« 東京カルチャーショック。 | トップページ | 血をながしてる »

切りたい衝動

全身に針が刺さっている。
鏡をみたら土偶がいた。
ぼんやり座っていると涙がぼとぼとと落ちてゆく。
ちまがひざに手を置いてくれて、わたしを見上げていた。


だめだ。もうだめだ。
無理。無理無理無理。
切りたい。切りたい。痛みで心の苦しみから目をそらしたい。


聞いてくださいわたしは病気です。
うつ病と強迫性障害と適応障害とパニック発作を持っています。
そのことどうして無視ですか。
わたしは嫁としては0点どころか、マイナスのお荷物でしかないので、せめて妻として可能なことは頑張ろうと思って、ささやかかもしれないけれど頑張った。

夕飯は簡単なものしか作れないし掃除はできないけれど、洗濯してアイロンかけもした。
先週はスーパーにも一人で行った。
肩を、首を、脚を…言われるままに一生懸命マッサージもした。
カウンセリングの件では感謝していると床に座ってお礼を伝えた。
100点の夫だと思い記事にも書いた。

夫は満足という言葉を知らない。
いつも足りなくて不満ばかり。
幸せだと思ったことなんてないのだ。
わたしが頑張って一つハードルを越えると、次に待っているのは賛辞でも癒しでもなく、もっと高いハードルだ。

わたしは自分の存在が後ろめたいからまた頑張ってそれを跳ぶ。
跳んでゼイゼイしていると、跳び方が悪いと言われる。時間がかかりすぎると言われる。
わたしは消費するだけで稼がず、嫁としてはマイナスのお荷物だから、また必死に跳ぶ。

でも永久に褒めてもらえることはなく、はるか見えなくなるまでそのハードルは並べられていく。

もう無理だよ。本当にもう無理だよ。決壊するよ。人格が崩壊するよ。
夫としては本当に100点だと思って感謝してる。
だけどわたしは優しくされたい。厳しくしつけられたくて嫁に来たんじゃない。
わたしにはわたしがあるのよ!


全身に針が刺さっているように痛む。泣き腫らした目は土偶。
カッターを見つめて手を握り締めて、Zとふうちゃんにヘルプを出した。
もう無理。無理無理無理。苦しい。助けて! 切りたい!

めちゃくちゃなメールのやり取りの後、事の重大さを理解して、Zは電話をくれた。
わたしはわあわあ泣いた。
ふうちゃんは夫にメールしてくれた。

そして何かが変わるの?
苦しい苦しい苦しい。
もう一週間以上出血が止まっていない。でも夫にそれを言ったところで「いつものことでしょ。平均して考えれば最後は辻褄合うんじゃないの?」と言われる。
心配なんてされない。優しくなんてされない。同情なんてされない。
だから何も言わない。言えば自分が傷つくだけだから。
だからお相手なんてできないの。そんな気にもならないしそんな状態でもないの。
いつも耐えてるだけなの!

もう無理。
切るならどこにしよう。でもZと約束したんだ、切らないって。
睡眠薬も2倍までしか飲まないって。
約束したんだ…。

浅い眠りの中でわたしはずっと息子の夢を見ていた。高校生の息子の夢だった。
会いたいよう。会いたいよう。

でもこんな姿見せられない。心配かけちゃだめだ。
息子の命と心は、自分のそれよりずっと大切だもの。

ふうちゃんは言う、Nさんはきゃらちゃんを愛しているよ?

そう?
だとしてもそれは必ず条件付の愛。
きゃらが○○してくれれば。きゃらが……であってくれれば。
愛される自分を求めているんじゃないの?

無条件でこの存在を愛してくれるのは父息子だけだ。
その二人を悲しませないために生きていくけれど、夫は果たしてわたしが死んだらどうなのか。
そこでようやく、わたしの言う「ハードル」の意味を考えるだろう。

ねえ聞いて。自慢じゃないし同情ひくわけじゃないよ。
わたしには病気があります。なぜそれを無視ですか。わたしはなんなのですか。

                                             伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へみなさま本当にclearclearをありがとうございます。感謝でいっぱいですweep

|

« 東京カルチャーショック。 | トップページ | 血をながしてる »

コメント

きゃらさん、今、この瞬間のきゃらさんが愛しくて切ないです

切りたくなるほどの、
ぱんぱんの苦しさ、よく分かります
壊れちゃいそうなキツさ、すごくよく分かります

でも人の内側で起こる、ねじれるような苦しい嵐はなかなか周りには伝わらない

切りたい気持ち

苦しさを伝えたい気持ち

すごく共感します
私もぱんぱんになるまで頑張って頑張ってはじけて、周りに迷惑ふりまいて、肝心の夫には理解されてない妻です

ハードルが高い
ハードルをひとつ越えたらまたハードルが高くなる


その気持ちよく分かります

私の夫には、ハードルを越えない人生
ハードルの域に達しない人生って多分理解できないんだろうなぁ

きゃらさんの夫さんもわるい人なんかじゃなくて、きゃらさんを愛してると思います

この伝わらなさはなんでしょうね


切ることでなく、伝わる瞬間を祈ります

投稿: かおる | 2010年9月 9日 (木) 22時54分

こんばんは。


こういうタイミングで「切ってもいいよ」っていうのは、多分無責任なんでしょうね。
でも、少しの痛みで「ガス抜き」ができるなら、それもアリだと思います、私は。
全てを、「正面から100%受け止める」なんて無理な話ですから。
つぶれそうで、どうしようもない時、それもきっとひとつの方法じゃないかな、と。
抱えきれない「痛み」を、ほんの少しだけ、身体と分け合ってもいいと思います。


「切っちゃ駄目」なんて、私は絶対に言わない。
「切りたい位の心の痛み」を肩代わりできるヒトなんて、居ない。
寄り添ってくれるヒトは居ても、自分を抱えてあげられるのは「自分」しかいない。
自分なりに抱えて生きるしかないから。
その傷を抱えて生きるつもりがあるなら、それでいいよ。
その傷も、伽羅さんの大切な「一部」です。


生きるために切るのは、アリです。私はね。
すみません、ちょっとキツそうだったので…

投稿: あや | 2010年9月 7日 (火) 00時27分

親愛なる、ともだち伽羅さまへ
今回のブログの内容、ショックでした。
先日あんなに私を、励ましてくれた伽羅さんが、今、苦しんでいる、こんな私ですが、少しでも伽羅さんを、慰めることが、できたらばと思い、気持ちは、急くのですが、旨く文章に、言い表せない自分が、歯がゆいです。
とにかく切っては、いけません!それが旦那様への、唯一の信号であったとしても!
あなたは、精一杯がんばりました、頑張らなくて良いのですよ!うつ病の人に、叱咤激励は、タブーです。頑張っては、いけません!少しいい加減に、なりましょう。
是非、旦那様に、病院に、一緒に行ってもらいましょう。
先生から、説明したまらいましょう、この病気に、叱咤激励がいけないこと、ましてや、躾けるなんて、決してしては、いけないこと。
この病気の人は、自分のキャパ以上に、頑張ってしまうこと。
理解してもらいましょう「頑張らなくて良いんだよ」という言葉が、この病気の、特効薬であること。
理解してもらいましょう、この病気が、治るには、時間がかかることを。
私は、お二人で、受診なさることを、勧めます。
最初は、旦那様には、理解できないかもしれません、奥様が、こんなに病状が、悪いのを、受け入れられないかもしれません。
何回も、一緒に受診することによって、だんだん納得されると、思います。
「それは、駄目だ!とても一緒になんか受診できない」と、諦めずに、そう思ってしまったら、進むものも進みません。
どうか、伽羅さまが、少しでも、気を休めることが、できますよう、祈っております。

あなたの理解者になりたい、
     海野 爵 より

投稿: 海野 爵 | 2010年9月 7日 (火) 00時23分

泣いてもいいし、暴れてもいいと思います。
でも、まずは、深呼吸しませんか?
ある程度、落ち着いてから、いろいろなことを決めませんか?

伽羅さんの気持ち、すべては分かりません。
だから、こういうとき何と言うべきなのか、言葉が見つかりません。
でも、今は、切るべきでありません。

投稿: ストラグラー | 2010年9月 6日 (月) 22時19分

伽羅さん、切ったらだめですよ。
伽羅さんがそんなことになったら悲しむひとがいっぱいいます。
まずは息子さん、Zさん、Nさんだってそうです。
かくいう私もその一人です。
ひとのことは励ませるのに自分のおととなると弱くなってしまう伽羅さん。
お父さんの膝の上を思い出してください。
あんなに愛されたではありませんか。
伽羅さんは人に愛される資格があるんですよ。

投稿: オモダカ | 2010年9月 6日 (月) 21時15分

辛いですね・・・
切りたい衝動、わかります。
私は「母が傷跡を見たらどんなに悲しむか」と思って、踏みとどまりましたが、
頭を殴ったり、腕を鍵でひっかいたりしていました。

このおかしい頭と体に、痛みでショックでも与えれば少しでも
まともになるのではないか、との思いからでした。

でも、伽羅さんの体を傷つけることはありませんよ!!
伽羅さんは悪くない。
旦那さんも、病気への配慮は足りないけど、たぶん悪人じゃない。
悪いのは病気です。病気の仕業なんですよ!
だから、ご自分を傷つけないでくださいね。

ハードルを越えたら褒めてほしいですよね。
そしたらまた頑張れるかもしれないのに。
努力を当然だと思われると、永遠に山を登り続けなきゃ行けない感じがして
お先真っ暗になりますよね。
私は「元気そうだね」と声をかけられるだけでショックを受けていました。

でもそう感じてしまうのも、きっと病気のせいです。
カウンセリング、早く受けたいですね。
この苦しさを全部伝えて下さいね。
上手く話せなさそうだったら、この日記をプリントアウトして見せるといいですよ。

ヘルプをだせるZさんとふうちゃんさんがいて、本当によかった・・・

投稿: のり | 2010年9月 6日 (月) 11時08分

伽羅さま。。。この記事を読んで
泣いてしまいました。伽羅さんを抱きしめて一緒に泣きたい衝動にかられ
ました。
私は息子を亡くすまでうつ病とも縁もなく、この病気の存在自体知らずに
暮らしていました。自分がうつ病(もどきですが)になり苦しみを知りました。
眠れない・死にたい・死にたい・眠れない・死にたい・・・って。

周りは、息子の死でショック状態だからって大目にみてくれて
伽羅さんの場合、理解されないのかもしれませんね。心の病気って目に
見えないから。。。だから目に見えるように自分を傷つけたい衝動に
かられる。

昔、親友が躁鬱病になり入退院を繰り返してました。
その頃は心療内科もなく、精神病院に入れられ隔離され面会も
出来ませんでした。少しよくなっては問題を起こし入院の繰り返し。
お母さんとも交流があり、時々家に行ってお母さんの話を聞いてました。
いつも、私と抱き合い泣いていました。
そのうち私が結婚して遠くになり、そのままです。何度か電話しましたが
入院してる。としか・・・。無償の愛があっても簡単には治らない病気なんです。
経済的に裕福な家庭で、生活に不自由なかったから
彼女は恵まれてましたけど。

伽羅さんが一生懸命頑張ったことで、やれば出来るって思われたんでしょうね
どれほど頑張ったか理解しようとせずに。
なんだか私まで、腹が立ってきました。
伽羅さんが心配です。
今週はカウンセリングですか?カウンセリングまで、少しだけ我慢できますか?
切ってはダメですよ!切っても何にも変わりませんよ!
息子さんが悲しむだけですよ!

投稿: メリンダ | 2010年9月 6日 (月) 10時12分

はじめまして。いつもブログを拝見させて頂いています。

何だか伽羅さんのブログを読んでいると・・胸がしめつけれられる思いでいっぱいになります。

私だったら・・きっととっくに離婚していると思います。私も鬱病だけど、ぶつかりながらも理解してくれている夫がいるので、幸せなのかも知れませんね・・。

投稿: 由美 | 2010年9月 6日 (月) 05時39分

この記事へのコメントは終了しました。

« 東京カルチャーショック。 | トップページ | 血をながしてる »