« 感情は太い針 | トップページ | 寝ながら笑っていた。 »

ゴミ出し恐怖症

わたしの強迫性障害は軽いほうで、ユーパンという薬で抑えてある。
でも生理前や低気圧前は抑えくれなくて怖くて泣く。
夢にまで出てきて叫んだ自分の声でビックリして起きる。
もうそういう恐怖からは解放されたんだよと言い聞かせても怖い。

今一番強いのはゴミ出し恐怖症だ。

洗濯は、できる。洗い物も時々料理もできる。掃除もやれば出来るということがわかったし、押入れから掃除機を出して部屋の隅の見えるところに出しただけで、「いつか掃除できる。」と思えるようになった。
アイロンかけはなくなった。
でも自分でやらなくてはならないゴミ出しが苦痛で怖くて仕方がない。

燃えるゴミは生ゴミが臭くなるので捨てなければならない。溜めてはいけないと夫に言われた。週に2回。もちろんたいした量は出ないけれど、捨てなくてはいけないという強迫観念が押し寄せて来て、まあいいか、とは思えなくて苦しい。

再生ゴミはビンと缶とアルミ缶とペットボトルと食品トレーと紙パックとをこまかく分けて、出せた。これも量が少ないから月に2回で大丈夫だと思う。
古いカタログを縛って出したい。紙類も出したいけれど、恥ずかしいことにわたしは縛れない。でもそんなこと言ってられないからどうにかして出さなきゃ…。

ゴミ出しするときは絶対に人に会いたくない。特に家人には会うわけにはいかない。
だから夜が明けると同時に出さないといけない。
つまり、朝まで寝れない。
ただ早朝にゴミを出すそのためだけに、頑張って起きている。

夕べはカウンセリングで精神的にも疲れていたし暑かったせいで体も疲れたから早寝するつもりだった。
木曜が燃えるゴミの日だったけれど、一回パスしても平気かな…と考えようとして、寝る支度をした。

ダメだった。
ゴミ出さなきゃ、ゴミ出さなきゃ、とぐるぐるし出してわたしはとうとう泣き出した。
声を上げてわんわん泣いた。
バカみたいだ、わたしはおかしい、たかがゴミ出しに縛られてなんで泣いてるの!って思いながら泣いた。
情けない…自分で自分を縛り付けてしまう障害。
なんでわたしこんなにおかしくなってしまったんだろう。なんでなのよ、と泣いた。

結局朝まで頑張って起きていた。
空が明るくなってきたのを確認してから速攻捨てに行き、入念にネットをかぶせて、めちゃくちゃ手を洗って、疲れ果てて寝た。

今日は一日起きられなかった。
外はすごい雨。肌寒い。制作日和なのにひたすら寝ていた。
そして迫られる夢や逃げる夢や人を埋める夢まで見てそのたびに泣いたり叫んだりして目が覚める。でも起きていられなくてまた眠る。

月曜日までゴミ出しがない。ほっと一息。
ああ、自分で自分に疲れるよ…。
どれか一つでもいいから治らないかなあ…。

                                           伽羅moon3にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へいつも応援clearclearありがとうございます。うれしいですtulip

|

« 感情は太い針 | トップページ | 寝ながら笑っていた。 »