« 「僕に頼りなさい。」 | トップページ | 秘密の逃げ場所 »

立ってなきゃいけない。

2.2センチにまで膨れ上がった内膜は耐え切れず、やがて排出を敢行し始めました。

店の同僚には、「万が一出血起こして倒れたら、救急車で○○大学病院に運んでね。」と頼み、怖がられました。

わたしは腹腔内に腫れ上がった卵巣という爆弾を抱えているのです。
階段は、貧血のため息切れて、上るのはどうせゆっくりですが、下りるときは怖くて手すりを放せませんでした。転んだり落ちたりしては大変だと思ったのです。

食べているかのような勢いでナプキンは減って行き、たった20分の通勤の間持ち堪えることも不可能で、帰りにお茶でもなどというお誘いにも応えられずにいました。

その流血の最中に、大学病院行く日が来ました。
平日休みが月曜だけなので月曜に行ったに過ぎないのですが、ラッキーなことに紹介状を宛てた、医長の落合先生が診察日で、診ていただくことが出来ました。

メガネをかけた、とても素敵な先生でした。
紹介状には、手紙や超音波の写真も同封されていたようで、カルテと共に並んでいました。
落合先生は、ゆっくり、優しい声で問診しました。確かに内膜の2.2センチは厚すぎるし、卵巣もこの大きさだと危ない。まずは超音波で見て、癌検査のための細胞も採りましょうとのこと。今日も出血していることを告げると、気にしないようにと言ってくださいました。

暖かい手が触れ、超音波で診ながら、先生は声をかけて来ました。
『この出血は、恐らくもうそろそろ終わりだと思いますよ。』
そうですか…。力なくわたしは相槌を打ちました。
診察室に戻ると、今撮影した超音波の写真も置かれ、先週クリニックで撮って同封されていたものと比較して、先生は説明してくれました。

『私は、これは治ると思います。』

へっ?
治る?
摘出じゃなくて?
『内膜は、もうほとんど排出されているので、間もなく終わると思います。ですが、一回生理を整えるためにピルを使いましょう。それで出血を止めて、貧血があるならそれを治療しましょう。更年期にはあなたはまだまだ早いと思いますが、念のためその検査もしておきましょう。』
『はい…。あの、卵巣のほうは…?』
『卵巣はね、先週より小さくなってる。これはね、このまま治ると思います。』
『そうなんですか!?』

『私の診立てでは、何か出来ているとか、膿腫だとかいう病気ではないと思います。…なにか、よほどのことがありましたか? 例えば、
春先に。

その言葉を聞いた途端、涙がどっと溢れました。

『ありました…。とても、大変なことが…。』
彼が逮捕されたのが3月。拘置所に通い詰め、受刑者になったのが6月。丸刈りの彼を見たときからわたしの体は壊れていったのです。

『そうですか…。春に、辛いことがあったのですね。』 
先生は、しばらくわたしを泣かせてくれました。

『体は、心に密着したものです。しかしすぐに反応が出ないで、3ヶ月くらいしてから発症することがあります。癌や膿腫でなく、更年期障害でもなければ、このまま治ると思いますよ。今日は、血液検査をしてから帰ってください。お薬を出しておくので、今日から飲んで、2週間後にまた来てください。そのときに検査の結果がわかります。卵巣や子宮内膜がこの二週間でどう変化するかを診てから、また考えましょう。』

摘出しないでいいかもしれない。手術しなくて済むかもしれない。子宮を取らなくてもいいかもしれない。
検査室で採血をし、薬をもらって、岐路につきました。

よっぽど、辛かったんだね…ワタシ。
心も辛かったけれど、体も酷使した。これは
警告なんだ…。

それでも、休みはありませんでした。心にも、体にも。
寄りかかって休みたい。
けれど、助けてくれている人がたくさん居る以上、わたしは立っていなくてはいけない。

そう考えていました。

|

« 「僕に頼りなさい。」 | トップページ | 秘密の逃げ場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408836/7119562

この記事へのトラックバック一覧です: 立ってなきゃいけない。:

» 更年期障害について [更年期障害について]
更年期障害 [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 20時31分

» 卵巣トラブルで緊急入院したお友達の話 [布ナプ大好きブログ【布ナプキンと生理の話】]
布ナプ大好きブログへようこそ!生理不順で悩む人って年々増え続けているんですよね。我慢出来ないわけじゃないから、とか、日常生活はなんとかやっていけるし、とかそんな感じでそのままほったらかしておくことだけは絶対にやめておいたほうがいいと思います...... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 20時56分

« 「僕に頼りなさい。」 | トップページ | 秘密の逃げ場所 »