« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

*黒の魅力

梅が咲き出してもう春遠からじだというのに、黒い石にハマっている伽羅です。

今日の新作はそういうわけで「黒」。
華やかな大人の黒「夜会」シリーズです。

Stoneparfait_298まず先にピアスが生まれました。
漆黒のオニキスとラブラドライトだけを使ったモノトーンのピアス。
金具もブラックメタリックを使用してあります。
ひっそりと楽しむ夜会のイメージです。



Stoneparfait_293 Stoneparfait_296 オニキスのラウンドカットは12㎜玉です。ラブラドライトはコインカット。
すべての石がカットパーツなので、揺れるたびにキラキラと輝く華やかなピアスです。




それからネックレスがほしくなって作りました。
首元を飾る40cmのタイプ。アジャスターで長くもできます。
Stoneparfait_321_2Stoneparfait_314_2                                  










青く光っているのが研磨したラブラドライトの原石のシラーです。
ラブラドライトはコインカットと、ラリエット風に下がった先のドロップがそうです。

Stoneparfait_313Stoneparfait_322 Stoneparfait_324 モノトーンどうし水晶のロングネックレス(注文品)と重ね付けしてみました。なんだかとても素敵。

だれかの誘いを待ちたくなるアクセサリーです。

ショップにはこのあとUPしておきますね。

ストーンパルフェ
http://stoneparfait.cart.fc2.com/

までお運びくださいませ。


                     伽羅moon3


info02ストーンパルフェではあなたのオーダーをお待ちいたしております。
自分のためだけに作られる天然石のアクセサリーは、どんなブランド品よりも素敵かもしれませんね。
お気軽にご相談くださいませ。

また、リメイクなどもお受けいたします。切れてしまったネックレスやゴムブレスなどの石をお持ちでしたら、ストーンパルフェ風にアレンジして新しいアクセサリーにお仕立ていたします。
これもまた、ショップのほうからご連絡をくださいませ。
ご相談のうえ、ストーンパルフェは全力でご希望にお応えいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←ランキングに参加しております。clearいただけると嬉しいですclover

|

ねこは救ってくれる。

昨日死にたくなった。
死にたくなんてないのに、そいつは耳から入り込んできてシニタイと小さな声でつぶやき続けた。

せっかく早く寝ていっぱい眠って早く起きたのに、発送業務がてんこもりあるのに、何もできなくて、布団にうつぶせて泣いていた。
朝の薬もちゃんと飲んだのに!

なんでなんだろう。自分では治りかけてると思っているのにシニタイ悪魔ちゃんが入ってくるなんて。死にたいわけないのに、繰り返しささやかれるとおかしくなる。

ちょうどたまたまZからメールが来たのですがるようにやりとりして、合間は突っ伏して泣いていた。

どんっ!
と背中に衝撃を感じた。ちまが椅子の上から飛び降りて来たのだ。
しばらく背中のうえでくるくるしたあと、伏せの体勢をとって体を密着させた。
魂が抜け出ると俗に言われている肩甲骨の間のところに陣取った。
いつものようにふざけているのかと思ったけど違うようだった。

そこがじんじんと温かくなって、ささやきの声が遠くなっていく気がした。

ふと顔を上げると、あんずがすぐそばに正座してわたしを見ていた。
心配そうな顔をして見下ろしていた。
あんずー。
呼ぶといつものようにみゃう~と返事をした。

背中はさらに温かくなって、心の痛みが和らぐ気がした。
ねこたちに、守られてる…。
心配してくれてる。癒してくれてる。

わたしはひとしきり泣いて起き上がった。
起きてから2時間経過していた。
心がズキズキしている。つぶやきもまだ聞こえる。
でも騙されない。きっと大丈夫。

簡単には治らないってわかったよ。でも、平気。仕事ができる自分になったもの。充分。

2010_007 わたしのかわいいねこたち。
ケージの屋上ですこしくっついて寝ます。
どちらかというとあんずがちまにくっつきたがります。ちまを大好きみたいです。

わたしを救ってくれるねこたち。
おなじくらいの大きさになりました。
仲良しです。


                     pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←参加しています。clearよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。


今日の1枚
Stoneparfait_264
インカローズ(ロードクロサイト)のプチネックレス。
大好きないとこへの贈り物。
愛する存在を守ってくれますように。

|

自分を変えるのは難しい。

相手は鏡だと言う。
相手を変えることはできないのだそうだ。
けれど自分が変わることは可能。
自分が向上したり柔らかくなったりすることで、結果的に相手が変わることもある。

この考え方には賛成。
けれど、自分を変えることもなかなか難しく、頑固なわたしには苦しい。
自分の欠点を知っているからそれを補うために日々実践していることを否定されると、変わる努力が空しくなる。

素直であることがすごくバカに思えて悲しい。

          ++++++++++++++++++

夫は、「夫」として非の打ち所の無い素晴らしい男性です。
土日も自分のペースを崩さないわたしを横目に、洗濯をしてくれ、掃除機もかけてくれます。
それに、手早くて器用な人です。要領がわるくて不器用なわたしとは正反対。

わたしは不得手なことがとても多いので、その自分が不得手な部分をささっとやっつけてくれる人を、ホントにすごいな、助かるなって思います。
たとえばわたしは紐を縛ることができないので、夫が新聞や雑誌や段ボールを力強くまとめ上げてきっちりと紐で縛ってくれるのを見ると、本当にすごいなって思うんです。
だから、素直にほめる。すごく早くて上手だね!と。

すると夫は怒るのです。
褒めて、怒られた経験がなかったので戸惑いました。でも怒られるのは嫌なのでそれからはお礼だけにしました。

さっき会話の中で「褒めると怒るんだもんね?」と言ったら夫はまた不機嫌になり、
「そりゃーそうだよ。ああこれでわたしはやらなくても済む、みたいな表情が見え見えなんだもの。」

わたしは悲しくなってしまいました。
そうかもしれない。自分ができないからやってもらえて嬉しいのは事実。
でもそれを目当てに褒めたと思われたのが悲しいです。
本当に器用で手早くて、かっちりできててすごいと、素直にそう思ったから褒めたのに、怒られるなんて。

自分の素直さがバカみたいです…。

わたしは親に褒めてもらうことなく育ちました。
なぜ褒めてくれなかったんだろう。褒められたのはテストで100点取ったときくらい。
不器用で要領もわるかったわたしを、「グズ」「ドベ」と呼びました。
性格的なことについては一度も褒められたことはありません。(まあこれは性格が悪いし、ちょっとマトモじゃないからしょうがないのかもしれませんが。)

だからわたしは自分の息子を褒めて褒めて育てました。
いい子に育ちました。
息子も決して要領がいい子ではありませんでした。泳げるようになるのも自転車に乗れるようになったのも遅かったです。(わたしと同じ。)
でも一生懸命やっていました。わたしは一生懸命褒めました。

もう夫を褒めるのやめよう。御礼だけを伝えよう。
相手を褒めて何も自分が傷つくことは必要ないでしょう。

          ++++++++++++++++++

仕事に突入しなくてはいけないのに、なかなかノッてこない時、時々「おまけつくり」をしてエンジンを温めます。
100124_15440001 ストーンパルフェの作品を買ってくださったりオーダーしてくださったメイトさんや読者の方に、オマケとしてお付けする「ファスナーチャーム」を昼間作っていました。

アクリルビーズとプラビーズを使ってカラフルに作ります。

100124_16140001今日はちょっとまとめて作りました。
アクリルビーズは気軽で楽しいです。

100124_16170001あなたのところには何色が届くかな。
楽しみに待っててくださいね、いまご注文してくださっているみなさま。

もうもらったよというみなさま、オマケもこうして手作りしていること、知ってました??

さて、仕事を始めましょう。


                      伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。



今日の1枚
Stoneparfait_250 オーダー品。
アメジストとアベンチュリンを使ってというご要望のブレスレットでした。

気に入ってくださったとのこと。
最高の褒め言葉です。

|

泣けるだけ泣いたら

わたしにとってはとても辛いことがあった。
はたから見たら、まだそんなこと考えてたの、わかりきったことじゃない、と思われるようなことだ。
わたしは思い込みが激しく、聞く耳を持たず、自分が打ちのめされて立てなくなるまで、思いを変えることができない。
一度インプットされたことをリセットするののが難しいのだ。
そんなはずはない、そんなはずは…。
わたしは単に自分の努力と誠意が足りないのだと思って心を尽くしてきた。

でも、同じように思い込みが激しく聞く耳を持たない相手には、誠意なんてものが迷惑にしかならないのだということを、わたしはこの歳になって、そう何年もかけて、やっとやっと学習した。

それで悲しみが消えるわけではないけれど。

わたしはバカだ。かなりバカだ。
そうでなければこれは障害だ。
軽いアスペルガーなのではないかと実は思っている。
アスペルガーの人のブログを数件読ませていただいているけれど、共感できる思いや共通する部分がいくつもある。(失礼でしたらごめんなさい。)

とにかく、言葉を言葉どおりにしか受け止められない。
社交辞令で言われてただなんて思いもしない。
自分の思いだけが先行し、相手の立場や気分を察して抑制することができない。
走り出したら止まれない。
転んで大怪我をしても走れるなら走る。
走れなくなったときには心も壊れている。


誠意が迷惑になることがある。
このことをわたしは覚えておかなくてはならない。
大雑把に言えば、わたしは誠意を尽くしさえすれば思いは伝わり受け入れてもらえるものだと勝手に考えていたのだ。

誠意を誠意として捉えてもらえず、迷惑だと思われる。
そういうことが世の中にはあるらしい。

Zにメールをしながら泣いて泣いて…。
彼女はとうの昔にわたしの行為も気持ちも無駄だと知っていながら見守っていてくれた。
夕べも一生懸命慰めてくれた。
泣いて泣いて、あきらめたけれど、悲しみが消えたわけではない。

だけど、泣けるだけ泣いて、あきらめなくてはならないことがある。
うつ病になって、得たものは多いけれど、大きく失ったものもあった。
それで良かったのだろうけれど。あれはあれでよかったのだと思う日も来るはず。
そうわかってはいるけれど。

悲しいときは悲しいのです。ただそれだけです。
健常なひとよりもわたしは悲しみを深く長く引きずるかもしれません。

                                            pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。

今日の1枚
Stoneparfait_251 守護と強運のブレスレット。
オニキス・ルチルクォーツ・シトリンクォーツ。
金具はブラックメタリック。

|

*新作はプラネット・アース

今日は新作のお知らせです。
いっぱいありますflair
ゆっくりご覧くださいねbud

まずは春を迎えるピアス。『花見のころ』
Stoneparfait_279 Stoneparfait_278











メインの石は色の付いた水晶で、これは「ビアカラークォーツ」です。
そう、ビールの色beer
そそられますわー。
上に可愛く群れているのは、ペリドット・レインボームーンストーン・水晶・ローズクォーツ・チェリークォーツの五種類です。
一点ものです。耳元に春をいかがでしょうか。


ネックレス『プラネット・アース』
Stoneparfait_269                                   Stoneparfait_273_2




これは「半貴石」と言うよりは、はっきり『石!』という感じの石です。
宇宙から見た地球のようだと思って命名しました。
「カオリン」という可愛い名前がついています。大きめのオーバルとコイン型を使用しました。

合わせているアイボリーの石は「リバーストーン」です。大理石の一種だそうです。それに、マグマを思わせる強い色の小さなカーネリアンをあしらいました。

こちらも一点ものです。石の柄が違ってしまいますが、同じ形状のものはお作りできます。力強いネックレスです。

Stoneparfait_283 Stoneparfait_288 ネックレスに合わせたイヤリングとピアス。どちらも金具を交換できます。(イヤリング⇔ピアス)

ネックレスなしでも主張の強い耳飾だと思います。


Stoneparfait_290 ショップには今夜UPしておきますので、明日以降「ストーンパルフェ」にお立ち寄りくださいませね。
お待ちいたしております。


それから、皆様にお知らせがございます。
わたしはストーンパルフェ以外にもう二つのショップを持っていますが、このたびストーンパルフェに専念するために、「ハートマニア」と「文花堂」を閉めることにいたしました。

短い間でしたが、大変お世話になりありがとうございました。

今後はストーンパルフェをよりいっそう見守って行っていただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。

                              伽羅moon3 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←今後ともどうぞよろしくお願いいたしますshine

info02「ストーンパルフェ」ではオーダーも承っております。
お好みの石・お好きな色合い・必要とする意味・こんな服に合うもの・こういう人にプレゼントしたいんだけど・友達が欲しがっている…など、技術的に無理でないかぎり、ご要望に一生懸命お応えしてお作りいたします。

http://stoneparfait.cart.fc2.com/にお越しくださいませ。
いつでもお待ちいたしております。

|

賢いのかアホなのか。

昨日、お風呂に入っていません。
いや、昨日はね、入る気満々だったんですよ?
さっさと食器洗いも済ませて、蛇口をひねって、その間夫のシャツにアイロンかけていたんです。

アイロンかけに没頭してしまいますけれど、お湯が規定量に達すればお知らせチャイムが鳴るので安心、のはず。
黙々とアイロンかけておりました。

やがて、聞きなれない音が。
びちゃー、びちゃー、ざーっ。

…ええ??

慌ててお風呂を見に行ってみると、浴槽から溢れて流れ出しているではありませんか。



……水が。

shock


そう、お湯じゃなくて水が。


あほやあたし!!
蛇口を閉めて、表面張力で満ち満ちている浴槽いっぱいの水を眺めました。
寝ていた夫が、お湯が溜まったと思い半分脱ぎながら来ました。
「間違えた!」
「ほえ?」
「お水溜めちゃった!」
夫、がっくり膝をついて、「今日はもういい…。」とまたわたしの布団にもぐってしまいました。

それ、やめて欲しいやけどなあ。勝手に布団広げんで欲しいな。
寝られるとキリがないし、布団、元通りにしてから帰って欲しいなあ。夜中に発送業務をするから広く場所使うしー。


それはさておきドジなわたし。
追い炊き機能のないお風呂なので、一生懸命歯磨きをしてゆすぐのにつかい、顔も洗いましたが…減りません、水。


以前は、炊き上がったばかりの炊飯器のふたを開けたままほかの事をしていて、さあご飯を食べましょうと思ったら、ご飯が乾いちゃってカピカピ。
箸一本突き刺せばパコッとはずれそうに固まってしまっていました。
なぜにフタをあけて、放置したのか。

ちょっと賢いとこもあるって自分では思ってたけれど、基本はアホかもしれへん。


                                          pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ読んだよ、のしるしにclearお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ地道にコツコツ頑張って作っています。よろしくお願いします。

今日の1枚
Stoneparfait_197モノトーンの石たちにちょっとハマってます。

ネックレス「秘密のサイン」

|

楽しい着せ替え

撮影用にトルソーを購入したのだけれど、とても気に入っています。いろんな意味で。
ネックレスの着用イメージがぐんとわかりやすくなりました。
作ったネックレスを全部撮影しなおそうかと思っています。

そう考えたとき、そうだ、衣装が必要だわと思い、オークションで100円のキャミソールを買いあさったわたくし。

トルソーちゃん、衣装持ちになりましたよー。
黒2枚、白2枚、水色1枚、赤1枚、バーガンディー1枚。
今日のお衣装はクリーングレーでございます。
ネックラインがおしゃれだわ。
100116_01260001 アクセサリーが引き立つよう、無地ばかり購入。でもちょっとラメが入っているようなのばかりかな。

子供のころ、わたしは着せ替え遊びが大好きでした。
自分は男の子のように短く髪を切られ、スカートもはかせてもらえず、リボンもフリルもレースも夢のまた夢だったので、紙製の着せ替えにはパフスリーブで花柄の服を描いて作って着せました。
この年になってから着せ替えがまた出来るとは。
でもうちのトルソは上半身だけだし腕もないので、キャミソール充分。しかも撮影用なのでフリフリなのや柄物は着せられません。残念。

考えてみればわたしはアクセサリーが大好きだけれど、自分では滅多にしません。
作り手に回ったいま、欲しいものは石だけ。

自分で作ってほれぼれするときも実はあるけれど、だからといって自分用に作ろうとは思わないし。

誰かのところに届いて、その誰かをすこしだけ幸せにしてくれたらいいなと思っています。


木・金と久々に寝てすごしてしまいました。どうにも起きていられない。
いっぱい眠りました。たくさん夢を見ました。
復活できるかな。

                                        pencil伽羅moon3

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←こちらでもいいです。

今日の1枚
Stoneparfait_220オーダー品ブレスレット
「五月の風」

グリーンフローライト・水晶・アメジスト・アパタイト。

|

*今年最初の新作です。

ストーンパルフェ、活動を再開いたしました。
今年最初の新作を2点写真でご紹介です。

Stoneparfait_230 Stoneparfait_225                                                 ブラックオニキス・スポンジ珊瑚・スモーキークォーツのステーションネックレス。


もう一点。
世の中には可愛いターコイズのアクセサリーとは売っていないのか、と常々思っていたわたしが作りたかったもの。
ターコイズとロードナイト、淡水パールのシンプルロングネックレスです。
ショップには夜にUPしますね。
Stoneparfait_234Stoneparfait_238_2




                                Stoneparfait_237    
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
                                     

|

本音を言うということ。

滅多なことで本音を言うものではないと、わたしはいつごろからか学習しながら生きてきました。
人との摩擦や軋轢を避けるために、たとえ心が血の涙を流していても、うっすら笑ってやり過ごすことが一番問題がないと思っていました。

頭ごなしな親なので、もちろん親にこそ一番本当のことは言えません。
離婚のとき、わたしは親に一切の相談もせず弱音も吐かず、連絡すらせず、一人で離婚を敢行したのでした。
今となっては親の気持ちを思うと複雑です。
けれどそのときはもう充分に傷ついていて傷口から膿が出ているような状態でしたので、その傷口に塩を塗るような親に、とても話す気にはなれませんでした。


昨日、わたしは二人の親しい人に本音を伝えました。
とても勇気が要ることでした。
それは、社会人としてのモラルを逸脱するものであり、もうひとつはは相手の非を責めることとなり、どちらの件についてもわたしは苦しんでいました。

本音をズドンと言ってしまったら、関係はゆらぎ、相手を不愉快にしたり傷つけたりしてしまう。
大事に思っている相手だからこそ、うまくやっていきたい。


けれどたまたま同日、そのふたりはそれぞれ、わたしを気遣うメールをくれたのです。
ブログも更新せず新作も出してこないわたしをいぶかしんで、「……じゃないの?」と察してくれたのです。

メールを読んで泣きました。心の中にあったブロック塀がガラガラ崩れ落ちて本音が自分にも見えてしまいました。

泣きながらわたしは返信をしました。実は、そうなの。苦しかった…と。
本音を言うということは、なんと難しく辛いことなんだろう!
けれど、表面だけのお付き合いをしていても何にもならない二人です。一生大事な人で居て欲しい相手です。
乗り越えられるかどうか…。でも、それを乗り越えたとき、絆はまた強くなると信じたい。

ごめんなさい。わたしは、ヘタレです。
どうしようもなく弱虫です。

でもふたりともそれぞれ、怒ることもせず恨みがましいことも言わず、「本当のこと話してくれてありがとう。」と言ってくれました。
わたしのほうこそ、察してくれてありがとう。あのままだったらきっと言えずに潰れていました。

申し訳なさをどっしり抱えて、それでも背負っていた荷物はなくなって、今日のわたしは放心状態です。

これからも、本音を言うことはやはりわたしには難しいままだと思います。
そのときの、相手の反応が怖いからです。
嫌われたくない。疎まれたくない。そんな恐怖をいつも持っています。

のびのびと、わたしがわたしで居られるのは、部屋にねこたちといる時だけかもしれません。

                                         pencil伽羅moon3
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。

今日の一枚
Stoneparfait_207ブラックオニキスのメンズパルフェストラップ

手前が金古美の金具でポイントがカーネリアン。
奥が金具がブラック(ガンメタ)でポイントはアパタイト。

父と息子でお揃いにというオーダーです。

|

楽しかったのに。

ブログ、すごく楽しかったのに、大事にしてきたのに、荒らされて傷ついて、カテゴリを逃げ出して来た。
コメント欄も閉じたまま。怖くて開けられない。

コメントを受けられないから、せめてみんなのブログにコメントを残して行きたいと思うけれど、わたしの行く先々を追って誹謗のコメントが入れられる。

わたし、何かしましたか。何かひどいことしましたか。

おそらくコメント欄を開くことはもうできないでしょう。
大好きなブログを続けるには、こうして誰の言葉も入ってこないまま淡々と書き続けるか、「銀の靴」も〔伽羅〕も捨てて、別人としてどこかで始めるしかないでしょう。

ブログやってて、メイトさんたちとの交流本当に楽しくて支えられていたのに。
「銀の靴」も〔伽羅〕もわたしにとってはとても意味のある大切な名前なのに。

もう、だめかもしれない。くやしいけど。
長く続けてきて記録であるしとても愛着もあるけれど。

                                           pencil伽羅moon3

|

夕闇に急かされる

郵便局に用事があったので病院にいく前に寄ってからバスに乗ろうと、いつもより1時間早くアラームをセットしたのに、それを止めて寝ていたらしくいつもと同じ時間になって目が覚めました。

ねこたちはわたしが起きるのを待ち構えています。(たまにちまに起こされますが。)
わたしが「おはよう!」と言うのかトイレに行ってまた寝てしまうのか、あんずは息をひそめて伺っています。
「あんずおはよう~。」と言うと、あんずは背中を丸め気味にして鳴きながら寄って来ます。
まずは撫で撫で要求。
次にちまをなでなで。
あんずがしきりに「おあおう~。おあおう~。」と鳴くのは「お腹がすいてるよー。」という意味でもあります。
というかまさか朝のあいさつではないですよね(笑)。

フードをやって、トイレをきれいにして、PCをチェックして(オークション出品中は特に。)、わたしが出かける支度をしているとあんずは不安そうな顔をして見ています。
「あんず、ママ病院に行ってくるからね。帰りは夜になるからね。」
そういうと明らかに不満顔をして「んまぉ~。」と鳴きました。
年末年始、あんずは夫に対して終始無言だったそうです。

郵便局に寄ってからバスに乗り地下鉄に乗って遠路病院へ。
着いた時はすいていたのに、ちっとも呼ばれません。診断書発行が多かったのかな…。
待っているうちに待合室は満杯になってしまいました。

8割がた落ち着いています、と言うと先生は嬉しそうに笑って、
「じゃあこのままで行きましょう。」
あれ、先生、減らしません?
「先生、減薬は?」
「まだ早いね。焦らないこと。今減らすとまた墜ちるよ。」

なんだ、年明けにすぐ減薬できるのかと思ってました。減約できるよう「維持」することが大切だそうです。
確かに、飲み忘れてることに気がつくし(ちょっとおかしくなる)、飲むのが遅くなった日は調子を崩してしまうので、まだ無理かもしれません。
昨日みたいにうつうつの日もありますし。

そうこうしているうちに春になってしまいますね。

帰りに浅草橋に降り立ったときはもう夕闇が迫っていました。
金具の新しい色目のを買い揃えるのが目的です。
いつかどこかで出展したいと思ってもいるので、ネットで調べたディスプレー用品が安いといううわさの店にも行ってみました。
浅草橋に勤めていたのに、一本路地を入ると知らない店ばかり。
撮影にも使えるので少し買ってからいつもの店に行きました。

今日は夫がお付き合いの飲み会で夕飯が入らないので遅くなっても構わないのですが、暗くなってくると気が急いてしょうがありません。
ねこたちはふたりでそれなりにすごしているのだからいいんだ、と思っても、早く帰らなくちゃと急いでフロアを回りました。


いつも息子は漫画を読みながら私の帰りを待っていました。
小さかった、泣き虫で傷つきやすかった可愛い息子…。
いつもかも「早く帰らなくちゃ、待ってるから急がなきゃ。」と思って生きて来ました。


帰宅すると、ちまはガラス越しにナオナオ鳴いて喜び、あんずには文句を言われました。
「んまぉ~う。うんみゃおーう。」
ごめんねあんず、病院でも薬局でもずいぶん待たされたんだよ。
何も食べないで帰って来たんだよ?

トイレの砂は半分ぶちまけられ、お水はこぼれ、おもちゃが散乱していました。
あばれたんだね、ねこたち。ごめんね、遅くなって。

さて、お仕事お仕事。
                                          pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へclearしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいですshine

今日の一枚
Stoneparfait_113←ターコイズと珊瑚・真珠のネックレス。
「海からの贈り物」


ターコイズの可愛い感じのカジュアルなネックレスを近いうちに作りたいと思っています。



|

外は晴天

こんなに晴れているのにわたしは曇天です。
元気なときはひと時もぼーっとすることなく何かしらやっていて止まることがないのですが、ひとたびうつ状態になってしまうと、なにもやりたくなく何もできません。
かといって、だらっと寝ていることもわたしにはできず、こうして文字を打つことが唯一可能なことです。
郵便局…用事があるけど…明日にしようかな…。出かけたくない。
明日は病院に行く日です。
抗鬱剤の減薬を相談することになっているのですが、急に自信がなくなりました。

お正月に息子と二人でだらだらしている時は薬を飲むのを忘れてしまいました。
夕食時に茶の間に出て行って、急に心がざわついて、あ薬飲んでない!と気がつくことが3回。慌てて飲みますがそんなときはもう遅い。
ざわついたりイラついたりする心のままで夕飯をいただき、速攻別室に避難です。
母の話をあまり聞いてあげられませんでした。
帰る日に、「メールじゃなくて電話が欲しい」と言われ、うん。と答えておきましたが、できないと思います。
夫との電話(用件)ですら立て続けにかかってくると調子が悪くなるくらいです。
母に電話して愚痴をきいてあげられる心のゆとりが持てていません。

それと、わたしはひどい嫁で(いまさら改めて言うまでもないでしょうが)、お姑さまに新年のご挨拶に行けていません。
夫に何度も促されているのですが(強制的にではなくやさしくです。)、行けません。
母屋に行けないのです。自分が後ろめたすぎます。

やることはいっぱいあるのにやれない自分。
胸の中は嵐です。
頓服飲んで、ドリンク剤飲んで、やるべきかな…。どうせリラックスもできないし寝逃げもできない。

とりあえず、
…とりあえず…どうしよう…。
                                          pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。

今日の一枚
Yahoo001_convert_20091109005328 ←わたしの原点
「パルフェストラップ」

屋号もここから取りました。

|

わたしの足元

年末30日に実家に帰省し、その夜は父の手作り餃子で楽しく食事をしました。
息子にとってはこの4人の構成がある意味「家族」なわけです。

中のタネは父が作り、いつもそれを父とわたしと息子の3人で包みます。
作業しながら父はこんなことを言いました。
「いつまでこうやって餃子作って食べてもらえるかわからへんけどなあ、○○(息子の名)が結婚して子供ができたときに、自分の思い出として話ができるんちゃうかなーと思うんや。」
「そやなあ、ひいおじいちゃんの餃子は絶品やったでーって、話せるなあ。小学生の時から手伝ってるもんなぁ。」
わたしは息子を見やって答えました。
思えば8歳のときに離婚をしてからあと、息子は学校の長期休みのたびに実家に逗留し、いろんなところに連れて行ってもらったりいろんな経験をさせてもらってきました。
わたしが合流すると「餃子の日」が必ずあり、息子は小さい手ですぐ器用に包めるようになって、今では3人の中で一番上手です。
息子が包んだ餃子が一番おいしいのです。

わたしが寝込んでいて手伝えなかった時、息子は父に張り付いてじっくり見学をし、作り方を目で教わったようです。
「味も受け継ぐよ。」
ぽそっとそう言葉を挟みました。


その夜、父は写真館で取った夫婦の写真をわたしに見せながら、
「これを遺影に使って欲しいんや。」と言いました。
そのためにわざわざ撮影に行ったそうです。
父はまじめな顔で写っていましたが、母は破顔しておりました。(聞けば緊張して咳が出て、しばらく咳き込んだあと大きなくしゃみをして、スタッフもろとも笑いに引き込んだということ。)

うん、わかった、と答えると、写真をしまってある場所を示しながら、
「えい、ついでじゃ。」と、斎場や互助会のパンフレットを出してきてわたしに説明をし、葬式の際のいろんな要望を伝えてきました。
「もう10年は生きへんと思うから。」と。

そして焼香順を書き出した用紙が出てきて、わたしは耐え切れず泣き始めました。


親が先に死ぬ。それでいい。それが順縁。
けれども、それを段取るのはあまりにも苦しい。
両親には、強迫性障害と診断されたことは言ってありません。
年明けの診察で、うつ病の薬をまた減らす相談をするんだよと伝えると父は大いに喜び、それでこんな話をする気になったのでしょう。
うつ病とは別に、わたしが「失う」ことに対してひどい強迫神経を持っていると知らないからです。もちろん、言うつもりもありません。

こらえられずに涙がぼとぼと落ちました。
父はもう80歳です。傍からみたら死んでも惜しくない年齢かもしれません。
でも、こうして元気に餃子を作ってくれている父が死んだらのことを段取りしなくちゃいけないなんて、今のわたしの精神には負荷がかかりすぎます。

「おとうさん、ごめん、もうこのへんにしといて。」
わたしは、まだ話し足りない顔をしている父を残して立ち上がりました。
息子のいる部屋でしばらく泣きました。
今もキーを打ちながら泣いています。ユーパンはちゃんと飲んでいます。


結婚をしていて良かった。少なくとも、親の葬式にたった一人で立ち向かわなくてはならない足元ではなくなったからです。
夫は頼りになる人です。夫という存在そのものも本当にありがたい。

わたしのためというよりも、息子のために、できるだけ元気で長生きしてもらいたいと心から思います。
わたしが三つの病名を、できれば返上してからにして欲しいなどとも思います。


前世で、父はわたしの父だったそうです。
息子は、わたしの息子でした。
つまり、息子は前世でも父の孫だったということになります。
太い絆がそこにはあるのだと思います。

                                         pencil伽羅moon3

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ←参加しております。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ←こちらでもいいです。

Stoneparfait_176今日の一枚。
ネックレス「夜の願いごと」

月の見える夜。
ムーンストーンに願掛けをしましょう。
                                    

|

最上の幸せ

昨日戻って参りました。ただいまです。
みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
お正月をどう過ごされましたでしょうか。
わたしは実家で雪にみまわれ、お篭もりのお正月でした。
「引き篭もり始め」ってとこですね。
母の心づくしの手料理をいただき、あとは息子のそばでひたすらグダグダとしておりました。
息子にお年玉をあげられました。
息子ったら、数千円だと思ったらしく、「あんがとー。」とひょいっとカバンにしまったので、
「ちゃんと中を見てくれよーsweat01」と開けさせました。
「…ゆ、諭吉さんだ…。」
思いがけなかったようです。
生まれてはじめてのお年玉だったのにドラマチックな展開なし!
でも、してあげられたことで満足です。
(みなさまありがとうございますcrying

息子と並んで座って新幹線で帰京。(やっぱりわたしは爆睡sleepy
わたしが一足先に品川で降りました。
エキュートで夫と二人分のお弁当を買って帰宅。

足音でそれとわかったらしく、部屋を仕切る引き戸のガラスの向こうにあんずが座って待っててくれました。
「ただいまー!」
「みゃー。」
その声を聞いてどこかで寝ていたらしいちまがだだっと来て、ガラスの向こうで喜んで?
います。
「あんずー。ちまー。ただいまー!!」
「みゃー。」
「なぁう~。」
それぞれが甘い声で迎えてくれました。

自分の部屋。自分のスペース。かわいいねこ二匹。
ああしあわせ。夫がきれいに掃除をして整頓もしてくれてありました。感謝!

わたしは、「日常」が今最上のしあわせです。
部屋にいて、PCに向かっている視界にはちまが寝ていてときどき甘えに来る。
姿が見えなくてもあんずがいて、呼ぶと返事をしてくれる。
夫と二人分の食事をつくり二人分の洗濯をし、創作をして梱包して発送して…。
時々金具を買いに浅草橋に行って。
そんな日常が最高に幸せです。

ことしもどうぞよろしくお願いいたします。
「銀の靴」は続きます。いつかコメント欄を再開できるまで待っててくださいね。

                                          pencil伽羅moon3 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ ←どうぞよろしくお願いいたしますfuji
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

Stoneparfait_126←今日の一枚。
グリーンフローライトとアメジストの「ソーダカクテルのしずく」。

ショップは
http://stoneparfait.cart.fc2.com/

覗いてみてねshine

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »