしてあんなに苦しんだのだろうと思い返す。

寝付けなくて苦しいと必ず良くないことを考えては泣いて、余計に寝付けないという悪循環を繰り返している。
何もかもが不安で辛くて悲しいのだ。
生きていく気力さえ奪われてしまうわたしの入眠障害。
寝つきのいい人はそれだけで人生100倍得をしていると思う。

無駄に苦しみ無駄に泣き、頓服を足して飲んでも全然ダメで、最後は暖めた牛乳を飲んでお腹を満たしてからようやく眠った。
外はもう明るくなっていた。

おなかの空いたちまに執拗に起こされて、起きてみると涼しくてやがて雨が降り出したが鬱症状は治まっていた。
治まってみると、なんであんなに泣いたのだろうと不思議に思う。
心配は心配だけれど、泣くほどのことではないのに。
わたしは泣きながら夫のPCにメールを入れたんだっけ。

今日は症状が安定している。制作をしてみよう。
このところなかなか手に付かずにいた。
今夜もわたしは泣くのだろうか。
泣かずに眠れる方法はないだろうか。
                                             伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。clearいただくとすごく喜びますnotes

|

離れて暮らした意義

夫と別居してからそろそろ丸一年になる。
最近は土日を一緒に過ごしているし夫はちょくちょくアパートに来てくれるので、もう完全な別居ではない。
夫自身は気が付いていないが、9月が夫の最も運気の悪い月なのである。
体調も心理状態もことごとく良くないはずだ。
わたしは安定した運気なのだけれど、悪いほうがごねると引っ張られてしまう。
そして10月になると二人ともが悪い運気になってしまう。
過去のすべての揉め事が9月10月に集中しているのはこういうわけだ。

また9月がやってくる。
けれどわたしたちにはいま適度な距離があり、離れて暮らした結果得たものがある。
お互いを大事に思っているということ。
お互いに甘えたいと思っていること。
そして距離をとったことが、わたしに夫の甘えを許せるゆとりと、できないことを出来ないと言う勇気を養えたように思う。

夫はわたしの世話を自然なこととしてやってくれる。
わたしも夫がアパートに来ればマッサージをしている。
くっついて暮らしていたとき、わたしはお荷物で、夫は甘えん坊だった。
今は違う。受け止め方が変わった。


今日わたしは調子が悪くてやる気が出ず洗濯を干すのにも苦しみ、自分の夕飯なんてもう考えたくもなかった。
夫は会社で具合か悪くなったらしい。そんなお互いの話をメールでやり取りした。
すると夫はフラフラで自分が帰ってくるだけでも大変だったのに、わたしにお弁当を買ってきてくれたのだ。
なんという愛情。
わたしは、チンするご飯に塩昆布をかけて食べたあとだった。
でも夫の思いが嬉しくて、遅い時間にお弁当をいただいた。
ダイエットなんてまた今日からでもいい。

離れて暮らした意味はあった。
それを無駄にしたくない。
今年の9月は例年と違う月にしたいと思っている。
                                           伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援shineありがとうございます。clearしていただくと大変喜びますnotes

|

最高に暑い日に。

夕べは寝付けなくて、良くない考えや悪い想像が湧き上がり、慌てて頓服を飲んで一生懸命に寝た。
あれ、いつどうやって寝たっけ?なんて記憶がない日は本当に少ない。

それで起きるのが午後にずれ込んだ。
起きて外に出てみると焦げそうに暑い。

でも発送したいしなあ。どうせ外に出るなら少しでも歩きたいしなあ…。
考えて、余りにも暑いので、夕方5時過ぎてから出かけることにした。

体がだるい。しゃきっとできない。
ドリンク剤を飲もうかと思ったけれど、ドリンク剤にはアルコールも入っていることを知ってしまった。微量だとは思うが、なるべく我慢しようと思う。
というわけでごろごろしていた。

5時になって着替えて出発。
ヤマトさんで発送をして、そのまま歩いて駅のほうへ行った。
どうするか。歩けるか。
無理はしなくていい。可能なところまで行こう。
わたしはお寺を目指した。でも階段を上ってお参りをするのはもっと涼しくなってからにしよう。
なにもこの夏一番の暑い日に石段をはあはあ登らなくてもいいや。

階段の下まで行ってくるっとUターンして来た道を戻った。
4000歩弱。まあいいとしよう。

帰ったら汗が噴き出した。
ちまがおねだりするのに「ごめん!」と言ってまずシャワー。
暑かった。夕方なのに。

明日も歩けたら歩こう。
一日一万歩には遠く及ばないけれど、無理のない程度に続けよう。

最近夕飯を食べると調子が悪くなってしまう。椅子に腰掛けていられない。
今日も8時から10時半くらいまでウトウト眠ってしまった。
調子のいい体が欲しいな。脳のことはもうしょうがないけれど。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ暑かったけれど少し頑張れたわたしにclear一票お願いしますshine

|

認めてあげよう。

アパートの部屋でねこと二人暮らし。
幸せで恵まれた暮らし。
いままで生きてきたどの時期よりも平和で幸せ。
支払いや催促に追われることがないというのはなんとありがたいことなんだろう。
子供の頃も貧しい暮らしだったけれども、初めての結婚をしてこのかた経済的にはずっと苦しんできた。
それが今は真面目に働いてくれる夫がいてその夫に養ってもらって世話もしてもらって、わたしは本当に幸せだ。

でも今日夫は一通のメールもくれなかった。帰りますともただいまとも言ってくれなかった。
そのことを寂しいと思う日もある。
夜もアパートに来なかった。きっと早く寝たのかな。
無事でいてくれたらそれでいいんだけれど、寂しいと思うときもある。

自分勝手かもしれないけれど、寂しいという感情は自然のものだと思う。
人間だけではなくねこにも犬にもある。

ザワザワ感は薬で抑えられるけれど、寂しい気持ちを抑える薬はないからちょっと切ない夜。


カウンセリングに行ってきた。
実家に帰省して、戻ってきてから二日ほど寝込んだ話をした。
わたしにだってどうこう言っても親は大事である。
喜ばせたくて帰省する。
けれどわたしにとっては実はストレスなのだ。
それを表さず抑え込んで帰ってくるから寝込むのだろうとカウンセラーは言った。
体は正直だ。
母の話を頑張って聞いてきた。
そのことを誉めてやってもいいのではないか?と気が付いた。
頑張って親孝行できたね。偉いね、と。
すると急に心が軽くなった。

~できない、挫折する、失敗する、とマイナスな表現ばかりが目に付くわたしの文章。
禁パンしてたのに誘惑に負けて今日はパンを食べてしまった。
夫が言う。『禁』じゃなくても『減』でもいいでしょ?と。
出来ない、やれないと自己否定ばかりするのではなく、少しだけど出来たことや減らせたことなどを、誉めてあげてもいいよね。

だれも誉めてくれないから自分で。
なにか出来たことを認めてあげよう。
                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援shineありがとうございます。ぽちっとclearしてくれると嬉しいですtulip

|

気分転換が難しい。

思い込みが激しすぎるわたしは、なにか嫌なことや悲しいことや、思うようにならないことが起きたときに、気分転換をして忘れるなんてことができない。

ヤケ酒…ヤケ食い…ヤケ・カラオケ?

悲しい気持ちや辛い気持ちでわたしは上記三つに取り組むことができない。
悲しいときも辛いときもとことん底まで墜ちて行って泣くしか方法がなかった。
「まあ気にすんなよ。」とか「元気出して。」とか、「泣かないで。」という言葉が大嫌いだ。
気分変えようよ、酒でも飲んで、歌でも歌ってさあ、なんて言われたって、
『こんな気分で歌なんか歌えるかーっ!』
てな気分だった。

酒や歌で気分転換できる人種と、できない人種がいると思う。
わたしは酒も歌も楽しい気分じゃないといやだ。
自棄になって飲むなんて最悪だ。いい酔い方をするわけがない。それでいったい、何を忘れられるというのだろう?



4月に替えたばかりの携帯に、わたしは毎日イラついている。
色に惹かれてこれに決めたのだけれど、使い勝手が悪くて開閉のたびに落っことすし、打ち間違いや変換ミスも日常的、長文メールに限って消してしまうこと一日一回はある。
電話をしていると1分で耳が痛くなり苦痛になる。(携帯の角度のせいと思われる)

毎日かなりの頻度で使うものなので、わたしはイラついて「替えたい」と思うようになった。
次買うならぜったいコレ!というのが見つかって、今日ショップに行って確認し、値段も教えてもらった。
もちろん、高いよ。
庶民が手を出してはいけない価格。
でも仕事頑張ってそのぶん貯めよう!という気になって、久しぶりに制作室デスクで作業をしていた。

夜、夫がゴミ集めに来てくれた。
携帯の話は夫の帰宅メールのやり取りで伝わっている。
そして夫は「許可できない」と言った。
価格の問題だけではなく、人道的に許しがたいとのことだった。
確かにそうだろう。
夫の意見は正しすぎてわたしは反論はなかった。まさに世間さまだ。
おっしゃるとおり。

わたしは意気消沈して制作をやめてしまった。
せっかく何日ぶりかで出たやる気だったけれど、風船はしぼんでしまった。

夫の言うことは本当に正しい。
しかも優しく諭してくれた。頭ごなしじゃなく、ゆっくりと。
反論はない。

あるとしたら、愚痴…。
わたしは残念なことに買い物を失敗したのだ。
見た目に惹かれてとんでもなく使いにくいものを買ってもらってしまったのだ。
毎日それでイラつく日々なのだ。
友だちに会うでもなくメールで繋がっているだけの毎日に、このイラつきは辛い。
それだけ。

我慢して使うしかないね。
たとえお金が手に入ったとしても、夫の許可なく勝手なことはできないのだから。

落ち込んだ気分を転換する方法は、わたしにはない。
せめてこうしてブログに吐き出してちょっぴり楽になるだけだ。
一人でも楽しい気分になれるものなんてあるのかな・・・。

                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へワガママなわたしですが、応援clearしていただけるとすごく喜びますshine

|

やばいとこだらけ。

脳は怪しく、体はカバで、そのうえ目がやばくなってきた。
いよいよ老眼か??
久しぶりに見つけた地図を開いたら、もう小さい字が読めなくなっていた。
付録のシート状ルーペを使ったら見えること!
こりゃもうメガネ作らないとだめかな。

年齢を重ねることって悪いことばかりじゃないって、数ヶ月前までは思っていたけれど、
今はもう思えない。
少なくともわたしはダメだぁ~。


3連休だった夫と一緒に過ごした。というか夫がわたしの世話をしてくれた、が正しい。
最終日は夫が夕飯を作ってくれた。
野菜をいっぱい食べた。
お腹いっぱいになるちょっと前からザワザワが始まる。
せっかく一緒に居るのにわたしは食卓を降りて横になる。
頓服を飲んでしばらくしたらザワザワは解消したけれど。

もともとこうなんだから、薬を減らしてるせいだと思わなくていいよ、と夫が言う。
そうだね。異常だったのは去年の春から今年の初夏までの間。すごいパワーで作品を作り続けた。
もうそのパワーが出ないと嘆いているのだが、元々わたしはこうだったのだ。
異常なハイパワー時代がやって来て行過ぎただけなんだ。
こうして時々寝込んで夫に世話をかけていたではないか。
そしてそれが病を持つわたしの普通の姿…。

いまもザワザワすると思ったら夕飯後の薬を飲み忘れていた。
頓服を飲んだから気が付かなかったのだ。
あわてて飲んだけど軽く墜ちている。

一生懸命生きて行くけどさ。
生きて行くけど、しんどいよ。
今、決して悪い時期じゃないはずなのにどうしてなんだろう。
頑張れる自分になりたい。

                                       伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつもclearありがとうございます。ぽちっとしていただけると嬉しいshineですbud

|

そして悪循環。

重ーい。
自分が重い。
まるで陸上に出たカバみたいに重い。
足腰が痛い。
それであまり動かなくなる。
結果痩せない。

なんという悪循環。

運動は嫌いだからウォーキングするしかないし、歩いた翌日は少し体のぎくしゃくがマシになっているから絶対効果があるんだけれど、そうわかっていても休んでしまうぐうたらなわたし…。

バリバリ制作をしていた時期もあったのに、薬を替えたので仕方ありません。
『過活動』だったわたしの脳を穏やかに鎮める薬になったのです。
もうあのスピードでの制作はできないので、ゆっくりじっくり取り組もうと思います。

走り続けて生きてきたので、のんびりすることに慣れていません。
以前は宴会のムードメーカーとして盛り上げるのが得意でしたが、今は参加もできません。
少しでも痩せたら参加しようかなっ。

重たいからだけでなく脂肪肝だから痩せねばならないわけです。
薬だけでも肝臓には負担をかけていますから。
たった3~4キロ痩せるだけでも肝臓さんは楽になれるのだそうです。
第一目標はそこです。
今年の夏が短くてはやく涼しくなればいいなと思います。
そしたら歩くぞーって、言うだけじゃなくて本当に実現したいです。

スローな脳でサクサク歩けるでしょうか。
秋を楽しみに待っています。
                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ地上に出たカバsweat01ですが、応援clearよろしくお願いしますapple

|

しんどいです…。

今日は夫が洗濯をしにやってきていて、それで午前中に起きました。
出かけていろいろ用事を済ませることに決定。
まずはファミレスで食事。
それから浅草橋まで行ってもらい、夫は車で待っていてわたしは金具の仕入れをしました。
終わってから豊洲のららぽーとにぶらりショッピング。
そのあといつも行くスーパーに行って夕飯の買い物をして帰宅しました。

わたしにとっては超盛りだくさん。
夕飯のあと疲れ果てて眠ってしまいました。
夫が後片付けをして行ってくれました。

疲れやすいのもパキシルを減らしたせいかもしれません。
えっ! もう? というスピードで疲れてしまいます。
いま一旦起きましたが、シャワーをしたらまた寝ようと思います。

浅草橋に連れて行ってもらえてよかったです。
通販でもピンやカンは買えるのですが、通販にはないサイズが結構あるので、実店舗に行かなくては手に入らないものがいろいろあります。
暑い中行くのがためらわれていたので助かりました。

ぶらりショッピングは特に買いたいものがない場合は疲れますね。
ららぽーとにはハンズが入っていたのでハンズで少し買い物をしました。

明日は夕飯どうしようかなあ。
土日は夫と過ごすことが定番になりました。
明日何か作れればいいのだけれど…。
いまのしんどさからは明日の体調は見えません。
でも一緒にごはんが食べられることは嬉しいです。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へすぐに疲れてしまうわたしですが応援clearよろしくお願いしますtulip

|

早くも挫折その1.

減薬は成功か、だなんて書いた翌日、うつ状態で寝込んでしまい動けなかった。
決して成功しているとは言えないのだ。
わたしは以前のようにバリバリ制作をする力がない。
たった5ミリ減らしたパキシルがわたしのやる気を連れて行ってしまった。

ただひたすらトロトロと眠っていた。
夢の中でわたしはワガママな客相手に飲食店をやっており、くるくると立ち働いてそして夢のなかでも倒れた。

夢の中の視界がブラックアウトして見るものがなくなったわたしは目を覚ましたが、起き上がる気力はまだなく、夫にヘルプメールをした。

部下と飲み会なので遅くなるけれど帰ったら行くよ。というやさしい返事をくれて、それから寝たり起きたりしながら夫を待っていた。

やがて「夕飯は?」という夫のメールが来て、わたしはとうとう「パンが食べたい。」と言ってしまった。
ダイエットのため禁パンしていたのに。
夫はわたしの最も食べたかったサンドイッチと、好みの菓子パンと好きな飲み物を買ってきてくれた。
早くも挫折。夜中のサンドイッチ。

甘えられる人が居るのは幸せだ。夫はたまっていた洗い物をしてくれた。
わたしは夫の脚をマッサージした。

これからまた寝ます。
あしたは動けるようになっているかなあ。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へまたバリバリやる気が復活するよう応援clearおねがいしますcherry

|

減薬は成功か。

15ミリ飲んでいたパキシルを10ミリに減らして二週間。
時々耐え切れなくて頓服を飲むけれど、それ以外はどうにかなっている。
これは減薬成功かもしれない。

何度も失敗した15ミリの壁。
ようやく超えられたかと思うと嬉しい。
力の強い薬なので肝臓への影響も大きいことだろう。
わたしは自分で脂肪肝をなんとかしなくてはいけないが、たった5ミリでもパキシルを減らせたら肝臓の負担が軽くなると思うと嬉しい。

肝臓は黙っている。沈黙の臓器なのだ。
こんなひどい状態にさらされても黙って毎日頑張って解毒してくれている。

禁酒と禁パンもやっと二週間。
サンドイッチが食べたくなる。
今は一日2食。起きたときにシリアル時々魚肉ソーセージ。
夕飯は早めの時間になるべくシンプルなものを。
野菜ジュースを飲んで補っている。

それでも運動が足りないので少しも痩せない。
こうも頑固に痩せないものかと暗くなる。
秋になったらウォーキングをしよう。(この酷暑では無理…。)

痩せるときは肝臓から痩せてくれるらしい。
体が太いのは仕方ないから、肝臓さん痩せてください。

パキシルをレスリンに置き換えてパキシルをやめさせたいと主治医は言っていた。
5ミリ減らせたけれど、あと10ミリある…。
長い長い道のりである。

                                          伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援clearclearありがとうございます。感謝しておりますheart04

|

寂しかった。。。

ゆうべ寝るとき、ちまはわたしの胸に乗って、長い時間わたしの顔を舐めてくれました。
「寂しかったよ、寂しかったよ…」と言われているようで涙が溢れました。
頓服無しですんなり寝付けました。
ちまのおかげです。
夫によると、わたしが居ない間世話に行くとにゃあにゃあ鳴いて鳴いて、わたしを探すそぶりも見せたそうです。パパと一緒に帰ってきていやしないかと探したんでしょうね。
愛おしくて悲しいくらい可愛いです。

今日は一日ずっと一緒にいました。
というのはわたしがまったく動けなかったからです。
予想してカウンセリングを休みにしておいてよかったです。
体が痛くてだるくて眠くて、ほぼ一日寝たきりでした。
ちまは寝ているわたしの脚にくっついて毛づくろいをしたり、胸に乗って来たり、枕を略奪してみたりと、なんやかんや一緒に過ごしました。

こんなに依存しあっていて、離れるときが大変です。困りました。
ちまが愛おしくてたまらないのです。離れたくないのです。

今のところもう泊りで留守にするのは年末までないので安心です。

今日は薬以外にドリンク剤も飲んで、それでもしゃっきりしなくてウトウト寝てばかりいました。
夜の10時過ぎにようやくちょっと疲れが抜けた気がしました。
出かけたあと寝込むなんて老人と一緒です。
歩くのもよたよたしているし、自分が急速に老人化しているようで怖いです。

今夜もちまとラブラブしてから寝ます。
                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ応援ありがとうございます! またclearよろしくお願いしますshine

|

みんな疲れる。

実家から帰って来ました。
たった2泊なのに、疲労困憊です。
ちまはやっぱりだめでした。わたしが居なかった日に吐いていたそうです。
デリケートなちま。
そしてわたしは息子と同じ部屋で寝る幸せに恵まれながらもちまを思って泣き、頓服を足して無理矢理寝たのでした。

みんなが疲れます。
日常と違うことになると、全員が疲れるのです。
わたしはもう2泊でギブアップ。ただ行って帰ってきただけなのに、ものすごく疲労しています。
母も多分疲れています。もう無理の出来ない体に鞭打って食事支度をしたりいろいろ世話をやいてくれますから。
夫も疲れました。タダでさえ仕事+家事で忙しいのに、朝晩のちまの世話も加わって疲れていました。

それでもたった2泊だったけれど、親孝行にはなったかな…。
わたしはほとんど寝ているか息子と一緒にいるかだったけれど、「生きていて来てくれるだけで嬉しい」と母から言われたのです。これは画期的。
せめてあと一泊できないのかと何度も言われましたが、これは断り続けて帰ってきて良かったです。わたしが限界。
また行けばいいです。

今日は起きたときからぐったりでしたが、12時前に昼食の家なので寝起きにすぐ食事というわけです。
頑張ってアラームで起きて無理矢理に食事をしました。
そしたらもう調子が悪くてドリンク剤をもらって飲み、荷物を作って封をし、顔を洗って着替えて、最寄の新幹線の駅まで車で送ってもらいました。
もうターミナルで乗換えをする元気はありません。

新幹線の中ではウトウトしながら帰ってきました。
部屋に着くと、ケージの屋上に居たちまは駆け下りて来てお出迎えをしてくれました。
今日は吐いてなかった。よかった。

ちまのような吐き戻しをしやすいねこには少量ずつフードを与えるのも手だそうです。
それをするのは可能だけれど、ますます夫と旅行とか行きにくくなってしまうです…。
困ったなあ。でも一泊ですぐに帰ってくれば大丈夫かなあ。
悩みます。あ、いえ、まだ旅行に行くわけではないんですけれどね…。

自分の家っていいですね。
たとえ行った先がどんなに楽しかったとしても、帰ってくるとホッとする。
わたしはこのアパートで暮らすのが最も幸せです。
部屋の大きさとか、天井の高さとか、いろんなバランスも気に入っています。

明日から日常に戻ります。
今週末帰省の方が多いことでしょう。
気をつけていってらっしゃいませ。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へただいま戻りました。また応援clearお願いいたしますnote

|

帰省してきます。

明日から2泊だけ、帰省してきます。
少ない日程に親は不満そうですが、ちまと離れるのが不安なので最低限の二泊にしました。
ちまはわたしが留守にしたあと吐くことが多いので、丸二日以上離れて大丈夫か心配です。もちろんわたしもちまと離れるのが辛いです。

息子と一緒に帰ります。というより息子がこの日から行くよというので合わせました。
ただし息子は4泊し、わたしが先に戻ってきます。
親がわたしにいろいろ話すのを楽しみにしているのはよくわかっています。
だから行くのですが、いつも書くようにわたしは自分の母が苦手です。
好きなタイプの人ではありません。
でも親孝行はできるうちにやっておかねばと思うので行きます。
息子と一緒というのが大きな救いであり喜びです。

中一日なのですぐに過ぎてしまうだろうし、新幹線に乗るのも久しぶりだし。

でも残念ながら楽しい気持ちではありません。
明日息子と落ち合えば気分もUPするのかもしれませんが…。

わたしの脳はいつもと違うことに対して過敏に反応します。
ねこと同じですねえ。

はああ…。
いくら楽しいかもしれない事柄でも、憂鬱なんです。
そういう病気なんです、残念だけれど。

携帯から更新できたらしますね。
行って来ます。
                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ二晩留守にします。よかったら応援clearお願いしますネtulip

|

雨の前は苦手。

テレビを見る習慣がないので、天気予報が入って来ない。
先日、カウンセリングの日にデパートのバーゲンで晴雨兼用の折りたたみ傘を買った。
これで、とりあえずこれをもっていれば安心。
日傘を買ったのは久しぶり。
バーゲンのおかげでいいものが安く買えて嬉しい。

さっき雨が降り出した。
そのせいか夕方からウツウツしてとても辛かった。
料理するつもりで材料を買ってしまったのでやらざるを得ない。
どうにか作った。すごい量。
ダイエット中にこの量はありえない。
食べているあいだにも「うつ」がこみ上げてきて辛い。
食器をシンクにおいて水を張って、自分はまた部屋を暗くして休んだ。

うつ病は自分との戦い。
こうしたいな、こうでなくちゃ、と思う自分と、現実の自分とのギャップに苦しむ。
ダイエットはさらに自分との戦い。
つい自分に甘くなる。そして言い訳を考える。

今日は郵便局とスーパーに行くときにちょっと遠回りして歩いて、それでもたった2800歩。
5000歩でいいから歩きたいけれど、迷子になるのが怖くて適当なところで引き返して来てしまった。


本格的に寝るときは寝付けなくて苦しいのにちょっと休むつもりで横になるとウトウトしたりするのはどういうことだろう。
夫がやって来て起き上がった。
二人で葡萄を食べた。
一人だと果物を食べる気になんてならない。
夫にマッサージしてあげた。
夫は洗い物をしてくれた。
嬉しいな、こういうの。お互い得意なことや嫌じゃないことをして相手をサポートする。

一人より二人がいい。
他愛のない話でさえ面白く感じる。
雨の前はウツウツして苦手だけれど、そんなときに食器洗いをしてくれる夫に感謝。

夫もダイエットをしている。
彼は二駅ガシガシ歩いている。
わたしにはできないことだ。
夫のほうが軽くなったらやだな。がんばらなくっちゃ。

                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。メダルをclearしてくださいねーshine

|

助かっている。

カウンセリングに行ってきた。間断なくびっしりと話をした。
お弁当を買って帰宅して、食べたらなんだかどーっと調子が悪くなってしまい、どうすることもできず、とりあえず夕飯後の薬を飲んで歯みがきをして、部屋を暗くして横たわっていた。

うとうととしていたらしい、夫が開けるドアの音で気が付いた。
「調子悪い?」
「うん、ちょっと…。」

夫はそれ以上追及せず、家事をやってくれた。
洗い物をしてまとめてあったゴミを持って行ってくれるようにしてくれた。

ゴミ捨てをやってもらっているだけで、わたしはどれほどのストレスから解放されているか言葉に尽くせない。
別居したてのころは何もかも自分でしなくちゃいけないんだという意気込みでいて、もちろんゴミを捨てることもそうで、朝起きる自信はなかったし夫や家族に出くわしてしまうのもいやだったから、わたしは必死に早朝まで起きていてゴミを捨ててからようやく眠りについた。
泣きながら起きていたこともあった。
辛かった。
それを思えば今は夫に甘えて出すのをやってもらって、本当に助かっている。

しばらく休んでいてちょっと調子が戻ったので起き上がってブログを書いている。
記事をUPしたら本格的に寝よう。

すごくささやかなダイエットをしている(つもり)。
ウォーキングに毎日行きたいけれどどうしても出かけたくない日もあり(うつ病由来)、運動がダメだとすると食を絞るしかない。
肝臓さんがちょっと大変なので脂肪肝をなんとかせねば。
酒断ち・パン断ちをしている。
一日100グラムずつでもいいから減りたいな。
そうつぶやいたら夫は「そんなのは誤差。」と言った。

若い頃と違って食も枯れてきているのでなんとかなるんじゃないかな。
テレビを見ないから映像に食欲を刺激されることもない。
いまも空腹だけれども、辛くない。

ではそろそろ寝ることにしょう。
おやすみなさい。
                                         伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へダイエット成功して報告ができたらいいなと思います。clearよろしくです。

|

ボロボロ泣ける。

パキシルを減らした症状が少し出ているようです。
ちょっとしたことが心配で、不安で、ちょっとしたことが悲しい。
一旦泣き始めると大粒の涙がボロボロこぼれて泣いてることそのものが辛いです。
なぜなら泣くことによって発散するわけではないから。

普通は泣くとちょっと発散して、それと体内から重金属が排出されて、すっきりするんですよね。映画を見て泣いたあと、妙にすっきりするのはそういうわけです。

けれどわたしは病気のせいで泣いています。
泣くほどのことじゃないことで泣いています。
泣き止んでも、また同じ気持ちになったら繰り返し泣きます。
そこが違うところです。

3日続けてちまがティッシュにいたずらをしてぐしゃぐしゃにしてしまいました。
それはまあ、拾いながら広げながら使えばいいので別に怒りもしないんですが、ティッシュだけでは飽き足らずマグネットボードのマグネットをいたずらしていくつか落ちていました。
夜寝るときそのことを思い出して急に不安になりました。
小さいカラフルなマグネットを使っています。
もしちまが誤飲したらとんでもないことになります。
ちまはよく吐き戻しをするねこだけれども、もし小さいうちに既にマグネットを誤飲しててそれで吐くんだったらどうしよう!

心配で不安になって、とりあえずの策として今後はそういう心配をしなくていいように、マグネットを直径30ミリのものに買い換えました。飲み込みようもありません。大きくて。
もっとちまの安全のためにいろいろ気をつけなくちゃと思いました。
わたしは制作に石のビーズを使います。
ほとんどケースか、チャック袋に入って保管していますが、一部裸で出て(お皿に入っている)います。今日はそれを片付けてから寝ます。

夫とのことでちょっと辛いことがあり、それで今日はボロボロ泣いて頓服を2回も飲んでしまいました。
夫の言うことは間違っていません。おかしくありません。
わたしがおかしいのです。
そうとわかっています。
けれど被害妄想を止めることができなくて、夫にお願いをしました。
わたしの言うようにしてほしいと理不尽なお願いをしました。
夫は反論しましたが、考え直してくれて、そのようにしてくれました。
きっともやもやしていると思います。
どうしても感情をなだめられないわたしの病気のせいです。
わたしの病気はそのまま性格になっています。

でも夫が願いを聞いてくれたことでわたしはスッキリすることができました。
助かりました。今夜は泣かずに寝られるかな。

                                        伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援ありがとうございます。今日もclearよろしくお願いしますbud

|

おうちカレー。

日付が変わって8月になりました。
なんだか、短かったな、7月…。


今日はカレーを作って夫と一緒に食べることが出来ました。
これはすごい進歩。
昨日も夫と一緒に居たのだけれど、「明日の夕飯どうする?」と聞かれて、「できれば、だけどカレーを作って一緒に食べたい…。」と自分から言ったのです。
レトルトのカレーにはもう飽きたー。
わたしは自分で作った、お醤油が隠し味のカレーが一番好きなのだ。
丁寧に丁寧に時間をかけて作り、夫がそれを食べて「うまい…。」と言ってくれるのが至福です。

(困ったときはカレーでいいのよ、という人とわたしは真逆です。わたしにとってはカレーは時間をかけて丁寧にじっくり作るもので、たとえば7時に食べるのなら3時にはスタートしたい料理なんです)

けれど、自炊をほとんどしていないし、プレッシャーに弱いわたしは口に出してからが自信を失ってしまいました。
「やっぱ起きたらメールする…。」というと夫は
「なんだよそれ~。」と笑ってた。

今日は12時半に起きて、作れそうな気がしたので夫にメールをしました。
しばらくして電話があって、いまスーパーの駐車場にいるんだけれどどうする?と聞かれた。
自分で歩いてスーパーに行くつもりだったけれど、ちょうどいいのでカレーの材料から福神漬けまで頼んでしまいました。
今日のウォーキングゼロ歩ですー。

夫はリッチなカレー粉とリッチなお肉を買ってきた。わたしなら絶対手が出ない代物だ。
3時から作り始めました。
ジャガイモは大きく切って面取りをする。
牛肉は繊維に直角に包丁を入れる。
嫌いなにんじんは不釣合いだけれどいちょう切り(笑)。
生マッシュルームをオリーブオイルで炒めたものもあとで加えました。

がしかし。
ルーを入れてみて、すでにコテコテ。
煮込んでとろみを出す、って…とろみというかもうコッテコテなんっすけど!

うーん。水の量を間違えたのかな。
計って入れたけれど、そのときにすでに勘違いしているのでもう覚えてもいない。
仕方なく、少しずつ、少しずつ水を足して様子をみました。

そしてまた煮込んで、休ませて、また煮込む。
どうやら成功! 上手くできた!

お米を研いで炊飯器にセットして…ここでもう、気力終了ー。ぴぴー。
夫にメールをして布団でちまと休憩…。

夫が来てサラダを用意してくれて、食べ始めたらおいしくって!
ダイエット? なにそれ何語?とばかりにおかわりして食べた二人でした…。
やっぱりおうちカレーはおいしいな。

後片付けは夫が全部やってくれました。助かる~。
ちなみに、ちまはちゃんと椅子に座ってスタンバイしてました。
でもあげられるものが何にもなくてすねちゃいました。
みんなでごはん食べてたことをちゃんと覚えてるんだね。頭いいね。切ないね。


今週末は土曜日夫がいなくて日曜からわたしが帰省するからすれ違いになっちゃう。
また次の週、何か作れたら作ります。
…カレー?(笑)
                                       伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へおいしかったカレーにclear一票お願いします。わたしは明日もカレーです。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »