« 行けなかった。 | トップページ | 恥ずかしいけれど。 »

病名の追加

金曜に行けなかったので、土曜日夫が車で病院に連れて行ってくれました。
助かります。とてもバスと地下鉄を乗り継いで行く気力が出せませんでしたから。

病院はとても混んでいました。
土曜日は座るところもなくなるくらい混むと最初から聞いていたので、いつも平日に行っているわたしは土曜の診察がはじめてです。

夫とどうにかソファに座り、延々待ちました。
やっと呼ばれて診察室に入ると、いつものように「どうですかー?」と聞かれます。
「どうにも、辛くて。」
そういうと先生はわたしの顔を見て、
「だろうね。そういう顔をしてますな。ええと、前回は8月の減薬のときだったから、心理テストをしましょう。」

テスト用ブースで心理テスト二種に記入して提出すると、もう夫の隣どころか座るところは空いてなくて、そのままブースの椅子に座ってまたひたすら待ちました。

再度呼ばれて診察室に入りました。
「うん、あのね、うつ病は悪くなってはいないね。けれど不安や緊張が多い。どうしたの。どういうことが不安?」
わたしはためらいながらも前置きをしました。
「根拠が無いのにと思われるかもしれないんですけど…。」
「うん?いいよ、言ってみなさい。」
「息子が死んでしまったらどうしよう、生きていけないって思って…。」
「ああ、そういう感じね。」
…よかった…。
先生はわたしを否定しませんでした。

「そんなこと考えても仕方がないと思っても、考え始めると頭の中がそのことでいっぱいになってどうしようもなく悲しくなって2~3日泣いていました。」
わたしは説明できたことに安堵して他の症状も話しました。
「誰かが階段を上ってくる・玄関のドアの前で様子を伺ってると思うんです。」
「ほう。」
「あと天気がいいと、洗濯しなくちゃ・なにかしなくちゃってすごく焦ります。」
「ふむ。」
「ずっと緊張してて体中が痛みます。汗もかきます。ソラナックスを毎日2錠か3錠は飲みます。」
わたしは思いついた症状をたどたどしく伝えました。
「そうですか…。あなたはその不安や恐怖が、自分でも根拠がないとかおかしいと自覚しているの?」
先生に聞かれました。
「いえ、本気でそう思っているんです。本当に怖いのです。ただ、はたから見れば根拠がないんじゃないかと思われるんだろうな、という意識があります。」

「そうですか。わかりました。んんー。これは強迫神経症だねえ。これはカルテに追加しなきゃいけない。」
先生はわたしの分厚いカルテの表紙に、一行を書き加えました。
「人によってはね、異常に手を洗うとかね、鍵のチェックを何度もするとかね、あるんですよ。これは治りにくいけどねえ。」

わたしは、台所仕事をしている時に異常に手を洗います。ひとつ作業が終わるたびにキッチンソープで手を洗って一旦手を拭いて乾いてからでないと、次の作業に移れません。
きゅうりを切った手でネギを切れないのです。
なので料理が出来る頃にはタオル2本がぐしょぐしょになります。

自分が立てる音にもびくびくします。変に思われないかと思うのです。だから一人でいることやひとりでご飯を食べることが楽なのです。
自分が噛む音や飲み込む音が汚いのではないかと思うわけです。人に聞かれたくないのです。

これは今発病したわけではなく、わたしの中にもともとあった病です。
それがあるきっかけで表面化してきたのでしょう。
異論はありませんでした。ただ楽になりたいと思いました。

「あなたが今飲んでるユーパンというお薬が、これに一番効くの。今0.5㎎しか飲んでないから、これを倍にしましょう。そして2週間したらまた来て。」
良かった、それだけでいいんだ。
せっかく減薬できたのだからもし抗うつ剤が増量になるのだとしたら我慢しようと思っていたのです。安定剤が増えるだけなら、良かった。
それでこの苦しさが少しでも改善できるのであれば。

医者に否定されなかったこと、うつの部分は悪くなっていなかったことでわたしはほっとして力が抜けました。
二週間分の薬を持って夫とショッピングモールに寄り、Zのための買い物をする元気がありました。

強迫神経症。今は強迫性障害と言うのだそうですが、病気として認められればあとは治療(もしくは抑制)するだけなのでいっそ気は楽です。
こんなおかしな性格…と、自分で自分を嫌に思っていたのです。
早速今夜からユーパンを2倍にしました。

でも治らないんだろうな、これ。抑えるだけなんだろうな。
だってまた息子のことを考えて泣きそうだもの。

                                        伽羅

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ←よろしくお願いします・・・。

|

« 行けなかった。 | トップページ | 恥ずかしいけれど。 »

コメント

みきさん。
さっそくおいでくださったのですね。ありがとうございます~。病気のこと意外なんでもありのブログです。コメントを下さる方々にはいつもとっても感謝しています。活力になりますものね。
文章もたまに独りよがりの時がありますが、良かったらまたいらしてください。
お待ちしています。ありがとう。

投稿: 伽羅 | 2009年11月 5日 (木) 00時51分

初めてのコメントでしょうかヽ(´▽`)/
いくつかの記事を読ませて頂きました
それにしても、伽羅さんへのコメントは多いですね。
読んでいてもわかりやすい内容ですネ。
応援させてもらいました
また寄らせてもらいます

投稿: みき | 2009年11月 4日 (水) 13時18分

よっしんぐさん。
そうですか、そのお友達の流れわたしとそっくりですね。良くなるといいなあ、そしたら自分が楽になれるもの…。
夫が見て見ぬフリをしてくれたらいいなあと思っています。やっぱり「オカシイ」場面は多々あるわけですから…。
ありがとう。

咲坂ハユルさん。
そうだったんですか。わたしもパニックもちですが、パニック発作のほうはほとんど治りましたよ。これはパキシルの効果だと思います。
強迫障害も治るんですか。いいこと聞きました、ありがとう。お薬も出たし、あとはなんとかゆったりと構えるじぶんをイメージしてみようかな、と。
ピクトさんによろしく。ありがとう。

nonさん。
nonさん、まったく同感です~。自分の挙動不審がとても恥ずかしいんですよ。でもこれが病気だったんだとわかって返って楽になりました。
お薬が有効だといいなあ。自分で、「これ変だ。きっと人からみたらオカシナ人だ」と思ってるのにやめられないので、楽になりたいです。
nonさん、ありがとう。ゆるゆる行きますね。

大地の歌さん。
今日もお休みできるんですよね、気力が充填できますように…。
泣きたい時は泣くですけど、一人の時のほうが気楽なので夫のまえではなるべく明るく振舞うようにしています。大地の歌さんも休職の時は辛かったんですね…。いまは今で大変ですしリストラはいつもかも気がかりでしょうね…。
はい、本気で心配しています。玄関前に人がいるっていう思い込みもあるので、本当に宅配の人が来てるのになかなかドアを開けない伽羅でした。
ありがとう。

マダムハッピーさん。
そうなんですか。お薬も出てるんですね。何か明確な理由があってそれそのものを解決できない場合、強迫性障害は治りにくいかもしれませんね。わたしのはまだよくわかりません。とにかく「息子を失ったら生きていかない」とばかり思っています。
マダム、お辛いですね。わたしは夫が頑張って働いてくれてわたしが家にいさせてもらえるので恵まれています。マダム、お察しいたします…。
ありがとう。

円頓房さん。
はい、ありがとうございます。うつそのものは悪化していなかったのでそれは嬉しかったです。
もうひとつ病気が潜んでいたというわけです。挙動不審は病気でした。
これからゆっくりと治療です。
円頓房さんも、焦らずゆるゆると参りましょうか。
ありがとうございます。

バンさん。
バンさん、良かったですね。あんなに苦しんでらしたのに通常生活が送れるようになったんですねー。嬉しいです。
わたしは病名がわかったので楽になりましたよ。どう向き合うかはこれからまた追々考えてみますね。
ありがとう。また来てくださいね。

Lさん。
Lさんもユーパンですか。わたしも1mgに昇進しました。お揃いですね、らぶらぶ(違うっちゅーに笑)。強迫神経症にはこの安定剤が一番効くと医者は言っておりました。
注文してくださるの?うれしい、ありがとう!
ゆうちょ銀行は普通の銀行と同じになったので、他の銀行からも振り込めますし、郵便局に行ってもらってももちろんOKです。ゆうちょ口座を持っていれば通帳から通帳に振り替えが出来ます。持っていない場合は窓口で聞いてくださいますか?
ありがとうございます。一番いいのをお送りしますね!

オモダカさん。
そうですね。自分の不審な考えや行動を、これは病気なんだと言い聞かせたほうがいいかもしれませんね。
おかげさまで薬が効いてるのか今夜は泣いていません。
ゆったりとした自分になれたらいいなと思います。
オモダカさん、ありがとう。

投稿: 伽羅 | 2009年11月 2日 (月) 02時10分

強迫神経症ですか。
でも、ちゃんと病名がわかってよかったですね。
薬も出たんですから心配することはありませんよ。
「気にしないで」って私が言っても仕様がないんでしょうね。
これは病気なんだと認識することが大切なような気がします。

投稿: オモダカ | 2009年11月 1日 (日) 21時36分

伽羅さん今晩は。
自分もユーパンですよ。1日3回1mgづつです。
安定剤としての服用ですけど、強迫神経症にも効くんだね。
ある意味、病名が分かった事で対処が出来るようになるから、良かったと思います。

あの、きんと雲火曜日に注文しますので、水曜(会社休み)に「ゆうちょ銀行」ってところに振り込めばいいんですか?すみません。ゆうちょ銀行詳しくないもので、郵便局に行けばいいのかな?

投稿: | 2009年11月 1日 (日) 21時01分

強拍神経症ですか。相当苦しんでおられるようですね。でも、医師に病名を確定していただいたのは何よりです。これで治療が出来るようになったのですから。
きっと早期に完治sれますようお祈りしております。
自分のほうはやっと通常生活を送れるようになりました。御心配していただきありがとうございます。

投稿: バン | 2009年11月 1日 (日) 19時10分

伽羅さん
こんばんは。

ご自分の症状が、強迫神経症という病気だとわかって、よかったですね。
病気ならば、病院へ行って、薬を飲んで・・・そうして治せるのですから。

うつのほうも、悪くなっていないとのこと、よかったですね。
どうか、焦らず、あわてす、一歩一歩、治してゆきましょうね。
私も、自分のうつについて、最近になって「焦ってもしかたがないよ」と思えるようになりました。

どうか、伽羅さんの病気が、よくなりますいように!

投稿: 円頓房 | 2009年11月 1日 (日) 18時38分

強迫神経症ですか・・・。でも抗うつ剤増えなくて
良かったですね。
私も、ある恐怖症を持っていて、一応薬も
処方されているのですが、根が深くて
薬ではなんとも解消されないのです。
時々この恐怖症のことでヒドク落ち込んで
しまうのです。難しいものですね。
伽羅さんの状態が良くなりますように・・・。

投稿: マダムハッピー | 2009年11月 1日 (日) 18時11分

伽羅様:こんにちは。昨日から寝たきりです。起きるのは午後1時頃。
食事も一日二食だけで、あとは寝ています。
今日は、これからインフルエンザの予防接種に行って来ます。
強迫神経症。わたしはそうでないと思うんですが、やはり、リストラや減給のことを考えると、何とも言えない不安感でいっぱいになります。
現実問題、10月から給料が約5万円下がりました。かなり痛いです。
会社の決算は12月なので、リストラ宣告されるとしたら、来月ですね。
伽羅様、泣きたいときは泣いてしまった方が楽ですよ。なんかそのような構造になっている、って読んだことがあります。私も休職してた時は泣いてましたから。

「本気」で思っていることが、取れるといいですね。

投稿: 大地の歌 | 2009年11月 1日 (日) 14時23分

伽羅さん、とりあえずは「挙動不審な人」ではない、ちゃんと病名のある病気だった事に、不謹慎ながらホッとしています。
伽羅さんはただ単に変ではないんですよ。
それは病気がそうさせるという事を忘れないで下さい。
お薬で、そういう不安等が軽減できればいいのですけど…。
先生も今の伽羅さんの状態を理解して下さったようだし、きっといい方向に進んで行けますよ。
お薬、効果が出るといいですね。

投稿: non | 2009年11月 1日 (日) 07時16分

伽羅さん、おはようございます。最近早朝覚醒ばかりの咲坂です(^^;)

病名の追加はともかく、お医者さんが対応策を出してくれて良かったですね。
実は私もかれこれ10年〜7年前くらいの間、心気症+強迫神経症+パニック障害という、トリプルアタックを経験しました。
でも、病院での治療の甲斐あって、もうとっくに完治しています(ウツはまた別物で、まだ治療中ですが/汗)
伽羅さんも必ず良くなりますよ(^-^)v

投稿: 咲坂ハユル | 2009年11月 1日 (日) 05時40分

強迫神経症の友達がいるけど、
少しずつ良くなってきてるみたいだから、必ず伽羅さんも良くなります。
彼女も、うつ→過投薬→減薬→強迫神経症→少しずつ治癒という流れだったような。パートナーの理解がとても必要な局面だと思います。

投稿: よっしんぐ | 2009年11月 1日 (日) 03時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 行けなかった。 | トップページ | 恥ずかしいけれど。 »