« 愛も輪廻する。 | トップページ | 切りたい衝動 »

東京カルチャーショック。

わたしが東京に越してきて20余年が経つ。
東京に来ることになったとき、それはそれは嬉しかった。
当時仲のいいいとこが2人東京に住んでいたし不安はなかった。
逃げ出したいくらい苦痛だった田舎での大家族の理不尽な暮らしから抜け出せるのだ。
わたしはいそいそと荷造りをし、トラックが出発したあと赤ちゃんだった息子を抱いて、前夫と新幹線で出発した。

東京に来て、ビックリしたことが山のようにある。
わたしは、東京の人はみんなドラマのようにおしゃれなのだと思い込んでいた。
ところが電車に乗ってみると、11月だというのにもう厚手のコートを着ていたり、よれよれのTシャツの人がいたりする。
これにまずびっくりした。

家と家が隙間なく建っている。自分の窓を開けたらとなりの人と目が合ってしまうだろう。
バスがどこまで乗っても200円だった。これも驚いた。田舎では乗るときに整理券を取り、乗った距離に応じてその整理券とともに代金を支払う。
そんなことを知らないわたしは、初めて子供を抱いてバスに乗り、前払いということを知らずに座って、運転手にこっぴどく怒られて傷ついた。

子供たちがドラマの口調で喋っている!
わたしは必死に標準語で喋ってるつもりが、「大阪のひと?」と聞かれる。
衣類をクリーニング屋に持っていって頼むことを「洗濯に出す」と言う。
スーパーに食材を買いに行くことを「お使いに行く」と言う。
「お世話さま」なんて言葉が存在し、「おもちゃをかたす」と言う。えええ??

果物屋で、ざくろやイチジクが売っていた!
それは隣の家の木から失敬して食べるものだろ? 買うの??
っていうか果物屋さんそのものが初めて見るよ…。
ちくわぶ。ってなんなの? ちくわなの?麩なの?なにこのにっちょりしたへんな感じ!
スジ、ってなんなん? 全然スジじゃないし!
納豆にタレが付いて売ってる!(これは気に入った。)
油揚げが大きいよ! おいなりさん作ったらソフトボールみたいになっちゃったよ!

「やぐい」
「もさこい」
「やにこい」
「なまかわする」
「おっちゃくい」
に相当する標準語がないよぅ。どう説明したらええのん?

時間を調べずに駅に行っても電車に乗れる…。すごい。(田舎は1時間に1本。)
地下鉄の路線図が絡まっているように見えるよ…。
東西線スピード早い! 発車したとたん次の電車が来た!
常磐線、いろんな色の車両が繋がってる!(当時。)

コーヒーにモーニングセットが付いてない! 付けると高い! 
コーヒーにおつまみ付いてない! どゆこと??

水…まずい…。おええ。(当時マンション暮らしで貯水槽からの配水。)

        ++++++++++++++++

いまではすっかり慣れましたが、東京って不思議なところでした。。。
でも東京が大好きです。出て来れて良かったし、離婚できて再婚できて良かった。
何が好きって…人間関係が希薄で生きて行けるところかな…。
 
                                             伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ皆さま、clearclearいつもありがとうございますshine感謝したしますribbon

          ++++++++++++++++
お問い合わせを頂いたので、恐縮ですがショップと制作室ブログのURLを紹介させていただきます。
◇blog: 「ストーンパルフェ・ワークス」 http://stoneparfait.blog41.fc2.com/
◇shop: 「ストーンパルフェ」 http://stoneparfait.cart.fc2.com/
2010_8gatu_autmn_collection_098よかったら覗きにいらしてくださいませ。
こちらはストーンパルフェのシンボル、ムーンストーンのブレスレットです。ムーンストーンとその仲間の石で作られています。静かで品のいい光を持っています。

|

« 愛も輪廻する。 | トップページ | 切りたい衝動 »

コメント

私は子供の頃、東京で暮らしていました。
今から50年も前、中目黒です。
東京オリンピックの前の東京は下町に駄菓子屋がある今思えばのんびりしたところでした。
ここ7,8年行ってませんが東京は好きな街です。
お金がいっぱいあったら東京に住んでみたいと今でも思います。
伽羅さんはその東京に住んでいるんですね。
私からみればうらやましい限りです。

投稿: オモダカ | 2010年9月 5日 (日) 19時04分

うん、わかります!!
私もそう。
バスが定額前払いだなんてわかんないよね!!
電車いっぱい走ってるよね!!
家と家の距離が半端なく近いよねぇぇ!

私は高校の頃に都心に用事があって、何度か来たことがあるの。
その時に電車の窓からみえる、密集した屋根にゲンナリしてしまった。
そして「絶対に住めない!!」と思ったよ。
緑もない、土の匂いもしない、人ばっかりいるこんなとこで耐えられないよぅ。
結局三軒茶屋の短大に通ったけど、半年で行けなくなりました。
ずっと風邪だと言っていたけれど、担任が電話くれて・・わけを話したら「そうだと思ってたよ」って言ってくれた。
自身もメンタルを病んだ人でしたから・・。
親には本当に本当に本当に申し訳なかったけれど、なんとか許してくれた。
それから2年間、好きなのは出かけるヒキコモリでした。

伽羅さん、よく頑張ったと思う。
すっごく大変だったと思う。
(偉そうな言い方になってごめんさい!そんなつもりは真っさらにありません!)
一人で子供抱いて、すぐそばに駆け込めるとこもなくて。
今は周りに手を伸ばせる人がいるの、よかったね。
膝に乗ってくれる猫ちゃんも、幸せ。

なんとか見えない囲いが砕けますように。

投稿: マハロ | 2010年9月 5日 (日) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛も輪廻する。 | トップページ | 切りたい衝動 »